※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

コックピットを覆っていた装甲がゆっくり持ち上がり…
蒼いカラーリングの機体…RX79-BD1・ブルーディステニーから翠星石が降りてきた。

振り返り、ゆっくり足元から、たった今まで搭乗していた機体を見る。

所々焼け焦げ、煙を上げている…。
だが、それでも特に致命的な損傷は見つからない。

ただ一箇所…首から上が存在しない事を除いては…。

「……」
言葉が見つからない。
何を言うべきか、何を考えるべきか。
何一つとして分からない事が多すぎた。

「翠星石~!大丈夫かしら!?怪我は無いかしら!?」
大きな声を上げながら、金糸雀が駆け寄ってくるのが聞こえる。
「はぁ…はぁ… す…翠星石…無事でよかったかしら…」
肩で息をしながら、安心したように微笑みを向けてきた。

「…心配かけちまったですね」
いつもなら『だ~れの心配してやがるですか!私がやられる訳が無いですぅ!』とクネクネ踊りそうな所を…
あまりにも、いつもと違う雰囲気に、金糸雀はりアクションに困ってしまった。
「だ…誰もあなたの心配なんてしてないかしら~!」
かろうじて、柄にも無い言葉で返すものの…それ以上は続かない。少し涙目になる。
(ぅう…慣れない事はするもんじゃないかしら…)

翠星石は固い表情のまま、金糸雀をほったらかして、格納庫の出口に向かう…。
そして振り返り、いつになく真面目な表情で金糸雀に告げた。
「チビカナ…今回の戦闘ログ…コピーして私の部屋に持ってきやがれです」 

※---連邦軍駐屯地・翠星石私室---※

翠星石はソファーに座り、クッキーをかじりながら疲れた体を休める…
程なくして、ノックもなしに金糸雀が部屋に駆け込んできた。

「勝手に戦闘ログの閲覧は、軍規違反かしら…」
「…知ってるですよ…」
金糸雀は頬をプクーっと膨らませ…
「だったら、これっきりにするかしら~」
と相変わらずのテンションで答える。

金糸雀は翠星石の隣に腰掛け、二人の正面に光ディスプレイを広げる。
「けっこう無茶なサルベージしたから、映像は荒いかしら…」
そう断りを入れ、戦闘ログの再生を始める。



 ザー ザザー


至る所から黒煙が上がる戦場の光景。

カメラの中央に捉えられた1機の敵影。
MS-08TX・イフリート。

一箇所を除き漆黒のカラーリングの施されたそれは、エースパイロットのパーソナルカラーに他ならない。
ただ一箇所…肩だけが赤く塗られ…そこに黒い翼のエンブレムが描かれていた…。

イフリートのパイロットから、音声のみの通信が入る。
『ふふふ…あなたも…EXAMに選ばれたのぉ…?』
『EXAM…?何ですそれは?そんなの知らねぇです!』
『…なぁんにも知らないのねぇ…つまんなぁい。だったら…早く逝っちゃいなさぁい!』

黒いイフリートが尋常ではない速さで間合いを詰めてくる――!

『その羽むしって、フライドチキンにしてやるですよ!』
頭部バルカンと120mmマシンガンで牽制を放つも――その弾丸が黒いイフリートを捉える事は無い――
『なぁ!? ちょこまかと逃げるなです!』
ビームサーベルを抜き放ち、一気にバーニアを吹かす――
ヒートサーベルとビームサーベル、二本の光の刃が衝突し空間に稲妻が弾ける――!

『くっ!? やるやるぅ…面白くなってきたわぁ…!』
イフリートのパイロットが馬鹿にしたような猫なで声を上げ――
片手に握ったMS用ショットガンの引き金を引く――

だが翠星石は、通常では考えられない速度と反応で跳び――至近距離から放たれた散弾を全て回避した!

