※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

壁一面に広がる巨大な機械を見つめながら、白崎は呟く。
「Alice…この為に、全ては終わり…しかし…これによって再び全てが始まる…」

そして、誰にも聞きとれない程小さな声で囁く。
「まるで…昔の時代に紡がれた御伽噺のように…幻想的で、美しい、至高の存在…。
科学という名の神がその全てを奉げた…究極の装置…」

機械に施された『Alice』の刻印を撫でる白崎。その目には…異様な輝きが宿っていた…。

車椅子の男はその様子を気にするでも無く、窓の外を眺め続ける。

広がる光景は、灼熱の太陽に焼かれた大地。

…そして、その果てしない荒野のどこか。

人目を避けるように建てられた、一軒の屋敷。

太陽の光が届かない薄暗い玄関口で…睨みあう6つの瞳…





    13.その先に見えるもの




「全く…チビカナもこんなおチビに出し抜かれるようでは、まだまだですね」
翠星石がニヤリと不敵な笑みを浮かべたまま、雛苺を睨む。
そして鞄の中から小さな瓶を取り出し…それを金糸雀にヒョイと投げ渡した。
「ところがどっこい!この薬を飲めば!ひ弱な今までとはバイバイのオサラバですぅ~!!」

金糸雀は薬の入った瓶を見る。『トンでもノビ~ルZ』と書いてあるが…
中で揺れる液体は、どう見ても…警戒心を煽る、蛍光緑色をしている。

金糸雀は顔を引き攣らせながら…とりあえず、翠星石に聞いてみる事にした。
「…これを飲んだら…どうなるのかしら?」
翠星石がくるりと向き直り、楽しそうに謎の踊りを披露しながら答える。
「一瞬で身長がグングン伸びて、『まっするぼでー』が手に入るです!」
「……」
「ささ!チビカナ!ぐぐいっと飲んで、ビッグカナになるですよ!」

金糸雀の脳裏にちょっと…いや、激しく嫌な光景がよぎる。
                           ズシーン ズシーン 『カ~シ~ラァァァァ!!』
                       怪獣にしか見えない何かが、咆哮と共に世界を滅ぼす!
(お嫁に…行けなくなっちゃうかしら…)

金糸雀は無言で小瓶を指の隙間から地面に落とした。
グシャァと瓶の砕ける音が聞こえ、安心感が胸に広がる。
(乙女の危機は…脱したかしら!)
「ごめんなさいかしら落としちゃったかしら」
「な!?せっかくの秘密兵器が粉々ですぅ!」

ジタバタと騒ぐ翠星石を一旦置いといて、金糸雀は目の前に立つ雛苺を真っ直ぐに見やる。

翠星石もその空気を察してか…その表情からはいつのも陽気さが一瞬で影を潜めた。

「さて…冗談はこの位にして…何か策でもあるですか?」
雛苺に視線を向けたまま…小声で金糸雀に話しかける。

金糸雀も…雛苺に視線を向けたまま…小さく頷き…足を前に一歩踏み出した…。

「…雛苺……」
「カナリア…あなたとは…もっと違う出会い方がしたかったの…もっと違う出会い方なら…」
小さな、搾り出すような声で、雛苺はそう告げ…ほんの一瞬だけ、視線を伏せた。

その視線が再び金糸雀と交わった時には…雛苺の目から迷いは姿を消している…。

…深い沈黙が辺りを支配した。

(…雛苺…カナも…とても残念かしら…)
静かに、固唾を飲み込む。

空気が鉛のように重く感じる…

額に針を近づけたかのような緊張感が全身に広がる…


不意に雛苺が、その両手に小さな爆弾を掴む――
同時に翠星石が駆け寄り、金糸雀を抱えて物陰に飛ぶ――

轟音――


次の瞬間、二人が先程まで立っていた位置には、巻き起こる粉塵と抉れた床と壁。

「チビカナ!ぼさっとしてると怪我するですよ!」
翠星石がそう叫び、金糸雀の額をペシッと叩き、立ち上がろうとし…
その腕を金糸雀に掴まれた。

「翠星石…やっぱり、戦いは避けられないかしら…。それでも…
甘いと思うかもしれないけど…雛苺には…怪我をさせたくないかしら…」

すがるような目を向ける金糸雀に、翠星石は鋭い視線を返す。
「このおチビ!…全く、とんでもないアマちゃん発言ですぅ…!」
翠星石はわざとらしくため息をつき、金糸雀の頬をキュッと抓る。
そして…
翠星石は、自らの武器として調合した睡眠薬『スィドリーム』の瓶を鞄から取り出し、握り締める。

「別にてめぇの意見なんざ聞いちゃあいないですが…
これは、そーゆー戦いがたまたま私の得意な分野なだけですぅ…!」


―※―※―※―※―


「私が『スィドリーム』で攻撃するですから、チビカナはサポートを頼んだです!」
そう言うと同時に、物陰から翠星石が飛び出す。
「任せるかしら!」
金糸雀が叫び、デリンジャーの引き金を引く。

小さなパァンという銃声と共に――
――翠星石の足元に金糸雀の放った弾丸がメリ込む!

