※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《其処に至る経緯》


「………ヒット、もう一枚だ」

事の始まりはなんだっただろう。
とても詰まらない事だった様に思う。
実際、記憶に残っていないのだから、そうなんじゃなかろうか。

「ふぅん………三枚目だけど、いいの?」

あぁ、そうだ。
目の前にいる傲岸不遜なディーラーと小さな賭けをしていたんだ。
それがどうしてか―僕自身が大人げなかったか、彼女が弁舌巧みだったか―
今は大きなモノを賭ける事になっている。

「ぎりぎりだけどな。――いいから、配ってくれ」

彼女は、さも気にする様子もなく一枚のカードを裏向けて渡してきた。
僕も同じ様にそっけなく受け取り――カードの数字を見て、にやりと笑む。
僕達がしているゲームは、誰でも一度はした事があるだろう『ブラックジャック』。
そして今、僕に配られたカードで………僕のカードの合計値は、20となった。

「――スタンド。これでいい」

この数字であれば、そうそう負けはない――相手が相手だけに、予断は許さないが。
………『賭け』の内容を再度頭の中で確認する。
『勝てば、彼女に何か一つ命令できる』。
冗談交じりにちらりと唇に視線をやったら、相も変わらず冷たい口調で「構わないわ」と
返してきやがった。
『負ければ、僕が何か一つ命令される』
同じくふさけて心臓に指を突き立てたら、薄笑いを浮かべて「それもいいわね」だと。
『言い訳無用』。
反故にされたら敵わないと先だって牽制したが、憮然とカッターナイフを自分の指に
押し当て「血判状でも作る?」と威圧してくる。
『勝負はこれで最後』。
こんな大勝負、そう繰り返すものではない。
それには彼女も賛同なのか、あっさりと首を縦に振った。
もっとも、僕も彼女も負けるつもりはさらさらなかったが。

「そう。じゃあ、オープンしましょう」

ゆっくりと二枚の手札を表向きにする彼女。
気後れしてはならない――僕も、倣う様にカードを彼女に示す。
僕の数字は20、そして、相手の数字は………。

「よし、僕の勝ちだ!」

相手側の一枚目が捲られた時、僕は勝利を確信し、声をあげた。
その数字では、どう組み合わせても『20』には届かない。
………届かない筈だが。
彼女は残っているもう一枚をめくり、静かに言い放った。

「――残念ながら。私の勝ちよ」

その言い方が余りにも自然で。
僕は自分が数字を、トランプを見間違えたかと疑った。
もう一度、眼を凝らしてみる――どう見ても、彼女の合計値は『13』。

「って、僕の勝ちだろ、言い逃れ――」
「数字の上ではね。でも、『私』はルールの上をいくわ。そうは思わなくて?」
「………滅茶苦茶だな、おい」
「知らなかった?」
「………いや、知ってた」
「そ。――命令よ。『朗繕学園に受かりなさい』」
「あのな………簡単に言うけど、偏差値どれだけ足らないと思ってるんだよ」
「『言い訳無用』。――それとも、貴方の鞄に入っている学園のパンフはただの見栄?」

何時見たんだと苦笑するが、そう言えば是までの賭けでお互いの鞄は暴露されていたっけ。
少しばかり彼女の視線から逃れ、頭を掻きながら窓の外―空を眺める。
終礼が終わった後だと言うのに、空はまだまだ青が占めていた。
(――今はまだ四月だっけ)
だったら、我武者羅に勉強すれば、何とかなるか。

「辛くて苦しい選択を勝ち取れって事、か」

視線を彼女に―彼女の手札に戻して、溜息と微苦笑を洩らす。
あやふやだった僕の道を、彼女は力技で決めさせた。
恐らく、臆病者の僕には後押しが必要だと言う事を認識していて。

「ええ。付け加えるなら――」

柔らかい微笑を浮かべ、彼女はトランプをケースに直していく。
僕の三枚のカードを受け取り。
最後に、彼女自身のカード―『4』と『9』―を重ねた。

「真紅と共に、なのだわ」

―――――――――――――――――――――――《其処に至る経緯》 end


《其処に至る経緯》After episode(もしくは、始まりの保守を致すのだわ)

「――やった、漸くB判定にまで漕ぎつけた!」
「前回の模試?まぁ、やっと教えていた甲斐が出てきた所って事ね」
「素直に褒めてくれてもいいと思うんだが………」
「あら、だから、紅茶を入れてあげているじゃないの。私が」
「それ、わざわざ倒置法使ってまで言う事か」
「言う事だと思うけど?」
「自分をよく知っていらっしゃる………。――ところでさ」
「はい、どうぞ。――何?」
「ん、サンキュ。お前の判定結果は?」
「勿論、Aだけど?でなければ、人に教えるほどの余裕は出ないわよ」
「………うん、そうなんだよな。『勿論』って言えるほどなんだよなぁ」
「………回りくどいわね。本当は何を聞きたいの?」
「じゃあ、単刀直入に。――なんで、推薦使わなかったんだ?
お前の成績なら、問題なく通った筈だろう?」
「………幾つかあるけれど。
一つ、教えている私が先に終わっていると、緊張感がなくなってしまうから」
「ふぅん………そりゃまた、ご苦労なこって」
「………一つ。足掻く貴方に優位に接せられるから」
「あぁもぉ、そんな事だと思ってたよ、ちくしょう!」
「ほほほほ、幾らでも喚きなさいな」
「くぅ、近いうちに見返してやる………!」
「期待せずに待っておくわ。――後一つ。ただ単に――」
「――んく、相変わらず、紅茶入れるのだけは上手いな」
「『だけ』は余計なのだわ。………ったく」
「………ん、何か言おうとしてなかったか?後一つとk」
「――聞き間違いよ。さ、早く飲み終わって、勉強の続きを始めるわよ」

――ただ単に、『同じ時間を、同じ事をより多く過ごしたい』から――

|