※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

真紅「俺は松川瑛作」
水銀燈「俺も松川瑛作!! 」
雛「俺も松川瑛作!」
翠「ここは松川瑛作祭りかwww」
蒼「松川瑛作キタ━━━(゚∀゚)━━━ !!! 」
金「 松 川 瑛 作 」
薔薇「松川・・・瑛作・・・。」




蒼 「ローゼンドールです」
翠 「お願いします」
蒼 「翠星石いつものやったげて」
翠 「聞きたいですぅ?私の武勇伝」
蒼 「その凄い武勇伝を言ったげて」
翠 「私の伝説ベスト10!」
蒼 「Let's Go!」
翠 「スイドリームで木を育てる」 
蒼 「ついた仇名が花咲か婆さん」
両 「「武勇伝!武勇伝!武勇伝でんででんでん!」」
蒼 「Let's Go!」
翠 「好きな相手につい悪口」
蒼 「本気にとられて嫌われる」
両 「「武勇伝!武勇伝!武勇伝でんででんでん!」」
蒼 「Let's Go!」
翠 「やっとのことで人気をあげる」
蒼 「でもスレでは人格壊される」
両 「「武勇伝!武勇伝!武勇伝でんででんでん!」」
翠 「カッキーン!」




J「いってきまーす。」
ガチャ
銀「ジュン。おはよぉ~(チュ」
真「(ムカッ)ちょっとジュン。頬に御飯粒がついてるのだわ(チュ」
銀「(ブチッ)ジューン。寝癖がついてるから直してあげるわぁ(抱き付き」
真「(ビキィ!)ちょっとジュン。制服のボタンがとれかけてるわ(抱き付き」
J「ちょ、やめろ遅刻する!」

学校

梅「桜田ぁ、お前が遅刻なんて珍しいな。」
J「僕のせいじゃない……僕のせいじゃないんです(つдT)グスッ」
銀「ジュン。言い訳なんて見苦しいわよぉ。」
真「全く…本当に使えない下僕だわ。」
J「お前らが言うなぁーーー!!」


蒼 「凄いよ翠星石…凄すぎるよ!あ、JUMの樹を見つけたよ!育ててあげよう!」
翠 「いいですぅ!…まずは私が水をあげて…よし、翠星石!庭師の鋏を貸すですぅ!」
蒼 「え…いいよ、鋏はボクが使ったほうが…」
翠 「しゃらくせぇ、ですぅ!」
蒼 「うわあああ!…何するんだよ!」
翠 「J…JUMの心に触れていいのは、この翠星石だけなのですぅ!」
蒼 「かっわいい!」
翠 「カッキーン!」
   …やってみたかったんだ。反省はしていない。




雛「今日は成績が返ってくる日なのー」
翠「もう鬱ですぅ・・・。」
蒼「まぁまぁ翠星石。来年があるさ。」
翠「そういう問題じゃないですぅ!蒼星石はいっつも私といるのになんでそんなに成績がいいんですか!」
水「お馬鹿さんの翠星石にはどれだけかかってもわからないんじゃなぁい?」
翠「ムッキーーー!もーう怒ったですぅ!今から職員室に殴りこみに行って来るですぅ!」
真「やめときなさい。さらに低くなるのが落ちよ・・・。」
雛「あれぇ?真紅の成績表。縦線がいっぱいなのー(ケケケwwwいつもの礼だwww)」
翠「へーぇ。私より低いのにそんなこといってたですかぁ。でも、私より下がいてちょっと安心ですぅ。」
金「みんななんてまだいいかしらぁ・・・・。私なんて指導室まで呼び出されたかしらぁ・・・。」

一同「「「「「ちょwwwおまwwwww」」」」」




紅「赤いきつねなのだわ」
翠「緑のたぬきですぅ」
金「金のたまごかしら~」

紅・翠・金「どれが食べたい のだわ?/ですぅ?/かしら?」





ジ「ど、どうしたんだ!薔薇水晶!?」
何と、道端で薔薇水晶が鼻血で血の池を作り倒れていた。
薔「…や、やられたよ…銀ちゃんを尾行していたら…」
ジ「な、何だっt(ry、畜生、一体誰がこんな目にしたんだよ!!」
薔「…いきなり…春一番が……銀ちゃんの…スカートがめくれて…」
ジ「…!…それで!?…」
薔薇水晶は親指を立てて
薔「…黒…だったよ…ガクーン…」
ジ「ば、薔薇水晶!!…無茶しやがって…」


―同時刻―
金「きゃあぁぁ!!きらきーが倒れてるかしら!!」
雪華綺晶がダイイングメッセージに「黒」とだけ書いて発見された。
しかしその時の顔は恍惚とした表情だったという。
雪「…おそるべし…春一番…えへへ…」




