※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

301

巴「男の子って、どうして気が多いのかな……」
ジ「なんだよ急に」
巴「一度に何人もの女の子好きになったりするんでしょう?不公平だと思う」
ジ「女だって同じだろ?」
巴「そんなこと……少なくとも、私は違うよ」
ジ「どーだか」
巴「本当なのに。……それにしても、否定しないってことは、桜田くんはやっぱり気が多いんだ」
ジ「……別に、そうは言ってないだろ」
巴「言ってるも同然。……心配。真紅に翠星石、水銀燈に薔薇水晶……」
ジ「なにがいいたいんだよ」
巴「……誘惑の元を断つのが、一番てっとりばやい解決方法かもね」
ジ「……?」
巴「これ、あげる」
ジ「……小さな柏葉……これ、人形か?よくできてるな……」
巴「その名もトモエボンバー……」
ジ「トモエボンバー!?」
巴「桜田くんに近づく女の子に向かって大爆発を起こします」
ジ「兵器かよ!っていうか僕の近くの女の子を感知する能力なんてあるのか……すごいな……」
巴「現代科学はまだそこまで進んでいないわ。人間の目で確かめて、その後目標に向かって直接ぶつけるの」
ジ「テラアナログwwwwwwじゃあこれただの爆弾じゃないかwwww誰がぶつけるんだよwww」
巴「私」
ジ「柏葉!?」
巴「私がずっと桜田くんを見ていたら、いつ誰が桜田くんのそばにいるか常にわかるでしょう」
ジ「お前なぁ……24時間ずーっと僕を見てるのか?」
巴「うん」
ジ「はぁ…無理に決まってるだろそんなこと……」
巴「いつも通りだけど…」
ジ「……は?」
巴「……?ああ、そう…。気づいてなかったんだ…フフ……」
ジ「え…ちょっと…ほんとに?いや、笑ってないでさ、なぁ、いままでどうだったの?おい、柏葉ぁっ!」

 



302

ジ「雛苺、ものは相談なんだけどさ……」
雛「うゅ?」
ジ「柏葉がさ…最近、いつのまにかうちのことをやりだして…」
雛「それがどうして問題なの?」
ジ「なんだか、家に馴染んでるんだよ……姉ちゃんとも仲良くなってるし…」
雛「で?」
ジ「いやさ……怖いんだよ……このままじゃ、気づかないうちに既成事実化してしまいそうで…」
雛「既成事実化って、何が?」
ジ「なにがっていうか……柏葉がそうしていることに、違和感を感じなくなるっていうか…
  それが自然になっちゃうというか……」
雛「ふぅん……それなら、やらなくていいよって言えば済む話だと思うの」
ジ「…あ、そうか」
雛「当たり前と感じるようになったらおしまいなのよ」
ジ「そうだな、次からはっきり言うよ。柏葉家事してるのを見て、何も感じなくなる前に……」
巴「……あ、いた…桜田くん、そろそろお風呂入る?」
ジ「ん?お、もうそんな時間か…入ろうかな」
巴「わかった、じゃあわかしてくるね。わいたら呼ぶから」スタスタ
ジ「うん、ありがと」
雛「……」
ジ「……雛苺?なんだよ、変な顔して……」

 



303

ジ「よぅ雛苺」
雛「ジュンおはようなのー。……あれ?トモエは?」
ジ「いやさ、柏葉についに言ったんだよ、最近ちょっとやりすぎじゃないか、って」
雛「うん」
ジ「そんなことないって柏葉は言うんだけど、いや、限度を超えてるってはっきり言ったんだ」
雛「それで、トモエは?」
ジ「しばらく押し黙ったあとに、ぽっつり、”私って、迷惑?”って漏らしたよ」
雛「なんて言ったの?」
ジ「それがなんか、見てて辛くなるくらい悲しそうに言うものだから、僕もくちごもっちゃって…」
雛「そこは否定しないと、肯定といっしょなのよ」
ジ「そうしたら、柏葉は”そう……わかった”って言って、どこかに行ったんだけど、それっきりだよ」
雛「えぇ、それって…」
ジ「うん、少し僕も悪いことしたなって思った。悪気があったわけじゃないんだし…。
  そのうち機会があったら謝るよ。でも結果的に、久々に静かな時を一人で過ごせるから、
  ちょうどいいんだ。しばらくはこのままでいるつもりだよ」
雛「あーあ…ジュン終了のお知らせなの」
ジ「は?」
雛「たとえば歩いてるとき、目の前から自転車が来たら、すぐにぱっとよけられるけど、
  急に横路地から自転車がとびだしてきたりしたら…よけきれないでひかれちゃうかもしれないの!」
ジ「なにがいいたいんだ?」
雛「見える危険と見えない危険では、後者のほうが圧倒的に危ないのよ」

