※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

   そは永久に横たわる死者にあらねど
   測り知れざる永劫のもとに死を超ゆるものなり

                    (アブドゥル・アルハザード『ネクロノミコン』より)


それは誰もが胸のうちに忍ばせるひとときの想い出に過ぎないと、人は言う。
時間という網の目を通して濾過され、美化された記憶の断片なのだと。
しかし時間が万人に等しく価値を与えるなどと、誰が言えるだろう。
宝石の輝きさえも及ばぬあの瞳を目の当たりにしてなお、いったい誰が。

まだ高校生だったあの日、僕は未知なる「門」の向こうを垣間見た。
確かにこの目に焼き付けた光景だが、いまだに信じられない思いが燻っている。
だがあの風景は、ほかの日常の記憶とともに何の矛盾もなく思い出すことができる。
日常と非日常の間に線を引くことなど、本当は誰にも出来ないのかもしれない。

そう。
きっとあの少女は、そんな曖昧極まりない狭間の世界からやってきたのだ。
そして、何も言わずに帰っていった。
忘れようにも忘れられない、妖しい輝きを放つ瞳の残像を残して。


――忘れえぬ面影、紫水晶の瞳。

 

 

 

|