※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

******

ポッケ村に、静かに夕日が落ちようとしている。
蒼天石の下で焚き火に当たるオババは、ほんの少し焚き火に当たる角度を変えようとして身じろぐ。
その時、オババは見た。
村の西側から入村してきた、4人の人影を。
それは紛うことなく、ドスギアノス二頭の狩りを引き受けた、少年と少女たち。
包帯を巻かれ応急処置されたトモエの胸と肩は、固まった血の色で染め上げられている。
微笑む雛苺が手を振るのに合わせて、血で汚れたハンマーが背で揺れる。
ジュンが不平と苦痛の両方を湛えて顔を歪めるその背では、ドスギアノスの体の一部だったものがずだ袋から溢れる。
そして真紅はその右手に、自身らがハンター見習いを卒業した証を、高々と掲げオババに見せ付けている。
ドスギアノスの首二つ。
一つはトモエの『鉄刀』で両断された、その右半分。
もう一つは、雛苺が致命打を与えたドスギアノスの、比較的原型を留めたもの。
「ほう……上手い事やってのけたようだね」
オババは、ドスギアノスの首を掲げる真紅を見て、思わず目を細めた。
ハンター達が狩猟を成功させた証は、このようにしてモンスターの体の一部を依頼主に見せることで成される。
その体の一部の中で最も信頼性の高いものは、無論そのモンスターの首級。
その首を切断できれば、モンスターの死を最も確実に知らしめることが出来るためだ。
「これでどうかしら、オババ様?」
真紅は、オババの目前に誇らしげにドスギアノスの首級を突き出し、その一言を待つ。
「ったく……今回ドスギアノスを倒したのはお前じゃなくて雛苺とトモエだろ」
ジュンはあの後解体され、鱗の束や皮、爪などに分かたれた二頭分の素材をどっかと地面に置く。
「えへへ……ヒナもいっぱい頑張ったの!」
雛苺の満面の笑みは、やはり彼女がまだ幼い少女であることを可愛らしく証明していた。
「雛苺、本当にあなたは頑張ったわ。いい子ね」
しばらくはこれ以降療養が必要であろうが、トモエはこの体に残る傷の痛みに、ある種の誇らしささえ覚える。
確かに、一同は決して無傷ではない。
それでも、こうして4人は生きて、次の狩りにも問題なく出られるほどの傷だけで生き延びたのだ。
これを、大勝利と呼ばずして果たして何と呼ぶのか。
オババは、行きがけにもやったのと同様に、一同の顔を眺め回す。
彼らの顔に疲労の色は濃い。
彼らの狩りは、決して楽なものではなかっただろう。
それでも、彼らの顔には疲労や恐怖を上回るほどの、強い思いが浮かび上がる。
勝利の喜び。生き延びた喜び。
たとえ手落ちはあろうとも、それを補って余りある団結の力で、彼らはこれを勝ち取ったのだ。
この後彼らは素材を分配し、武具の手入れをし、狩りの反省を行いながら、祝杯を挙げることになるだろう。
オババは確信して、一同にこう言った。
「確かに。この依頼、達成を確認したよ」
4人分の歓声が、夕闇迫るポッケ村に響いた。

 

******

 

第二話「白闇」へ

|