※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 ある日、一人で散歩してたときの事だ。人通りの少ない小道で、カウボーイハットを被った紙芝居屋のオヤジが蹲って苦しんでた。
近所で野垂れ死にされるのも嫌なので介抱したら、えらく感謝された。おまけに別れ際、3つの願いが叶うアイテムをくれたし。
昔話じゃあるまいし、もの凄く胡散臭いんだけど・・・物は試しだ。騙されたと思って一つ願ってみようか。

 翌日、願いが叶っていた。僕は一夜にして身長2mの大男に変わってた。
 学校に行くとクラス全員が僕を見上げて驚嘆の声をあげた。付いた綽名が桜田ファミリア。世界遺産じゃないっつーの。
だけど実にいい気分だ。僕はその晩、二つ目の願いをした。
 
 更に翌日、願いが叶っていた。僕のド近眼は見事に治ってた。これで鬱陶しいメガネともオサラバできる。
 学校に行くと、なんか周囲の視線が刺さってきて痛かった。綽名がドーピングコンソメ桜田に変わった。なんだっつーの。
 女子からは今まで向けられた覚えのない熱っぽい眼差し-
 男子からは、やっぱり今まで向けられた経験のない妬ましげな白眼-
 なんか居心地が悪くて落ち着かない。僕はその晩、三つ目の願いをした。

 もいっちょ翌日、願いが叶っていた。ぼやける視界。低い目線。すっかり元通りの僕が居た。
 学校に行くと誰もが僕の急変に驚き、それと同時に安堵してる様子だった。呼び方も、ただの桜田に戻った。
 やっぱり僕は今のままがいいのかな?自分じゃあまり気に入ってないんだけど・・・。
 
 HR前の数分、隣の席の真紅が僕を見て柔らかく笑った。
 「たった二日で元に戻ってしまったのね。残念かしら?」
 「安心してるよ。あのままだったら僕の頭がおかしくなってたかもしれないし」
 「そうね。変化が必ずしも良い事とは限らないものね」
 「真紅はどうなんだよ。僕が元に戻ったのが残念か?」
 「・・・いいえ。貴方には悪いのだけれど、これで良かったと思っているわ。こうして同じ目線で話が出来るもの。
  それに・・・・・・誰かに取られる心配をしなくて済むし」
 「え?今なんて-」
 
 聞き返した僕の声は、教室のドアが開かれる音に掻き消された。もう先生が来ちゃったか。
まあ取り敢えず・・・僕は今のままで良いみたいだ。
 僕はその晩、ゆっくり大人になっていこうと考えながら眠りに就いた。何故だか紙芝居屋のオヤジの夢を見た。

 



オリゼー「む?ここは…」
クリソゲノム「ローゼンの女の子スレだな」
オリゼー「おいおい、それじゃ僕達スレチじゃないか」
???「そんな事ないよ」
クリソゲノム「ん、君は?」
乳酸菌「やあ!僕乳酸菌。実はこのスレでも活躍してるのさ」
オリゼー「はー、やるね。で、これからでうするの?」
乳酸菌「…考えてなかった」
クリソゲノム「おいお~い」
トリコイデス「おや、どうしたんだい君達?」
オリゼー「あ、黒カビだ。てか君達凄い数だね」
トリコイデス「ああ。本来この中は醸しにくいのだが、長らく放置されていたおかげで見事に醸しまくれたよ」
クリソゲノム「ところでココは何処だい?」
乳酸菌「ヤクルトの中。…て、あれ?御主人様?」
オリゼー「綺麗な人だなー。誰?」
乳酸菌「僕達を有名にしてくれた人なんだ!それにしても御主人様、こっちを睨んで何を…はっ!まさか!」
クリソゲノム「飲む気だな」
乳酸菌「だ、駄目だ御主人様!このヤクルトはもう…!」
トリコイデス「よし、もうひと働きするか…醸すぞ皆~!」
乳酸菌「御主人様~!!」
オリゼー「あーかわいそうに」
クリソゲノム「終わったな…」
5分後…
銀「はうぅ!?」

うん、なんか血迷った。寝るか。




ベ「ん?乱立か…どれ、タイトルは『この早さなら言える』…文は『最近掘られなくてちょっと寂しい』…っと」

ベ「なっ…乱立が、止んだだと…!?」

ベ「ほ、保守されているだと…!?」

べ「『ごめんね!僕は先生失格だよ!明日からはフルスロットルだよ!』だと…!?」

アッー!