 



304

ちょっとした諍い(って程でもないけど)で柏葉がいなくなってから、もうずいぶんたつ。
寂しい?…そんなことはないね。これが普通なんだ。
幼馴染といつもいっしょにいるなんて、そっちの方がおかしいんだよ。
……なぁ、よかったら、少し僕の話を聞いてくれないか?
…たいしたことじゃないよ。ちょっとした悩み相談みたいなもので…聞いてくれるだけでいいんだ。
いまは、聞いてくれるやつもいないから…。姉ちゃんはボケだしさ。
…うん、ありがとう。悩みっていうのはさ、気にしすぎなだけなのかもしれないけど…

・朝、寝る前に閉めたはずの部屋の鍵が、何故か開いていることがある。
・明らかに自分のではない、少し長めの黒髪が部屋に落ちている。
・姉がいないときでも、昼頃居間にいくとできたてのお昼ごはんがある。
・置いてあるお茶を飲むと睡魔が襲ってきて、しばらく記憶がなくなる。
・部屋から出て、しばらくして戻ってくると、中のものになにか動かされた形跡がある。
・部屋の中が定期的に整理されている。
・特にエロ本置き場とDVD置き場は念入りに整頓されている。
・しかも時々増えている。
・パソコンをしていると、背後に人気を感じて振り向くが、誰もいない。
・ブラウザの履歴を調べると、見た事のないサイトにたくさん足跡がある。
・ハードディスクには身に覚えのないファイルがある。
・お風呂に入って洗面所に戻ると、脱いだ服が既に片付けられている。
・夜眠ろうと布団に入ると、布団が妙にぬくい。

 



305

雛「ジュン~、お庭でなにしてるの?」
ジ「よぅ、雛苺。や、春だなぁと思ってさ」
雛「うぃ~、すっかりあったかくなってきたのぉ……ってあれ?トモエはまだいないの?」
ジ「……いないというか、なんというか…まぁ、姿は見せてないな……」
雛「相変わらずなのね…はやく仲直りしなきゃ、いろんな意味でだめなのよ?」
ジ「……んなこといったって……あ、そうだ、雛苺、ほら」
雛「うゅ?あ…わーい!クッキーなのー!」
ジ「今日はホワイトデーだからな」
雛「……わ、しかもこれ、手作りなのね!」
ジ「あー…まぁ……あんまりそういうのは得意じゃないけど…姉ちゃんに教えてもらったから…
  味は多分、まぁまぁだと思うけど……まずかったらごめん」
雛「サクッ、ううん、すっごくおいしいのよ、ジュン、ありがとうなの」
ジ「た、たいしたことないよ…。……それにしても、残念だな、柏葉にも渡したかったけれど、いないんじゃな……」

ガサ……ガサ……

ジ・雛「……」
雛「ジュンの手作りクッキーが食べられないなんて、トモエ可哀想なの」

ガサガサ……ガサガサ……

ジ・雛「……」
ジ「……仕方ないから、柏葉にあげようと思っていたこの袋に入ったクッキーも、雛苺にやるよ」
雛「それじゃヒナがもら……『ビュンッ!』キャッ!」
ジ「うわっ、な、なんだ!?今なにかが見え……あれ…クッキーが……ない!?」
雛「……一瞬の出来事だったの……」

 



306

ジ「おーい、柏葉ぁ……反応なしか。でも、多分近くにいるんだろうけど…。
  いいや、今日はもう寝よう……あれ?これは…」

ジュンは『ちょっと背伸びパンツ』を手に入れた!

ジ「……柏葉、いるんだろう?」
巴「……はい」
ジ「これはいったい」
巴「……わかってるくせに……」
ジ「ベッドの上においといて、なんのつもりだよ」
巴「仲直りの印に、ご自由にお使いください」
ジ「なにに」
巴「いろいろ」
ジ「とにかく……これはだめだ」
巴「そんな…それ、とっておきなのに…」
ジ「柏葉、お前は何もわかってない。表面的なデザインなんて飾りだ、問題は魂、ソウルが感じられるかなんだよ。
  しかるにだな、この清潔感はなんだ?洗剤の香りすら漂い洗い立て感全開じゃないか!
  いいか、よく覚えておけ、使用済みでない下着は…ただの布だ!!布なんだ!!!」
巴「え…あ、はい……」
ジ「もらえるものはもらっておくけれど、次からは気をつけるように」
巴「はい、すみませ…ん…?」

 



307

ジ「さて、寝るかな……ん?これは……」

ジュンは『ちょっとほんのりパンツ』を手に入れた!

