※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 




   24. Wild Bunch!





「…あのまま撃っていれば、貴方の―――」
「御託はいいわぁ……さっさと始めましょう」

ゆっくり立ち上がり、白崎は服の埃を叩き落とした。


決闘―――

数メートルの距離を挟んで、水銀燈と白崎が睨みあう。


「…では、ルールはいかが致しましょう?」
条件が互角にまで戻ったと見た白崎は、口の端に浮かぶ笑みを隠しながら告げる。

「……死んだ方が負け……それで、十分よぉ…」
水銀燈は薄氷のように鋭く、紅い瞳を白崎に向ける。

 
炎に包まれた街の通りで…二人の間に伝えるべき言葉は、尽きた。



「… … …」

熱い風が、水銀燈の髪を揺らす。

「… … …」

白崎の眼鏡に、街中に広がる炎が反射する。

………―――――

焼かれた窓が、断末魔のような音をたてて割れる。

……――――

呼吸が――鼓動が――大きく聞こえる。

…―――

一瞬。だが、全てが止まる。



銃声が一つ、空に轟いた――――……


 
水銀燈は……

硝煙の昇る銃口の先――― 胸を穿たれた白崎の姿を見つめていた。

そして……
白崎は胸を押さえ…よろめくと――― 口の端に笑みを浮かべた―――!


「ラプラスゥゥゥゥウウ!!!」
水銀燈は叫ぶ。倒すべき敵の名を。
サブマシンガン『メイメイ』をフルオートで振り絞り、弾丸の雨を降らせる!

「素晴しい!ですが…やはり甘い!!」
白崎はステッキのように銃身を伸ばした銃、バントラインスペシャルの引き金を引く―――


凶弾が水銀燈の肩を貫き―――
放たれた銃弾は白崎の足元を…大地を弾いたのみ―――


「…くッ!!」
水銀燈は堪らず、地面を転がり、建物の影に飛び込んだ…。

「ククク…私は既に、貴方のような替えの効く人間ではないのでね……
卑怯だと罵りますか?小心者と蔑みますか?クックック……」
通りからは白崎の、悦にひたったような声が響いてくる。

防弾チョッキ。予想出来ない事では無かった。十分、考えれる事だった。

だが、一手、遅れた。
 
水銀燈は歯噛みしながら、肩の傷に触れる。
弾は貫通しているが……血管をやられたのか、血が止まらない。腕がしびれる。

「最も……何と言われようと、心は痛みませんが…?」
馬鹿にしたような、狂気を孕んだ耳障りな声が、肩の傷を疼かせる。


通りからは押し殺した笑い声が聞こえ、身を隠した建物からは火の手が迫る。

「ククク……どうします…?そのまま、自らの広げた炎に焼き殺されるか……
どうしても、と言うのなら……一思いに楽にして差し上げますが…?」

白崎の言う全てが、いちいち神経を逆なでする。

どうするか…
その考えが、水銀燈の頭にグルグルと広がる。

だが…
水銀燈はやがて、獲物である『メイメイ』を、通りに向かって投げ捨てた。


ずっと―――
周囲からどれだけ蔑まれ、忌み嫌われても…例え、絶望の淵に立たされても……それでも、諦めなかった。

例え、誰もが見放そうが……私だけは、私の事を信じる。

水銀燈はあの日――― 荒野に飛び出した日――― 崖から飛んだ時――――
その時と同じ目で、通りに静かに歩み出た。
  

「……まさか…今更、投降などとは言わないでしょうな…?」
白崎は水銀燈の眉間に照準を合わせたまま、嫌味な笑みを浮かべる。

水銀燈は通りで白崎と向かい合ったまま…自分の手を見つめる。

「あの時…あなたに勝てなかった日から……そりゃあもう沢山、練習してきたわぁ……」

水銀燈は静かに、ポケットの中に手を入れる。
白崎がその動きに、少し反応するが―――痺れる腕を振り、それを制した。

「…煙草…失礼するわぁ……ジェントルマン…?」
水銀燈はポケットから煙草を取り出し、古いオイルライターで火を付ける。

そして、そのまま…火のついたライターを掴んだまま―――白崎を指差した。


「……『曲撃ち』…って言うのよぉ?……知らないのぉ?…おばかさん」

ライターを地面に投げる―――

その先には―――

白崎の背後には―――彼がここまで来るのに使った、一台の車。
そのタンクには穴が開き―――

白崎は目を見開き、自身の足元を見た。

そこには弾丸が地面に弾かれた『跳弾』の跡―――
流れ、広がってきたガソリン―――
 
白崎が弾かれたように水銀燈に銃を向ける――

だが、引き金に触れるより早く白崎の体に火が燃え移り――――

炎に包まれた白崎は、獣のような咆哮を上げる―――!