ベ「ふむ…あとは…」
笹「あれ?何やってるのベジータ」
ベ「見て解らんのか。クッキーを焼いているのだ」
笹「ふーん、なんでまた。チョコ貰ってないでしょ?」
べ「笹塚。娘達は…その、バレンタインでチョコを渡す時、必ずしも見返りを求めないと思っているのだが…」
笹「まぁ、そういう人もいるだろうね。受け取って貰えないかもしれないけどあの人の為に作ってあげたい~って」
べ「そういう事だ」
笹「そうなんだ」
べ「そうなのだ」
笹「・・・」
べ「・・・」
笹「何か手伝う?」
べ「いや、一人でやる。ありがとうな」

 



薔「パパ!」
槐「どうした薔薇水晶!」
薔「私も"悦楽一人遊び"がしたいよ!」
槐「そんな言葉どこで覚えたんだ!」
薔「同じクラスの真紅ちゃんが言ってたんだよ!」
槐「変態ローゼンのクソガキか!ド畜生!」
薔「で、悦楽一人遊びって何なの!?」
槐「お前が知るにはまだ早い!」
薔「ヒドいよパパ!」
槐「あんなクソローゼンの娘なんか相手にするな!」

プルルルルルル

槐「はい、槐です。あ、ローゼン師匠!いつもお世話になっております。はい。はい。娘とも仲良くして頂いて…はい。はい」ペコペコ
薔「…」 

 



槐「はい…はい、かしこまりました。はい。それでは…」ガチャン

槐「クソがぁぁぁぁぁぁ!!」
薔「パパのお師匠さん、何て?」
槐「仕事の事と…今から真紅って奴が遊びに来るそうだ」
薔「真紅ちゃんが?」
槐「あぁ。何で休みの日まで奴ら(娘も含む)と関わらなきゃなんねーんだ!畜生畜生畜生!!」

ピンポーン

槐「やぁいらっしゃい真紅ちゃん。ゆっくりしていってね☆」キラーン
紅「…お、お邪魔します」
薔「…」




ジ「あっはっはっはー!最高にハイってヤツだ!」
笹「どうしたのいきなりパンツ一丁で叫んだりして。悪性ポリープでも見つかった?」
ジ「笹塚ぁ!僕達が今どこにいるか言ってみろぉ!」
笹「ん?学校」
ジ「ベリィイイシットォオオ!!もっと根本的な部分だよブラザー!」
笹「…なに?」
ジ「二次元だよ二次元!美少女!ギャル!幼なじみに許嫁!薔薇乙女!何でもアリのラブエロハーレム桃色タイフ~ン☆な二次元だわさ!」
笹「少し落ち着こうね。色々とヤバいから」
ジ「騒がずにいられるか!これを読んでいる奴らは肩みの狭い三次元という檻に捕らわれた子羊じゃないか!それがどうだ?俺達はちょいとキーボードを叩くだけでイッツ・ヘヴン!」
笹「あんまりそーゆー事言うと…」
ジ「何を躊躇うのです!中にお進みください閣下!ヒャッハー!…ん?」
梅「生徒が僕を呼んでいるわけだ…そこで僕は迎えに逝くわけだ…そして一つになるわけだー!!」
ジ「なんぞこれー!?」
笹「これを書いてる作者自身がムカついてきたんだろうね。所詮低次元の者は高次元に支配されるんだよ」
ジ「バカな…俺はただのニートじゃない!主人公なんだあああ!」


アッー!




