※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

蒼星石「今日こそは・・・リベンジだ!!」

ジュン「お、おい、蒼星石、いた・・・!」
蒼星石「ふふ、まだまだだよ?(本当はただの柔道だけどね!)」

ジュン「あ、く・・・やめ・・・ああ!!」
蒼星石「ほぉら・・・頑張れ・・・!(さあ、誰でもいいから騙されて勘違いして飛び込んでくるんだ!!そして僕みたいに恥をかけ!!)」

ジュン「うあ、ま、マジで止めてくれ・・・!」
蒼星石「だーめ・・・もっとだよ?(ちょ、まだこないの?)」


次の日
水銀燈「ていう感じに蒼星石がジュンを虐めてたのよぉ」
薔薇水晶「ジュン・・・可哀想・・・」
翠星石「お、お姉ちゃんはそんな風に育てた覚えはないです!!」
蒼星石「('A`)」


蒼星石「はあ・・・この前はひどい誤解を受けたな・・・」

蒼星石「ん・・・ウトウトしてきたな・・・ジュン君・・・すー、すー」
ガチャ
翠星石「蒼星石、ジュンが・・・あ、寝てるですぅ」
ジュン「ん、どうした・・・ってありゃ・・・昼寝中か」
蒼星石「ん・・・ジュン君・・・翠星石・・・」
ジュン「俺達の夢見てるのかな?」
翠星石「普段の顔と大違いですぅ」

~夢の中~
蒼星石「ふふふ・・・なら、二人とも僕のものにしてあげるよ」
ジュン「あ、そ、蒼星石・・・」
翠星石「ひゃ!?そ、そこは・・・」
蒼星石「ふふふ・・・二人とも可愛いよ・・・」
~現実~
蒼星石「ふ・・・ふふふふ・・・・ジュン君・・・・翠星石・・・・ぐふふ」
翠星石「な、なんか怖いですぅ」
ジュン「すっごい、顔がにやけてるな・・・・」
蒼星石「ふふふ・・・二人とも、逃がさないよ・・・もっといい声で・・・鳴いてごらん・・・」
ジュン&翠星石「「(;゚д゚)!」」

蒼星石「ん、ふあ~・・・良く寝た・・・・ふふ、いい夢だったなぁ・・・あれ、何か書置きが・・・」
『身の危険を感じたから今日はジュンの家に泊るですぅ ちょっと二人で話したいことがあるから、来なくていいぞ、マジで』
蒼星石「え?え?あれ??」



蒼星石「最近ジュン君と翠星石が僕を避けてるような・・・」

?「あ、だめ・・・ジュン・・・」
?「ふふ・・・可愛いよ、真紅・・・」
蒼星石(ジュ、ジュン君!また君が責めか!?)

?「ほら、真紅のここ・・・こんなになってる・・・気持いいだろ?」
?「だ、だめえ・・・そんなこと言わないでぇ・・・」
蒼星石(こ、これは・・・如何聞いても・・・なら僕のやるべきことは唯一つ!)
ガチャ
蒼星石「ちょっと待った!」
ガチャン、カチャ
蒼星石「あ、あれ?ドアが勝手に・・・あ、鍵まで・・・」

ベジータ「はっはっはっは!引っかかったな蒼嬢!!残念ながらさっきのは薔薇嬢のボイスチェンジャーで作ったテープだ!!」
蒼星石「な、なんだってー!」
ベジータ「後ろのドアも勝手に鍵まで閉まるように出来ている!ちょっとやそっとじゃ壊れない特製品だ!!」
蒼星石「く、はかったな、ベジータ!ジュン君をどこにやった!!」
ベジータ「ジュンなら今頃薔薇嬢と箱根温泉にレッツインだ!!!」
蒼星石「くそ、嵌められたのか!?」
ベジータ「さあ、誰も邪魔はこない・・・楽しもうぞ、蒼嬢!!!!」
蒼星石「い、いやあああああああああ!!!!」


