※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

乙女の短編保守劇場61

薔「連載再開おめでと~! ドンドンパフパフ! イェ~イ!」パチパチ

ジ「おめでと~」

薔「これでまた薔薇乙女の活躍が読めるね」

ジ「アニメ限定のお前に出番は無いけどな」

薔「(´・ω・`)」 




乙女の短編保守劇場62

薔「テッテケテケテケ♪」

ジ「テッテッ♪」

薔「テッテケテケテケ♪」

ジ「テッテッ♪」

薔「テケテケテケテケ♪」

ジ「テケテケテー♪」

薔「テケテケテケテケ♪」

ジ「テケテケテー♪」

薔「テレテッテレ♪」

ジ「テレテレテー♪」

薔「テレテレテーテー♪」

ジ「テレテテレテテ♪」

薔「テレテテレテテ♪」
ジ「テッテー♪」
薔「テケテッ♪」
ジ「パフッ♪」

 




乙女の短編保守劇場63

薔「ジュン~、五月病だよぉ
学校行きたくないよぉ」

ジ「そんなに行きたくないなら引きこもれば?」

薔「!! ジュンッ、それナイスアイディアだよ!
英語で言うとナイスアイディ~ア!だよ」

ジ「変わってねぇし!
てか、一つ言っとくぞ?」

薔「ふむ、なんだね? 言いたまえ」

ジ「引きこもると将来、僕みたいになるぞ」

薔「………」思考中

薔「それは全力で嫌だ!」

ジ「(´・ω・`)」 





乙女の短編保守劇場64

薔「暑いねぇ」
ジ「暑いな」
薔「………」
ジ「………」
薔「流派!」
ジ「東方不敗は!」
薔「王者の風よぉ!」
ジ「全新!」
薔「系列!」
ジ「天破狭乱!」
薔「見よっ!」
ジ「東方は!」
薔・ジ「赤く燃えているぅぅぅ!」
薔「………」
ジ「………」
薔「熱いねぇ」
ジ「熱いな」 




乙女の短編保守劇場65

薔「最近、友達に面白くないって言われた……」

ジ「僕はクウォリティよりクウォンティティが重要だと思うんだ」

薔「QualityよりQuantity?
つまり、保守変わりだから質より量ってこと?」

ジ「Exactly!」

薔「……でも、面白いにこしたことはないよね」

ジ「まぁ……な」

薔・ジ「ハァ………」

 




乙女の短編保守劇場66

薔「あっ!ジュ~ン こんな所で偶然だね」

ジ「ん? 雪華綺晶じゃないか」

薔「え? あたしは薔r」

ジ「おいおい、おっちょこちょいだな。
目の薔薇が逆についてるぞ
僕が直してやるよ」

薔「えっ、ちょ!
痛い!痛い!そっちは目があるからっ
痛い!ジュン!痛いってばー!」

 



乙女の短編保守劇場67

巴「桜田君、久しぶりね」
ジ「ん?あぁ……柏葉か
久しぶりだな」
巴「斎藤って言った?」
ジ「は?」
巴「斎藤って言った?」
ジ「微塵も言ってないんだけど」
巴「斎藤って言ったよね?」
ジ「ちょっと待て、柏葉。落ち着け?落ち着いて僕の話を聞くんだ?わかるか?」
巴「斎藤って(ry」
ジ「言ってないから!
わっ、やめろ!
その右手で振り回してる雛苺を放せ」
巴「新連載では柏葉巴のかの字もでてきてないし、
新しく斎藤さんって可愛い娘もでてきたからヒロイン交代だなとか思ってるんでしょ?ねぇ?」
ジ「そんなこと思ってない!ヒロイン交代だなんてそんなこと!」
巴「本当?」
ジ「本当さ!
そもそも柏葉がヒロインだなんて思ったこと一度もないから!
だからヒロイン交代なんてあり得n」

ドグシャァァァ!!





乙女の短編保守劇場68

ジ「雪華綺晶を放せ!
何が目的なんだっ、薔薇水晶!」
薔「あたしの目的?至極簡単なことさっ
お前と雪華綺晶姉様との愛を確かめたい!だだそれだけ」
ジ「……具体的には?」
薔「……! ちょっと待っておれ」物陰に移動
ジ「なぁ、あいつ今考えてなかったか?」
雪「ふふっ、ばらしーちゃんは可愛いですわね」
薔「あっ!お前何してんだよぉ
姉様も人質なんだからあいつと話しちゃダメー!」物陰から表れる
雪「あらあら、ごめんなさい。ばらしーちゃん」
ジ「で、どうやって確かめ……はっ!
まっ、まさか!?」
薔「フフフ。気付いたようだな
今、物陰に隠れたのは時間稼ぎの為ではなく、
これを行うためだったんだよぉ」
ジ「目の薔薇の位置を入れ替えやがった!
これじゃあ、まるで」
薔「そう!まるで姉様だ
これでどっちが姉様か分からないだろう
もし貴様がどちらが姉様か当てられたら二人の愛を認めてやろう!
さぁっ、どっち!?」
ジ「……こっち」
薔「!! な、何故わかった!?」
ジ「いや、声で」
薔「(´・ω・`)」

 




乙女の短編保守劇場69

薔「ねぇ、ジュン」

ジ「どうした?」

薔「オレサマ オマエ マルカジリ」

ジ「急にどうした」

薔「いや、別に」

ジ「そうか」

薔「そう」





乙女の短編保守劇場70

薔「さぁ、今週もやってまいりました!
薔薇水晶のうろ覚えアニメクイズのコーナーです!
第一回から大好評のこのコーナーですがっ、なんと!?
今週は皆さんお待ちかねっ!あのアニメだー!」
薔「ではではっ、頑張って当ててくださいね?」

薔『それは一人前のセリフだ!』
薔『ニンジンいらないよ』
薔『そしてっ貴様と話す舌など持ち合わせていないと言ったはずだぁ!』
薔『名も知らぬガンダムのパイロットよ』
薔『私に生き恥を晒せというのか!』
薔『私は義によってたっているんだからな!』
薔『私は三年待ったのだ』
薔『故あれば寝返るのさ』
薔『獅子身中の虫がぁっ!』
薔「さぁ、わかったかな?
正解がわかった人は以下の宛先まで答えを書いた紙と現金を同封の上お送りくださいっ!」
薔「じゃあ、来週もこの時間にっレッツ アニメ ク~イズ!
バイバ~イ」

宛先:東京都○○○○ばらしーのアニメクイズ係
※同封する現金に上限はありません
※当選者は正解者の中から厳正な抽選の結果から選ばれます
※同封された金額は決して関係ありません
※金額は関係ありませんからね
|