※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ザワザワ
「えーマジキモイんですけどー」「ちょwwwおまwww」
  ザワザワ
「男なのにお姫様のドレスのデザインってww」「桜田君ってちょっとキモイ趣味してるよね…」

女子達が僕をバカにする声が何所からともなく聞こえる…

…分かってる…これは幻聴だ…
分かってる…
けど…
気分が悪い…


「…ジュン君…?」

蒼星石の声で我に返る。

…僕は…一体…

そう思い、駅前に備え付けられた時計を見る。
どうやら…ほんの一瞬だけ、ボーっとなっていただけみたいだ。

オーケェー…落ち着け僕…こんな時こそ、クールな判断をだな…
そう…クールな判断を…
クールな…

……
――――zzz…
…!?
目覚めよ僕!目覚めよ桜田ジュン!! 

軽いパニックになりながらも、平静を装い蒼星石に声をかける。
「え…いや…その…あれだよ…いつもと服装が全然違うからさ…だから…その…あれだ…」

オーケー、オーケー。いつも通り、ごく自然な会話だ。
実にフランクな、イタリア人も真っ青な位にスムーズに言葉を紡げてるね。

そんな僕の思いを他所に、蒼星石は少し恥ずかしそうにスカートを弄る。
「…いっつも学校では花壇さわるからズボン穿いてるし…やっぱり…似合わないかな…?」

…いや、マジで冷静になろう。

とりあえず…彼…いや、彼女か。蒼星石は女の子だった。
確かに、男が花壇って珍しいとは思ってたけどねー
いや!そんな事より!
この窮地をどうするか!?
頭の中で緊急会議が開催される。

――素直に、ちゃぁんと言ってあげなさいよぉ。
――そんな事したら、蒼星石が傷つくだけなのだわ!
――ここで問題が起これば、後で翠星石、ひいては他の女子が黙ってないかしら!?
――うにゅー
――……とりあえず…頑張ろう…
――貴方なら…大丈夫ですわ

よし!…ここは無難に行こう!それがベスト!それが最も日本人的発想!

「い…いや…その…少し驚いたけど…その…に…似合ってると…思う…よ…」

何とか搾り出すように、そう答える事が出来た。

…偉いぞ僕!確実に過去のトラウマを踏み越えつつある証拠だ!

「ホント?…ふふ…そう言ってもらえると嬉しいな」
蒼星石はキラッキラの笑顔でそう言い、楽しそうに続ける。
「映画までまだ時間有るし、ちょっとお茶でも飲もうよ!」

「ハヒィ!?」
「え?」
「!…いや、ウン!そうしようか!」
咄嗟に出た裏声を、何とか誤魔化す。
やっぱり全然トラウマ消えてねーじゃん僕。

いや、頼むから誤魔化せててくれ…。

とりあえず…二人で映画館の近くにあった喫茶店「Alice」に入る事にした。

…アリスっていっても、低い声で『You are king of kings』なんて呟く歌が流れてたりはしない。
でも…僕もただの男に帰りたいです…
女性恐怖症なんて無い、ただの男に…ライラライラライラライラライ…♪

ハッ!?…僕は一体何を考えてたんだ!?
これは明らかに世代が違うじゃないか!

「僕は紅茶とケーキを。…ジュン君は?」
蒼星石の声で我に返る。
「え!そうだな!僕は……紅茶を」
とりあえず、まとまらない思考回路を必死に働かせて、何とかその場を凌ぐ。

出てきた紅茶を飲みながら、蒼星石と他愛の無い会話をする。
 
「僕、小さい頃とかよく男の子に間違われて…
だからかな?特別な日以外は、あんまりスカートとか…恥ずかしくって…」
頬を少し赤く染め、節目がちにそう言う。
「だから…ジュン君が似合ってる、って言ってくれて…すごく嬉しかったんだ…」

なるほど!つまり、最初の僕の選択は正しかった!そういう事か!
そして…この陣形…これは…
これはそう…まるで『デート』みたいじゃないか!!
だとしたら!
何故、三択の選択肢が何所にも出てこないんだ!?
『本当のデートは三択じゃないらしい…』たしかそんな噂を聞いたことはあるが…
…それが本当なら…僕はどうしたら良いんだ!?

「…え…いや…でも…ほら!ホントによく似合ってるからさ!うん!いやホントに!」
…オーケー…いつも通りを心掛けるんだ…平常心だ…明鏡止水の心でだな…
宇宙だ…宇宙を感じるんだ…僕が世界で世界が僕なんだ…
いいぞ…いい感じだ…フフフ…
…時が…時が見える…!

「……?どうしたんだいジュン君?…ボーっとして」
蒼星石の一言で、僕は白昼夢から目覚める。
「ハ?…いや!その…ねぇ?」
「??」

そんな他愛の無い会話をする。
…いや…頼むから会話として成立しててくれ…。

「あ!…いや…ほら…そろそろ、アレだ…映画館にアレした方が…」
アレって何だ。あんまり指示語ばっかり使っていると、バカだと思われるぞ。
 
でも、そんなぎこちない会話でも、何とか蒼星石には通じたみたいだ。
「そうだね。そろそろ映画館に行っとこうか」



映画館のトイレの洗面台で、僕はバシャバシャと顔を洗う。

一人になると、さっきまでどれだけ自分が冷静さを欠いていたのかがよく分かる。
そして…
鏡を見ながら、心の中で呟く。

…大丈夫…大丈夫さ…
昨日まではあんなに仲良く話してたじゃないか…
今日はその…たまたまいつもと格好が違うだけで…蒼星石自信は何も変わってはいない…
だから…きっと大丈夫。