ベジータ「く、やるな蒼嬢!ならばしばらく眠ってもらおう!!ビックバンアタック!!」
蒼星石「くぅ・・・もうダメだ・・・!!?」

634:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/03/20(月)20:51:31.17 ID:andfWu5BO
ベジータヌッコロス(#゚Д゚)
635:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/03/20(月)20:51:31.38 ID:Ax/E9uwy0
>>632
大丈夫だ蒼星石!いまから俺がベジータを食い殺す!
636:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/03/20(月)20:55:10.14 ID:wnM7fzifO
>>632
ちょwwwピンチじゃね?wwww

ベジータ強行手段ktkr!
637:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/03/20(月)20:56:55.21 ID:R3tagm9pO
三上「べジータ……削除」

ベジータ「な、なに!弾かれた!!?」
蒼星石「こ、これは・・・そうだ、僕にはスレのみんなが付いている・・・くらえ、ベジータ!!」
ベジータ「な、そ、それは!!」
蒼星石「みんなの力を僕に貸してくれ・・・・元気玉!!」
ベジータ「こ、ここからが・・・・亜w背drftgyふじこlplp;@;@」

蒼星石「や、やった、やったよ皆!ありがとう・・・みんなのおかげだよ!!」

その頃
薔薇水晶「ジュン・・・背中流してあげる」
ジュン「ちょ、ここ混浴かよ!!?」



蒼星石「スレのみんなの力おかげで帰ってくることが出来た・・・ジュン君も旅行から帰ってきたはずだよね・・・」

ジュン「あ、ちょ、やめろ・・・雛苺・・・」
雛苺「ういー、ジュン、ここそんなに感じるー?」
巴「だ、だめよ・・・雛苺・・・そんなに触っちゃぁ・・・」
蒼星石(くそ!ジュン君はロリマゾじゃないんだぞ!!?)

蒼星石「ジュン君!大丈夫!?」

ジュン「だ、ダメ・・・」
巴「すごい足痺れてそう・・・」
雛苺「つっつくと面白いのー」
ジュン「う、うあ!?や、やめ・・・」


蒼星石「くそ!勝負に勝っても騙されるのか僕は!!ていうか最近変化球が多いからこのパターンは久しぶりだよ!!」



蒼星石「・・・・僕って一体なんだろう・・・いや、弱気になっちゃだめだ!悪しき薔薇乙女達(僕除く)からジュン君を守らないと!」

薔薇水晶「ふふ・・・どう、ジュン」
ジュン「ちょ、あ、も、もう無理・・・!」
蒼星石(は、また僕のジュン君が!だけど安心してジュン君!僕はすぐ傍にいるよ!)

蒼星石「待つんだ!薔薇水晶!」
ジュン「うわあ!?何で押入れから出てくるんだ!!?」
蒼星石「え、ただの柔軟か・・・まあいいや・・・ふ、それはね、ジュン君を・・・」
薔薇水晶「監視するため・・・別名ストーカー」
ジュン「な!そ、そうなのか!?」
蒼星石「え、いや、僕はジュン君をまも・・・」
薔薇水晶「他人の家の押入れに無断で入るなんて・・・非常識」
ジュン「た、確かに・・・」
蒼星石「(;゚д゚)ガーン」
薔薇水晶「ジュン・・・この家は危険・・・私の家に泊ろ?」
ジュン「え、いいのか?」
薔薇水晶「うん・・・銀ちゃんもきらねえも歓迎するよ・・・」
蒼星石「ちょ、ま・・・」
薔薇水晶「ジュンに近づかないで・・・・ストーカー・・・」
蒼星石「(;゚д゚)ガガーン」
薔薇水晶「ジュンも・・・・ストーカーは・・・嫌だよね・・・?」
ジュン「あ、ああ・・・ストーカーはちょっと勘弁だなぁ・・・」
蒼星石「(;゚д゚)ガビーン」
薔薇水晶「じゃ・・・・いこ♪」

蒼星石「ぼ、僕はぁ・・・僕はぁぁぁあああああ!!!!」


|