平八「何者じゃ!貴様らぁ!」
薔薇「薔薇水晶でぇす!ほひひ♪」
銀「水銀燈でぇす!ほひひ♪」
真「ほひひ♪ほひひひひ♪」
雛「ほひひ♪」





金「かしらかしらご存知かしらぁ!」
蒼「………少女革命ウテナ?」




蒼「えーっと…ネギとお豆腐と…」

紅「ひき肉…玉葱…あとは…のりは他に何を入れてたかしら?」

蒼「あっ真紅。どうしたの?お使いなんて珍しいね」
紅「そ、蒼星石!?」
蒼「そんなに驚かなくても…」
紅「べ、別に驚いてなんかいないのだわ!」
蒼「そうかなぁ?」
紅「そうよ!」
蒼「ひき肉に玉葱に卵に……あと人参が足りないよ」
紅「あっ!そうだったわね…ってどうして貴女がそんなことわかるの!?」
蒼「わかるさ。今日JUM君に晩御飯作ってあげるんでしょ」
紅「(////)」
蒼「あっやっぱり。思ったとおりだ」
紅「貴女……」
蒼「今日のりさんがいないってJUM君が言ってたからね。多分そうじゃないかなってカマをかけてみたんだよ」
紅「蒼星石!!」
蒼「ははは♪じゃあね!JUM君のお腹こわさせないようにね」
紅「そんなことわかってるわ!」



そういう夕暮れ時。




ジ「今日はもう寝るか」
紅「そうなのだわ眠りは大切なのだわ」
ジ「もしもし真紅さん!自分の部屋で寝ましょうね」つまみ出す。
紅「ショボーン」
ジ「まったく、」
翠「いい加減にするにも大概にするですぅ」
ジ「??・・・・」
翠「寝ますか?寝ませんか?」
ジ「テイッ」投げ飛ばす。
翠「あれーwwwww酷いですぅぅぅぅぅぅwwwwww」
ジ「まったくこれじゃ」
水「眠れないわぁ♪(フッー)」
ジ「わwwwww」
水「夜はこれからよぉ♪」
ジ「・・・・・・」ぐるぐるぐる。簀巻きにして。うりゃー
水「えーーーーちょwwww」
ジ「この感じではまた奴等は来る」
10分後。ピンポーン
巴「桜田君?」
ジ「今日、泊めてくれ。」
巴「えっ?あっ、へっ?」
ジ「ダメか?」
巴「(首を横に振る)」
ジ「今日はもうクタクタだ。おやすみ」
巴「(ジュン君の寝息wwwww私が眠れないwwwwww)」





薔「…ねぇ見て手を握り帰してくれるの~♪」
蒼「良い曲だね。」
薔「…この曲は物語の終わりを告げる曲…そして幸せの意味、在り方を語った詩…」
蒼「そうだね。僕達が今こうして皆と一緒に居られるのも幸せなんだろうしね。でもベジータ君、君は留年したから一つ下だよ。」
薔「…まぁ…これいかにもただならぬ…あすこに…行きたまえ…」
べ「地の獄、これよりだ…」






紅「きれいね…」
銀「ほんとぉ…吸い込まれてしまいそう…」
紅「ちょっと街から離れるだけでこんなにたくさんの星が見えるなんてね…」
銀「ええ。街の明かりがどれだけ強いのかってことよねぇ…」
紅「それだけじゃないわ。普段ゆっくりと夜空を見上げるなんてことはそうそうないもの」
銀「ええ。目の前を見るのが精一杯で…落ち着いて空を見上げるなんてめったにないわねぇ…」


(スゥーー…)


紅「あら流れ星だわ!」
銀「ほんとねぇ」
紅「……」
銀「……」

銀「…で、何お願いしたのぉ?どうせJUMのことでしょ?」
紅「ち、ちがうのだわ(////)」
銀「ムキになるとこがあやしいわねぇ(クスクス」
紅「今は本当にちがうのだわ!」
銀「じゃあ何よぉ?」
紅「……みんなとずっと仲良くいられますようにって。そう思ったのだわ」
銀「真紅…」
紅「さあ。私は言ったわよ。貴女はなんてお願いしたの?」
銀「…教えなぁい♪」
紅「なっ!?それはずるいのだわ!」
銀「あはははっ♪」


夜空の下のそんな二人




金「♪むーんそーらまーきゅ」
雛「マーキュリ!」
金「♪びぃなすまーずじゅびt」
雛「ジュピタ!」
金「♪さーたうぁーぬぷるーt」
雛「と?」
金「♪ねぷちゅーえんじ」
金・雛「アース!」




