※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

*************************

 「そおねぇ。……悪くないかも、しれないわぁ」
ふっ、と。笑いを浮かべた彼女のこころをよぎっていたのは、
果たして寂しさであったろうか。

 人の数だけ、夢があった。これは、また違う誰かの。違うせかいで
生まれた、夢の、つづき。

 ああ、眠い。このまま眠ってしまっても、いいだろうか――

【夢のつづき――かえる、ということ――】

娘と二人、市場へ買い物へ出かける。戦火にまみれた世の中とはいえ、
市は活気があって良い。当面の食料は確保出来そうだった。
「うにゅー。今日のご飯は何にするのー?」
無邪気な様子で尋ねる娘。
「そおねぇ……まだ決めてないけれど。何か食べたいものはあるかしらぁ?」
本当は、あまり金銭的にも楽ではなかったのだけれど。こういうところで
娘を落胆させたくはない。この子の笑顔には、何度こころ潤わされてきたことか。
この子が生まれる前に戦争は始まって、もう何年続いているだろう。
そう、娘には、関係のない戦いなのだから――いつまでも、笑っていて欲しい。
どうか、無邪気な、笑顔のまま。
「うーんとね、ヒナね、お肉にはなまるのったのが食べたいのー!
 ヒナ、大好きなのよ!」
「ふふっ、わかったわぁ。じゃあ、卵もかっていかなきゃねぇ?」
手を引いて歩き出す。
 束の間の平和、かもしれない。一週間ほど前に、隣国との戦争が激しくなったことを
噂で聞いた。情報は定かではないけれども、噂というものは瞬く間に広がるもの。
それでも、この子と二人。一緒に居られれば、今は良いのだ……
無理矢理だったけれど、不安は押しとどめておかなければ。
 事情をわかってしまっている大人だからこそ、子供を不安にさせるようなことを
してはいけない。


「あー!」
突然、娘が私の手を振り解いて走り出す。
「ちょ、ちょっと雛苺!? 一人で先に行っちゃだめよぉ!?」
慌てて追いかける。一体どうしたと言うのだろうか。

 「はぁ……はぁ……どうしたのぉ? 勝手に行っちゃ、めっめっ、よぉ?」
「うゅ……ごめんなの……」
娘の頭を少しわしわししながら、その目線の先を確かめる。
「あらぁ。お人形ねぇ」
市場の外れあたりで布風呂敷が敷かれていて、そこには可愛らしい
人形が並べられてあった。売り物なのだろうか。
「ねー! この犬のお人形、すっごくかわいいの!」
娘の目がきらきらと輝く。
「お嬢ちゃん。良かったら持ってみるかい」
そう話しかけてきた男の姿を見て、私は驚く。

 あなた……? いや、違う。年も私よりは若いようだし、面影は似ているけれども――


「これは……市場でお人形を売ってるなんて、珍しいわねぇ」
話かけるつもりなどなかったが、口をついて出てしまった言葉。
動揺しているのか、私は。
「ええ、そうですよ。ふふ、野菜でも作れれば自分で食えるんですけど、
 どうも僕はこれしか取り柄がなくて」
頭を掻きながら、彼は苦笑した。
そういえば、あの人も。裁縫なんて、得意だったっけ。
「こちらは、娘さんですか?」
今度は逆に問いかけれられる。
「ええ、そうよぉ。私のかわいい、娘なの」
そう。私とあの人との。かわいいかわいい、一人娘。


 『君の作るご飯は、とても美味しいなあ』
本当に美味しそうな笑顔で、食事を食べている様子を見ているのが
好きだった。私と出逢う前は、ロクなものを食べていなかったようで。
性格的に男らしくはないし、どちらかと言うと貧弱で。だけどその中に
ある優しさのようなものに、私は惹かれたのだと思う。
 正に女の勝負は手料理。愛情こめて作ったものが、彼にも伝わったのだった。
こちらからアプローチをかけて、プロポーズは結局向こうから。
君の料理をいつまでも食べたい! だなんて。
あの時の顔、ほんとに真っ赤だったなあ。
 それからしばらくは、楽しい日々は続いた。
 けれど。


『往かなければ、ならないようだ』
彼に、出征要請の紙が送られてきた。
想い人とは、結婚こそしていなかったが。いずれはちゃんとした
形で一緒になろうと、そう契った仲であった。
 おもむろに始まった戦争は、国民にとっては晴天の霹靂。
多くの男が駆りだされ、戦いへ向かう事になる。もう既に
戦地に赴いた者達の音信は悉く途絶え、残されたものは悲嘆に暮れていた。
『こんな時に、慰めを言ってもしょうがないんだろうな……君には』
『……』
『戦いは激しいみたいだ。僕は……』
『帰ってこれない、かもしれない』
『……おばかさぁん』
私は、彼の掛けていた眼鏡を、すっと外した。
『ん』
こうでもしなければ。私のくしゃくしゃになった泣き顔を、見られてしまう。
見送る時は、笑顔でいなければ。