アクセサリ:ちょっとほんのりパンツ
至って飾り気のない普通の女物の下着だぞ。
何故かほんのりあたたかいのは……。
装備すると精神+5。
頭に装備することも可能で、精神力が大幅に上がるが何か大切なものを失う。
呪われている。

ジ「これは……なぜベッドの上にこんなものが……」
巴「桜田くん……」
ジ「か、柏葉……まさかお前……」
巴「すごく…恥ずかしかった……けど、前に桜田くんがいってたことを考えて……私……」
ジ「柏葉……すごく、ソウルを、感じるよ……」
巴「桜田くんっ!」
ジ「柏葉っ!」


雛「わーい、これは好感度アップ間違いなしの、ラブラブ甘々イベントなのー」
蒼「そうかなぁ…」

 



308

ジ「だんだん暖かくなってきたな」
巴「人形だと体感温度ってよくわからないんだけど、そうなんだ」
翠「ほんとですよ、この時期はなにを着て行けばいいのかわからないですぅ」
巴「……で、そんな妙に気合の入った服を着てきたと」
翠「なぁ!?だだ、誰が気合なんて入れて…」
巴「アピールもたいへんだね」
翠「そ、そんなんじゃ……ただその……」
ジ「……いや、気持ちはわかるよ。春だしさ」
巴「おしゃれしたくなる?」
ジ「うん……僕だってそうだよ」
巴「そう…」
翠「たしかに、いつになく気取ったかっこしてるですね…」
ジ「フフン」
巴「なにも家の中で気合い入れなくても」
ジ「バカだな、外出しないんだから、家でオシャレしなかったらどこでやるんだよ」
巴「外出ようよ」

 



309

巴「春分の日だね」
ジ「うん、これから日はどんどん長くなるな」
巴「つまり、夜が短くなるってことね」
ジ「そうだな」
巴「残念かも…」
ジ「え、なんでだ?柏葉って朝型だろ?」
巴「うん…でもね、だからこそ、夜は私の時間なの。性的な意味で」
ジ「おい」
巴「だから、これからは桜田くんのことを考える時間が短くなるかもしれないの。ごめんね…」
ジ「いったい僕のなにを考えてるんだよ!」
巴「そんなこと…言えるわけないじゃない、桜田くんのえっち…」
ジ「僕が!?いい加減にしろよおまえ」
巴「でも、桜田くんも残念だよね」
ジ「はぁ?」
巴「だって、夜は桜田くんの時間でもあるでしょう。性的な意味で」
ジ「な…!バカにするなよ、柏葉といっしょにしないでくれ!」
巴「え…違うの?」
ジ「僕は朝昼晩いつでもOKだ!」
巴「さすがですね」

 



310

巴「ゴソゴソ……あれ、こんなところに桜田くんのDVD……」
ジ「あ、それどこいったのかと思ってたら、そんなとこにあったのか」
巴「こんな本棚の置くに…映画DVDみせかけて実は…」
ジ「や…ちが…!それは普通のDVDだ!」
巴「いまさら照れなくてもいいよ」
ジ「違うってば!」
巴「ふふ、じゃあこれ、今すぐ再生しちゃうけど?」
ジ「勝手にしろ!」
巴「もう…強情だね。安心して、そんなひどいことしないから…」
ジ「え…いや、見ろよ。ちゃんと見ろよ。ほんとに普通だから」
巴「はいはい、そんなに必死にならなくても、そんなことで私怒らないよ」
ジ「や…だからこれは…おい!見ろって!見ろってば!ほら再生するから!!」
巴「ふふ、桜田くんも男の子だから…仕方ないよね。じゃあね、桜田くん」スタスタ
ジ「な…あああもう見ろよ!頼むから!!そういうの一番腹立つんだって!!おい待て、か、柏葉ーッ!」

雛「トモエ…」
巴「あ、雛苺。いまの私どうだった?理解のよさと包容力を見せてポイントアップかな?」
雛「うぅー……」

 



戻る

|