※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


4時間目の終わり。昼休みの開始を告げるチャイムの音と共に、水銀燈が席を立つ気配がした。
同時に僕は席を立ち――脱兎の如くの勢いで教室から駆け出す。

まさに、条件反射。
『生きる』という本能に付き従い、僕は廊下をひた走る…。

…あれ?
たしか…『毎日昼食を自主的に奢る。その代わり、カツアゲはされない』
そういう約束を昨日交わしたんだっけ?

僕とした事が…そそっかしくも、昔の悪い癖でついつい逃げ出してしまったよ…

ニヒルな笑みを浮かべて、額に浮かんだ汗を指で弾く。

今すぐに帰って、水銀燈に謝ろう。
きっと…笑って許してくれるだろう。笑いながら…殴ってね……ふふ……

僕は少し遠い目をしながら振り返り―――

同時に僕の首に水銀燈の延髄蹴りが炸裂した!―――



ああ、自己紹介が遅れたね。

僕は桜田ジュン。

学園一の美人、水銀燈に蹴られ…ボロ雑巾みたいになってる、可哀想な高校生です。

 
「…下僕としての自覚が足りないみたいねぇ…?」
廊下の真ん中で、水銀燈は『椅子』に座りながら、優雅に足を組む。

「でも…今回だけは、特別に許してあげるわぁ」
そう言い、僕を見下ろしてくる。

ああ、僕かい?
僕はちょうど、地面に四つんばいになって『椅子』になってる所さ!
これがまた…水銀燈のお尻の感触が背中でぷにぷにと…
「フヒ…フヒヒ……」
知らず知らずの内に声が漏れていたようで、水銀燈に思いっきり後頭部を殴られたけどね!



ああ、さっき水銀燈が僕の事を下僕、って呼んでたのは……
それは昨日の出来事まで遡るんだけど…―――


~~~~~


僕は首根っこを捕まれ、ズルズルと水銀燈に引き摺られていた。

これはマズイ。
何がマズイって、水銀燈が向かっているのは、屋上だって事だ。
100パー突き落とす気だ。
ヤバイ。殺られる。

僕は哀れな子羊よろしく、ガタガタと震える。

水銀燈が屋上へ至る、最後の階段を昇る音が、コツコツ響く…

(い…嫌だ!死にたくない!!)
僕は必死に手すりにしがみ付くが…そんな程度では、水銀燈が階段を昇る妨げにはならない。

僕より細い腕なのに僕より遥かに強いのは、何でなんだぜ?

僕の思いや願いを全て無視するように、水銀燈は屋上への階段を昇りきり――
(ああ…太陽があんなに眩しかったなんて…今まで気が付かなかったよ…)
そして軽く腕を振り、僕を投げ飛ばした――

僕の体が、まるで木の葉のように宙に放り出される―――

(―――…僕は…もう死ぬんだね……さようなら…姉ちゃん……
できれば……僕のPCは、中身を見ずに捨てて欲しいな……
あと…次に生まれるときは……二次元の世界に……―――) 


ドベチ!
そんな音と共に、僕は地面に落ちた。
…地面に?

よく見るとそこは、なんって事は無い。屋上の石畳の上だった。

「は……はは…ははは…」
安堵感と共に、僕の口からは乾いた笑いが漏れる。

だけど…すぐに、何も助かってない事に気が付いた。

目の前には、相変わらず射すくめるような視線で僕を睨む、水銀燈の姿…

どうすべきか、一瞬で判断する。
土下座?ノーだ。そんなのスマートじゃないし、今更通用するとも思えない。
こんな時こそ…『交渉力』の腕前が試される瞬間なんじゃないかな?


僕は姿勢を正し、正座しながら、まるで祈るように手を合わせながら叫ぶ事にした。
「お願いです!何でもします!命だけは助けて下さい!
もちろん、誰にも言いません!水銀燈が実は黒薔r――ぶふぉお!?」

僕の脳天に水銀燈の踵落としが突き刺さり、それ以上の発言は許して貰えなかった。
まあ、パンチラが見れたから僕は許すけどね!

地面をのた打ち回る僕に追い討ちをかけるように、水銀燈が僕を踏みつけてくる。
えぐるように、グリグリと足に力を込めながら……。
いや、勘弁して下さい!お願いですから!お願い!もっと!違う!勘弁して!
 
 
暫くして…
完全にグッタリした僕の姿を一瞥しながら、水銀燈が声をかけてきた。
「……私なりの、精一杯の譲歩よ…二度は言わないわぁ…よぉく聞きなさい…」

僕は何とか顔だけを起こし、水銀燈に視線を向ける。

「…全て忘れなさい…それと、カツアゲは辞めにするわぁ…その代わり、自主的に私に貢ぎなさぁい」

太陽を背に、水銀燈が正面から僕を見据える。

「そして…そうねぇ…あなたには……私の下僕になる名誉をあげるわぁ…」

…え?どこを譲歩したの?
全然わかりません><


そんなキョトンとする僕を他所に…
威圧的な…王者の風格すら漂わせながら、水銀燈が僕の目の前に歩み寄る。

「…誓うがいいわぁ…私に仕えると……」 



お前はアレか!?
帝王か!?戦国武将か!?

脳が叫びを上げるも…僕は動けなかった。

太陽を背に、『私に仕えろ』と命令してくる、絶世の美女。
その姿はあまりにも美しく…――神々しくすら感じた…

だが、かろうじて残る僕の理性が叫ぶ。
(立て!立ち上がって屋上から逃げろ!今すぐ平穏な日常に帰るんだ!)

そして僕は…立てなかった。
立てない理由が有った。

だって…立ったら『たってる』ってバレるから…

自分の若さが恨めしい。
水銀燈の美しさが憎らしい。



結局、何のリアクションも返せずに居た僕を…水銀燈はそれを肯定と解釈したのだろう。
ニヤリと口の端に不敵な笑みを浮かべると、優雅に足を組んだまま、僕にこう言った。

「…良い子ねぇ…下僕として…たぁっぷり調教してあげるわぁ……」
妖しい笑みを浮かべながら、僕を見下ろしてくる水銀燈の視線…

僕は思わず、ゾクゾクし……いや、何でもない。

  
……――――


と、まあこんな流れで、僕は水銀燈の下僕になってしまった訳だが…
正直、カツアゲの方がマシだったかもしれない。

財布に来るダメージはそのままに、彼女の気まぐれにも気を使わなくっちゃいけないからね…

そんな僕の下僕生活初日。最初の昼休み。



