※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

真「ゴールデンウィークね」
金「カナの金かしらー!ゴールデンかしらー!」
水「うるさいわぁ」
雛「お耳が痛いのー」
金「この休日中は元気5割増かしらー!」
翠「真紅ぅ~こいつをどうにかするですぅ」
真「ジュン!降りてきて頂戴」
金「ジュンはいないかしらー!図書館かしらー!」
水「図書館開いてるのぉ?」
蒼「さぁ」
金「とにかくジュンはいないかしらー!」
翠「もういいから黙りやがれですぅ」


眠れない熱帯夜ワロタ 

翠星石「あかまきがみあおまきがみきまきがみ!」
水銀燈「あかまきまき!」
翠星石「水銀燈舌短すぎですぅ」
水銀燈「そ、そんなことないわぁ!」
翠星石「ほー?となりの客はよく柿食う客ですぅ」
水銀燈「となりの客はよくキャッきゅーきゃくよぉ! …ぐ…!」
翠星石「下手ですぅ超下手ですぅ!うん?」
雪・薔薇「「ブスバスカイドバスガス爆発。シャア中佐さあ注射。マサチューセッツ工科大学。東京特許許可局」」
翠星石「……」
水銀燈「……」

 




雪「♪む~しゃ む~しゃ しあわせ~」
雛「きらきー、こんにちはなの!お歌を歌って楽しそうね」
雪「あら、雛お姉様。ごきげんよう。
  CMで聴いた歌なのですけど、なんだか気に入ってしまいましたの」
雛「ヒナも歌いたいから教えてなの!」
雪「♪む~しゃ む~しゃ しあわせ~ですわよ」
雛「うぃ~。♪む~しゃ む~しゃ しあわせ~」
雪「美味しい物を食べて幸せな気分の時に歌えばいいと思いますわ」
雛「それじゃあ、ヒナはうにゅーを食べた時に歌うのよ♪」
雪「苺大福は雛お姉様の大好物ですものね」
雛「うにゅーがあればヒナはと~っても幸せなのよ!
 きらきーは何を食べたら幸せな気持ちになるの?」
雪「うふふ。雛お姉様、それはね――」ジュルリ


雪「♪む~しゃ む~しゃ しあわせ~」

 




雛「『♪む~しゃ♪む~しゃ♪しあわせ~』」


巴「雛苺が応援してくれている…いざ、参る…!」
オデ「雛苺は貴女の死を望んでいるのよ…?此処で片を付けて差し上げるわ…!」
雪「雛お姉様は私にブシドーを学べと、死線を越えた先で待っているのですね…では『セイバートゥース』と呼ばれた私の力を披露してあげますわ!」


ジ「アイツらなんで戦ってるんだ?」
雛「ヒナが歌ってたCMソングを聞き間違えたみたいなの」
ジ「?…もしかして『♪武~者♪武~者♪死合わせ~』…?止めなくて良いのか?」
雛「もうめんどいからほっとくのよ」


変なイメージがなかなか頭を離れない保守

 





MonsterHunterPortable2G 保守 ※長編の方とは別人です

金「カナが使うのは狩猟笛かしら」
み「音楽が演奏できるから?」
金「うん!その上、演奏効果で他のキャラを強化して戦わせればカナは楽してアイテムゲットなの♪」
み「流石ねカナ!」
金「自分でも怖いくらいにタクティクスかしらー!」

~狩り中~
薔「ちぃっ…距離が…とれない」
金「強走効果!逃げるかしらばらしー」
金「こっちを向くかしらバカ竜!狩猟笛の抜刀中最速は伊達じゃないかしら~!」
金「気絶したっ、蒼星石!」
蒼「乱舞っ」

ジ「流石金糸雀。ゲームでも一番動きまわってるな」
水「ほんと元気ねぇ」

 






予告

なんだかふらふら歩いている女の子。
こけそうな所を支えたら、妙に懐かれてしまった。

僕はその子の髪に隠された、頭の傷が気になったけれど。

――その日の晩、姉に聞いた話。
「ああ、アリスちゃんのこと?」
「記憶喪失で入院してる子よぅ。なんでも自分が『アリスじゃない』ことだけ覚えていたんですって」

――つぎはぎの様な話し方
「おばかさぁん、特別に一緒に散歩してやるです」
「なにも思い出せないかしら」
「僕はだぁれ…?」


君は一体誰なんだろう?
そして、僕のこの気持ちはただの好奇心なんだろうか―――?


