※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

満天の星空。

部屋からそっと抜け出して、荒野の中心で眺める。

町に背を向けて夜空を見上げると、どこまでも広がる煌く星がとても綺麗。

そうしていると…後ろから小さな足音が聞こえた。

振り向かなくても、誰だか分かる。

無口で、ちょっと変わってって…とても大切な、たった一人残された家族。

「…見つかってしまいましたわ」

背中を向けたまま、声をかける。
返事は、無い。

でも、きっと…怒ってる訳じゃありませんわよね?

今度はちゃんと振り返り、そしてちょっと悪戯っぽく声をかける。

「よかったら、ご一緒しませんこと?可愛いお嬢さん?」




18.Under the same starlight


「……また…どこかに行っちゃうのかと思った……」
薔薇水晶はそう言いながら、雪華綺晶の横に腰掛けた。

「もう…勝手に出て行ったりしませんわ…」
伏し目がちに、雪華綺晶が答える。


暫くの沈黙。
二人で、夜空を見上げる。
血の繋がりは無くとも、そこには確実に姉妹としての絆が存在していた。


雪華綺晶が何気なく、横に座る薔薇水晶に視線を向けると―――
同じように、何気なく振り返った薔薇水晶と目が合った。

たった一つしか残されてない視線が、ほんの少しの距離を優しく行き交う。

「…ねえ、ばらしーちゃん…私達が始めて会った時のこと…覚えておいでですか?」
「……うん…あの頃は…きらきーの事、苦手だった…」
「ふふ…でも、それを正直に教えてもらえる程、仲良くなれて…本当に私は果報者ですわ」
雪華綺晶は少し微笑み…そして、再び星空を見上げた。

「…ばらしーちゃんに会う前の私は…家族に先立たれ、この世でたった一人になって…
ずっと…ずうっと、一人で…本当に孤独で…。でも…そんな時、『お父様』に拾われ…」
雪華綺晶は、懐かしむように目を細める。
「…白馬の王子様なんて、信じてた訳ではありませんけど……でも…私には……」

そこまで言うと、雪華綺晶は俯き……

「でも…お父様が突然失踪して…私はせめてお父様を近くに感じたくて、お父様の書斎に篭り…
そして、お父様がAliceの復旧に『技術屋(マエストロ)』として呼ばれた事…
そして、それらの騒動に私たちを巻き込まない為、黙って出て行かれた事を知って…
気が付いたら、お父様を追いかけて私まで家出してしまいましたわ」

少し微笑みながらそう告げるが…
薔薇水晶にはその微笑が強がりにしか見えなかった。

「うふふ……不思議ですわね…ばらしーちゃんの方が、ずっとやんちゃでお父様に注意されてたのに…
大人しかった私が、家出するだなんて…」
「……きらきー…」


薔薇水晶にも、雪華綺晶の気持ちはよく分かった。

ずっと一人っきりで、それでも精一杯無理して、何とか日々を生きて…
そして、そんな日々の中で突然出会った、大切な誰か。
自分にとって…例えば、突然、水銀燈が居なくなってしまったら…
そう想像するだけで、薔薇水晶の胸はギュッと締め付けられる。

膝を抱え、小さくうつむく雪華綺晶に視線を向ける。

失くしたはずの雪華綺晶の右目。涙を流す事すら出来ない、白い薔薇飾り。
薔薇水晶には、それが泣いているように見えた…

「………お父様の事…好きだったの…?」
「あら?それは、ばらしーちゃんも一緒でしょ?」
「うん……でも……」
薔薇水晶は、そっと雪華綺晶の髪を撫で…そして、視線を星空に向けた。
「…きっと……きらきーのは…私とは違う『好き』だと思うよ…?」


雪華綺晶は、ピクンと肩を震わせ…
そして―――何かを堪えるように、星空を見上げた。


今にも降ってきそうな星々に、雪華綺晶はうんと手を伸ばす。

「…今となっては…もう……」

どんなに近くに見えても…星空は、この手に掴むには遠すぎた…―――




―※―※―※―※―


白と黒に塗り分けられた、自作のチェスボード。

その前で、金糸雀は本を片手に一人、駒を動かしていた。

「う~~ん……」
小さく唸りながら、盤面と本を行ったり来たりする。と……
「きゃわ!?」
雛苺が正面に座ってる事に気が付いた。

「び…びっくりして変な声が出ちゃったかしら……で…雛苺はいつからそこに居たのかしら?」
「うい、さっきからなのー」

金糸雀はとりあえず、額の汗をぬぐうような動きをし…
そして、食い入るように盤面を睨みつける雛苺に気が付いた。

「……うゅ……全然…わからないのよ…」
そう呟き、白と黒のマス目に顔を近づけている。

「この局面は、カナでも難しいところかしら~」
そう金糸雀が説明すると…
雛苺は急に、何かを思いついたのか、顔をパッと上げる。
「だったら!そんな頑張り屋さんのカナリアにプレゼントなのよー!」