「……」
「……」
「てめぇチビカナ…私を殺す気ですか!?」
「ごごごごめんなさいかしら~!」

さっきまでいた物陰に再び飛び込んで、背後から来た爆風をやり過ごす。

「チビカナの銃の腕に期待した私がバカだったです!」
翠星石が金糸雀の頭をポカリと叩く。
そして…警戒しながら物陰から顔を出す。

雛苺の姿が見えない…。

…発破によって巻き起こった粉塵で、視界は良いとは言い難い。
抉れた床に、倒れた柱…四散する様々なオブジェ。
小柄な雛苺なら、十分に姿を隠せる…。

「…どこかに潜んでるみたいですが…まずいです…あのおチビを見失ったです…」

金糸雀もちょっとだけ顔を出して状況を確認し――考えを巡らせる。
 

――この状況…有利か不利か。
互いの位置を探りながら…見つからないように相手を見つける。
相手は一人、こちらは二人。
相手の爆弾は衝撃でも十分なダメージになる。
こちらの戦力は…残念ながら、期待できるのは翠星石だけ。
しかも、その『スィドリーム』も直撃でなければ効果は薄い。

「…この状況は…カナ達には不利かしら…」
そっと翠星石に囁く。
「だけど、二人でバラバラに行動して…相手を霍乱すれば…チャンスが見つかるかもしれないかしら…!」
小さく震える拳を、静かに握り締める。
「動き回るカナを狙って、雛苺が発破を投げた時に…翠星石が『スィドリーム』を叩き込む。
この作戦が…一番効果的かしら…」

「…チビカナ…オトリになるつもりですか」
翠星石が目を細めて詰め寄る。

「…大丈夫かしら。雛苺の腕力では、そんなに速く爆弾を投げられないかしら。
ドジさえしなければ…十分避けれるかしら!」

言い終わると同時に、金糸雀は物陰から飛び出す――
何所からとも無く爆弾が飛来し、背後から爆風が押し寄せ――

爆風に背中を押されるように、金糸雀は別の物陰に身を滑り込ませた。
「…危なかったかしら…でも…」
一人呟く。
「でも…カナの予想した通り…避けられない事は無いかしら…!」


―※―※―※―※―


物陰から顔だけを出し、雛苺を探す…

…恐らく、爆発に紛れながら移動を繰り返しているのだろう。
先程、爆弾が飛んできた元と思しき地点には、誰も居ない。

――ここは敵地…このまま雛苺のペースで進められると…ジリ貧は確実かしら…

先行している水銀燈の戦力は確かに大きいが…撃ち洩らしが居ないとは限らない。
もし、その連中がこちらに駆けつけてきたら…

――何とか…雛苺の位置を掴むしかないかしら…!

足元に飛び散る瓦礫に、ガラスや陶器の破片を集めて隠す。

――この程度の罠にかかるとは思えないけど…何も無いよりはマシかしら

すっと息を吸い込み…そして物陰から飛び出す。
同時に少し離れた物陰から雛苺が立ち上がり、爆弾を投げながら移動する――

閃光――
爆風――

倒れ込むように、瓦礫の隙間に身を滑り込ませる。

目と耳を凝らすも…やはり、雛苺の姿はすでに見当たらない…。
爆発に紛れて移動を繰り返してる、と見て間違い無い。

どうやら…まだ暫くは、このいたちごっこを続けるしかなさそうだ。

金糸雀は再び、自らをおとりにする為飛び出す。
先程と同じように、雛苺が発破を投げかけてきて――

身を守るべく、物陰に跳ぼうとした瞬間――
陥没する足場に一瞬、動きが止まる――
見ると、床板に度重なる爆発で亀裂が入り、そこが崩れ…

――肝心な時に…ドジ踏んだかしら…!

