※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 


街から上がった炎。
消し止める人間の誰も居ないゴーストタウンでは、それは消える気配も無く、ただ広がるばかり…
やがて炎は…街の最奥に建つ薔薇屋敷にもその手を伸ばし始めた。

「マズイな…早く真紅を探さないと……」
ジュンは薔薇屋敷の廊下を、呟きながら走っていた。

目に付く扉を片っ端から開くが…そこには真紅の姿はおろか、人影すら見えない。

護衛の人間も、逃げたか消火作業に当っているのだろう。
戦う術を持たないジュンにとって、それは幸運ではあったが…
だが逆に考えると、それほどまでに火の手が迫ってきているという事実…
それは確実に、幸運を帳消しにする事態でもあった。
 
 
「どこに居るんだよ!真紅!」
半ば叫ぶように、扉を開く。
だが…その部屋にも、誰の姿も無かった。

そうしてる間にも、屋敷に漂う風は徐々に熱を帯びだす。
まだ火は見えてこないが…それも時間の問題だろう……

「……早くしないと…」
焦る心を落ち着かせる為にも、小さく呟く。

靴を通して、床板が熱せられていくのを感じる。
それと……
どこか…遠くで…誰かがすすり泣く声―――


「―――真紅ッ!!」
叫び、ジュンは屋敷の奥へと駆けて行った――。


廊下を駆け――― やがて、赤い絨毯の敷かれた通路に差し掛かり―――
その先に、薔薇屋敷の名に相応しい、装飾の施された一枚の扉が見えた―――


「真紅!!」
名を呼びながら、扉を大きく開け放つ。
 
そこには……

ずっと探していた…
もう、会えないかもと諦めた時もあった。危険を掻い潜って、自分を助けてくれた。
ずっと会いたかった――― 真紅の姿があった。

部屋の隅で膝を抱きながら子供のように涙を流す、真紅。
ジュンはそんな彼女に走り寄る。
「大丈夫か!?どうしたんだ!?どこか怪我でも―――」
「ジュ…ン…?」
真紅は泣きながら、それでも、首を横に振る。

「…そうか…なら良かった……それなら、早くこんな所から逃げよう!」
そう言い、ジュンは真紅の手を取った。


―――私の手は…血塗られ、汚れてしまった…―――


真紅は弾かれたように、ジュンの手を振り払い……

「…真紅……?」
ジュンが唖然とした表情で真紅の顔を覗き込む。
 
 
―――こんな…穢れてしまった私を見ないで……―――


「い…や……嫌……来ないで…私を見ないで!」
真紅はそう叫び、ジュンを乱暴に押しのけると……
扉を抜け、屋敷の中へと何かから逃げるように走り去っていった。

「な!?…待てよ真紅!」
訳が分からないながらも…それでもジュンは、真紅の後を追う。


「おい!真紅!」
廊下をあてもなく走る真紅の背中に声を飛ばしながら、ジュンも廊下を走る。

そうしてる間にも…屋敷は徐々に炎に蝕まれ……やがて、熱風と軋む音が周囲から押し寄せてくる…。

「何なんだよ!何してるんだよ!真紅!!」
カーテンに火がつき、屋敷はいよいよその最期を思わせる。
それでもジュンは真紅の後を追い―――

不意に真紅の体がバランスを崩した。
同時に、焼かれ、脆くなった柱が折れたのか――― 屋敷が大きく揺れ―――
真紅の足元の床が、大きく裂ける―――!

「真紅ッ!!」
ジュンは叫びながら、地面を蹴り、真紅へと手を伸ばす――――

 
―※―※―※―※―


突然地面が崩れ…真紅は短い時間ではあるが、自分が気を失っていた事に気が付いた。

そして…右腕が千切られそうな位、痛い。

真紅は痛みに目を覚まし―――そして自分が、崩れる廊下の中で、宙に吊られてる事に気付いた。

その原因。
右腕の痛みの先に視線を向けると―――

彼が――― ジュンが手を握り、必死に自分を繋ぎ止めてる光景―――

「そんな……ジュ…ン……?」
呆然と、ただ声をかける。
「……何してんだよ…真紅…ほら…早く…よじ登ってこいよ……」
引き攣った笑みを浮かべ…それでもジュンは、優しい声で話しかけた。

