※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

[ARMORED CORE BATTLE OF ROSE]


MISSION no.2[紅の恐怖、翠の加護]



「…なんでアナタがここにいるのよぉ……」

任務を達成し、自分のガレージに帰還するはずだった水銀燈の前に、
かつて死闘を繰り広げ、共に戦ったライバル、真紅が立ちはだかった。

「アナタは…3年前、『大粛清』の時に…」

『大粛清』。それは、今では過去の記憶となってしまった特攻兵器「UNKNOWN」の突然の襲来。
しかし、今までの襲撃とは少し様子が違っていた。
「UNKNOWN」の特徴である、蝗のような形状ではなかった。
襲ってきた「UNKNOWN」全てが、人型をしていたのだ。
そして、壊滅的な被害を受けたのは、全て大規模な工業地帯であり、無差別な自爆攻撃ではなかった。
その後も度々襲撃はあったが、その時ほどの大規模な攻撃は現在までに行われていない。
そしてその時、真紅と水銀燈は、共にキサラギのトライトン環境開発研究所を防衛していた。
凄まじい敵の攻撃に、仲間は次々に撃墜され、ついに2人のACも限界を超えた。
その時の水銀燈機は、最新のコアシステムを搭載していたおかげで、コアだけでも脱出・撤退が可能だった。
しかし、真紅機は旧世代のコアシステムだったために、脱出が出来ずに機体ごと爆散してしまった―――。
と、いうのが水銀燈の記憶している限りの事だった。だが目の前には―――。

「…寝言は寝てから言いなさい、水銀燈。『漆黒の天使』も堕ちたものね」
――彼女は、確かにそこに存在していた。
「…随分と言うようになったじゃなぁい、真紅ぅ…。いや、『紅蓮の鬼乙女』さぁん?」
「…御託を並べている暇はないわ。早く始めましょう――」

「――私には、時間がないのだわ…!」

「ホーリエ!ブーストを最大出力!!一気に距離を詰めるのだわ!!」
『READY!』

真紅機の背中から、強力なジェットが噴出され、速度をみるみる内に上げていった。
物凄い速度で接近しながら、肩の拡散ロケット砲をこれでもかと撃ちまくる真紅。
たまらず上空へ退避する水銀燈。それを狙ったかのように、上昇しつつ真下から特殊マシンガンのWH03M、通称「フィンガー」を乱射した。
この特殊マシンガンは、他のマシンガンのようにマガジンを使用せず、弾薬が尽きるまで常時連射できる特性を持つ。
そのため弾切れをおこしやすいが、総合的な火力はグレネード弾を遥かに凌ぐ。

真紅機の左手から、さかのぼる滝のように襲ってくる弾丸。
それをまともに受けたのでは、どんな装甲もまるで意味を成さない。

「ぐぅっ!」
『脚部損傷。駆動部に異常が発生しました』
「くっ…!腕は落ちていない様ねぇ…!」
体勢を立て直し、左手のレーザーブレード「WL-MOONLIGHT」で斬りつける水銀燈。
「甘いのだわっ!」
さらに加速する真紅機。水銀燈機の斬撃は見事に空振りし、真紅機が一瞬で視界から消える。
今度は真紅機が上空を取り、ロケット砲を雨のように浴びせかける。
もともと命中率の悪いロケットだが、動揺し、固まっている機体にならば当てることは容易い。

「うぁっ!」
『頭部破損。レーダーに一部異常発生』
バランスを崩し、高度を下げていく水銀燈機。地面と接触し、わずかに機体が硬直する。
そして、身動きの取れなくなったその一瞬を、真紅は見逃さなかった。

「これで終わりなのだわッ!!水銀燈!!!」
そう叫びながら、真紅は右手に装備した射突型ブレード「KIZUNA」を、水銀燈機の腹部に高速で叩き込んだ。

「が…はぁっ……!」
『コア損傷。脚部破損。ジェネレータとラジエータの一部に異常発生。熱暴走による装甲板の一部融解発生』

強烈な衝撃と共に吹っ飛ばされ、地面に激突する水銀燈機。
コックピットであるコアはぎりぎりで外れていたものの、動力のほとんどを削がれ、もはや戦闘続行は不可能であった。
そして、止めを刺そうとする真紅。

「うぐぅっ…。真紅……。アナタは…」
「………さようなら、水銀燈――」

ピーッ、ピーッ、ピーッ…

真紅機に、突然警報が鳴り響く。

――ブーストの過剰な使用による熱暴走だろうか。それとも、別の――?

