※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

翠「ふふふ…この翠星石が真心込めて作ったこの手作りチョコなら、 ジュンなんぞイチコロですぅ」
蒼「でも大丈夫なの?ジュン君目当てのライバルはたくさんいるよ?」
翠「ふん、 あんな紅茶中毒の貧乳や糖尿病のガキンチョ、 ぴーぴーうるさいデコビッチ、 胸だけでかい痴女なんぞには負けんです!
これを渡してジュンをメロメロにすれば……今晩はこのチョコのようにあまーくとろけるような夜を……」

真「紅茶……貧乳……?今なんていったかしら?翠星石」
雛「いっぺん死んでみる?なのー!」
金「デコビッチとはひどいかしらー!これは死刑確定かしらー!」
水「あらぁ、 胸だけ無駄にあってごめんなさぁい。そこまで言ってどうなるか分かるわよねぇ?」

翠「ひ、 ひああっ?!こ、 これは言葉のアヤですぅ!悪気はないで…アッー!」
蒼「……」

 



銀「はい真紅、チョコレートよぉ・・・」
紅「女の子同士で・・・わ、私は『女の子同士でイチャイチャ・・・』とか言うのには興味は無いのだわ!」
銀「あぁ・・・真紅は英国に居たから知らないのねぇ・・・友チョコって奴よぉ?」
紅「友チョコ・・・義理チョコのようなものなのね?」
銀「あったりぃ~  はい、雛苺達にも友チョコねぇ~」
苺「ありがとうなの~」
翠「ま、貰っといてやるです」
蒼「ありがとう。美味しく食べさせてもらうよ」
薔「銀ちゃんの・・・チョコ・・・」
ジ・ベ(ワクワク・・・ワクワク・・・)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ジ「あれ?僕のは無いの・・・?」
ベ(たまにはくれたらどうだ!)
銀「ジュンは・・・チョコの変わりに私をた・べ・て♪」
皆「は?」 ジ「えっ!」
銀「なーんて冗談はぁ・・・ってジュン?」
ジ「水銀燈・・・水銀燈・・・水銀燈!!!」ガバッ
銀「上からどきなさいよぉ・・・」
ジ「水銀燈!水銀燈!水銀燈!」
銀「いい加減にしなさぁい!!!」ガスッ
ジ「あ、あれ?」
苺「エッチなのー」
紅「下僕の癖に・・・」
翠「最低ですぅ・・・」
蒼「見損なったよ」
薔「銀ちゃんからのチョコか・・・銀ちゃんか・・・」
銀「ジュンなんてもう知らなぁい・・・」
ジ「そ、そんな・・・」

ベ「あれ?俺のは?」

 



蒼「先生、おはようございます」
ジ「おはよう」ショボショボ
翠「なんか目がショボショボしてますですね」
ジ「昨日のチョコを食べたら寝れなくなってね」
蒼「やっぱり」
翠「やっぱりってなんですか」
ジ「とりあえずレポートは書いてきたよ」スッ
翠「律儀ですね…」
蒼「ありがとうございます」パシッ
ジ「まぁ寝れなかったから丁度良かったっちゃ丁度良かったよ」
蒼「ふむ……」ペラッ
翠「何が書いてあるんですか?………ってここここれはなんですか!なんなんですかこのセクハラレポートは!」ドーン
ジ「ありのままなんだけども」シラッ
蒼「ムラムラきましたか?」
ジ「ものすごく」
蒼「なるほど」メモメモ
翠「なんのつもりですか蒼星石!」
蒼「媚薬チョコとして来年から売るんだよ翠星石」
翠「なっ」
ジ「ある意味役に立つってのとかけて微役チョコってのはどうだろう」
蒼「いいですねそれ」
翠「なんなんですかこの流れは!」

蒼「しょうがないさ!この世が資本主義社会である限り僕は戦い続けるんだ!」
ジ「一晩は確実に持つよ」
翠「黙れ」

 



薔薇「JUNチョコレート・・・食べて」
雪華「私達からですわ」

JUN「キミタチカラノハホントニイラナイカラ」

薔薇「大丈夫、死ぬような薬は入ってない」

JUN「強力な媚薬入りとかって落ちなんだろ?」

雪華「JUN様が私達をどう見てるか良く解りましたわ」
薔薇「グスン、JUN・・・」

JUN「泣くなよ、わかった貰っていくよ」

薔薇「今食べて・・・」

JUN「いやそれは・・・・」

薔薇「グスン、・・・・。・゚゚・(>_<)・゚゚・。わーん」
雪華「JUN様・・・あんまりですわ、私達を信じて無いのですね、グスン」

JUN「わかった食べるから泣くな、がさごそ、ハムハム・・・・うっ、やっぱり・・・・体が熱くなってきた」

薔薇雪華「食べたね/食べましたね」「「速効性媚薬入りチョコレート」」

JUN「お前等を一瞬でも信じた僕が馬鹿だった・・・・・・アー」

 