だが…真紅の手を握るジュンの体も……ズルズルと引き摺られるように、床の亀裂へと近づく……

真紅は…ジュンに握られた自分の右手を見つめた。

―――この手は…赤く血塗られているのだわ…―――

死ぬのは怖かったし、生きる事も怖かった。
それでも……
真紅はジュンの顔を、真っ直ぐに見つめた。
 
 
「……早く…しろよ……」
額に汗を浮かべながら、ジュンが小さく呻く。

―――もう…迷ってる時間は無いのね…―――

真紅は―――その左手で、ジュンの腕を掴む。

「……ありがとう…ジュン……」
そして―――真紅はその顔に、柔らかな微笑みを浮かべた。

「……あなたの淹れてくれた紅茶……大好きだったわ……」

ジュンの手を振り解き―――

一人、奈落へと落ちる真紅は――――


涙を流しながら、最期まで微笑んでいた――――


 
―※―※―※―※― 



「…全く……大した忠犬っぷりねぇ……」
水銀燈は辿り着いた薔薇屋敷で、消火活動の手を止め交戦してきた護衛を…
すでに静かになった彼らを眼の端で見送りながら、階段を駆け上る。

作戦の目的は、この屋敷のどこかに有る、機械人形に指示を出してる機械の破壊。
だが…それも、この炎では、必要無さそうだった。

しかし…真紅とかいう、気に喰わない女の救出に先行した、ジュンの存在。

「……古い馴染み、ってのも…厄介なものねぇ……」
辟易したように呟くが…その頬は少し持ち上がっていた。

サブマシンガン『メイメイ』の弾倉を確認し、水銀燈は廊下を走る―――

すると―――

廊下の中心、裂けた床板の前に『古い馴染み』の姿を見つけた。

「……何してるのよぉ……真紅とかいう子、ちゃんと探してあげなさいよぉ」
ジュンの背中に声をかけるも…どうも様子がおかしい。

「…ねぇ…聞いてるのぉ?」
改めて、そう声をかけるが……
ジュンは床に開いた穴を見つめながら、ただ、涙を流し続けていた…
 
 
水銀燈はため息をつき…ジュンの後頭部を思いっきりひっぱたく!
 
「人の質問に答えなさいよぉ!」
「な!?す…水銀燈!?何するんだよ!」
我に返ったジュンが声を荒げる。
だが…
「……時間が無いし……手短に説明、お願いできるかしらぁ…?」
水銀燈に鼻先に銃を突きつけられ、その勢いも続かない。

「……真紅が……ここから落ちて……」
ポツポツと説明しだすジュンの声を聞きながら、水銀燈はその亀裂に視線を向ける。

幸い、熱こそ伝わってくるが…まだ、階下は炎に包まれてる訳ではなさそうだ……


水銀燈は、涙の跡を拭くジュンに視線を戻した。 



何故か、無性に腹が立った。
泣く人間にも、泣かせた人間にも。

これは、大切な人を失った涙。
あの時…めぐを失った時……私が流した涙……

 
 
「……私が様子を見に行ってあがるから……あなたは…さっさとその汚い顔を拭いて、脱出する事ねぇ…」
「それなら、僕も―――」
ジュンの言葉を、水銀燈は片手を振って止める。
「…あなたが来た所で…何が出来るのよぉ……足手まといは邪魔なだけよねぇ…?」
「でも―――」
まだ納得しないジュンの口に、水銀燈は人差し指を当てた。
「心配ないわぁ」
そして水銀燈は、床に広がる亀裂に歩み寄り…口の端に笑みを浮かべる。


高い所から落ちるのは、これで何度目だろう?


そして…銀色の髪を指で梳きながら、ジュンを振り返った。

「それに…言い忘れてたけど……私って天使らしいわよぉ……?」

水銀燈は地面を軽く蹴り―― ふわりと髪が宙を踊った―――――


 
―※―※―※―※― 



炎に包まれた部屋の中…その中心に……真紅は仰向けに倒れていた。

涙は止まらないのは、部屋に広がる煙のせいだけではなかった。

「…私は……もう……ジュンの傍に居るには相応しくないもの……」
小さな声で、呟く。

死ぬのは怖かったが……死ぬべきだという思いがそれより強かった。

真紅は動かず、ただ崩れる屋敷を見つめるだけだった…。


天井の一部が崩れたのか、何かが落ちてくる音がした。
だが、真紅にはすでに、何の関心も無い事。


「……無様ねぇ…?」
近くから声がかかった。たしか…水銀燈とかいう女の声。
「………」
真紅は何も答えず、振り向きすらしない。
「……さっさと起きなさい……逃げるわよぉ」
水銀燈がそう言い、腕を掴んで体を起こしてくる。

「…離して!」
真紅は癇癪を起こしたように叫び、水銀燈の腕を振り払った。
次の瞬間―――

「甘えるんじゃないわよぉ!」
声と共に、真紅は頬を思いっきり殴られた!

