※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

巴(剣の道に生きる乙女として…この技の修得欠かせない…)

巴(心を落ち着かせて…集中…邪念を振り払い…澄んだ心で気を高め…)

巴(目で見ようとしては駄目…奥の奥、研ぎ澄まされた心の目で真実を解き明かす…今!!)

ジ「ん…なんか視線を感じた気が…」
翠「気のせいじゃねーですか?」


巴「はあ…はあ…やっと桜田君のトランクスまで見えた…!これで…あと一枚!」





巴が透視能力を覚醒させたようです。

巴「いける…今の私なら。精神の水面に放たれた小石ですら、私の心には僅かなさざ波も立てる事はない…」

巴「拘束制御術式第零号解放…状況A、クロムウェル発動による承認認識…眼前布の完全透視の間、能力使用完全解除開始…はぁっ!!」


梅「やあ桜田!今日もいい天気だね!」
ジ「あ~先生…どうもです」
梅「むむ!?先生、何やら熱い視線を感じるよ!青春だなぁ!」
ジ「きっと気のせいですよ」

巴「~~~~~~~~~!!??%◎★$℃¥@△→※〒¢くぁwせdrfgyふじこlp;」


ジ「なぁ雛苺。今日も巴は休みなのか?もう5日連続だぞ?」
雛「トモエはこころにいえることのない深い傷をおってしまったの」
ジ「はぁ」
雛「まいばん乙女の涙で自分のまくらをぬらしてるのよ…」
ジ「難儀だなぁ…」




肌にまとわりついてくる……なんとなく変な空気。
私は、ここに足を踏み入れたときから、それを感じていた。
みんなの平然とした表情から察するに、気づいているのは、私だけらしい。


  ――高校の修学旅行のグループ行動で訪れた、古い都の、古ぼけた博物館。


「あれ? みんな……どこ?」


  ――狭い館内で、いつの間にか、独り。


手近なドアを開けると、そこはセピア色の木造家屋――研究室のような場所だった。
目の前の机には、こちらに背を向けて座っている、男性の姿。
ここは、どこ? そう訊ねるより僅かに早く、男性は振り返って、優しく微笑んだ。

「やあ、よく来てくれたね。君が、僕の新しい助手を務めてくれる子かい」
「えっ? さ……桜田くんっ?!」

その男性は、幼なじみの男の子と、よく似ていた。面差しとか、背格好とか。
でも、いま目の前にいる男性のほうが、ずっと年かさだと思う。
多分……30前後くらいかな。無精ヒゲも濃いし、口振りも、どこか古めかしい。

「おや……どうして、僕の名前を? 君とは、どこかで逢っていたかね」
「いえ、あの…………多分、初対面だと思いますけど」
「だよねえ。僕はこう見えても、考古学者だからね。記憶には自信があるのだよ」

考古学者――言われてみれば、うらぶれた風貌も、それらしく見えてくる。 

男性は、ゆっくりと私の前に歩いてきて、静かに右手を差し伸べてきた。
私も同じようにして、握手する。
彼の手は、女の子のものかと錯覚するほど、しっとりと潤っていた。

「あらためて名乗ろう。僕の名前はだね」
言って、彼が据え付けの黒板に書いた字は……

「桜田……た、たけのこ?!」
「筍だよ、ジュンって読むんだ。子供の頃は、チビ筍って苛められたものさ。
 どうやら、ウチは小柄な男ばかり生まれる家系らしくてねえ。
 両親は背が高くなるよう願って、この字を使ったんだろうけどさ」

はた迷惑な話だとは思わないかね?
……と、真顔で同意を求められても、なんと返せばいいのやら。
曖昧に笑ったら、バカにしたと思われそうだし……ここは無難に頷いておいた。

「あの……私、柏葉巴です。普通の高校生で――字は、こうです」
「ふむふむ。いい名前だね。凛とした、もののふの魂を感じさせるよ」
「私、女の子なんですけど」
「いや、これは失敬。やれやれ……まいったな。
 どうにも口で失敗することが多くてね。僕自身、困っているのだよ」
「でしょうね」

なんと言うか……不器用な性格まで、桜田くんと似ているなんてね。
この男性とは、初対面で、赤の他人だったハズなのに――
いつの間にか、旧知の仲のように感じ、振る舞っている私がいた。