目の前に閃光と轟音――そして爆発とその破片が――


―※―※―※―※―




一体、どれ程の間、気を失ってたのだろう…
いや…まだこうして生きている事を考えると、ほんの一瞬だけだったのだろう。

金糸雀は自分がまだ生きてる事に気が付き、恐る恐る目を開いた。

そして…
「そんな…翠星石…!」
自分に覆いかぶさり、頭から一筋の血を流す翠星石を見た…。
 
翠星石は、明らかに強がりと分かる笑みを浮かべる。
「てめぇチビカナ…私の前でドジ踏むなんて、良い度胸してやがるです…」

そして、金糸雀の横に倒れるように伏せる。
「…このままじゃあ、ジリ貧は間違い無いですよ…どうするですか?
策士を自称するからには、何か考えやがれですぅ…」
「そんな…急に言われても、思いつかないかしら…」

小声で会話をしながら、二人は荒れ果てた屋敷内を警戒する。

荒れ果てた屋敷…?

金糸雀の脳裏に、ふと疑問が生まれる。

何故、ここに雛苺がいるのか。
相手が雇ったから?
確かにそれはそうだが…違う。もっと根本的な事だ。


何故、『発破を使う』雛苺がここにいるのか?本来、防衛すべき拠点の中に…?
普通そんな事をすれば…守るべき屋敷まで、身内の攻撃で破壊されるのは見えている。
この配置は、明らかにおかしい。
雛苺は…その仲間は、その程度の事に気が付かなかったのだろうか?
…そんな訳が無い。

金糸雀は頭の中で、パズルのピースが揃っていくのを感じる。
だが、まだ決定的な部分は見つからない。

確実に破壊されつつある屋敷に視線を巡らせる。

この依頼の発端となった二人の保安官。巴とオディールの言葉が脳内で再生される。
『人質の保護。そして――屋敷の破壊…』

雪華綺晶も雛苺も、護衛の任を無視するかのように、先へと進む水銀燈達には目もくれなかった…。
何故か…?
巴とオディールは、私達を信用しきらず、何かは分からないが…とにかく、何かを隠していた。
何故か…?

「内通者…」
金糸雀が呟く。
「確証は無いけど…可能性は高いかしら…」

…迷ってる時間は無い。
時間が経てば経つほど…状況は不利な方に傾いていく…。

金糸雀は警戒心を煽らないよう…ゆっくりと、静かに、声を上げる。

「雛苺…もう…分かったから、止めるかしら…」


―※―※―※―※―


「あなた達は、巴とオディールを使って…カナ達をスケープゴートにするつもりかしら…!」

姿の見えない雛苺にかまをかける。
相手が乗ってくるか否か。…いや、確実に乗ってくる。
雪華綺晶と違い、こちらに出会ってから闘う決意を固めた雛苺。
そういった雛苺だからこそ…必ず、何らかの答えを返してくる。
自分の予想を信じて、声をかけ続ける。

「襲撃者達は撃退する事が出来た…けど、屋敷の崩壊で人質の安否はうやむやに…。
こうして、内通者にかかる疑いを少しでも軽くすると同時に、うやむやの内に人質も確保。
その為に用意された演劇…これは…茶番かしら!」

金糸雀の声が叫びと言って良いほど大きくなった瞬間――雛苺が立ち上がる。

「言うのはダメなのー!カナリアのイジワルー!」

涙を目に溜め、手にした発破を大きく振りかぶる――

だが、その発破が投げられるより一瞬早く――
雛苺の足元で、瓶の割れる高い音が響く。

気が付けば、金糸雀のすぐ横に翠星石が立っている。
いつになく真面目な表情の翠星石は、雛苺に視線を向けたまま言う。

「…位置さえ掴めば、こっちのものですよ。
私の『スィドリーム』を一呼吸でも吸えば…たちまち意識はブラックアウトですぅ!」

雛苺は手で自分の口元を覆うが…その程度では空気に混ざったスィドリームを防ぐことは出来ない。

そして…雛苺もそれに気が付き…揺れる意識の中で…

自分の足元に、発破を投げつけた――!

爆風で薬が飛散し――
雛苺自身も弾き飛ばされる――

「なぁ!?なんて無茶するですか!?」
予想外の行動に翠星石は奇声を上げながら、同じく予想外の事に凍りついた金糸雀を抱えて物陰に跳ぶ。

爆風が止んだのを感じ、物陰から顔を出すと…
廊下の先…雛苺が片足を引き摺りながら闇に消えていく…。

「…追いかけるです…。チビカナの読み通りなら…水銀燈が危険です…!」
翠星石はそう言うと同時に、金糸雀の襟を掴んで立ち上がらせる。

「…雛苺が…あんな幼い子が、ここまでする程の何か…って事かしら…」
視界を覆っていた煙も徐々に晴れ、壊れた壁から光が差し込む。
それでも…金糸雀は未だ見通せない薄暗い廊下に一抹の不安を感じる。

その先に、雛苺達の真意が在ると信じて足を進める。


目指すは屋敷の深淵―――

|