そう叫ぶと、一体どこに隠していたのだろう…ピョコンと、一輪の赤い薔薇を取り出した。

「そそそんな…カナはチームの頭脳派として、当然の特訓をしてるだけかしら~!?」
ちょっと照れて、慌てる金糸雀。
「うい!いっつも隠れて頑張ってるカナリアは、すごい努力家だと思うのよー!」
雛苺は純粋な眼差しで、手にした一輪の花を向けてくる。

金糸雀は「コホン」と小さく咳払いをして、雛苺の手にした薔薇を受け取ろうとして…
不意に、そのデコがキランと不適に輝いた。
「! 良い事を思いついたかしら!ちょっと待つかしら!」
そう言い、キョトンとする雛苺を置いといて、部屋の隅のガラクタの山にダイブする。

『ガシャーン』と音が聞こえ…
「これがこうで…これをこうして…」何やらゴニョゴニョ言う声が聞こえ…
『カーンカーン』と金属を叩く音が響き…

「――完成かしらっ!」
一分程して、金糸雀がガラクタの山からひょっこり顔を出した。

そして、服の埃を払い、居住まいを正して、再び雛苺の正面に座り―――
その手には、赤く塗られた金属製の薔薇の造花が握られていた。

「だったら、カナからは、雛苺にこの花をプレゼントかしら!」

チェスボードを挟み、向かい合った二人が、赤い薔薇を交換しあう。

「カナリアとは、これからもずっと仲良しさんなのよ?」
「友情の証ってやつかしら!」

「うい!…そうと決まれば…二人で『なんかいなきょくめん』を打破するのよー!」
そう言い、雛苺は再び盤面に視線を向け―――
だが、金糸雀はスクッと立ち上がる。
「雛苺!脳のリフレッシュも、策士にとっては大事な仕事かしら!」

「うゆ?」
「つまりこんな素敵な夜は、二人でお散歩するかしら!」
「うい!りょーかいなのよ!」
金糸雀のテンションにつられて、雛苺のテンションも上がり…

「そうと決まれば!お外に突撃かしら~!」
「とつげきなのよー!!」

―※―※―※―※―

アジトの屋上で、翠星石と蒼星石が夜空を眺めていた。

いや、実際に夜空を眺めていたのは蒼星石で…
翠星石はそんな蒼星石の横顔をチラチラと見ている。

(ぅぅ~…何だか、急に元の蒼星石に戻ったと思ったら、やけに積極的になってるですよ…
いや、それが嫌という訳ではないんですが…でも、少し恥ずかしいですぅ…
でも、それも嫌という訳では…って!何なんですか!この状況は!!
そうです!仲良し姉妹がのんびり夜風に当ってるだけです!!それ以上の意味は無いです!!)

距離ができたように感じれば、切なくなって、相手に近づこうとするが…
そんな時不意に、相手から距離を詰められると…何だか戸惑ってしまう。

まさにそんな状況の翠星石は、そわそわと視線を泳がせていた。

だが…
そんな姉の様子に気付かず、蒼星石は幸せそうな…穏やかな表情で星空を眺めている。

そして…

「あれ?…あそこに居るのって…薔薇水晶達かな?」
下のほうを指差し、そう聞いてきた。

蒼星石が示す先には…なるほど、岩場に座る二つの人影と…それに接近している小さな二人組。

「…それと、チビカナとチビチビですぅ」
こんな時間に何をしているのやら…最も、他人の事を言えた義理ではないが。

「ふふ…何だか楽しそうだね。…僕達も行ってみようか?」
そう言い、蒼星石は翠星石の手を握り―――

「ひゃう!?」
未だに少しまごついていた翠星石は、咄嗟に手を引っ込めてしまった。
「…翠星石?」
蒼星石が、とても切なそうな表情で小さく声をかける。


…決して、嫌な訳ではない。
ただ、いきなりの出来事に、少し驚いてしまっただけだ。

突然の蒼星石の行動と、咄嗟に自分が返した反応で、頭の中がグルグルとする。

(…でも……そんな寂しそうな顔をするのは…反則ですぅ…)
とっても寂しそうにしている蒼星石の顔を見ていると、何だか翠星石も悲しくなってきた。


翠星石は、少し緊張しながら…それでも、蒼星石の手をとり――
そして、握った蒼星石の手を引き寄せる。

「…そんな…寂しそうな顔するなです……」
「……うん…」
「…心配しなくても翠星石は…ずっと蒼星石と一緒ですよ…」
「……うん…ありがとう…」

煌く星空の下で、身を寄せ合いながら、そっと囁く。

「…って!てめぇは!な~に姉妹で『良いフインキ』作ろうとしてるですか!」
翠星石は身を離し、いつもの調子でそう言う。
「それを言うなら『雰囲気』だよ?」
蒼星石も、ちょっと楽しそうに答える。