『本当に、おばかさぁん。こういうときは、
 意地でも帰ってくる! って言うものよぉ』
そうやって、おどけて笑って見せた。
私がふざけて、彼が困って。そんな関係が居心地良かった、ふたり。
『君は若い。まだ僕らは結婚していないし』
『いい人を、見つけてくれ』
『忘れ、るんだ』
たまらず、抱きしめる。
『わかったわぁ。あなたがそんなこと言うのなら』
『すぐに忘れてやるんだからぁ!』
口付ける。恐らく、これが最後。

『いってらっしゃぁい』
とびっきりの、笑顔で。
『いってくるよ……どうか元気で、水銀燈』


 あの幸せな日々は、私の夢だったのだろうか。いや、でも。
彼と愛し合った証が、今目の前に居る。ここはどうしようもないほど
現実で、私達は今、生きている。

 「ねー! ヒナ、この犬のお人形欲しいのー!」
娘がはしゃいでいる。人形か。子供とは言っても、女の子なのだから。
かわいいものの一つや二つ、欲しがって当然なのかもしれない。
「そぉねぇ……」
少し迷ったが、『お願い』は断りきれないことを、自分が一番良く知っている。
甘やかしている訳ではないと思ってはいるけれど、全く以って親馬鹿なことだ。
「わかったわぁ。すみません、これおひとつ、いくらかしらぁ?」
こんなことがあっても良いだろう。娘への、ささやかなプレゼント。
「ああ……ありがとうございます。
 でもこれ、大分古くなってるやつなんで。
 お代はいりませんよ」
「えー! くれるの!? ありがとうなのー!」
「ちょ、ちょっと雛苺! いや、そういう訳には……」
それはあまりにも悪い。見たところ、私達以外に客はついていないようだし。
「いいんですいいんです。こんなに気に入ってくれるなら、
 僕も嬉しいですから」
「うゅー! ありがとうなの、おじちゃん!」
「な……! おじちゃん……いや、僕はまだ19で」
と。人形売りの男が反論したところで。
『ぐぅ~~~~~』
彼のお腹が、盛大に鳴った。


「ふふ…ふふふ……! あはは……!」
笑ってしまった。男はなんだか恥ずかしそうに頭をばりばり書いている。
「無理しちゃってぇ。お腹空いてるのぉ?」
「なっ。いや。大丈夫ですっ」
明らかに、嘘。しばらく何も食べてないのだろうか。
「ふふ。良かったら、今日の家に来てくださいな。
 お代のかわりという訳ではないけど、晩御飯をご馳走してあげるわぁ」
「おじちゃん、家に来るのー! やったなのー!」
「だから僕はおじちゃんじゃないって……」
おかしかった。こんなに笑ったのは、何時位ぶりだろう。


「すー……すー……くんくーん……」
娘はもう眠りについた。どうやらあの犬のぬいぐるみには、『くんくん』という
名をつけたらしい。食事中も手放す事がなくて、お行儀悪いからめっめっよぉ、
なんて言った所でまったく聞き入れてくれる様子がなかった。
本当に気に入ってしまったのだろう。今はぬいぐるみを抱いてすやすやと寝息を
たてていた。


「かわいい娘さんですね」
ええ、本当に。そう言って彼は、娘の寝顔を優しく見つめていた。
「すみません、晩御飯ではがっついてしまって。
 実のところ、三日ほどまともに食べてなくて」
「いいのよぉ。娘のプレゼントのお礼なんだからぁ」

それから、とりとめもない話をした。
かつての自分の想い人のこと。
これまでの娘との生活。
あとは、いつまで戦いが続くのかという不安と愚痴を少し。

「全く、男は勝手よねぇ。
 忘れて欲しい、だなんて言うんだから」
人形売りの男が苦笑する。
「まあ、僕も男ですから。
 そう言う風にしか思いやりを示せないことがあるのって、ちょっとわかる。
 決して、あなたを想わずにそんな台詞は出ませんよ」
わかっていた。あの人は、優しすぎるほどに優しい。不器用で、愚直で――
出征要請が来た時も、二人で何処かへ逃げようかとも考えた。
でも、それを彼が止めた。国策に反逆すれば、世間的にどのみち苦しい日々を
強いられるだろう。私がそんな苦痛を受ける事を、彼は望まなかった。


