※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

始まりは些細な事。


彼の淹れた紅茶が温かった。

私は詰り、淹れ直すように命じた。

たったそれだけの事で一緒に過ごした時間は崩れてしまった。


どうせすぐに謝って来るだろう。

でも彼は二度と私に話しかけなくなった。

自分から謝れば良かったのに、下らない自尊心が邪魔をする。

卒業まで後1ヶ月、卒業式で謝ろう。 



彼は来なかった。

式の5日前に海外へ、専門の学校に行ってしまった。

私は怒り、落胆し、自分を責め、泣いた。 

彼の居ない春が来た。

去年は一緒にお花見をした。

雲のない三日月の夜に、庭の大桜の下で。

こっそり持ち出したワインは、私には強すぎた。

名前みたいになった私はあっさりダウン。

彼の膝枕で甘い夢を見た。


彼の居ない夏が来た。

去年は一緒に海に行った。

背伸びしてみたビキニの水着、朴念仁には効果なし。

けれど一言『似合っているよ』。

私は顔が緩みっぱなしになってしまい。

顔を覗きこんだ彼を海に沈めた。 


彼の居ない秋が来た。

去年は一緒に本を読んだ。

私は分厚い哲学書、彼は彩美なデザインブック。

何か一着作ろうか?

急に言われ、笑えるくらいに狼狽えて、そして頼んだのは何故だかマフラー。

素直に言えず凹む私を、彼は不思議そうに眺めてた。


彼の居ない冬が来た。

去年は一緒にスキーをした。

彼は上手で綺麗に滑り、転んだ私を起こしてくれる。

頼りないイメージが嘘のように、彼は誰よりも格好良かった。

ゲレンデで迎えたクリスマス、彼が私にくれたのは鮮やかな紅のドレス。

止めるのも聞かずに着た私は、ものの見事に風邪を引いた。 


季節は巡る。


また彼の居ない春が来た。

私は一人教室の片隅で微睡む。

夢見に彼の声を聞いた気がして飛び起きた。

誰も居ない教室。

こんな時、彼が居れば起こしてくれただろう。

埋められない孤独の中、私はまた泣いた。


また彼の居ない夏が来た。

私は喫茶店でバイトを始めた。

休憩中、試しに自分で紅茶を淹れたが、あの時飲んだ温い紅茶より不味い。

私はいつも彼の淹れた紅茶を飲んでいた。

その味はどれだけの時間、どれだけの試行錯誤の上に在ったんだろうか。

気付けなかった優しさに、私はまた泣いた。 



また彼の居ない秋が来た。

本を読むが少しも頭に入って来ない。

私の隣にぽっかりと開いた空間が、心を引き裂き苛んでいく。

私は愕然とした。

私という存在の、節目はもとより日常に至るまで、彼が居なかった日は無いということに。

酷い喪失感の中、私はまた泣いた。


また彼の居ない冬が来た。

今年は雪が沢山降った。

滑らないように注意して歩くのは、転んでも笑って手を差し伸べてくれる人が、もう居ないから。

急に吹いた冷たい風に、慌てて首をマフラーに埋めた。

このマフラーは彼の手編みで私の宝物。

マフラーはあの頃と変わらずに、私を寒さから守ってくれる。

その暖かさが切なくて、私はまた泣いた。 


あれから三度目の春が来た。


帰り道、私の部屋の前に人影がある。

瞬間、足が全力で走り出す。

間に合わなければ人影が消えてしまうかのように。

人影を見つめたまま、視線が外せない。

見失ったら二度と見つけられないかのように。

とんでもない勢いで走って来る私を見てギョッとしている。

勢いを緩めないまま、私はしっかりと抱きつく。

少しでも手を緩めれば霧のように流れていってしまうかのように。

私は泣きじゃくりながら、あの時言えなかった事を、ようやく気付いた事を、そのまま言葉に紡ぐ。


彼はただ、私を包むように抱きしめてくれた。


END
|