「何て事を―――」
「…ウジウジするなら、後でたぁっぷりしたらいいわぁ……でもね、今はすべき事が別にあるでしょぉ?」

真紅はゆっくり、立ち上がる。
「……あなたに…あなたなんかに……私の気持ちが分かるもんですか!」
真紅は拳を固め―――水銀燈に殴りかかる。

水銀燈は――― それを避けず、顔で受け止め……少しよろめいた。
「……分かる訳無いでしょぉ!」
水銀燈が真紅を殴り返す。
「何よ!あなたなんかに…!!」
真紅が水銀燈の頬を殴る。
「そうよ!私はあなたとは違うわぁ!」

左の頬を殴られれば、右の頬を。
胸を殴られれば、腹を。

二人は炎に囲まれた部屋の中心で、拳をぶつけ続ける。
 
「あなたには分からないのよ!!」
「辛い思いをしてるのは―――」

二人の拳が交差し―――

「私の苦しみが!!」
「あなただけじゃないのよぉ!!」

真紅の拳が水銀燈の頬を捉え―――
水銀燈の拳が、真紅の顔を打つ―――

そして―――

殴り疲れたように……二人はそのまま、力なく地面に倒れた…。


水銀燈はゴロリと寝返りを打ち、仰向けになる。
「……あなたに何があったのか、なんて全然知らないわぁ……でも……」

うつ伏せに倒れたままの真紅は、涙を隠すようにしながら呟く。
「…私は……あまりにも…この手を汚してしまったのだわ……
私には…もう……生きる資格なんて……無いのよ……」

水銀燈は床に寝そべったまま、ポケットの中を探り―――煙草を一本取り出し、咥えた。
「……だから死ぬ、って……馬鹿じゃないのぉ………」
「…やっぱり…あなたには分からないのだわ……」
 
 
水銀燈は再びポケットの中に手をいれ、ライターを探すが……
そのライターは―――白崎との戦いで無くした事を思い出した。

「………分からないわよぉ……」
咥えていた煙草をつまみ上げ、指先で折り、捨てる。

「…私は…例え、誰もが私の事を嫌おうが……それでも、私だけは私の事を信じるわぁ……」
水銀燈は上体を起こし、地面に伏したままの真紅の背中を見つめた。

「…例え…誰にも認められなくても…どんな言葉を浴びせかけられようとも……私は、認めない。
私だけは、私の事を信じる。……そう…荒野に出た日に決めたわぁ……」
水銀燈はゆっくりとした動作で、立ち上がる。

「……あなたには…死ぬまでそこでウジウジしてるのがお似合いねぇ……」

最後にそれだけ伝えると…水銀燈は、屋敷の出口を探して燃える部屋を後にした。


部屋には…赤く燃える炎と、真紅だけが残されていた…。


 
―※―※―※―※― 



火の勢いの弱い所を探しながら、水銀燈は屋敷の中を走る。
先程時間を使いすぎたせいで―――屋敷の廊下では到る所から火の手が上がっていた。

「…チッ……のんびりしすぎたわねぇ…!」
頭の中に、来た道を思い浮かべながら走るが―――
脆くなった柱が折れ、道は次第に選択の余裕が無くなってくる…。

「……これは……マズイわぁ……」
背中に冷たいものを感じる。
嫌な汗がにじみ出るが、熱風がそれを瞬時に吹き飛ばす。

炎を避けながら出口を探す水銀燈は……やがて、倉庫と思しき部屋に辿り着いた。

部屋は石造りで、窓すら無い。
来た道を引き返そうとして…だが…その選択すら、残ってない事に気が付いた。

廊下には炎が広がり――― 存在する全ての道を塞ぐ。

このまま倉庫で蒸し焼きになるか、廊下で煙に巻かれて焼け死ぬか。

非情な選択を迫られる中――水銀燈は、倉庫の奥の壁に触れた。

―――少し、冷たい。

つまり…この壁を一枚壊すだけで、外に……最低でも、炎の無い所には出られる。
 
水銀燈は数歩下がり……腰に下げた相棒『メイメイ』を握り締めた。

―――石と石の『つなぎ』のみを狙ったとして…いけるか……

いや…やるしかない。
水銀燈は息を吸い込み――― 石壁に銃を向ける―――
「さぁて……派手に…散りなさぁい!!」

引き金を引く―――!!
弾丸が壁にめり込み、鼓膜を突く硬い音が響く―――!!
壁の破片が砕け、飛ぶ――!!

だが……浅い……

水銀燈は空になった『メイメイ』の弾倉を捨て――新たな弾倉を探し―――
腰に下げた弾倉が、もう一つしか残されてない事に気が付いた。

これが、最後。
次は無い。

しくじれば…死ぬだけ。

水銀燈は慎重に、壁の繋ぎ目に照準を合わせ―――


不意に、大きな銃声。弾け飛ぶ石の破片―――!

