※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

B「…よう」
C「こんな所で何してんだ?」
翠「…」

くぅ~~~!
避け切れなかったのが悔しいですぅ…

ジュン…ごめんです…

A「決まってんだろ?──“おままごとですぅ~♪”」

…ムカッ

C「プッw」
B「ギャハハハハハwww」
翠「…」

こいつらぁ…
さすがジュンをイジめる人間ども。
タチの悪い野郎ばっかですねぇ…

A「ま、2人で仲良くやってる所を悪いけどな、
  俺の可愛いダチがお前と縁の深い剣道部の奴らにボッコボコにされてんだよ。
  お前の妹を筆頭とする剣道部よ。な?」
翠「…」
A「実際、お前自身も1,2回は参加したんだろ?表でなくても裏でもよぉ」
翠「さぁ~知らんです~?」

そうですか。
どうやら今日のターゲットはジュンではなく翠星石ですか。

それじゃあ、注目を翠星石に向けてる間に、
ジュンにはこの場所からどこか遠くに避難してもらうです…

A「ハァ?…何その態度!腹立つわこいつ…
  じゃあこうしよ。折角だから…決着つけよか」
翠「…」
A「仇討ちじゃ。やられたら何百倍、何千倍にして返したらぁ!」
翠「挑戦状は私じゃなくて蒼星石に対して申し込むのが筋ってもんなんじゃないですか?」
A「知らねーよ。関係者なら誰でもいいんだよ。
  それに、ある奴から聞き出した話なんだが、
  お前の姉貴、何か強いらしいな?
  …名前は…“水銀燈”って聞いたな。
  じゃあお前自身も強くて当然やわな?…手加減せんぞ!」
翠「…ふっ」

──面白い奴ですねw
“ある奴”ですか。
どうせ親なんでしょうけど…w

ダッ!!──

C「こらっ!待て!」

──えっ?

…おぉ!

翠「ジュン!」

よくやったです!
ヒッキーにしては見事なスタートダッシュです!

翠「振り向くなです!さっさと逃げ切って──」
C「お前邪魔じゃボケ!」

キャッ!

ドテッ!!

C「…うおあぁぁぁぁ!!…」

ざっ…ざまぁみろですw
すす脛さえ蹴ったら一発ですよ!

──あぁ…でも…
ジュンがいなくなった瞬間から、
恐怖感がじわじわと翠星石を飲み込もうとしてるです…。

ヒッキーになってからのジュンなんて…別に大して──

B「…」
A「…」

──くっ。

だだだ…大丈夫ですよ…。
ここ…こいつらが本気になっても、
す…翠星石もに逃げればいいんでですっ…よ。

C「き…き…貴様…」
A「喧嘩売ってんのかコラ?」
B「こいつ…やっちまおうぜ…」

おっ…落ち着くです…落ち着くです翠星石…
あいつらを…ジュンと思えば…。

-----

ジ『き…き…貴様…』

──ジュンなら、そんな言葉で翠星石を呼ばない…はずです…。

ジ『喧嘩売ってんのかコラ?』

──そもそもジュンは意図せずとも喧嘩を売ってくるタイプです。

ジ『こいつ…やっちまおうぜ』

──こうしてジュンは災難に遭うわけですね…。
す…す、翠星石のせいじゃないですよ?勘違いするなです!

-----

…で、向こうのジュンにこっちのジュンがやられて…。

──え??
どっちのジュンがホンモノのジュンで…?
…そもそも何でジュンの話になったんでしたっけ…。

A「さて、助けを乞うなら今のうちだな」

あ、そればっかりはプライドが許さねぇですね──

B「まぁ少なからず桜田はお前を見捨てたからな」
翠「ハァ?」

──今、何て言ったですか…?

B「はいはい、そうやって俺に迫っても事実は覆らないぜ?」
翠「だっ…黙れです!」
B「お前がこうして追い詰められてるのに、自らこの場から消えたんだぜ?
  どんだけ甲斐性無いんだよwww男じゃねぇだろwww」

バシッ!