「君のこと、巴くんと呼んでも構わないかね?」
「はい、どうぞ。私は、どう呼んだらいいんでしょうか?」 

なんとなく、彼の放つ独特の雰囲気に、私は呑み込まれていた。
この場所に自分が立っていることを、なんの疑問にも思わないままに。

「僕のことは、好きに呼んでくれていいよ。教授とでも、先生とでも」
「たけのこ――でも?」
「それだけは却下」
「ふふ……分かりました。それじゃあ、桜田くん……では?」
「少し馴れ馴れしすぎる気もするが――まあ、そう呼んでくれたまえ」

どうして、ほのぼの会話なんかしてるんだろう……私。
こんなコト、してる場合じゃないのに。
博物館ではぐれた、みんなのトコに帰らなきゃいけないのに。

「それじゃあ、巴くん! 早速で悪いが、老禅遺跡まで、発掘調査に行くぞ」
「え? ちょ……いきなりすぎませんか?」
「なにを言うんだ。諺にもあるだろう。『老禅は急げ』とね」
「知りません」


  ――そして始まる、摩訶不思議なアドベンチャー。


「桜田くんっ! ここに、斜光器土偶が」
「おお、でかしたぞ巴くん! これは、まさしく縄文時代の老禅姪殿だ」
「姪……って、女の子なんですか、これ?」
「そうだよ。この胸を見たまえ。ボイーンって盛り上がってるだろう」
「なんか……その言い方、やらしい」
「誤解だ! 決して、やましい気持ちなんてないぞ」
「本当かなぁ」 


  ――まったりと過ぎゆく日常。


「ねえ、桜田くん。書架から、江戸時代の春画が山ほど出てきたんだけど……」
「ちょわぁー! そそ、それはだね。そう! 考古学的資料なのだよ。
 当時の生活や風俗を知る、貴重な手懸かりだとは思わないかね?」
「でも……葛飾北斎の『喜能會之故眞通(きのえのこまつ)』って――」
「人間、たまには幻想も必要だよ。僕の持論だがね」
「つまり、桜田くんは触手陵辱系が好き、と」
「なんのコトかな?」


  ――覆される常識。


「あ……新聞が届けられてる。今日のニュースは――
 え? ウソ……なに、これ?」

紙面の上端にある日付の年号は、明治。


  ――甦る記憶。


「そう言えば、桜田くんの両親も考古学者で、世界を飛び回ってると言ってたわ。
 じゃあ、もしかしたら、この時代の桜田くんは……彼のお祖父さん?」


  ――そして訪れるロマンス。 


「巴くん、すまない。君まで危険に巻き込んでしまって」
「そんな……桜田くん。気に病まないで」
「だが、僕のような朴念仁ならともかく、若い身空の君を――」
「私が望んだことだから。どんな結果でも、私は後悔しないわ」
「…………巴くん。君は、とても強い人だね」


  ――告げられる想い。


「もしも、2人……生きてここを出られたのならば……
 巴くん。僕と、一緒になってくれないだろうか」
「ええっ?! で、でも――」


(そうしたら、私……桜田くんのお祖母ちゃんってコトに……。
 でも、ここで断って、今の桜田くんが死ぬ気になってもまずいわ。

 ど、どうしよう。巴、困っちゃうぅ~)


  ――それぞれの決断が引き寄せる未来は、いかに。



ダイジェスト版『巴トリッパー(仮)』


本編は近いうちに。 




  な / ______
ぁ 訳/        ̄ヽ
ぁな /          \
ぁ い レ/ ┴┴┴┴┴| \
ぁ じ /   ノ   ヽ |  ヽ
ぁ ゃ> ―( 。)-( 。)-|  |
んぁ >   ⌒  ハ⌒ |  / 
!ぁ>  __ノ_( U )ヽ .|/
  ん  |ヽエエエェフ | |
  \  | ヽ ヽ  | | |
 √\  ヽ ヽエェェイ|/
    \  `ー― /ヽ

 




「おはよう、柏葉」
「おはよう、桜田くん」
今日も私は彼と挨拶を交わす。
朝、高校へ登校する時のいつもの言葉といつもの風景。

でも、数か月前からその風景が変わった。
彼の隣に寄り添う少女が現れたのだ。
彼女の名前は真紅。碧い瞳と金色の髪をもつ、気高く美しい少女。

「おはよう、巴」
「おはよう、真紅」
彼の恋人の真紅と挨拶を交わす。

少し先を歩く二人の背中を見ながら、私は思う。
――本当は私も桜田くんの隣を歩きたいの…。
でも、彼女の友達である私にはそんなことは言えない。
――ずっと前から好きでした…。
彼の友達でもある私は、そんなことは絶対に言えない。