『かくも長き不在』 Coming soon 

な / ______
ぁ 訳/        ̄ヽ
ぁな /          \
ぁ い レ/ ┴┴┴┴┴| \
ぁ じ /   ノ   ヽ |  ヽ
ぁ ゃ> ―( 。)-( 。)-|  |
んぁ >   ⌒  ハ⌒ |  / 
!ぁ>  __ノ_( U )ヽ .|/
  ん  |ヽエエエェフ | |
  \  | ヽ ヽ  | | |
 √\  ヽ ヽエェェイ|/
    \  `ー― /ヽ

 






ちょっと遅めのGW終了ほ

銀「ただいま~」
金翠蒼紅雛雪「おかえりー!」
銀「そんなに急いで来なくてもいいじゃない。ハイこれお土産。マカダミアナッツ」
翠「えーみんなまとめてですかぁ?」
銀「ぶーたれるなら食べなくていいわよぉ?」
雪「量が物足りませんわー」
蒼「一人頭100粒はあるような気がするけれど…?」
銀「ま、姉の愛を受け取りなさぁい♪」
真「雑な愛ねぇ」
銀「荷物を置いてくるから、居間に行ってなさいな」


銀「やれやれっと。居間に行ったら蒼星石にお茶を淹れてもらおうかしら」
金「おねぇーちゃーん」
銀「なんでまだ玄関にいるのよ?」
金「うぅ…プレゼントが欲しくって」
銀「…プレ…ゼント…?」
銀(しまったぁぁぁ、この子誕生日が5月5日!黄金週間なのは名前とデコだけにしときなさいよぉ!)
銀「えーと、もちろん覚えてるわよ」
金「それでね…」
銀(どうやって切り抜けよう。GW+有給旅行で財布には1ドル1セント1円しか残ってないわ)
金「おでこにちゅーしてほしいかしら////」
銀「はっ、なに?」
金「だから、おでこに…その、あぅ」
銀「…そんなんでいいの?」
金「え?」 

銀「ああっと、かわいい妹のためと思えば、お安い御用よぉ!」
銀(考えてる場合じゃないわ。トェェェェイ!)

ちゅ

金「…ありがとかしら♪」
銀「どういたしまして」
金「////」
銀(ほんと変な子ねぇ)
銀「ふふっ」
金「?」

owari




雛苺をめぐって、三人娘は今日も闘っていた――。

巴「雛苺は私のものよ!」
オデ「違うわ、私のものよ!」
雪「いいえ、私のものですわ!」
雛「うゆ…みんな、やめてなの……」

誰もが譲らぬ、一触即発の雰囲気――。
そんな三人娘の様子をこっそりと見つめる乙女たちがいた。

紅「また争っているのね、あの子達…」
翠「ま~ったく、懲りねぇ奴らですぅ」
銀「放っておきなさいよ。私達には関係のないことだわぁ」
紅「そんな言い方をしないで頂戴、水銀燈。
  私達の大切な姉妹が関わっていることだもの。
  何とかしなくてはいけないわ」
翠「ここは水銀燈の出番ですよ!
  あいつらの闘いを阻止して、長女の威厳を示せですぅ」
銀「やぁよ、面倒だもの。私は絶対にやらないわよ」
紅「水銀燈は、やらないのね?それなら私がやるわ」
翠「いや、ここは私がやるですぅ」
銀「…じゃあ、私がやるわぁ」
紅・翠「どうぞどうぞ!!」 

そんなダチョウ倶楽部的な流れに押され、
水銀燈は三人娘と雛苺のいる場所へ近づくと、こう言った――。

銀「苺大福あげるから、こっちへいらっしゃい、雛苺」
雛「はぁ~いなの~♪」

一目散に水銀燈へと駆けよる雛苺。

銀「ふふっ。これで雛苺は私のものよ。
  貴方たち、もう争っても無駄だからケンカはやめなさぁい」

誇らし気に呟く水銀燈を見て、三人娘は思った――。

巴・オデ・雪「訴えてやる!!」

――彼女たちの闘いは終わらない…。





続かない






地球最後の男

一週間前世界が滅んだ。
僕はたまたま生き残ったようだ。

僕の名は桜田ジュンだった…しかし世界が滅んだ今名前などどれほどの意味があるのか…

「暑いな…」
虚しい呟き…今は言葉も意味を無くしている。

僕は今日も言葉に意味を持たせるべく生き残りを探している。

ふと気配と人の声を感じた僕は声のした方へ歩いて行った。
「誰か居るのか?居たら返事をしてくれ!」
「…」
確かに声が聞こえる、僕は期待で涙が出そうになりながら声がしたと思われる戸を開けた
そこには刺激に反応して声を出す玩具があるだけだった。
「くそ!誰も居ないのか!」
忌々しい玩具を蹴っ飛ばしながら誰にも聞こえない叫びをあげた。
「誰か居るですか!」「男なのよ」「…人類繁栄ktkr」
間違いない人の声、僕は声のする方を向いた。
そこには地球最後の女8人が人類繁栄の使命感に燃えて立っていた。




