※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ジュン「ん・・・も、もう無理だよ、水銀燈」
水銀燈「だめよぉ、ほ~ら頑張れ頑張れ」
蒼星石(く、一体僕のジュン君に何をさせてるんだ・・・!)

ジュン「あ、く!あ、もう…!」
水銀燈「ふふふ、もっと力を入れてぇ…」
蒼星石(く、ダメだ!僕も見たい!)

蒼星石「ジュン君!」

ジュン「蒼星石、いいところに、これ空けてくれ」
水銀燈「私もジュンも空けられないのよぉ~このジ ャ ム の 蓋」
蒼星石「あっはっはっは、そう、ジャムね、ジャム…うん、ジャム……」
ジュン「?」
蒼星石「…は!うん、いいよ!僕に任せて!(いい所を見せるチャンスじゃないか!水銀燈がニヤニヤしてるけどキニシナイ!)」

カパ!

蒼星石「あいたよ!ジュン君!」
ジュン「おお、凄い」
水銀燈「ほんとねぇ~ジュンでも空けられなかったのを軽々と・・・すっごい力持ちねぇ~」
蒼星石「( ゚д゚)!」
ジュン「ああ、確かに・・・俺なんかより腕っ節強そうだしね」
蒼星石「(;゚д゚)!!」
水銀燈「ああ~ん、ジャムの蓋空けようとしたから腕がいた~い・・・」
ジュン「大丈夫か?水銀燈」
水銀燈「心配してくれるんだ~ありがとうぉ、やさしいのねぇ・・・プ」
蒼星石「(; д )」        ゚ ゚




ジュン「あとは・・・ココをこうして・・・」
雪華綺晶「あ・・・すごいです・・・ジュン君・・・」
蒼星石(雪華綺晶!大人しそうな顔して何をしてるんだ!!)

ジュン「まあ、慣れてるからね・・・」
雪華綺晶「あ、何か・・・来てます・・・」
蒼星石(な、慣れてる!?常時張り付いてる僕の目を潜り抜いてなにをやってるの!?)

ジュン「いいんだよ・・・このまま委ねて・・・」
雪華綺晶「あ、あ・・・すごい・・・です・・・」
蒼星石「ジュン君!なんなら僕が!!」

ジュン「う~ん・・・けど蒼星石パソコン得意じゃないだろ?」
雪華綺晶「あ、ジュン君、登録が終わったそうですよ」
蒼星石「パソコンね、パソコン・・・ジュン君得意だもんね、パソコン」
ジュン「まあな・・・よし、これでメールが出来るようになったぞ」
雪華綺晶「ありがとうございます、ジュン君。あの、ジュン君のメールアドレス、教えてもらっていいでしょうか?」
ジュン「うん、いいよ、それじゃあ今夜メールしようか?」
蒼星石「あ、あ、ジュン君僕も・・・!」
ジュン「蒼星石パソコンも持ってないだろ?」
雪華綺晶「・・・・・・クス」
蒼星石「・・・・orz」



水銀燈「ほ~らぁ・・・欲しいんでしょぉ?」
ジュン「う、そ、それは・・・」
薔薇水晶「自分に素直になって良いいんだよ・・・」
雪華綺晶「私の・・・どうですか・・・?」
蒼星石( 4 P で す か ?)

ジュン「た、確かに、欲しいけど・・・あっ」
水銀燈「どうしようかなぁ~食べちゃおうかなぁ?」
薔薇水晶「私も食べたい・・・な」
雪華綺晶「みんなで食べませんか?」
ジュン「あ、くう!」
蒼星石「やらせはせん!やらせはせんよ!」

水銀燈「あらぁ?蒼星石も食べたいのぉ、スコーン」
蒼星石「 ま た こ の パ タ ー ン か 」
雪華綺晶「私と銀ちゃんの分しかないので・・・」
薔薇水晶「私にもわけて・・・銀ちゃん」
ジュン「く、あとで奢らされるのは目に見えてるが・・・空腹には敵わん・・・雪華綺晶、少し食べさせてくれ」
蒼星石「はあ・・・また勘違いしちゃった・・・ん?」
水&薔&雪「ニヤニヤ」
蒼星石「( ゚д゚)・・・
       ( ゚д゚) もしかして
      (゚д゚) 僕はめられてる?」



ジュン「く・・・お、俺、ダメだ・・・!」
翠星石「わ、私も、ですぅ!あ、と、飛んじゃうです!」
蒼星石(く、今度はなんだ!一体なんなんだ!!)