友達から恋人へと変わった桜田くんと真紅。
今もずっと友達のままで変わらない桜田くんと私。
そして、変われないこの想い…。

――ねぇ、桜田くん、私も貴方が好きなんだよ。
言葉にはできないけど、貴方が鼓動を揺らすから、
私は今日も胸の中でそっと伝えるの。

――私なら、此処です。少しだけでいいから、振り向いて…。


【私なら】【此処です】

 

 




「桜田くん、一緒に帰ってもいいかな?」
月曜日、JUNは学校の帰り道で巴に出逢った。

「桜田くん、お買い物?」
火曜日、JUNは自宅近くのスーパーで巴と出逢った。

「桜田くんもそういう雑誌を読むのね…」
水曜日、JUNは本屋で巴と出逢った。

「桜田くんも苺大福を買いに来たの?」
木曜日、JUNは不死屋で巴と出逢った。

「桜田くん、勉強熱心なのね」
金曜日、JUNは図書館で巴と出逢った。

「桜田くん、今日は真紅と一緒なのね……」
土曜日、JUNは映画館で巴と出逢った。

「おはよう、桜田くん」
日曜日、JUNが目を覚ますと何故かそこには巴がいた。

「柏葉…。お前、なんでこんな所にいるんだ?」
JUNの問いかけに巴は意味ありげな微笑みを浮かべた――。
「クスッ。知りたいの?」


紅「巴、恐ろしい子!」





ちょいグロ


気づいたら、夜の闇に沈みかけた森の中の道を、たった独り歩いていた。
わたし……桜田くんと、近所の小学校で催される町内の夏祭りに来てた……はず。
だけど彼は、どこにもいない。

「人混みに流されて、はぐれちゃったのかな」

だとしても、森の中にまで押し流されるワケがない。この状況は、やはり変だ。
携帯電話で、彼と連絡をとろうとするけれど、圏外。
立ち止まって耳を澄ますと、盆踊りの歌が、かなり遠くに聞こえた。

「ここって……もしかして、小学校の裏山?」

子供の頃は、よく遊んだ場所だったけれど、最近では滅多に近づくこともなくて。
記憶にある光景と、いま目の前にある景色は、なかなかひとつに結びつかない。
もちろん、夜だから――ってことも、あるだろうけれど。


「とにかく、戻らなきゃ。桜田くんも、きっと探してくれてるはず」

山にいるのだったら、下る方向へ進めば、どこかに出られるだろう。
私は短絡的に考えて、点々と電灯の灯る山道を、下り始めた。
――と、次の瞬間!


  がさっ! がさがささ……。


向かって右手の森の中で、ナニかが蠢いた。
私の直感が、警鐘を鳴らす。

こんな人っ気のない山の中に隠れているのは、ロクな人間じゃない。
まあ、人間とは限らないけれど……この辺で野犬の噂は聞かないし。
ノラ猫にしては、茂みを掻き分ける音が大きすぎた。

――考えられるのは、やっぱり、痴漢。

「だ、誰っ!」

暗闇に向かって誰何する声は、情けないけれど戦慄いていた。
こんな時に限って、いつも持ち歩いてる竹刀は、手元にない。
周りを一瞥したけれど、武器になりそうな物もなかった。

「誰なの! ふざけないで!」

誰かに聞こえることを願いながら、叫びつつ、後ずさる。
とにかく声を出していないと、全身の力が、一気に流れ出してしまいそうだった。
茂みの奥からは依然として、葉を毟り、小枝をへし折る音が近づいてくる。

――そして。
真っ黒い影が、わたしの前に飛び出してきた。バッタみたいに、ばさり……と。
でも、違った。バッタなんかじゃなかった。

「ひいっ!」

わたしは、喉の奥から悲鳴を絞りだして、あわや、腰を抜かしそうになった。
5メートルほど前方に現れたソレは、全長2メートルは優にある、ゴキブリだった。

なぜ、こんなのが居るのかなんて、考える余裕はない。
生理的な嫌悪から身を翻し、山道を駆け登った。でも、浴衣だから走りにくい。

背後から、がさがさがさ……耳障りな音が、ものすごい速さで近づいてくる。
追ってくる。追いすがってきてる。
逃げなきゃ! でも、浴衣の裾が絡みついて、足がもつれそう。息が苦しい。