 おねえちゃんはおおかみなのよ
「お姉ちゃん、なんでカナはデコが広いのかしら?」
「それはねぇ、ゴールデンウイークに生まれたからなのよぉ」
「お姉ちゃん、なんでカナはいつまでもロリ体系なのかしら?」
「それはねぇ、こどもの日に生まれたからなのよぉ」
「お姉ちゃん、なんでカナはお姉ちゃんみたいに背が高くなくて小柄なのかしら?」
「それは私が抱きしめて抱きしめて抱きしめるために決まってるじゃなぁい!」
「ひゃああああ、お姉ちゃん、く、くすぐったいかしらぁぁぁ!!」
「あああん!かわいい、かわいいわよぉカナリア!
 ヤクルト入りの卵焼き作ってあげるからもう一線こえ…」
スパアアアアン!
「痛!めぐにみっちゃん!?」
「私というものがありながら…」
「私のカナに…」
再 教 育 ね !


キャアアアアアアアアアア



おおかみはかりゅうどにたいじ?されました 




日常の1コマ保守

みつと金糸雀

「朝の買い出し行ってきたかしらー!」
「あ゛~おかえりぃ~…」
「みっちゃんなんて格好してるかしら!?」ペチン!
「痛っ…お尻叩くなんてひどい~」
「下着姿でゴロゴロしてる方が悪いかしら!」
「良いじゃない、せっかくのお休みなのよ~?」
「ゴロゴロするのが好きなみっちゃんにこれは必要なかったわね」チラチラチラ
「え…それって新作映画のチケット!?早く言ってよ!すぐ準備するわね♪」
「全く現金な性格かしら…」 


~映画館~
「…ねえカナ、なんでここに槐さんがいるのかな?」
「言ってなかったかしら?」
「初耳ねえ…」
「そんなに私が居るのが不満なのかい?」
「いえいえ、会う度にアプローチしてくるのがちょっとウザいかな~ってだけですよ♪」
「何もそこまで言わんでも…」
「はいはい、それじゃチケット渡すかしら。終わったらそこの喫茶店で待ち合わせよ」
「え、ちょっと、どういう事なのよ!?」
「あら、カナはこっち、みっちゃんと槐さんはそっちの映画よ?言ってなかったかしら?」
「…え?」
「おっと、そろそろだな。僕達の映画は「最高○人生○送り方」か」
「それじゃお二人でごゆっくりかしら~♪」スタスタ
「…え?」
「なあ。僕達の付き合いもだいぶ長い。僕はこの映画のタイトルのような人生を送るためにも、是非君と「おのれカナ!計りおったなぁぁ!?」…その辺はまた後でゆっくり話そうか」ガシッ
「カァァナァァ…」ズルズル


「こうでもしないとみっちゃん一生結婚出来ないかしら」

ある土曜日、昼下がりの1コマ保守




雪・薔「♪む~しゃ む~しゃ しあわせ~」
銀「貴女たち、またその歌を歌ってるのぉ?」
雪「ちょっとしたマイブームのようなものですわ」
薔「姉に同じ…」
雪「もし宜しければ、銀お姉様もご一緒に歌ってみてはいかかですか?」
銀「えっ?!」
薔「むしゃむしゃしますか むしゃむしゃしませんか」
銀「…い、今は遠慮しておくわぁ。また今度ねぇ」スタタタタ


~水銀燈の自宅にて~
TV『♪む~しゃ む~しゃ しあわせ~』

銀「あっ、あの歌ってケンタッキーのCMソングだったのねぇ。
  私もちょっと歌ってみようかしら?家の中なら誰も見てないし…」

銀「ここはヤクルトを用意して、少し歌詞を替えて――」

銀「♪ゴックン ゴックン しあわせぇ~」プッハァー

銀「ふふっ。ヤクルトを飲んだ時の幸福感を的確に表現できてるわぁ。
  ――って、私ってば柄にもないことを…(///)」


め「|Д`)恥じらう水銀燈も可愛い…」ハァハァ

【ムーシャムーシャ】【シアワセェ】







蒼「JUN君総合も落ちたみたいだよ・・・もうパートスレはおしまいなの?」

JUN「いやまだまだ僕らの情熱がある限り続くのさ」

水「前の総合が見えるのに見られなくなってるのわぁ・・・・・意味わかんない」

翠「まだよくわかんね~ですが・・・きっとまた実験台にされてるですぅ」

JUN「きっとまた保有数も元に戻るよ、鯖が変わった訳じゃないみたいだし」

金「いいかげんVIPを使って遊ぶの辞めて欲しいかしら」

薔「人が多いから実験に使われるのは仕方ない・・・でもこんなんでパートスレをつぶせるとは思って欲しくない」

紅「やっぱり住民の絆が大事なのだわ」

雛「真紅微妙にキモイ事言ってるなの」

紅「くっ、でもここは一つ全員で「「保守」」」
|