B「ぶ」

右手が…勝手に動くです──

翠「ジュンを…ジュンを…」

ターゲットを…絞ったです──

B「…わわ」
翠「…ジュンを馬鹿にするなぁぁぁぁぁぁ──」
B「俺ちょっと桜田追っかけてく…」

ボコッ

B「うっ…」

スカッ

B「よっと」

スカッ

B「あぶなっ」

翠「──です!!」
B「…」

──まだ殴り足らねぇですが…
1発当たっただけマシですかねぇ。

B「じゃ、俺…桜田を追ってくるわ…」

すたこらさっさと逃げるBの奴。
ふっ…
…今日は鼻で笑ってばかりですね。

翠「ああやって逃げる姿は哀れですね」
A「…そうか。お前には逃げたように見えるか」
翠「…」

この冷静さ。
思わず寒気がするです…

A「まぁ、上も下も武闘家なら、これくらい戦えて当然か──」
翠「そうじゃねぇです…」
A「…は?」

何か…ちぃと勘違いされてる感じがするです…。
一応、正しておくですか

翠「──翠星石は水銀燈や蒼星石と違って、争いごとは好きじゃないんです。
  だから、出来るだけ穏便に解決したかったんです。
  お前らがジュンを苛める“本当の”原因を突き止めて、
  ジュンの目の前で頭を下げさせて、それで終わらすことを望んでたんです──」
A「あっそ。おつかれ」

言うと思ったです。
こんなの、綺麗ごとだって気づいたのも遅すぎたですね。

翠「──でも今は違うです」

------

蒼『君はジュン君を本気で助けたいって思ってないんじゃないの?』

------

翠「…お前ら、やめろと言ってもやめそうにないタイプですし、
  そっちがその気なら、こっちも本気でいきますよ?
  …これからは、大切な人を守るために戦うです。
  目の前で苦しんでるのに、何もしないのは愚かです!」
A「ふ~ん」

ジュンが私を守ってくれる日が来るまで、私はジュンを守るです。
──蒼星石。翠星石は本気ですよ。

…ふん。
それじゃ、手始めにちょっと煽っときましょうか。
そんな気分になってきたです──

翠「で、水銀燈の話なんですけどぉ」
A「…何だよ」
翠「話を聞いたのって…親からですよねぇ…?」
A「うっ…!」

うけけw
見事に言葉に詰まってやがるです。

A「──うるせぇ!」
翠「はは~ん。じゃ、お前みたいな弱腰の雑魚の相手をしてやるですかぁ」
A「…おう?今何っつった?」

──ふひひ。
食いつきがいいですね。

翠「だから弱腰の雑魚って言ったですよぉ~?
  だって、本当に戦うべきなのは蒼星石だと思いますし~?
  翠星石なんか蒼星石より戦い慣れてるわけじゃないですし~?」
A「え~何?彼氏の悪口を言われないと本気になれないってか?w」

ブチッ!!

翠「なっ…」
A「…(ニヤリ)」
翠「…そ…そういうのじゃないですよぉ~?」

お…お…落ち着け~落ち着けです…。
奴は策士です…まんまと引っ掛かるところだったです…。
ジュンよりはるかにむかつくですけど、今はグッとこらえる時です…。

悔しいですが、煽ろうとしたのが間違いだったかもです…。

A「じゃあ、お前らの関係はそう言わずに何と言うんだ?
  普通なら付き合ってるって思うだろ?なぁ?」
翠「おー…幼馴染です!」
A「へぇ~…幼馴染…?」
翠「そうです。幼馴染です!」
A「…はあ?意味わかんね」

イライラ…

翠「それなら、お前は私が何と言えば満足なんですかっ!」
A「知らぬわ!w」

…じゃあ煽りには煽りで返してやるです。

翠「ま、ジュンを苛める奴ってこんなに白痴なんですねぇ~w」
A「…」

イライラ…

耳の穴かっぽじって適当に流してやがるです…

じゃあこっちも好き勝手させてもらうです。

翠「じゃあ、何でお前らはジュンを苛めるんですか?」
A「…え?そりゃ面白いからw」
翠「なっ…何で面白いんですか…?」

こいつ…
人を怒らせることが趣味なんですかね…?

