※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ゆったりとした休日の昼下がり。窓の外ではしんしんと雪が降っている。
僕はコタツの暖かさに浸りながら、 ミカンを一粒口に放り込んだ。
テレビから流れるのは探偵くんくんの……確か3年前の劇場版だったか。正直何度も見たので、 積極的に観る気にはなれない。
しかし、 コタツをはさんで反対側に座っている真紅は、 飽きもせずに見入っているようだ。
廊下では姉が友達と電話をしているらしく、 途切れ途切れに笑い声が聞こえてくる。
今日は雪が降っているからか、 休日に決まって遊びに来る雛苺や金糸雀、 翠星石と蒼星石は来ていない。
家には僕と姉、 それと居候の真紅だけだ。居候と言っても、 非常に図々しい居候だが。
「ふわぁ……」
不意に欠伸が一つこぼれる。すると、 それに引っ張られるように眠気が襲ってきた。
僕はゴロンと寝転がると、 もぞもぞとコタツに潜り、 今まさに夢の世界への第一歩を踏み出そうとして――
「ジュン、 紅茶を煎れて頂戴」
――見事につまづいてしまった。


「イヤだ」
身体を起こしながら、 きっぱりとそう答える。普段だったらしてやるところだが、 今日はいかんせん寒い。コタツの魔力は普段の4割増しだ。
「あら?下僕が主人の命令を聞けないの?」
空になったポットを持ち上げながら、 真紅が言う。
どちらが主人だよ……と言いたくなったが、 そんな事を言えば殴られるだけ。触らぬ神になんとやらってやつだ。
しかし、 真紅の紅茶を煎れるためにコタツから出るのだけはイヤだ。今日のコタツの魔力は我らが神を越えている。これぞまさに新世界の神に違いない。
それに、 こちらにはまだ切札がある。
「イヤだ。それでも紅茶を煎れろって言うんならチャンネル変えるぞ」
ぷらぷらとリモコンを振りながら言う。真紅の表情が、 わずかに歪んだのが分かる。
沈黙が少し続く。すると、 真紅はゆっくりとポットを置いた。
そして、 キツく握りしめた拳を高々と持ち上げる。
少し間を空けて、 僕はそれが意味することを理解した。僕もリモコンを置くと、 ゆっくりと拳を持ち上げる。
そして、 一呼吸置いたところで――

「最初はグー!じゃんけんぽん!」



「……なんで私がジュンのお茶まで……」
台所から真紅がブツクさ言っているのが聞こえる。
僕がグー、 真紅がチョキで軍配は僕にあがり、 真紅自身の紅茶のついでに、 僕のほうじ茶も煎れてもらう事にした。
僕は相変わらずコタツの魔力の恩恵を受けている。その気になればすぐに夢の世界に飛び立てなくもない。
窓の外を見ると、 雪が積もり始めていた。今ごろ雛苺あたりは喜んでいる事だろう。
台所のほうへ視線を移すと、 真紅が急須にお茶っ葉を入れていた。普段見る事のない、 何とも珍しい光景である。
しばらくすると、 紅茶の甘い香りとほうじ茶の香ばしい匂いが漂い始め、 もう少しすると、 カチャカチャと音を立てながら真紅が台所から戻ってきた。



「感謝することね」
急須を僕の前に置き、 ポットをそのままコップに傾けながら真紅は言った。
「はいはい、 ありがとうございます。ご主人様」
イマイチ心の込もっていないお礼を述べながら、 僕も湯呑みにお茶を注ぐ。
「まったくジュンは……」などと真紅は言っていたが、 ここはスルーだ。僕は注いだばかりのほうじ茶をすすった。
火傷しそうな熱さの中に、 何とも言えない香ばしさが広がる。
「へぇ、 煎れるの上手いじゃないか真紅」
予想外の美味しさにそう感想を述べると、 真紅は少し顔を赤らめた。
「あ、 当たり前なのだわ。下僕の貴方に出来て私に出来ない事なんてないのよ」
プイと顔を背け、 そんな事を言う。素直じゃないと言うかなんと言うか。
その後は、 ただゆったりとしていた。外の雪も、 相変わらずマイペースを保っている。
「なんか……悪くないな、 こういう休日も」
不意に、 僕はポツリと呟いた。こちらを向いた真紅の綺麗な青い目が、 僕を捉える。
「そうね、 悪くないわ。こういう休日も」
その微笑みに、 トクンと心臓が高鳴り、 急に暑くなった気がしたが、 それはコタツの魔力と、 お茶の熱さのせいだろう。
ゆったりとした、 休日の昼下がりだった。

|