やがて…炎の中で、黒ずんだ『何か』がドサリと倒れる音がした。




水銀燈は煙草を指先でピンと投げ…ゆっくりとした動作で、地面に落ちた『メイメイ』を拾い上げた。
そして……思い出したように、炎の中で動かなくなった白崎を見つめた。

―――復讐は…終わった。

かといって、闘いが終わった訳ではない。
まだ…仲間達は闘っている。

肩から腕を伝い、ポタポタと血が滴る。
地面に赤い斑点を付けながら…水銀燈は街の奥――― 薔薇屋敷へと進んでいった。


最期にもう一度、白崎だったものを振り返る。
「………」

言うべき言葉など、すでに無かった。

 
―※―※―※―※―


「…生きる事とは…闘う事…か……」
二葉は確認するように――自分に言い聞かせるように、真紅の言葉を繰り返し、呟いた。
「それなら…私は…死人だな……」
低い、小さい声だけが、広間に何の反響も無く溶けていく。

人形のように、何の感情も表さなかった二葉の瞳。
真紅がそこに初めて見てとった感情は…自嘲の笑いだった。

二葉は暫く、真紅の姿を見つめる。

そして…真紅から奪った銃、ピースメーカーを左手に持ち替え…
右手で懐から、新たに銃を取り出した。

ピースメーカーが、硬い音を立てて床に投げられる。

「拾いたまえ。……私も…生きてみたくなった……」

「…何故……?」
真紅にとっては思いもせぬチャンスであったが…その意図が見えない。

「…君が勝てば……教えてあげよう…」
二葉は小さな声でそう答える。


真紅は一歩一歩、警戒しながら足を進め…
銃を拾うと、二葉から視線を逸らさぬまま、一歩一歩、後ろへ下がった。
 
 
広間には静寂が広がる。

街から響いてくる轟音も、絨毯の上で何の反響も残さない。

異様な静寂に、自分の呼吸音ですら何か別のものに聞こえる。


誰かの断末魔のように、街から一際大きな炎が上がる―――

真紅はピースメーカーの銃口を持ち上げる―――
二葉は動かない―――

左手でピースメーカーの撃鉄を起こす―――
二葉はまだ動かない―――

真紅の指が引き金に触れる―――
二葉は――― まだ動かない―――!?

―――何かが…おかしい…!

真紅は咄嗟に、銃口を逸らせようとするが―――

だが、放たれた弾丸は止まらず――― 二葉の胸を貫いた――――

 
 
「……何故…?」
硝煙の上がる銃を下げ…真紅は胸から血を流す二葉を見つめた。

二葉は…熱い血が流れ続ける自分の胸に、満足そうに手を触れている。
「フ…フフ……これでいい……これで…私は……」
口から血を流し…それでも二葉は、真紅に笑みを向けた。

「二葉は……二度、死んだよ……
一度は事故で……そして……もう一度は…今……」

苦痛に顔を歪める二葉だったが…その目は先程までとは違い、生きた人間のそれだった。

「私は…一葉……死んだ二葉になり代わり……ずっと生きてきた……亡霊だよ……」
二葉…いや、車椅子の男はそう言うと、そっと腕を下ろした。
「……すまんが……窓まで押してもらえんか……外が見たい……」

真紅は銃を腰に戻し…車椅子を窓辺まで押す。

「……ずっと…本当の…私自身の…生き方を……」
窓から見える光景。
炎に包まれた街より、さらに先。
悠久の荒野に、男は思いを馳せるように視線を向ける。

「……今……私は…間違いなく…私として生きている………感謝…する…ぞ……―――」

再び、広間に静寂が戻った。

 
ずっと偽りの人生を送ってきた男。
彼が一体何を考え、どういう気持ちで過ごしてきたのか。

分からない。

分かり合うには…共に過ごした時間は断片的で、短すぎた。


それでも真紅には……
立っている位置の違いはあれど、この男もAliceに人生を狂わされた一人だという事は理解できた。


「…Alice…こんな物さえ無ければ……」
呟き、広間の奥に佇む巨大な機械に向き合う。

こんな物さえ無ければ……誰も苦しまず…誰の血も無駄に流れなかった……


親指で撃鉄を起こし…続けざまに引き金を引く―――!

装填された弾丸の全てを、正確に、余す所無くAliceに叩き込む。


バチバチと電気の弾ける音がして……やがてAliceは……静かに、光を消した……


―――あっけない。こんな事の為に……

 
全てを終えた。その虚脱感。
真紅はピースメーカーの薬莢をバラバラと地面に落とし、新しい弾丸を装填した。
―――後は…皆の所に何とかして帰るだけね……
弾倉にゆっくり、弾を詰め―――

真紅は自分の手が震えている事に気が付いた。
弾丸を一つ、床に落としてしまう。

真紅はそれを拾おうと身を屈め…そのまま崩れるように地面に倒れた。

震えが止まらない。
引き攣ったように呼吸が苦しい。
背中に氷を刺されたような恐怖感が広がり――とても寂しい。


真紅は気が付かなかった。
いや、気が付かないフリをしたかった。


Aliceを破壊し、全てを終わらせる。
その一念で、この手を赤く染め続けてきた。
自身を正義と信じ、裁きを下してきた。

では…Aliceが無くなった今では…?

自分こそが…
Aliceに囚われた……最後の怪物なのでは…?

 
 
どんなに理性で押さえつけようとも、心から忍び寄る声に、震えは止まらない。

死ぬべきだという思いと、死にたくないという本能。

Aliceという目的が失われた今、真紅を支えていた決定的な『何か』は……切れた。


真紅は倒れたまま、膝を抱くように身を小さくするばかり…… 









                        《後編へ》

|