ジュン「やば・・・あ、く!!」
翠星石「あ、く、来るです!あ、ああ!!」
蒼星石「く、なんで、なんで僕じゃないんだ、ジュン君!!」

翠星石「そ、蒼星石、危ないですぅ!」
蒼星石「え?」
ジュン「う、上!上!」
蒼星石「上?」
ブーン、ポタ
ジュン&翠星石「あ!!?」
蒼星石「ご、ご、ゴキブリぃぃぃいい!!!!?」
ジュン「そ、蒼星石の頭の上に!?」
蒼星石「い、いやぁ!!た、助けてぇ!!」
ジュン「うわあ!!」
翠星石「こ、こっちくんなですぅ!!」
蒼星石「ふ、二人して僕を見捨てるの!?」
ジュン「お、俺ムカデとかは大丈夫だけどゴキブリだけは!」
翠星石「い、妹は心配だけどゴキブリは勘弁ですぅ!!」
ドタドタドタドタ
蒼星石「ま、待って、置いてかないでーー!!」
カサカサカサカサカサカサカサカサ
蒼星石「さ、三匹!?いやぁぁぁぁあああああああ!!!!!」




ジュン「く、くそ・・・」
知らない女「あ、い、痛い・・・よ・・・!」
蒼星石(ちょ、誰!?)

ジュン「ま、まだ・・・!」
知らない女「わ、私・・・もう・・・!」
蒼星石(く、何処の馬の骨とも知れない女に僕のジュン君を!)

蒼星石「この泥棒猫!!」

ジュン「そ、蒼星石、いいところに!!」
蒼星石「え?」
知らない女「た、助けて・・・!」
ジュン「今にも窓から落ちそうなんだ、手を貸してくれ!」
蒼星石「え、あ、う、うん!」
~救助中~
ジュン「ふう、なんとかなった」
蒼星石「そうだね・・・ん?どうしたの?」
知らない女「私・・・惚れてしまいました!」
蒼星石(え!?そんな、まさかジュン君に!!?)
知らない女「蒼星石様!!」
蒼星石「えええええええええ!!!?ちょ、待って・・・!」
ベジータ「そうだ、彼女は俺と付き合ってるんだ!!」
蒼星石「それも違うって!」
ジュン「蒼星石、二股はよくないぞ・・・」
蒼星石「だから何でそうなるの!!?も、もう嫌ぁぁぁぁああああああ!!」




水銀燈「うふふ・・・これはどぉ?」
ジュン「や、やめ・・・あ、く!!」
薔薇水晶「ここは正直だね・・・♪」
雪華綺晶「あ、すごい・・・もうこんなに・・・」
蒼星石(みんなグルで僕を騙そうとしてるんだ、今更引っかかると思うな!!)

薔薇水晶「ジュン・・・私のも・・・舐めて・・・?」
ジュン「お、おい、やめ・・・うぷ!?」
雪華綺晶「すごい・・・ばらしーちゃん、大胆・・・」
水銀燈「ほぉらぁ、きらきーもしてあげなさぁい」
蒼星石(ふ、きっと薔薇水晶がジュンにアイスを食べさせながら水銀燈と雪華綺晶がマッサージをしてるんだ!!!)

ジュン「ん、んん!!?」
水銀燈「うふふ~♪こっちの穴も感じるのねぇ?」
雪華綺晶「あ、ジュン君の・・・こんなに固く・・・今楽にしてあげますね・・・?」
薔薇水晶「ん、あ、あん・・・ジュ、ジュン、もっとぉ・・・」
蒼星石(ははは!きっとジュン君顔の黒ひげ危機一髪しながらマッサージだ!!!)

薔薇水晶「あ、ああ!!?」
ジュン「んんん!!?」
雪華綺晶「きゃ!・・・あ、こんなに・・・」
水銀燈「すっごい濃いわねぇ・・・ふふ、溜まってたのぉ?」
蒼星石(カルピス入りのホッカイロが沢山破れたんだ、間違いない!!!)


真紅「あら、なにやってるの蒼星石?」
蒼星石「あ、真紅・・・」
真紅「入らないの・・・?」
ガチャ
真紅「な、なにをやっているの貴女達!?」
ジュン「し、真紅!?」
水銀燈「あらぁ、真紅じゃなぁい、貴女も混ざるぅ?」
真紅「な!!?」
薔薇水晶「真紅も・・・ジュンのこと、好きだよね・・・?」
真紅「そ、それは・・・」
雪華綺晶「私たちも皆・・・ジュン君が好きですよ」
真紅「・・・・わ、私も・・・なのだわ」
水銀燈「なら決まりねぇ」
ジュン「お、おい・・・」
真紅「・・・ジュン」





蒼星石「 今 更 入 れ な い 」
ポンポン
ベジータ「蒼嬢・・・俺がいるぜ・・・」
知らない女「私もいますよ・・・ふふふ・・・」
蒼の子親衛隊「「きゃー!蒼星石様ー!!!」」
女の子スレ住人「「蒼の子!!蒼の子!!」」

蒼星石「ち、違う!僕が望んでいたのはこんな結末じゃないんだー!!」



|