「僕はまた、人形売りを続けますよ。そろそろ、場所も変えようかと思っていて」
「あら、そうなのぉ?」
「はい。また、ここも戦いが激しくなるかもしれない。
 逃れ逃れやってきましたから」
なんて言って笑う。
「良かったら……
 ここがいつまでも平和が続くとは限らないから。
 僕と一緒に、旅に出ませんか」
思わぬ誘い。
「ちょっとぉ。今日初めて逢った人に対して、随分大胆なお誘いなんじゃなぁい?」
苦笑してしまった。だが、それも本当に悪くないかもしれない。
彼は悪い人間ではなさそうだし、人形売りとして頑張っている。雛苺も、
ずいぶんと懐いていて(結局『おじちゃん』という呼び名は変わらなかった)、
何より彼は、あのひとの若い頃に、似ていた。丁度、私達が始めて出会った頃の
様に。
「でも、どうして私達なのぉ? 人形に興味を持ったからかしらぁ?」
「いや、なんていうか、その」
なんだか恥ずかしそうに言い淀んでいる。


この感覚、何処かで。

「あなたの料理、美味しかったから。
 また食べたいなあ、って」

この人は――

「また作って欲しいなって。そう、思ったんです」

この人は――誰なんだろう。


「そおねぇ」
考えていた。
顔が少し、微笑んでいるかもしれない。
私はもう十分、待っただろうか。
「……悪くないかも、しれないわぁ」
あのひとは、もう――


「うゅー。おかあさん……」
声が聞こえた。
雛苺。私の……いや。私と、あの人の、娘。
「そおねぇ、悪くないかもしれないんだけど、
 お断りさせていただくわぁ」
「そうですか……そりゃまあ、そうですよね」
残念そうだ。少し心が揺らぎそうになる。でも。
「ここはあのひとが、帰ってくる場所だからぁ。
 待ち人が居ないと、寂しいでしょう?」
「そう、ですよね。すみません、忘れてください」
「まったくよぉ。まったく、女を口説くんなら、
 もっと勉強なさぁい」
冗談混じりで言った。それでお互い、笑いあう。
そう、これでいいんだ。ここはあの人が、帰ってくる場所なのだから。


次の日の朝。彼は旅立つと言った。
「おじちゃん、いっちゃうのー?」
寂しそうな声で言う娘。
「おじ……まあ、いいか。大丈夫、またきっと会えるよ」
「ほんとー? じゃあヒナ、いい子にして待ってるね!」
「そうか、ありがとう。あ、あと……」
彼が私の方を向いて言う。
「これ、良かったら貰ってくれませんか」
差し出されたのは、人形だった。
「あー! これ、おかあさんそっくりなのー!」
「え……」
これは私、なのだろうか。銀髪で、黒い羽のついたドレスを
召した、きれいな人形。
「最初、驚いたんです。自分の作った人形にそっくりなひとが、
 目の前に現れたんですから」
「これは、えぇと、」
返答に困ってしまう。
「ちょっとした思い出として、貰ってやってくれませんか」
少し躊躇ったが。
「わかったわぁ。ありがとう。飾っておくわねえ」
私も、彼がここに居た証として。この家に人形を留めておこう。


それじゃあ、と。手を振って彼が行こうとする。。
去り際、一言言い残した。
「ひとつ、謝らなければならないことがあるんです」
「え? 何かしらぁ?」
「戦火がここに及ぶかもしれないなって行ったんですが、
 あれは多分大丈夫ですよ」
「え、それって――」
「あなたと一緒にいきたいと言ったのは、嘘じゃないです。
 それじゃあ!」

そう言って、行ってしまった。
全く、これだから男は駄目ねぇ。女はいつも、待ってるばかりなんだから。
さようなら、ジュン。あの人と名前まで一緒だったひと。
「……おばかさぁん」
素敵な夜をありがとう。笑顔で送り出したつもりだったけど、ちょっとだけ
涙ぐんでしまったのは何故だろう。
 さあ、不思議な一日はこれでおしまい。これからまた、二人の生活が
始まるのだ――


――
 夢を、見ていたのだろう。ここの周りは、変哲もない山の中。
温かい料理もベッドも、ある筈が無い。

――眠ってしまっていたのか。

恐らくは、極度の疲労。でももう、死に怯えることもない。

――夢の中でまで、泣かせてしまうなんてな。

 なんて、バツの悪い。君にそっくりなひとだった。ちょっと、と言うかかなり
大人っぽくした感じだったけど。今は、何をしているんだろうか。
 もう、戦争は終わる。ようやく和平が締結されて、もう軍役は解除されたも
同然だ。これから先、どうしよう。夢の通り、人形売りとして。気ままにやっていくのも
良いかもしれない。君は喜んで、くれるだろうか。あんなかわいい子供が居たら、
楽しい日々だろうなあ――
 手元には、自分の作った人形。戦いに出る前に、こっそり準備して作ったもの。
 水銀燈。僕の愛するひと。どうか、生きていて欲しい。

 さあ、夢を見るのは終わりだ。
 僕は、僕の在るべき場所へ、還ろう――


おわり

|