---

「す…すごいかしら…まるで噂に聞くニュータイプ同士の戦いみたいかしら…!」
モニターを眺める金糸雀が、驚きの声を上げる。
「…私には…こんな操縦できないですよ…」
「?? でも、動かしてるのは翠星石かしら?」
食い入るようにモニターを睨む翠星石の横顔に…金糸雀はそれ以上言葉を紡ぐ事はできなかった…。

---
 
『ふふふ…ごめんなさいねぇ…訂正するわぁ…流石はEXAMに…蒼星石に選ばれただけの事はあるわねぇ…』
『さっきから…何を訳の分からない事を言ってやがるですか!』
弾きあう二本の光の刃を再び交差させながら、何度も切り結ぶ――

『こっちは片付いたのー!翠星石!今から応援にいくの!』
突然、雛苺から通信が入ってきた。
『な!このおバカ苺!危ないから来るなです!』
『でも、翠星石一人に無茶はさせられないのよ!』

(マズイですぅ…チビ苺が来ても…こいつの前では良い的になるだけです…)
漆黒のイフリートを睨みながら、操縦桿を握る手に力を込める。
『だったら…チビチビが来る前に決着をつけるです!』

『ふふふ…そぉねぇ。あなたが死んで…それで決着ねぇ!!』
イフリートが両手にヒートサーベルを構え、距離を詰めてくる――

ビームサーベルを抜き放ち、再び刃が空中でぶつかる――
『派手に…ぶっ飛びやがれですぅ!!』
叫びながら操縦桿を握り――至近距離から胸部ミサイルをイフリートに向ける――
『ちぃッ!?』
イフリートはもう片手に握ったヒートサーベルを振り下ろしながらバーニアで飛び――

光の刃がブルーディステニーの頭部を刎ね――
ミサイルがイフリートのバーニアに当り、大きな爆発が起こった――


 ザザー ザー ザザ

 
「これで全部かしら」
金糸雀はそう言うと、そそくさとディスプレイを閉じた。
「ぅう~軍規違反はしたくなかったのに…お給料が…みっちゃんへの仕送りが…」
ちょっと涙目になりながら、ゴソゴソと荷物をしまう。

「…無茶言って、すまんかったですね…」
翠星石が小さな声で呟く。
「…翠星石が素直に謝るなんて…明日は大雪かしら~!」
「! な…何言ってやがるですか!人がちょっと気を利かせたからって、調子に乗るなです!」
「い…痛いかしらァァア!」
翠星石は思いっきり金糸雀の頭をグリグリとして…
金糸雀は涙目になりながらも、いつもの調子に戻った翠星石にちょっとだけ安心した。

ひとしきり金糸雀で遊び…翠星石は自室のドアから外に出て行った。
「? どこに行くのかしら?」
翠星石は振り返り、微笑を返す。
「な~に、ちょっとしたヤボ用、ってやつですよ。チビカナは適当に帰りやがれですぅ」
ドアが閉まる音で、一人部屋に残された金糸雀は思う。

失礼な事ではあるが…翠星石の優しい微笑み…あまりにも珍しすぎる…

頭を振り、必死に嫌な予感を払いのけた。


 
※---連邦軍駐屯地・研究棟地区---※

槐が机に向かって報告書に目を通す。
すると、小さな音を立てて背後の扉が開いた。

槐はその相手の姿を確認すると…再び机の報告書に向き直る。
「ブルーが大破したそうだが…まあ、相手がアレでは仕方あるまい…。…で…何をしに―――」
「うりゃぁぁぁぁ!!」
翠星石は、思いっきり!槐の背中に飛び蹴りをかました!
「ぐぅ!?」
槐が椅子から転げ落ち…翠星石はその胸倉をグイと掴んで上体を起こし上げる。

「…教えるです…EXAMとは…蒼星石とは何の事ですか!?」
「……」
「…だんまりですか…こちとら、軍法会議も覚悟の上なんですよ…」
翠星石は槐を突き飛ばし、その胸板に銃口を当てる。

「ふ…流石、問題児を集めた『モルモット部隊』だけの事はあるな」
槐は口の端に笑みを浮かべる。
「…『モルモット部隊』だからです。
…そんな部隊だったからこそ、命を賭けるMSに変なもの仕掛けられるのは我慢できないですよ…」

槐は暫く黙り込む。
そして…
「いいだろう…君は『彼女』に選ばれたんだ。知る権利位は有るのかもしれないな…」
立ち上がり、服の埃を払う。
「ついてきなさい。君にEXAMを見せよう」