蒼星石「・・・・・・・・・・・」
翠星石「そ、蒼星石、どうしたですか・・・?」

蒼星石「翠星石、君は僕が同性趣味だってこと知ってるよね」
翠星石「え、ええ、まあ・・・何回か襲われそうになりましたし・・・」

蒼星石「最近ジュン君が気になるんだ」
翠星石「そ、そおですか・・・てことは、同性趣味は無くな」

蒼星石「けどジュン君は男だからダメなんだ」
翠星石「矛盾してるですぅ」

蒼星石「と、いうわけで」
翠星石「なんでそこで鋏を取り出すんですか」

蒼星石「もちろんジュン君のを切り」
翠星石「やめなさい!」

蒼星石「わかったよ・・・それじゃあモロッコ行くからお金かして欲しいだ」
翠星石「ダメ!」

蒼星石「しょうがないやっぱり切り取」
翠星石「やらせはせん!やらせはせんよ!」




-温泉
真紅「いい湯ね・・・」
水銀燈「そぉねぇ・・・しかも絶景だし」
金糸雀「きてよかったかしらー・・・」
蒼星石「商店街のくじ引きで温泉旅行を当てた雛苺に感謝、だね」
翠星石「ふーん、チビ苺の割にはいい仕事したですぅ」
雛苺「うー、自分はティッシュだったからって酷いのー」
雪華綺晶「まあまあ・・・翠星石さんも雛苺さんも・・・」
薔薇水晶「・・・・・・混浴なら・・・ジュンを襲えたのに」
一同「「・・・・・(妄想中)」」

ガラ

真紅「誰か男湯のほうに来た様ね」
蒼星石「男子はジュン君しかしないから・・・ジュン君だろうね」
水銀燈「!・・・・・あーあ・・・最近胸がまた大きくなっちゃってぇ」
翠星石「!!・・・・わ、私も少し大きくなったですよぉ」
金糸雀「わ、わたしも」
雛苺「変わってないのー」
薔薇水晶「・・・・・・(自分の胸をみて)・・・誰か揉んでくれないかな(珍しく男湯に届くような大きな声で)」
雪華綺晶「・・・・・・(薔薇水晶の言葉の意味を想像して)・・・・・(沈む)」
真紅「・・・・・・・・・」
水銀燈「あらぁ?真紅は相変らず・・・貧相ねぇ」
真紅「だ、だまるのだわ!た、平らだって、需要はあるのだわ!!」
翠星石「平ら好きなんて・・・・男は大きいほうが好きに決まってるですぅ!」
金糸雀「がーん!?」
雛苺「うー?」


ベジータ「うはwwwwwwwwktkrwwwwwwwwww」
一同「「・・・・・・・・・・」」
ベジータ「うはwwwwwwwwそこの高台wwww覗けそうwwww」
一同「「・・・・・(全員無言で桶を持つ)」」
ベジータ「うはwwwwwwww登れんwwwwwwやばすwwwww」
ガラ
ジュン「あれ、ベジータ?何やってるんだ?」
ベジータ「よう、ジュン。いやー彼女達がくじ引きあてるところを見て・・・あ、いや、俺も当たったんだ!商店街のくじ引き!
      というわけで、ジュン!覗くのを手伝え!!」
一同「「!!!!!!!!!」」
真紅(べ、ベジータには見せたくないけど・・・ジュンには・・・・!)
ジュン「は?・・・パス、俺別に興味ないし」
ベジータ「き、貴様!それでも男か!!」
ジュン「別に(水銀燈の誘惑で)見慣れてるし」
一同「「!!!!!!!!!!?????」」
ベジータ「み、見慣れてるだと!!」
ジュン「あっと、着替え持ってくるの忘れた・・・それじゃあな」
ベジータ「く、こうなったら一人で・・・・でぃや!ハイジャン亜w背drftgyふじこlp;@「:」」
翠星石「はあ・・・桶も全部投げちゃったし・・・」
水銀燈「そろそろ・・・上がりましょう・・・」
一同「「・・・・・・・・はあ」」




~放課後~

蒼「あ、JUN君。もしよかったら…その……僕と………ほs」
水「あらぁ、JUN。一緒に保守でもどうかしらぁ」
J「なんだ水銀燈か。別に構わないよ」
蒼「(´・ω・`)」
J「せ~の…」
蒼「ほぉしゅうぅぅうあぁああ!!!」