ジュンは真紅様の執事かなんかのようです。

紅「キスして頂戴」
ジ「かしこまりました」チュ
紅「・・・いやね、もっとディープなのを頂戴」
ジ「かしこまりました」ンチュー
紅「・・・ん」
ジ「これでよろしかったでしょうか」
紅「ええ、十分よ。ありがとう」

紅(キスしろって命令にも眉ひとつ動かさないだなんて・・・。
  私は恋愛対象として見られてないのかしら・・・。それとも女としての魅力が・・・)
ジ(こんな可愛い女の子にキスしろなんて言われたら、健康的な男なら一も二もなくキスするわ)


ほぬ




槐「私の名前は保守一徹」

JUN「どうしたんですか、槐さん?」

槐「わたしは槐などでは無い、保守一徹、薔薇水晶が出ているスレの保守一つに徹するのだ」

JUN「そうですか、ギャグを考えたのに薔薇水晶に相手にされなかったのですか」

槐「ウウウ・・・違う、そんなのではない、私は保守する為に来たのだ・・・ウウウ」

JUN「・・・泣きながらも辞めないのは素晴らしいですが、さっさと帰って下さい」

槐「息子よ、この保守力養成ギブスをつけるのだ」

JUN「息子じゃないし、そんな怪しげな物つける人居ると思います?」

槐「このギブスで鍛えるとタイピングの・・・」  JUN「速度が増す?」  槐「威力が増すのだ」

JUN「威力を増してなんの意味が?そんな事ばっかり言ってるから薔薇水晶に無視されるんですよ」

槐「ウワ~~~ンひゅうまにまで~」タッタッタッタッ…

JUN「ひゅうまじゃないし、そんなに走って道路をわたると!」

キーーードン

槐「ばらしー可愛いよー」





何か書いた

ジ「あ、弁当忘れた…」
巴「はい!」
ジ「あ、宿題忘れた…」
巴「はい!」
ジ「あ、金ない…」
巴「はい!!」
ジ「サンキュー柏葉。じゃあな」
巴「………あれ?」


の「ニヤニヤ」




以下、名無しにかわりましてJUNがお送りします。

ふいいんき (←なぜか変換できない)
たいくかん (←なぜか変換できない)
ベジータに貸した蒼星石の写真 (←なぜか返還されない)
ベランダに干したパンツ (←なぜかいつも足りない)
エロフォルダーのパス (←なぜか隠しきれない)
真紅の命令 (←なぜか拒否できない)
しかし少し快感である (←なぜか否定できない)
薔薇水晶の尾行 (←なぜか振り切れない)
巴の夜這い (←なぜか回避できない)
姉の優しさ (←なぜか素直になれない)
そんなうるさい姉 (←なぜか嫌いになれない)
ぶっちゃけハーレム (←なぜか笑みが抑えられない)
romantic (←止まらない)





二葉「枯れ木、か…確かに物悲しいものではあるが、それもまた人生の繋がりの一辺。老いる事を楽しむのが人の生の極意なり…」
ワイワイ
二「ん、あれは蒼星石じゃないか。そうか、もう下校の時刻なのか。ふむ…時間を忘れるほど楽しく散歩が出来るとは…老いも悪くな…」
ピュウウウ…
蒼「わっ!」
二「ぬほぉおっ!?」
パンチラ~☆パンチラ~☆パンチラ~☆
パンチラ~☆パンチラ~☆パンチラ~☆
パンチラ~☆パンチラ~☆パンチラ~☆
二「こ、これが人生のオアシスなのか…!まだだ、まだ終わらんよ!私はまだまだ咲き誇れる!私は今より、熱く咲き誇る青春の赤き花となろう!うはははははー!!あーー!!!」

【枯れ木に】【花を】




隗の明るいお悩み相談室
~オープニングテーマNIRVANA「Breed」~
隗「久しぶりでも無理矢理テンション最高!
さあー今日も始めたくもないのに始まりました薔薇水晶のために社会の歯車を回す悩める鼠どもの為の救済措置!
薔薇水晶の写真と映像香り手触りに包まれたスタジオからお送りします!
…スタッフさん、今度から等身大抱き枕も用意しといてくれる?ああ、あのてのぬいぐるみ系は専門外なんだよ。うん、じゃ、よろしく。
さあ、本日の悩み人は!?