 
※---研究棟地区・廊下---※

翠星石は槐と一定の距離を保ったままその後に続く。

廊下を歩きながら…振り向きもせずに槐が喋りだした。

「昔、ある所に一人の天才がいてね。彼は究極のMSを創ろうとしたんだ。
でも…どんなMSでも、乗り手が人間である以上、機械との誤差…微妙なタイムラグが発生する。
それを覆せるのは…ニュータイプと呼ばれる人類だけ…」

コツコツと鳴る靴の音が重なる。

「そのニュータイプも、ほとんど確認されてないし、理論だって未完成だ。
結局、人間の限界という理由で究極のMSを創る計画は頓挫した。…かに見えた。
だけど、その天才はこう考えたんだ。『だったら、MSにニュータイプの能力を付加させれば良い』ってね」

槐はとある一室の前で立ち止まった。

「その天才の娘には、ニュータイプの素質が有った。
愛する父の為、その娘は自ら実験台となり…そしてEXAMが完成した…」

ドアが開き、槐が室内に視線を向ける。

「紹介しよう。彼女が蒼星石。そして…EXAMだ」

翠星石は握っていた銃を落とし、目の前の光景に言葉を失う…。

そこには…

体の至る所をコードと機械に繋がれ…ベッドの上で眠る一人の少女の姿

※---研究棟・一室---※

「こ…これは…」
ベッドの上に横たわる蒼星石を見つめる。

僅かではあるが、その胸は呼吸に上下している…
「! 生きてるです!」
振り返り、槐の胸倉を掴む。
「こんな酷いことしてねぇで、蒼星石を自由にするです!」

壁に押し当てられた槐は…視線をそらしながら答える。
「勘違いしないでほしい…。これらの機械は…ただの生命維持装置だ…」
「そんなわけあるかです!だったら何で、蒼星石は起きないんですか!」

「彼女の心は迷子になってしまったんだ…」
「どういう事ですか!分かるように説明しやがれです!」
「彼女の精神は…EXAMに囚われ…そして…EXAMが在る限り…目覚める事は、無い…」

「ブルーディステニーは…EXAMは壊れたんですよ!?」
「…いいや…まだだ…あと…2つ残っている…」
「!!」

翠星石は掴んだ襟首を離し…床に落ちていた拳銃を拾い、銃口を槐に向ける。
「…案内するです。そんな…人の心を利用した兵器なんか…全部叩き壊してやるです!」
 

槐は翠星石と蒼星石の姿に等しく視線を送り…
「…いいだろう。EXAMに選ばれた君がそれを選ぶという事は…
きっと彼女もそう願っているという事なんだろうからな…」
そう言うと再び、廊下を先へ進んで行った。

「蒼星石…今…起こしてやるですよ…」
ベッドに横たわる少女に声をかける。

暫く眠る少女の髪を撫でていたが…やがて槐を追いかけ、廊下に消えていった…








※---連邦軍施設内---※

槐に続いて廊下を進んでいると…

突然!轟音と共に建物全体が揺れた――!
蜂の巣をつついたように鳴り響く警報――!

『施設内ニ侵入者アリ 総員第一種戦闘配置 侵入者ハ第四格納庫方面ヘ逃走中 繰リ返ス…』
 

「…第四格納庫ですか?…けっこう近いですねぇ…まぁ多分、大丈夫ですぅ」
他人事のように暢気な口調でそう答え、立ち止まっている槐の背中を銃の先でつつく。
「そんな事より、さっさと進むですぅ。…って、どうしたですか?青い顔して…。
大丈夫ですよ、いざとなったら翠星石が格安で助けてやるですぅ!」

「ち…違うんだ…第四格納庫には……」

槐の言葉を最後まで聞く前に、翠星石は走り出していた――


決して翠星石の足は遅い方ではなかったが…
それでも、まだ格納庫に届かない足がやけにもどかしい…

そして…

格納庫に辿り着いたとき見えたのは…

ロールアウト直後の、機体へのペインティングが施されてない機体…
それがゆっくりと起動していく様だった…

「なぁ!?何してやがるですか!!返しやがれですぅ!!」
叫びながら、その前に立ちふさがる。

(…あ。見つかっちまったですぅ…!)
とりあえず、反省は心の中にしまっといて、拳銃を向けるも…MS相手では威しにすらならない…。
(勢いで飛び出して…とんでもないピンチですぅ…)
泣きたい気分になってきた。
 

すると、それは何の奇跡か…
MSのハッチがゆっくり持ち上がっていった!