~~~~~


「スーパーデラックス花丸ハンバーグ定食と、ヤクルト……あと、素うどんを…」
僕は食堂のカウンターで二人分の昼食を受け取り、振り返って水銀燈を探す。

殊勝な事に、水銀燈が席を取っとくと自分から言ってくれたが…
多分、食堂の列に並ぶのが面倒なだけだろうな。

とにかく、水銀燈を探すと…いや、探す必要も無かった。

まさに爆心地というのか、むしろ平和な空間というのか…
混雑した食堂内で唯一、広々とした空間が広がっていた。
  


――電車に乗ったら、その車両の乗客が全員、別の車両に移動しました―― 

そんな昭和のヤンキー列伝みたいな事を、身に纏うオーラーだけでやってのける彼女。
正直、近づくのはかなり勇気がいるが…ここで逃げたら、間違いなく殺される。

僕はなけなしの勇気を振り絞って、水銀燈の向かいに座った。

「…遅かったじゃないのよぉ」
水銀燈が不快感丸出しの声を上げる。
「いや…列が混んでたしさ…」
僕はありのままの事実を伝える。

「……ま、いいわぁ」
水銀燈はそう呟き、食事が始まった。


ナイフとフォークを器用に使い、水銀燈は料理を口に運ぶ。
カチャカチャと聞こえる金属音も、何故か優雅なリズムのように聞こえる。
学校の食堂だというのに、非の打ち所の無いエレガントな動作。

周囲の喧騒と…僕の目の前に有るのが素うどんじゃなかったら、高級料理店と勘違いしてしまいそうだ。
  

(こうやって普通にしてると……)
―――なんって綺麗な人なんだ―――
僕は不覚にも、食事をする水銀燈の姿に見とれ…

彼女も、そんな僕の視線に気が付いた。

水銀燈は食事の手を止め、水を一口飲む。
そして身を乗り出し―――
「…食事中のレディーをジロジロ見るもんじゃないわよぉ…?」
そう言い、ニヤリとしながら僕の首筋にナイフをあてた。

…うん、前言撤回。
美人だろうが何だろうが、コイツは悪魔だ。
小悪魔系とかそんなレベルじゃない。鬼だ。魔王だ。デーモンだ。でもちょっとゾクゾクした。



 
|