水銀燈が思考していると、真紅は銃を降ろし、こう言った。
「―――そう、わかったわ、ホーリエ。………残念だけど、『時間』がきてしまったのだわ。
 …また会えるといいわね。水銀燈」
そう言うと、真紅は急旋回し、来たときと同じ方向へ撤退していった。





「………真紅………アナタは……いったい―――
 ―――いえ、それよりも、まず脱出するほうが先ねぇ…」
幸い、脱出・帰還だけならコックピットの緊急レバーさえ壊れていなければ可能である。
緊急用のモードに切り替え、ACを破棄して帰還をしようと試みた―――

―――突然、北東の空から何発ものグレネード弾が降り注ぎ、大地を大きく削いでいく―――!

「!?一体なんなのよぉ!?


 ―――まさか、コレって…!」
レーダーには、1つの敵反応。そして、空には―――。

「人型の…UNKNOWN………!」

上空に浮遊していたその兵器。UNKNOWN。
かつて地上の荒廃の原因となったそれは、水銀燈が先ほど制圧した工場を、完膚なきまでに叩き潰そうとする。
グレネード、マシンガン、レーザー…。様々な武装を駆使し、工場施設のみを的確に破壊していく。
その無慈悲なまでに冷徹な攻撃が、忌まわしい記憶を呼び覚ます――。

「くぅっ…!今日は人生最大の厄日よぉ……!このまま脱出したら間違いなく蜂の巣だわぁ…!
 メイメイ!何とかして機体を起こしなさぁい!」
『了解。………。全てのエネルギーを動力部に移行。完了。武装を全てパージしてください』
「わかったわぁ…!」
水銀燈は機体の全ての武装の連結を解除し、身軽になった機体を起こす。
機体の各所が異常な駆動音を上げるが、それに構っている暇はない。
ジェネレータの出力を上げ、ブーストを高出力で使用できる状態に持っていく。

―――その時、攻撃中だったそのUNKNOWNが、攻撃の矛先を変えた―――!

「…どうやら、『戦力』となり得るものは全て破壊しないと気がすまないようねぇ…。
 さっさと離脱するわよぉ!メイメイ!最大出力でブーストを使うわぁ!!」
『了解。ブースト、最大出力』
機体をブーストで持ち上げ、次の瞬間には最高速度に達する―――!

―――はずだった。

次の瞬間、目の前にあったのはUNKNOWNの放ったグレネード弾。
ぐらつく機体の制御に全神経を傾けていた水銀燈には、それを回避する術はなかった。
正面からまともにグレネードを喰らい、再度吹っ飛ばされる水銀燈機。
辛うじて踏みとどまるものの、UNKNOWNは既に第二射の体勢に入っていた。
メイメイが告げるエラーメッセージが、水銀燈をさらに絶望に叩き落す。

『頭部破損。右腕損傷。出力低下。ジェネレータ、完全に沈黙。メインシステムダウン。保護モード、起動しません』
「…ここまでかもねぇ………」



『水銀燈!頭下げてろです!!』
不意に通信が入る。その直後、機体の頭部スレスレを、巨大な閃光が通り抜けていった。
その光がUNKNOWNの胸部辺りに直撃し、凄まじい爆発音と共にUNKNOWNが吹っ飛んでいく。
そして、水銀燈とUNKNOWNの間に、エメラルドグリーンの機体が割って入る。
「…その甲高い声…。翠星石ねぇ…!」
「その通りですぅ!翠星石がきたからにはぁ、もうあんなイナゴモドキに好き勝手などさせないのですぅ!」
しかし、装甲が損壊してはいるものの、UNKNOWNは全く行動に支障をきたしていない様子で立ち上がる。
「…と、言いてーところですが…。あいつは予想以上のバケモンですぅ…」