自分の顔をパンっと叩き、気合を入れる。
そしてトイレから戻り…蒼星石の姿を見た瞬間…
やっぱり、手の平から汗が滲み出てくる感覚。

蒼星石は…格好以外はいつもと何も変わってない。
いつもと違うのは…傍から見たら、僕なのだろう。

蒼星石の笑顔が、眩しく僕の心を抉る。
…今まで勘違いしていた自分。寄せていた信頼を一方的に穢した自分。
そんな自分自身が情けなくなり…
だが、心に刻まれた女性に対する恐怖心はそれ以上に強く…
結局僕は、どこか曖昧な会話と、意味も無く泳ぐ視線でしか蒼星石に応えられなかった。
 
映画が上映されてる間も…
僕は不用意な接触を恐れて、手は常に膝の上。
そして…
何が怖いのか…
決して蒼星石の方を見る事は無かった。

映画も終わり、帰りの電車の中…
蒼星石は手すりにもたれかかり、しずかにまどろんでいる。

僕はその蒼星石を見て思う。

学校で会った時より…ずっとはしゃいでたから、きっと疲れたんだろうな…
僕も…今日はかなり頑張ったから…少し疲れたな…

うとうとと消え落ちそうな意識の中で…考える。

何で僕は…こんなに頑張ってたんだろう…?
きっと…
蒼星石に向けてた信頼が…蒼星石が女の子だからっていう理由で壊れるのが嫌だったんだ…
…やっぱり女の人は苦手だけど…
僕は男とか女とかじゃなくて…きっと同じ人間として蒼星石が………

――――

いつの間にか溶けるように消えていた意識が、駅に到着したアナウンスで覚醒する。

「ジュン君…着いたよ?起きて…」
いつの間にか目を覚ましていた蒼星石が、僕にそう声をかける。

どうやら僕は、蒼星石より早く起きる事のできない星の下にあるようだ。 

二人で電車から降り、夕日に照らされた街を並んで歩く。

不意に蒼星石が呟くように…消え入りそうな声で告げてくる。
「…やっぱり…僕と一緒でも、楽しくなんてないよね…」
「え…?」
突然の内容に…何も気の利いた答えが返せず、僕はただその場に立ち止まった。

「だってジュン君…何だか今日一日、すごく無理してた感じだし…やっぱり…僕と居ても…」
蒼星石が今にも泣き出しそうな声でそう言ってくる。

その言葉は…その声は、僕の心を茨のように締め付けてくる。
――違う――
そう伝えたいが…その言葉が出てこない。

まるで心臓が飛び出して別の何かになったかのような…
体中の血が全て逆流したかのような…
そんな感覚が全身に広がる…。

僕は…精一杯の力を足に込め、地面を踏みしめ…
そして、力の限りを尽くして…やっと出た小さな声で答えた…。

「僕は…昔色々あって…女の人が苦手なんだ…。
苦手って言うより…怖い、って言った方が正確かな…」

蒼星石は、語る僕の表情の全てを読み取ろうとするように…真っ直ぐ僕に視線を向けてくる。

「最初僕は…蒼星石の事…男だと思ってたんだ…本当にごめん…
だから…その…女の子だって知って…どうすれば良いのか分からなくなったんだ…」 

僕は真っ直ぐこっちを見る蒼星石と視線を合わせる。
自分の心臓が早鐘のように激しく鳴る音が聞こえる。

「だけど…僕は…始まりは僕の勘違いだったけど…
蒼星石という人と会えた事を…その…大事にしたい…そう思ったんだ…」

そして広がる、暫くの沈黙…

蒼星石が僕に近づき…そして…

僕の頬を張る音が、夕焼けに照らされた街に小さく響いた。

蒼星石が目元に涙を溜め…
それでも精一杯に悪戯っぽく微笑んでみせる。
「…ひどいなぁジュン君…でも…これでおあいこだよ…?」


「え…あ…うん…」
やっぱり僕は、こんな時には間抜けな答えしか返せない。
それでも…
僕はこの日…初めて心から蒼星石の顔をちゃんと見れた気がした。

いつの間にか夕日も、そのほとんどが地平線に消えかけている。

僕らは並んで…家路に着く。

こんな時…どうすれば良いんだろう…
考えるが、答えは見つからない。

考えて分からないなら…素直に思ったまま行動する事にした。

隣を歩く蒼星石の手に、そっと自分の手を重ねてみる…。

なけなしの勇気を振り絞って…
でも、やっぱり体に染み付いたものの力は強く…咄嗟に僕はその手を放してしまった。

再び沈黙が広がり…
二人の靴の音だけが、まるで世界に存在する全てのように響く。

僕は…静かに、沈む夕日を眺めていた。

不意に、腕に違和感を感じる。

視線を自分の手に落とす。

それは…
僕の服の袖を掴む蒼星石の手。

心臓が痛い位にドキドキする。
手の平から蛇口をひねったみたいに汗が出てくる。
でも…
不思議と…気持ちが悪くはならない。

むしろ…落ち着かない気持ちと落ち着いた心。
そんなアンバランスな感じがして…何故だか心地良い。

僕は、僕の服の袖を掴む蒼星石と二人で…夕日の中を歩いて行った。

 





月日は流れ、季節は巡る






たまの休日。
僕はいつもよりゆっくりした時間に目を覚まし…
そしてリビングに行き、今日は家に誰も居ない事を思い出した。

遅めの朝食の後、窓から空を眺める。
良い天気だ…。

僕はふと思い立って、洗濯をする事にした。

庭に出て、洗濯物を干していく。

僕の服は…どれも袖の部分だけが、見事なまでに伸びきっている。

僕はそれを見て苦笑いをし…
そしてあれ以来、二人の合言葉のようになっているフレーズを口にする。


「髪の毛短いし、青いズボン穿いてるし、絶対、男だと思ってた…」

|