「(お?おお??)大人しく投降するです!」
よく分からない状況だったが…投降を勧告してみる。

だが…返ってきた答えは…

「ふふふ…その声…聞き覚えがあるわぁ…」

「その声は!黒いイフリート野郎ですね!!」
「ビンゴぉ…水銀燈よぉ…覚えておいてねぇ…」
「お断りです!蒼星石を返しやがれです!」

「嫌よぉ…だってコレ…こぉんなに素敵なんですもの…」
そう言い水銀燈はハッチを再び閉じる――
「!! 待ちやがれです!」
そい叫びながら引き金を引くも…MSに唯の拳銃では何の効果も与えられない…

ジタバタと暴れる翠星石を他所に、水銀燈はバーニアを吹かし――
外部スピーカーのスイッチをひねる。
『ふふふ…貰っちゃった~貰っちゃった~』
嫌みったらしく、歌うようにそう言い…
『じゃぁねぇ…お・ば・か・さん』

その言葉を最後に、格納庫の壁を破り宙へと消えていった…――



 

※---翠星石私室---※

翠星石は一人、照明もつけずにベッドの上でうつ伏せになっていた。

…あれから二週間。
上官を殴り、銃を向け、さらには機密であるMSの破壊を企てた。
それらの件で軍法会議にかけられ…処遇が決まるまで、自室に軟禁されている、という訳だった。

内容が内容だけに、銃殺刑は免れないだろう。
(でも…そんな事より…)
思い出すのは、ベッドの上で機械に囲まれ目覚めの無い眠りに付く蒼星石の姿。
(結局…私は…何も蒼星石にしてやれなかったです…)

ごろんと寝返りを打ち、天井を眺める。




ノックも無くドアが小さな音と共に開き――
二週間ぶりに見る他人の顔…金糸雀が入ってきた。
「…格納庫に来るかしら…」
だが、それだけ告げると、そそくさとその場から立ち去ってしまった。
(チビカナも…辛い立場なんです…)
自分に言い聞かせる。
廊下に立っていた番兵に左右を固められながら、格納庫に向かう。

「MS乗りならせめてMSの前で死ね、ですか…?粋な計らいですぅ…」
皮肉を言ってみるも…番兵達は何のリアクションも返してこない。
(…つまんねぇ連中ですぅ…)
地面に敷かれたタイルを眺めながら、格納庫に向かった…

※---格納庫---※

格納庫の一角。

そこには銃を構えた処刑人などはおらず…
雛苺と金糸雀。そして、槐が立っていた。
槐の顔は…前に会った時が嘘のように、頬がこけている。

「…全く…君の弁護は二度としないと心に誓ったよ…」
そう言い、ニヤリと笑みを向けてきた。
「EXAMを倒せるのはニュータイプかEXAMだけ。だが、我々にEXAMを使いこなす事はできない。
素質の有るパイロットは一人でも多い方が良い。散々そう言って、何とか説得できたよ」

そして…そこから急に真面目な表情、上官の顔になり、伝えてくる。

「ジオンは地球から撤退し、その活動を宇宙に絞ってきた。よって我々も宇宙を目指す」
そして真っ直ぐ、翠星石の目を見る。
「翠星石少尉。君には二つの選択肢がある。
階級を剥奪され、軍を離れるか…再びEXAMのテストパイロットとして残るか…」

そう言う槐の後ろには…
今や連邦軍の力の象徴、ガンダムを模した機体。RX-79BD3・ブルーディステニー3号機…
 
翠星石はその機体を眺めながら考える。
(…水銀燈に奪われたEXAMを破壊しないと、蒼星石が目覚める事は無いです…
そして…それが出来るのはこの機体だけです…だったら…)
「…考えるまでもないです」

そう言い、BD3号機に近づく。

機体にそっと触れる。
(待ってるですよ…蒼星石…)

振り向くと、金糸雀と雛苺が満面の笑みで迎えてくれる。
「…とりあえず、この子を目も醒めるような蒼に塗りなおすですぅ!」








                  ~薔薇乙女で一年戦争~
                 ―― 蒼を受け継ぐ者 ――

|