ベジータ「おいJUM、結局貴様は何個チョコもらえたんだこのやろう」
ジュン「チョコ?・・・ああ、昨日はバレンタインだったのか。道理で」
ベ「何だその反応は。もしかしてもらえなかったのかそうだろかわいそうにざまぁ」
ジ「誰からももらえなかったよ」
ベ「なに・・・めずらしいな。何かあったのか?」
ジ「いや、互いに牽制し合ってて渡せなかったのさ、きっと」
ベ「どうしてそんなことがわかるんだ。夢に逃げると後がつらいぜ」
ジ「うるさいなw本当に昨日はすごかったんだよ」
ベ「ほほう、それでそれで?」
ジ「僕に話しかけた水銀燈が、真紅に本気パンチを繰り出されてふっとんで、」
ジ「かと思えば真紅が薔薇水晶に腹パンされて気絶した後何処かに拉致られ、」
ジ「翠星石と蒼星石は互いに睨み合ったまま微動だにせず、話しかけてくれないし、」
ジ「雪華綺晶は雛苺に用があるとかいったまま帰ってこないし、」
ジ「誰か助けてなのーとか悲鳴が聞こえた気がしたが気のせいだろうな」
ジ「ちなみに雛苺は今日休みだ。昨日家に帰らなかったらしい」
ジ「金糸雀も、昨日から腹痛で休みだ。だから僕はチョコなんてもらってないぞ」 

べ「はっはっは!そいつは残念だったな! 」
ジ「だろう?」
べ「そんなお前にガムをやろう。受け取れ」
ジ(これはハイチュウだ・・・)「どうも」
べ「どうだ?」
ジ「・・・うんうまい。サンキュ」
べ「そうか、最後の一個だから味わって食え」
ジ「そうだったのか、悪いな。じゃあ僕もいつかお前に何かやるよ」
ベ「そうか?じゃあ・・・来月に貰うことにするか。お返しとしてな!はっはっは!」
ジ「ははは。倍返しにはしないぞ」

翠「なんだかいい感じですぅ・・・キィー!ベジータなんかに負けたですぅ」
蒼「それはちょっと違うんじゃないかなぁ」

 




 モトネタラーメンズ

キンギンズ――お昼休み、金糸雀がお弁当を食べています。

金「うふふ、みっちゃんが作ってくれた卵焼きは絶品かしら♪」
銀「突然ですがここでぇ……『立場上何をされても仕方がないゲーム』!!」ババーン
金「ちょ、いきなり何なのかしらー!?」
銀「暴君だぁれだ? ……わたしぃー♪」
金「工エエェェ(´д`)ェェエエ工」
銀「じゃあねぇ……『す』のつく人がぁ、『か』のつく人の卵焼きを食べる♪」モッキュモッキュ
金「な、何するかしら!? カナの大好物、そう簡単に奪われるわけにはいかないかしら!!」
かなりあ は にげだした!

翠「『す』のつく人が指名されたのなら、仕方ねぇです。翠星石が全部食べてやるです」
金「おわぁ!? どさくさに紛れて乱入すんなかしらー!!」
かなりあ は にげだした!

金「はぁ、はぁ……なんとか逃げ切ったかしら~」
薔「私を忘れてもらっては……困る」
金「えぇー!? 『す』って頭文字だけじゃないのかしらー!?」
かなりあ は にげだした!

雪「あら、美味しそうな匂い……ジュルリ」
金「もう名前関係なくなってるかしら!!」
かなりあ は にげだした!
しかし かこまれてしまった!
たまごやき は ぜんめつした……

金「あぁ~……か、カナの卵焼きが……。・゚・(ノД`)・゚・。」
銀「あらら……きらきー参戦は予定外とは言え、流石に悪いコトしたわね……私のでよかったら、食べるぅ?」つタマゴヤキ
金「グスン……ありがとう、かしら……」
銀「じゃあ次はねぇ、『す』のつく人がぁ…………保守よぉ」

 



翠ねえちゃんと蒼ねえちゃん

翠「! ジュンがお風呂に入ったです!」ダッ
蒼「うう! 翠星石に先を越されるなんて!」
翠「翠星石に勝とうなんて、50年はええですよ!」
蒼「明日こそ・・・明日こそ・・・!」

翠「ジューン、湯加減はどうですかー」
ジ「まぁ悪くないかなー」
翠「そうですか。それではごゆっくりー。ウシシシシ」

翠「今日もジュンの脱ぎたてホヤホヤの服(パンツ含む)は翠星石のものですぅ!」ギュー
蒼「毎日ずるいよう! ちょっとくらい嗅がせてよう!」
翠「ダーメーでーすー。これは勝利者の特権なのです!」
蒼「ううー」

 