A「裁縫やってるだけでも女々しいところに、女すら守れなくて…爆笑だよw」

──煽る暇すら与えねぇです。
それに、何かこう心の底から湧き上がる、この不快な気持ちは何ですか…。

A「こりゃいいネタ拾ったもんだ。報復攻撃はまた今度にしよ。
  さっさと帰って、連休明けに桜田をさらに窮地に追い詰める方法でも考えとこ」

ブチッ…

A「ギャハハハハハwwwww」

……。

-----

ジ『すぐ殴る奴は、嫌いだ』

-----

──ジュン!
こんな時に限って、ひょこひょこ現れるなです!
邪魔です!

うぅぅ…
嫌な記憶が呼び起こされそうです…

…はぁ。

──忘れもしない…去年の春…4月末の昼休み。
今まで一度だけ、ほんの一瞬、ジュンを心から大嫌いになった、あの瞬間──

-----

U『なぁ、ジュン。毎日思うんだけどさ、翠星石ってかわいくない?』
ジ『え゛~!!…寝言は寝て言えよw』
U『何でだよ…まぁ、お前…学校でもよく言い争ってるもんな…』
ジ『だって仕方ないだろ…そのうちあいつに彼氏が出来たら、あまりの性悪ぶりに
  悲鳴上げて熱出してぶっ倒れて、しまいには病院送りになるだろなプw──』
U『…あ』

翠『…』

-----

ゲシッ!!

A「うっ」
翠「はぁ…はぁ…」

脛を蹴り上げるだけじゃ済まさんです…
…お前を見事に病院送りにしてやるですぅ!!

A「待て待て…」
翠「誰が待つもんですか!」

-----

ジ『…あの…翠星石の話じゃないよ』
翠『…いや、確実に翠星石の話でした』
ジ『…』
翠『全て聞いてたです…』

-----

シュッ!!

A「ふっ…」

-----

ジ『…』
翠『もしや、そうやって陰口叩いてたんですか…?』
ジ『…いや、よく翠星石に言ってること…じゃないか…w』
翠『──お…お前の顔面、かち割ってやるですぅ!!』

-----

翠「…」

-----

ボグシャッ!!

ジ『うっ…』

…バタン

ジ『ゴホッ!ゲホッ!──』
翠『はぁ…はぁ…』
U『…』

ガラガラッ…

蒼『ちょっと!教室前で何のさわ…ジュン君!』
ジ『…』
蒼『…!!…すごい鼻血…どうしたの!?』
U『…あの…』
翠『このドチビのボケボケ人間!もう絶交です!』

ダッ!!───

-----

シュッ!!

A「…♪」

あぁ!
何でこいつには右ストレートが当たらないんですか!

A「馬鹿めw」

きぃぃぃぃぃぃ!!
余裕かましてるところが猛烈に気にいらねぇです!

…そういうのは、あの時のジュンと妙に被ってるです!

A「やっと本気出してきたか…
  かなり遠回りになったけど、そろそろ勝負といくか?」
翠「望むところです!」

ニヤリとするAの野郎。
じゃあこっちの要求をとりあえず勝手に宣言するですか。
せっかくですし。

翠「じゃあ、私が勝ったらジュンへのイジメを直ちに止めやがれです!」

今のジュンが、あの時のジュンにイジメられてる──
そんな風にも見えることに気づいてしまったからには、
この事態を一刻も早く解決せねば、私の心は今日から…

A「じゃあ、俺が勝ったら桜田をさらに可愛がってやろうw」
C「お、それいいねえ──」

チッ…

ずっと黙ってるなぁって思ってたら、このタイミングで復活しやがりましたか。
くぅぅ……。

翠「…異議ありです!」
A「でもねぇ、コレは勝負のルールなんでねぇ?」
翠「…」
A「ギャハハハハハハwwwたのしーwww」
翠「…」

──しゃーないですねぇ…。
1人でこいつらを片付けますか。

そして、あの時のジュンにもう一度ケリをつけるです───

|