「!? わ…わざと間違えただけですよ!!」
「ふふ…そういう事にしとくよ」
「なぁ!?信じてないですか!…もう蒼星石なんて知らんです~」
翠星石は楽しそうに微笑んだまま、階段を駆け下りる。
「待ってよ翠星石!」
同じように微笑んだ蒼星石が、その後を追いかけていった―――

―※―※―※―※―

「…あらぁ?全員集合ねぇ…」
水銀燈が散歩をしてると、岩場で談笑している皆に出会った。

「水銀燈こそ、こんな時間に散歩だなんて、珍しいね?」
翠星石の隣をしっかりキープしている蒼星石が、そう尋ねてくる。

「ちょっと、寝付けなくてね…ぶらぶらしてた、って訳よぉ」
適当に、そう答えた。

(言える訳ないわぁ…『寝てたら、隣の部屋からちびっ子の騒ぐ声で目が覚めて…
気分転換に屋上に行ったら誰かがイチャイチャしてたので、仕方なく外に出てました』だなんて…
…言える訳ないわぁ…)

水銀燈は、少しどんよりする。
自分の周りには、変な奴しか居ないのかと。

眼帯姉妹は、何を考えてるのか分からないし…
双子は最近…特に妹の方が、シスコンっぷりに拍車がかかってる。
ちびっ子達は…子供に常識を求めるというのも、どうかと思う。


水銀燈は、ばれないように小さくため息をつき…
そして、適当な岩に腰掛けた。
(でも…このメンバーが気に入ってる時点で…私も相当な変わり者ねぇ…)
そう思うと、少し笑みが零れてきた。

暫くの間、夜の荒野に吹く風をBGMに会話を楽しむ―――。


「! そうです!良い事思いついたですよ!」
翠星石が話の合間に突然、そう声を上げた。

「ちょっとの間、そのまま待ってやがれです!」
そう言うと、異常な速さでアジトの中に戻り―――
そして、異常な速さで再び帰ってきた。

「こんな夜は何か歌うですよ!」
そう言い手に持つのは、一つのクラシックギター。

そして翠星石は、ちょうど良い高さの岩に腰掛け足を組む。
得意満面の表情で、膝の上にギターを乗せ…

「…と…ところで…誰か…ギター弾ける奴は居ないんですか…?」

期待の眼差しを向けていた全員が、同時にため息をつくのが聞こえた。

そして…
「しょうがないわねぇ…ほら、貸してみなさぁい…」
水銀燈がそう言い、立ち上がる。
翠星石は水銀燈にギターを渡すと、そそくさと近くの岩場に腰掛けた。

「へえ…水銀燈とクラシックギターだなんて…変わった取り合わせもあるもんだね」
蒼星石は、珍しい光景に思わず声を上げる。

雛苺が期待の目を、キラキラ輝かせながら向けてくる。

「……銀ちゃんは…何をやっても素敵なんだよ…?」
薔薇水晶が何故か誇らしげにそう言う。

雪華綺晶はそんな薔薇水晶に、苦笑いを向けている。

「…この一曲しか知らないんだから…あんまり期待しないでよぉ?」
水銀燈はそう言い、岩に腰掛ける。
ポケットから煙草を取り出し、その先に火をつける。

「何ていう歌なのかしら?」
金糸雀が、ギターを構えた水銀燈に質問してきた。

水銀燈は少し目を瞑り…そして満天の星空を眺めた。

「…さぁ…忘れちゃったわぁ…」



―――嘘だ。

忘れる訳が無い。
だが、結局この歌の名前を教えてもらう日は来なかった。
それだけ。

火をつけたばかりの煙草。水銀燈はそれを、横に置き…

空に吸い込まれるように上る、一本の煙を見上げながら、静かに弦を弾く――――


「――からたちの――とげは痛いよ――
――青い――青い――…」


―――忘れる訳がない。

荒野に飛び出した日の事―――

そして―――

そこで過ごした、かけがえの無い日々――――






⇒ see you next Wilds!

|