※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

雛「きらきー!きらきー!」
雪「どうしました?」
雛「着物が上手く着れないの~」
雪「お手伝いしますわ」
雛「ありがとなの」
雪「えぇっと…本格的な着物ですわね」ゴソゴソ
雛「うゆ~ヒナのサイズはこれしかなかったの」
雪「ん~…あっ!」パサッ
雛「脱げちゃったの…」
雪「…いい」
雛「きらきー?」
雪「お姉さま…ハァハァ」
雛「…き、きらきー?」




108
雛「きらきー、なにやってるの~?」
雪「Hitmanですわ。ちょうどいいところに来ましたわね。」
一時間前からHitmanの同じ画面が付きっぱなしになっているのは気にしてはいけない。
雛「うゆ?何してるの、この人達?」
雪「あら、女体盛りを知らないのですか?
  可愛いお嬢さんにいろいろな食べ物を盛り付けて楽しむのですわ。」
雛「うにゅーも?」
雪「勿論ですわ。ちょっとやってみませんこと?」
雛「ういなの。」
雪「まずは裸になってくださいな。」
雛「裸になるの~?」
雪「そうしないと、服が汚れてしまいますわ。その間にうにゅーを取ってきますわ。」
…うにゅーが都合よくあるのは計画的犯行だなどとという憶測はいけない。
雛「脱いだの。」
雪「…そのまま食べちゃいたいくらいだけど、ここはこらえてうにゅーを盛り付けましょう。」
雛「うにゅーなの、うにゅーなの!」
手馴れた手つきで雛苺にうにゅーを盛る雪華綺晶。
ジュンから借りたダッチワイフで既に練習済みなことは秘密だ。
雪「さぁ、頂きますわ。」
雛「雛も一緒にたべちゃうの~。」
この言葉を雪華綺晶がどう解釈したかは、
(以下は省略されました。続きが読みたい場合はワッフルワッフルと書き込んでください。)




>>108
この言葉を雪華綺晶がどう解釈したかは、お察しください。
雛苺の胸からかぶりつく雪華綺晶。
雛「ちょ、ちょっときらきー、そんなところにうにゅーはないの~。」
雪「周りは白いし、先も赤いし、あま(くはないけど)くてうにゅーなようにしてあげますわ。」
雛「きらきーだめぇ…。」
雪「雛ちゃんは普通のうにゅーの方が好きかしら?」
と言って雪華綺晶はうにゅーを雛苺の口に押し込む。
雛「うにゅーなのぉ。」
口を動かすので精一杯な分、抵抗が若干減る。ここを好機と(以下略
雪「ペロペロペロ…可愛いですわ、雛ちゃん。」
雛「うにゅー…欲しいの。」
すっかりうにゅーに釣られてしまった雛苺。これからどうなる?(今度こそ続かない)

雪「保守ですわ、ペロペロペロ…」

|