「…そんな豆鉄砲では…いくら手数が多くても無駄よ」
そして、背後から声が聞こえた。
 
 
水銀燈は振り向かない。
「あらぁ…?誰かと思えば……手伝って、なんて頼んでないわよぉ?」

声の主は、水銀燈の横に並び、ピースメーカーの銃口を壁に向ける。
「ふん…誰が手伝うものですか……
ただ…ここで死んだって、何の解決にもならないのだわ。それなら…―――」

真紅はそこまで言うと、ピースメーカーの撃鉄を指で起こした。
「その為に……邪魔な壁があったから撃っただけなのだわ」

水銀燈は…いつしか笑っている自分に気が付いた。

「…高慢ちき」
「…老け顔」
「泣き虫」
「気持ち悪い猫なで声ね」
「……やっぱり、あなたとは合いそうにないわぁ…」
「……奇遇ね。私もそう思うわ」

「…あらぁ…?珍しく気が合ったわねぇ…?」


二人同時に引き金を引く――――!!


耳を覆いたくなるような轟音と―――― 小さな光が――――――


 
―※―※―※―※― 



ポツポツと…荒野の大地に雨が小さな点を描く―――

大地を覆い尽くしていた機械人形は―――軋みを上げると同時に、動きを止めた。


「……どうやら…勝ったみたいだね………皆、無事かい…?」
蒼星石が鋏を杖にして戦場に声をかける。

「………」
薔薇水晶が無言で小さく頷く。
「何とか…生きてるかしら……」
人形の山の中から金糸雀の声が聞こえる。
「カナ!?カナァァアア!?どこなの!?」
みっちゃんが錯乱したように人形の山を掻き分ける。
「私と雛苺も無事よ……あと、オディールもね…」
巴が小さな声で答える。
「…人をついでみたいに言わないでもらえる?」
オディールが巴に詰め寄る。
「うゆ~…二人とも…喧嘩はダメなのよ?」
雛苺が一触即発の二人を留める。

「ふぅ~……全員無事みたいですぅ…」
翠星石が、安堵したように息を漏らし――――

「! 水銀燈!それに、チビ人間は上手くやったですか!?」
燃え盛る街へと、視線を向けた。
「休んでる暇は無いですよ!さっさと立ってシャキッとしやがれです!」
  

翠星石の合図で、全員が街へと向かう―――


街の通りは、僅かな雨では止まらない程に炎が広がり―― 翠星石達はその中を駆ける。


そして…

薔薇屋敷の前―――

立ちすくむジュンの姿を見つけた。


「てめぇ!チビ人間!こんな所で何してやがるですか!水銀燈は無事ですか!?真紅は助けたんですか!?」
翠星石はジュンの胸倉を掴みながら、激しく揺らす。
「それが……二人ともまだ……」
ジュンが震える視線を薔薇屋敷に向け―――

その時、屋敷からは一際大きな炎が上がり――― 地面を震わせ、屋敷は倒壊する―――!

「そ…そんな!」
翠星石は、崩れる屋敷を見ながら叫んだ。 



だが……

 
 
「………来た……」
薔薇水晶が小さな声を出す。 


その視線の先には―――――


燃える屋敷を背に、歩く二つの影――――


大気を湿らす程度の雨が、空に虹をかける――――



翠星石が、蒼星石が、薔薇水晶が、金糸雀が、雛苺が、ジュンが、巴が、オディールが、みっちゃんが―――
二人の下へと走る――――


雲の彼方から、誰かの声が聞こえた気がする。



誰かが思った。誰もが、思った。

荒野を切り拓き、未来へと導いた二人の天使。
その気高い生き方を―――― 明日へと語り継ごうと――――― 











 
◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ 






雨が優しく大地を濡らす。それでも大地を満たすにはまだ時間がかかるだろう。

たった一つの掟は、未だに人々の心に根強く残る。

『強いものこそが、正しい』

そんな無法の荒野で、弱者に生きるすべは少ない。
息を潜めてひっそりと生きるか、誇りを捨て、矜持を失い、奴隷のように生きるか。


しかし、中には、第三の選択をする者がいた。
彼女達は力を得る為、武器を手にした。

荒野を、運命を、彼女達は自分自身の手で開拓していく。

そして人々は――― 彼女達の姿に、遥か昔の英雄達の姿を重ね―――
悪党達は、その姿に畏れ慄き――――

こう呼んだ―――――





                     ――――― Wild Bunch!

 

|