※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

蒼星石「なんか一晩の間にずいぶんとヒドイ目にあった気がするけど、今日は良い日になりそうだな…朝のニュースの占いのも良かったし。」

ジュン「へぇ、水銀燈に薔薇水晶に雪華綺晶、みんな可愛いな」
水銀燈「や、やだぁ…あんまりジロジロみないでよぉ…」
雪華綺晶「恥かしいです…」
薔薇水晶「あ、あんまり見ないで……」
蒼星石(きょ、今日はジュン君が責めなの!?)

ジュン「こんなに可愛いのに?恥かしくなんか無いって…」
水銀燈「だ、ダメよぉ…あ!」
ジュン「やっぱり可愛いな…後で俺のも見せてあげるから、さ…」
雪華綺晶「ジュ、ジュン君の…」
薔薇水晶「うん…それなら…いいよ…」
蒼星石(ぼ、僕もジュン君の見たいよ!!)

蒼星石「ジュン君!僕のも見せてあげるよ!!」

ジュン「え、蒼星石の?楽しみだなぁ」
蒼星石「え、楽しみ?えへへ、照れるなぁ…」
水銀燈「私もみたいわねぇ…」
蒼星石「す、水銀燈も!?」
薔薇水晶「……私も」
蒼星石「え、ちょ、僕はそんな趣味は…!」
雪華綺晶「楽しみですね、ジュン君と蒼星石さんのアルバム」
蒼星石「( ゚д゚)」

蒼星石「…アルバム探すのに時間かかったな…はぁ…」


雛苺「わーい、うにゅーなのー♪」
蒼星石「雛苺、どうしたの?」
雛苺「あ、蒼星石なのー、巴にうにゅー貰ったのー♪」
蒼星石「へえ、良かったね…」
雛苺「ういー?蒼星石元気ないのー?」
蒼星石「そうかな…ねえ雛苺」
雛苺「んー?」
蒼星石「うにゅーおいしい?」
雛苺「ういー」
蒼星石「ジュン君のこと好き?」
雛苺「ういー」
蒼星石「僕のこと好き?」
雛苺「ういー」
蒼星石「ジュン君と僕ってお似合い?」
雛苺「あ、飛行機雲なのー」
蒼星石「…柏葉さんのこと好き?」
雛苺「ういー」
蒼星石「……ジュン君僕のことどう思ってるかな?」
雛苺「おなかすいたのー」
蒼星石「…………」

柏葉
蒼星石「雛苺…君ってやつは…」

巴「ねえ、桜田君、私に抱かせて」
ジュン「お、おい…柏葉、そんな無理やり…」
蒼星石(柏 葉 さ ん ! 君 も か !)

巴「大丈夫、私なれてるから」
ジュン「な、慣れてるって…」
蒼星石(慣れてる?慣れてるだと!?そんな汚れた体で僕のジュン君にぃ!!)

蒼星石「ちょっと待ったぁぁぁ!!」

ジュン「うわ、蒼星石!?止めろって、雛苺が起きる!」
巴「桜田君も声が大きすぎ…やっと眠ったんだから」
蒼星石「え、えと、こえは…?」
ジュン「雛苺が僕の膝の上で眠っちゃてな…」
巴「私がベットに移動してあげようて、よくやってあげてるから」
蒼星石「はははははは、そ、そうだよね!」
ジュン&巴「うるさいって!」
蒼星石「・・・・・orz」

蒼星石「ジュン君…君と僕の間には…なにもないかも…?」


ジュン「うわ、ば、薔薇水晶、そんなにしたら…」
薔薇水晶「ん…少し握るだけ…」
蒼星石(ジュン君のナニを握るだって!?)

ジュン「ちょ、もう少し、やさしく…」
薔薇水晶「ふふ…大丈夫、私にまかせて…」
蒼星石(ば、薔薇水晶…僕も君みたいにジュン君をリードできたら…!)

ジュン「あ、だめ、で、出るって!」
薔薇水晶「一杯出しちゃおう…ね?」
蒼星石(け、けどいまのこのスレのパターン的に僕は弄られ役…きっと罠だ!!)

ジュン「あ、あ、…こんなに……」
薔薇水晶「すっごい…ビチャビチャだね…」
蒼星石「まてえええええええい!!!!」

蒼星石「うん、そうだね、トマトケチャップって最後の方ビチャビチャだよね」
ジュン「…?」
薔薇水晶「……ニヤリ」
蒼星石「…(#゚д゚)」

蒼星石「つ、次こそは、次こそはぁあ!!!」

終わる
蒼星石「ちょ、救済なし!?」

|