それでも、立ち止まるなんて無理。
あの巨大ゴキブリに囓られるなんて、絶対にイヤ。


やがて、目の前に小さな橋が見えてきた。
近所では有名な、縁結びのスポット【巴橋】だ。
わたしの名前も、この橋に因んで付けたのだとか――

もしかしたら、これって運命なのかな。
わたし、産まれたとき既に、ここで死ぬことを定められてたのかな。
現実ばなれした巨大ゴキブリの、エサになっちゃうのかな。

「イヤっ! そんなのイヤっ!」

たとえ運命だったとしても、わたし、まだ死にたくない。
女の子だもの。花に喩えるなら、やっと蕾になったところなんだもの。
好きになった人と結ばれて、ささやかでいいから、幸せな家庭を持ちたい。

その執念だけが、わたしの脚を、前へ前へと衝き動かす。
石造りの橋を駆け抜けて、背後の様子を横目に確かめた、そのとき。


ぶわぁぁん……。
空を切る重低音が聞こえるや否や、わたしは強烈に突き飛ばされ、地面に叩きつけられた。
背中に、ズッシリと――ナニかが、へばりついてる。

見るまでもなかった。いや、見たくもなかった。
巨大ゴキブリの顔面が、間近にあると想像するだけで、総毛立ってしまう。
それによって、全身の力も、抜けきってしまった。

「い、イヤぁっ! 助けて! 桜田くんっ、助けてぇっ!」

頭の中は、真っ白だった。
泣き喚くことも、大声で助けを求めることも、恥ずかしいなんて思わなかった。
けれど、そうする間も、カチャカチャ……。固いモノが噛み合う音が、近づいてくる。
わたしの首筋に――

「ひぃ……ひぃ……」

声を出したいのに、喉からは空気が漏れるだけ。
歯の根が合わなくて、のし掛かる巨大ゴキブリを、はね除けることもできない。
わたし……もう、だめ。


痛快まる囓りを覚悟した、その途端。
空を裂く鋭利な音。降りかかってくる、ネバネバした液体。そして――

「きゃあぁっ! な、なにぃ、これ?」
「あらあらぁ、騒がしい娘だこと」

わたし以外の、女性の声。

髪や顔にこびりつく粘液を手で拭って、顔を向ける。
そこで、わたしが目にしたのは……
真っ二つに裂かれた巨大ゴキブリと、太刀を手にした銀髪の娘。

「危ないトコだったわねぇ」

彼女は冷たい笑みを浮かべながら、巨大ゴキブリの死体を蹴り飛ばし、救い出してくれた。

「貴女……この辺じゃあ見かけない子ねぇ。旅人ぉ?」
「え? いえ、その……」
「こんなに色鮮やかに染めた浴衣も、見たことないわぁ。どこの村の出身?」

村? 小学校の周りは、町という区切りはあっても、村なんてない。
わたし……からかわれてる?

「ここって、どこ?」

訊ねると、銀髪の娘は「はぁ?」と、眉を顰めた。

「そんなコトも知らないのぉ? どこの田舎者よぉ」
「……ごめんなさい」
「謝られてもねぇ。ま、とりあえず。私の村で、朝までゆっくりするといいわ。
 この辺りには、巨大な昆虫がウジャウジャ居るからぁ」
「ありがとう。わたし、柏葉巴です。よろしくおねがいします」
「水銀燈よ。よろしくねぇ」

水銀燈に連れられ、山道から見おろした夜景には、電気も、ビルも、なにも無かった。
――これはまだ、不可思議な体験の序曲に過ぎなかった。


《新連載》

  『巴橋★魔法商店街(仮)』 近日公開

ちょいグロだったかも知れない。

  な / ______
ぁ 訳/        ̄ヽ
ぁな /          \
ぁ い レ/ ┴┴┴┴┴| \
ぁ じ /   ノ   ヽ |  ヽ
ぁ ゃ> ―( 。)-( 。)-|  |
んぁ >   ⌒  ハ⌒ |  / 
!ぁ>  __ノ_( U )ヽ .|/
  ん  |ヽエエエェフ | |
  \  | ヽ ヽ  | | |
 √\  ヽ ヽエェェイ|/
    \  `ー― /ヽ
|