紅「……………」 
隗「ん?ほら、なんかしゃべって」
紅「くんくん!」
隗「!?」
紅「くんくんくんくんくんくんくん!くんくん!くんくん?」
隗「薔薇水晶!ばらしーばらりらーん!ばらばら!薔薇水薔薇水晶?」
紅「くんくん!」
隗「薔薇水晶!」
紅「ああ、そうなのだわ!素晴らしい…」
隗「ふー、そういうわけでまた今度!
名前は気にしないで!pspだから変換できないんだよ!にてるからのーぷろぶれむ!
また会う日まで、薔薇水晶!」




ベジータが初めてヤングジャンプを買ったようです。

ベ「ほう…これが“ヤング”誌というヤツか…少年より薄いのか?製本の違いはあるようだが…」

表紙をめくる

べ「ぐふぅ!グ、グラビアの戦闘力がサンデーやマガジンの比ではない…!?さすがはヤング…これが繁殖期の世界…!」

ローゼンメイデン

べ「うはwwwwwwwまきますまきますwwwwwwwwwwww…って巻かんのかあ!!!」
べ「ウホッ!いいジュン…」
べ「ゆ、雪華綺晶?き、金糸雀…だと…?」

読み進める

べ「ほほう…絵が好かんモノもあるが…なかなか読み応えがあるな。ふむ、キチンと萌えも押さえるのか…くっ、正直ハンタを抜けば少年誌より面白いな…」

ラスト

べ「ちょwwwwwかめれおんwwwwwww油断したwwwwwwもうダメぽwwwwww」



べ「ふう…来月が楽しみだ!」





ジ「薔薇水晶から目覚まし時計をもらったぜ!」

ジ「ま、時計くらいならイタズラにも限界あるしな。さて、明日朝起きれますよーに…」
~翌朝~
ばら時計『ジュン…その、そろそろ起きない?ほら、もうこんな時間だし…ね?むぅ…えっと、えっと…あ、ぴ、ぴぴぴ!ぴぴぴぴ!ふぅ…ぴぴぴ』
カチ
ジ「ちょっと心配だったから早めに起きてみれば…ふっ、可愛いじゃないか。この細い声も朝一には心地良いな。これはいい貰いものしたなぁ」

~二日目~
ばら時計『あた~らしい朝が来た~♪朝~立ちの朝~だ♪興奮~に胸を』
カチ
ジ「…日によってアラーム音が変わるのはいいけど…今の、ラジオ体操だよな?なんか卑猥な単語があったような…?まあ、いいか」

~三日目~
ばら時計『立てー!立つんだジュンのベイビー!立てー!立つんだジュンの』
カチ
ジ「…ああ、やっぱりね…何となく予想はしてたよ…それでも使い続けるのは男の性か僕の正義か…」 

~五日目~
ばら時計『その時、たえ子の白く透き通った内股に彼の手がいやらしく伸びてきた。「だ、ダメです次郎さん!私には夫が…!」口では抵抗の意志をみせるも、生真面目な夫により持て余していたたえ子の熟れた肉体は彼の愛撫を待ちわびていたかのように受け入れ初め、そして』
カチ
ジ「(堪能小説…?よし、もっかい聞くか…)」
ばら時計『そうはイカンざき!…また明日ね~♪』
ジ「これはひどい…」

~十日目~
ばら時計『日本~ブレイク工業~♪ジュン~の息子』
ジ「ダダン、ダンっ!」ガバッ
ばら時計『日本~ブレイク工業~♪えっちな夢見て』
ジ「ビビン、ビンっ!」スビッ
ばら時計『日本~ブレイク工~業~♪』
ジ「自慢の妄想、我が子を揺らせー!」ドキャアアアン

ジ「姉ちゃんおはよう!今日もいい天気だね!」
の「あらジュン君最近早いのねぇ。でも今日は大雨よぅ」



 NGワード netabare

ジュンが本屋でバイトを始めたようです

店長「新入り!裏に仕事溜まってっからな。」
ジ「はい。」

店長「チッ…暗ェ奴だよなぁ。そう思わね?」
斉藤さん「あの…でも彼よくやってますよ?」
店長「あ~、駄目駄目。あんなのの肩持つことないって。
実際友達少なそうじゃん?
絶対彼女とかいねーし、俺みたいなのと違って人生負け組って奴www?」

ガー
斉藤さん「あ、いらっしゃいませー。」
店長(うはwww何だよあの美女の大群は!?あんなお客様声掛けないほうが馬鹿だしwww)

店長「いらっしゃいませ。なにかお探しの本はございますか?」

紅「馴れ馴れしいわね。気安く話し掛けないで頂戴。」
翠「全くですぅ。バイトの分際で厚かましいですよ。」
店長「……は?」

店長(うぉぉお~い!ンだよこいつら!人がせっかく親切に話し掛けてんのにその態度は!?っつかバイトじゃねーし!)
ジ「すいませ~ん、裏終わりましたー。」
店長「遅っせーぞ新入り!チンタラしてんじゃねぇよ!」

ーーシャキン…
店長「…へ?」
蒼「ねぇ…誰に向かってそんな口を叩いてるのかな…かな?」
店長(うぉおーい!何この娘!?何ひとの首にハサミ突きつけてんの!?) 