先ほど翠星石が放ったのは、数ある武装の中でもトップクラスの攻撃力を持つ大口径レーザーキャノン、「CR-WBW98LX」。
MTはもちろん、並のACがこれを喰らえば、装甲が剥げるだけでは済まない威力。
しかし、目の前の人型イナゴモドキは、それを物ともせずに立ち上がってきた。
「あれを喰らって立ち上がるとは見上げた根性ですぅ…。
 ―――ですがぁ!」

「翠星石はてめーなんぞに負ける気はさらさらねぇです!!!」
翠星石はそう言うと、機体内部に搭載された追加兵装、インサイドを開放した。
出てきたのは………「I01M-URCHIN」。吸着地雷である。
「そらそらそらそらぁ!!ですぅ!!」
普通の使用法としては、接近する敵機に対し、カウンターの意味でばら撒く。
もしくは、敵機の周りに撒き、行動を制限するという用途が一般的である。
そして翠星石は………どちらでもなかった。
吸着地雷を連続で発射し、全てをUNKNOWNに取り付けたのである。

「そこから一歩でも動けばぁ………ボンッ!ですぅ!
 しかぁし!翠星石はてめーに歩かせようなんてこれっぽっちも思っちゃいねぇですぅ!!」
そして、機体側面に取り付けられた補助兵装、エクステンションを起動させた。
起動したのは、緊急用エネルギーパック「JIREN」。
それにより、レーザーキャノンの発射により減少したエネルギーを、一瞬で回復させる。
「こいつでてめーのドタマぶっ飛ばしてやるですぅ!!!」
先ほどのレーザーキャノンを、再びUNKNOWNに直撃させる。
地雷の爆発も相まって、さすがに倒れこむUNKNOWN。
「まだまだですぅ!!!」
そしてもう一度、JIRENを起動させる。
その直後、レーザーキャノンを叩き込む。
さらにJIRENを起動させる。
さらにレーザーキャノンを叩き込む。

―――そして、爆煙が収まった時、そこにあったのはバラバラのジャンクとなったUNKNOWNであった。


「どーです!参ったですかぁっ!!」
「(ここまでバラバラになると、同情の念すら沸いてくるわぁ…)」
勝ち誇る翠星石と、少しばかり恐怖を覚えた水銀燈。

「さぁて、そろそろ帰ろうかしらねぇ…」ピピピッ「…え?」
少し精度の落ちたレーダーに目をやる水銀燈。そこにはやはり敵反応。
なんと、5km程先からUNKNOWNと思われる機体が多数接近中だった。
しかも、レーダーのディスプレイを埋め尽くすほどの。
「翠星石ぃ!悦に入ってる暇はないわぁ!UNKNOWNの大編隊が接近中よぉ!!」
「何を言うですか。バカな事言うもんじゃないで―――
 ―――ひぇええ!?本当ですぅ!!」
「だから言ったでしょぉ…」
「一刻も早く離脱するですよ!ちょっと手足をもぐですが、コンパクトにするためですから勘弁するですぅ!」
そう言うと、翠星石はレーザーブレードでコアと両手足を切り離した。

「スィドリーム!オーバードブーストですぅ!」
『BEREIT!』
「え?今なんて言っ―――んごぇっ!!」
「全速前進ですぅ!!」
オーバードブースト―――通称OB。機体のエネルギーを大量に消費する代わり、絶大な推進力を得る特殊機能である。
構造が単純なため、多くのコアに搭載されているが、使用時には大きなGがかかるのが難点である。
それにより、使用中はよほどの熟達者でない限り、移動が直線にほぼ固定されてしまう。
ちなみに翠星石のAC「ヤーデシュテルン」に搭載されているコアは、発熱量が低く、長時間の使用が出来る「CO4-ATLAS」である。

「OB使うなら早めに言いなさぁい!このおばぁかさぁぁぁああん!!!」
「しゃべってると舌噛むですよ!水銀燈!」
「OBなんて、絶対に使うもんですかああああぁぁぁぁぁ……………」
風のように飛び去る翠星石機の腕の中、絶叫する水銀燈。


「(でも、来てくれて助かったわぁ…。ありがとう、翠星石――)
 ――うごぁっ!!」
「大丈夫ですぅ!方向をちょっと修正しただけですよ!」
「前言撤回よぉ!!全然大丈夫じゃないわぁ!!!」


To be continued...

|