※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「この服をデザインしたのは…桜田ジュン君です!!」
壇上に立つ教師が、誇らしげな表情でそう言った。

ヒソヒソ…
「えー、マジでー」「キモーイ」
クスクス…
「ヘンタイみたいじゃーん」「コワーイ…キャハハ…」
女子の嘲笑うような声が聞こえる。

「う…あ…ぁ…」
僕は意味不明な言葉を呟き、その場に膝をつき…
「それ以上…僕に近寄るなァーーーーーーーッ!!」




「―――――――――!!」
自分の叫び声で目を覚ます。
そして…そこが見慣れた自分の部屋の、自分のベットの上である事を確認した。
「…中学での事、夢で見たのは…」
随分と久しぶりだな。
そう考えながら、モゾモゾと学校に行く準備をする。

僕が通うような、私服の学校は…服のチョイスが面倒だ。
同じ服でも良いんだが、流石にそれはかっこ悪い。
アレ?お前その服、週に四日位着てね?なんて言われたら目も当てられない。
まあ最も、誰も僕の服なんて見ちゃあいないだろうけどね…フフフフフ…
とりあえず、まあ大丈夫じゃね?と思える服に着替え、「行ってきます」と声をかけて部屋を出る。 

バカだなぁ。
居るじゃないか、そこに…
違うよ!フィギュアじゃないよ!れっきとしたアンティークドール、ってやつさ!
彼女達は素敵だ…
僕を蔑んだり、罵詈雑言を浴びせてきたり、スイーツ(笑)なんて言ったりしない。
僕の作ったドレスを嬉しそうに着てくれるし、常に優しい視線を僕に向けてくれる。
ぁぁ…ホント…素敵だよ…

「おはよう…桜田君…」
家から出ると、幼馴染の柏葉と偶然居合わせた。
「もうすぐ三年…そうなったら、受験だね…」
「受験か…柏葉はもう進路とか決まってるのか?」
そんな何気ない会話をしながら…僕は心の中で呟く。

…何で女子大は有るのに、男子大は無いんだ!?
いや、そんな極論でなくったって良い。発想の転換だ。
男子大が無いのなら…せめて男子率の高い理系に進めば良いんだ!
大丈夫。僕の成績なら、問題なく行ける!メイビー!多分きっと!

そうこうしてる内に、学校に着く。
「それじゃあ、またね…」
そう言い自分の教室に入っていく柏葉を見送り…その姿が消えたのを確認して、そっと自分の手を見る。
…汗でぐっしょり濡れている。
幼馴染の柏葉との短い会話でさえ、コレだ…。
僕は女性恐怖症です!なんてカミングアウトしようものなら、
弱肉強食のこの世界では格好の餌食になるのは見えている。
僕は決して背中を見せない殺し屋の気分で、自分の教室に入る。
 

誰かが部屋に居るのかって?
「よう!桜田!」
「ああ、おはようベジータ。今日も光ってるな(Mハゲが)」
「当然だろ!俺様を誰だと思ってやがる!」
「おはよう、桜田!」
「今日は遅刻してないんだな。笹塚」
「おはよう、桜田君」
「ア…ハイ、オハヨウ桑田サン」

オーケー、落ち着け僕。たかが級友との朝の挨拶じゃあないか。
視線を泳がせるな!挙動不審な男という印象を持たれたら、裏で何言われるか分かったもんじゃないぞ!
心の中で素数を数えるんだ!2…3…4……4は素数じゃない!落ち着け僕!

「そう言えば桜田君…進路希望の一時調査、もう出した?」
「エ…イヤ…アア、早メニ出シテオクヨ!」

…オーケェー…今の僕、最高にクール。
心の中の恐怖感を微塵も表に出さない、完璧な仕事をしてたね。

「それと、後ね…」
  キーンコーンカーンコーン
女子との会話から救ってくれたチャイムが、まるで福音のように心に響いた。
 



その日の授業が終わり、僕は疲弊しきった心を引き摺りながら家路につく…
だが…平穏の神はすでにこの世には居ない事を思い知った。

何で女子バレー部が校庭で練習を!?お前らの敷地は体育館の筈だろ!
…大丈夫。邪魔にならないように、端を通って校門まで進む。
何も難しいミッションじゃない。
僕なら出来る。それ位、訳無いさ…

そして足を一歩踏み出し…
裏門に向かった。

何も、あえて危険な事に及ぶ必要な無いじゃないか。そうだよ、裏門から帰ればいいだけの話じゃないか。
この桜田ジュン…まさに策士!…ククク…

校舎の裏を通り、出口に向かう。
その時…向かう先から何か騒がしい声が聞こえた。
何だろう?そう思いその方向を見ると…

花壇を荒らしている一匹の猫。
それを追い払おうと悪戦苦闘している一人の人物。

…確かに僕は、超の付く女性恐怖症のチキンハートの持ち主さ。
だけど、猫の一匹位、訳無いさ。 

それに…

猫を捕まえようと躍起になってる人物を見る。

短い髪。青いジーンズ姿。…それに、胸も無い。
あれは…間違いなく男子だ。
困っている男に手を差し延べず…何が漢か!

僕は気配を殺して花壇を荒らす不届きな猫に近づき…
素早い動きでその首根っこを捕まえた!

捕まった猫は暫くジタバタしていたが…
やがて諦めたのか疲れたのか、大人しくなった。
グッタリしている猫を、そっと塀の上に放す。
…今度僕の前に現れる時は…もっと俊敏になってる事だね…。

「ありがとう、助かったよ」
塀の上を颯爽と逃げる猫を見ていると、後ろから声をかけられた。
「ん?ああ…」
とりあえず、曖昧に返す。
「最近、花壇が荒らされて困ってたんだよ」
そう言い、荒れ果てた花壇を悲しそうな目で見つめる。

「とりあえず、ありがとう。…ええっと…?」
僕に視線を戻し、そう言い首をかしげる。
「ん、僕は1組の桜田ジュン」
「ありがとう、ジュン君。僕は4組の蒼星石っていうんだ」
そう言い、手を差し向けてくる。
 
…短い髪。青いズボン。一人称が僕。
つまり、男子だ。…つまり、敵ではない。味方だ!
という事は…今日からお前も友達だ!

僕は差し出された手をガシッと掴む。

夕日に照らされる、友情の握手。
夕日に赤く染まった、蒼星石の横顔。


こうして僕は…蒼星石と出会った。

|