ジ「げっ!お前ら!あれほどバイト先には来るなっつっただろ!!」
金「あー!お客様に対してその言いぐさはないかしらー!」
雛「めーっ!なのよ!」
銀「ふふふっ、ちょっとジュンの働いてる姿が見たくなってねぇ……でも…」チラッ
店長「…へ?」

銀「こぉ~んな馬鹿丸出しの先輩がいる店じゃねぇ。」ハフゥ…
店長「……なっ!」

雪「全く…お姉様の仰る通りですわ。ジュン様が望むなら一億や二億くらいパパッと差し上げますのに。」
薔「ジュン…お薦めのエロ本はどれ…?」

ジ「お前らなぁ…頼むからバイト先でまで僕を苦しめないでくれよ…。」
斉藤さん「さ…桜田君のお友達の人…かな?」ヒソッ
ジ「あぁ…まあ一応は…」ヒソヒソ…

紅「ちょっとそこ!何をコソコソと話してるの!」
斉藤さん「い…いえ!別に!!」
翠「怪しいです…さてはそこの女!ジュンに何かよからぬことを吹き込んだですね!?」
斉藤さん「は…はいぃ!?」
翠「ほーら!はいって言いやがったですぅ!ジュン!こんなバカ男と尻軽女がいる店とっとと辞めちまえですぅ!!」
ジ「待てやコラ!」
銀「ジュン…貴方そんなダサい娘を庇うのぉ?」ジロッ
蒼「返答次第ではこの店員の首から噴水が上がるよ?」ジャキン 

店長(うぉぉーい!だから何で俺なんよぉ!?)

ジ「斉藤さんはただのバイトの同僚で!仕事以外で話したこともないっつーの!?」
金「…ふぁいなるあんさー?」
ジ「ファイナルアンサーだ!」
薔「…ファイナルファンタジー?」
ジ「フ…ファイナルファンタジー。」
………
……

紅「ふぅ、まぁ…今日のところはこれで帰るとするのだわ。」
蒼「命拾いしたね…」スッ
店長「ほっ…」
雪「ただし…今度ジュン様に舐めた口を叩いた日には……貴方の少ないおつむでも分かりますわよね?」ニタァ…
薔「…楽には…殺さないから……。」クワッ!
店長「ひッ…ひぃいいいいいいいぃぃいい!!」ガクガク


紅「では…先に帰ってるのだわ。」
雛「今夜ははなまるなのってのりが言ってたのよ~♪早く帰ってきてねなの~!」
翠「あばよですぅ~♪」
金「ばいばいかしらー♪」
蒼「またね、ジュン君。もし何かあったらすぐに斬りにくるからね♪」
銀「ふふっ、また明日ねぇ~。」
雪「ではジュン様、ご機嫌よう。」
薔「…ばははーい。」
ジ「はぁ…すみません、僕の連れが迷惑をかけt…」
店長「桜田さん!今まで舐めた口叩いてすいませんでしたぁーッ!」ズザーッ

ジ「えぇーッ!?」
斉藤さん「ゲェーッ!店長のフライングDOGEZAだァー!!」

どちらが人生の負け組かを嫌というほど味わった高卒店長。
彼はそれ以来人が変わったかのようによく働くようになり、ジュンに軽口を叩くこともなくなったそうな。

めでたしめでたし…。





ジ「…まったく…何で僕が…ん?」
の「すー…」スヤスヤ

『2ー6 JU∧』←上履き

ジ「……ふん」

の「キャーーーー!!!」
ジ「わーっ!脅かす…」
の「なぜなのぉぅう!?JUNくんの上履きが
全日本マカロニ組合
J(Japanese)
U(United)
M(Macaroni)
くんにぃいいい!」
ジ(何ィ!?僕すげぇ!)

|