水・J「!?」

水「ちょっとぉ、蒼星石ぃ。割込みしないでよぉ」
J「ちょっ、蒼星石!割込みはよくないぞ!」
蒼「(`・ω・´#)」


がんがれ蒼星!!
まけるな石!!!
明日はきっといいことあるさ



「JUM君!」
「ん、どした?蒼星石」
「僕と一緒に」
「良い事しなぁい?」
「良い事って何だよっつーかどこから出て来たんだ水銀燈」
「んな!な、無し無し今の無しぃっ!」
「あらぁ、水銀燈はどこにでも居るしどこにも居ないのよぉ。常に神出鬼没、それが水銀燈」
「なんだそれ…って蒼星石がオーバーヒートしてるじゃないか」
「………あぅあぅあぅ………」
「あらぁ、顔が真っ赤。可愛いわぁ」
「…はぁ。お前にはついていけないよ。で、なんだ」
「私は面白そうだからちょっかい出しただけ。ほら蒼星石、しっかりなさぁい」
「…はっ!こ、これは人形!」
「人形なんてどこにもないだろ…蒼星石、ちょっと落ち着け」
「そぉよぉ。ヤクルト飲んで落ち着きなさぁい」
「「元凶は水銀燈だろ(でしょ)!」」
「あらぁ、怖ぁい…」
「で、蒼星石。何の用だ?」
「あ、うん。ええと…こ、ここにホテル・ミラコスタの優先宿泊券が3枚あります!」
「な、なんですってぇ!?」
「ホテル・ミラコスタといえば半年前でも予約が取れないという程の人気リゾートホテル!
そこの優先宿泊券は当然プラチナチケット…何故そんなものを蒼星石が!」
「不自然な説明台詞ありがとう。実はね、100万円ハンマーチャンスの懸賞で当たったんだ」


「テレビの懸賞か…お前送るタイプだったんだな」
「意外ねぇ…堅実に行くタイプだと思ってたのにぃ」
「そんなに意外?まあ、それは置いといて。
今度の土日で行こうと思ってたんだけど、僕と翠星石で行くと一枚余るんだ。だからJUM君どうかなって思って」
「ぼ、僕?いやその学生の身分でそれはまずいんじゃないのかっていうか部屋一緒じゃないのか」
「…僕は、構わないよ?何があってもいいもの。なんだったら姉妹まとめて…」
「頬を染めてとんでもない事を言うな」
「蒼星石、大胆ねぇ」
[携帯]<正直、すまんかった!(着声)
「ん、メール?…あまりが2枚になっちゃった…」
「翠星石、行けないのぉ?」
「うん…補習だって」
「そりゃ残念だな。滅多に無いチャンスなのに。ていうか蒼星石、その着信音はどうかと思うぞ」
「健介さんはかっこいいよ。素直に謝れる人はかっこいい」
「でぇ、その1枚どうするのぉ?」
「うーん…どうしよう。のりさんは?」
「姉ちゃんは大会があるから無理………ところで水銀燈さん、何でそんな小動物のような目をしているのですか」
「そうなんだ……って水銀燈、僕を見つめてどうしたの……あ、もしかして君も行きたい?」
「(こくこくこくこく)」
「仕方ないな。いいよ、水銀燈も行こう」
「ありがとぉ。蒼星石大好きぃ」
「あはは。そっちの趣味は無いってば…」

「……えーと僕遠慮してもいいですか」
「だ」
「め」
「……これからが本当の地獄だ……」
「地獄だなんて酷いなぁ」
「天国、見せてあげるぅ」
「水銀燈。僕達、意外と気が合うかもね?」
「そうねぇ」
「あはは」
「うふふ」
「(ぼ、僕は無事に帰ってこられるのだろうか……)」

「くっそうJUMばかり何故だ!王子たる俺が何故蚊帳の外なんだ!」
「ベジータ、君には僕が居るだろう」
「き、貴様は梅岡!来るなっ!」
「何を恥ずかしがってるんだい?はっはっは、さあ僕と一緒に行こう。ヘブンという名の天国へ!」
「何が天国なものか!ヘルと書いて地獄じゃないか!」
「地獄だなんて酷いな。心配しなくても、きちんと天国を見せてあげるよ」
「き、貴様に見せてもらうのは嫌だ!ぎゃあああ!!!!」

*UMEOKA SUX!!*
「ベジータの机にこんな落書きがしてあったの。でも読めないのよ」
「いつもの事かしら。気にしては負けかしら」
「あの二人は仲がいいから、きっとこれは梅岡大好きと書いてあるのだわ」
「なかよしー!真紅も金糸雀もヒナもなかよしー!」
「ひひひ雛苺!ほっぺが摩擦熱で」
「ま、まさちゅーせっちゅ、なのだわ!」
<続かない>




梅「今日の保守は色々な技法を使って絵を描きなさい。」

真「グラデーションにしたのだわ。」
銀「スタンピングよぉ。うまくできたわ。」
雛「ヒナはマーブリングなの。チョコみたいでおいしそ~なの。」
翠「このコラージュってヤツはなかなか面白いですぅ。」
蒼「姉さん写真でコラ作るのやめなよ。」
薔「・・・デカルコマニー面白いよ。」
雪「スパッタリングで雪景色を演出しましたの。」
金「バチックだったのにクレヨンじゃなくてクーピー持ってきちゃったかしらorz」

|