の「皆~!鯛焼き買ってきたわよ~♪」
翠「待ってたですぅ♪むぐっ!ん~、やっぱり鯛焼きは頭から噛り付くのが一番ですぅ!」
真「全くはしたないわね…レディならちぎって食べなさい」
銀「あら真紅ぅ、鯛焼きにその食べ方は邪道よぉ?」
雛「ヒナしっぽから食べるのー!」
金「カナはまず半分に割って…きゃー!あんこが落ちたかしら~!」
薔「通は背ビレから…むぐむぐ」
ジ「どっからでもでも同じ気がするけどなぁ…」
蒼「あはは、皆それぞれこだわりがあるんだよ」
ジ「そんなもんかねぇ。で、雪華綺晶はどっから…」
ヒョイ、パクン
雪「んぐんぐ…ごくん。あら?なにかわたくしの顔についてますか?」
ジ「いや…なんか納得しただけだよ…」
雪「?」

巴「ちなみにに私は尻尾の先をかじって、中のあんこを吸い取ります」
め「あ、やるやる~♪私も~」
み「常識だよね~!あっはっは~!」
ベ(な、なんだ…何か、見てはいけないモノを見た気がするぜ…)

 



J「唐突だけど嫁が欲しい」
笹「ほんとに唐突だね。しかしなんでまた突然に?」
J「そろそろ僕も身を固めるべきかなって」
笹「でも僕たちまだ俄然、未成年じゃん。その考えは多少早急すぎやしないかい?」
J「でも欲しいの!嫁が欲しい!嫁が欲しい!嫁が欲しい!のーーーーー!!!!!」
笹「もうそこまで言うなら仕方ないなぁ。こんかいだけだよ?」
J「うん!笹塚ありがとう!」
笹「どういたしまして。でも君は候補が沢山居るんだからすぐ決まりそうだね」
J「候補?そんな奴いないだろ?」
笹「おぉなんと言う朴念仁。乙女たちが可哀相だ。」
J「なんだお前?ひどい奴だな。例えば誰がいるんだ?」
笹「酷いのはどっちだよ。例えば・・・うーん水銀燈なんてどうだい?」
J「水銀燈か・・・まぁ悪くはないんだけどなぁ・・・」
笹「なにか不満でもあるのかい?」
J「水銀燈って心が繊細じゃないか。ガラスのハートって言うのか?」
笹「あぁまぁそれはなんとなく分かるよ。でもどうしてだい?」
J「長い結婚生活だ。多少の言い争いや喧嘩もあるだろう。だが水銀燈は傷付きやすい。そういった生活の中で夫婦間に亀裂が入りそうなんだ」
笹「考え過ぎだと思うけどなぁ・・・」
J「あぁあと体がエロい。エロすぎる。色々な意味で我慢できそうにない」
笹「いやそこは我慢しようよ。そっかーダメかー」
J「ほかはなんか誰かいないか?」
笹「ほか?ほかわねーうーん・・・金糸雀は?」
J「金糸雀かー金糸雀かー・・・うーん」
笹「またなんか不満な事があるのかい?」
J「いや別に金糸雀自身には特にないんだがただみっちゃんさんがなー・・・」
笹「あー・・・それがあったね」
J「なかなか上手くいかないもんだな」 

笹「いや候補だけならまだまだいるさ。次は翠星石なんてどうだい?」
J「翠星石は蒼星石と仲が良いからなー」
笹「それは別に良い事じゃないか」
J「いや翠星石と結婚してラブラブになったら蒼星石と気まずくなりそうじゃないか。『僕の翠星石を・・・』みたいな感じで」
笹「あぁそういうのも考えられるね」
J「同じ理由で蒼星石もダメだな」
笹「じゃあ真紅はどうだい?」
J「今でさえ下僕扱いでしんどいのに結婚したらそれが永遠に続きそうだ」
笹「それもそうか・・・雛苺は?」
J「妻って言うか子って感じになりそうじゃないか?」
笹「それは言えてるかもね。薔薇水晶はどうかな?」
J「性力がいくらあっても足りないだろ」
笹「彼女はとてもえっちだからね。雪華綺晶は?」
J「彼女を養っていく自信が無い」
笹「うーん・・・なら彼女の家に婿養子になったら?」
J「でもなぁ・・・僕は一応長男だから家督があるししそれはちょっとなー」
笹「長男ってそういう使命とかあるから大変だよね。柏葉さんはどうだい?」
J「長男のプレッシャー分かってくれるか笹塚?柏葉かー柏葉はなーなんだろうなーここ最近の印象が薄いからどうにも・・・」
笹「僕だって男だからね分かるよ。うーん・・・もうこれでめぼしい候補はおしまいかな?」
J「なぁ、笹塚。僕決めたよ」
笹「何をだい?」
J「僕まだ身を固めない事にするよ。嫁はまた今度でいいや」
笹「僕もそれが一番だと思うよ」

おっわりっだよぉー
おっちなっいよぉー

 



雛「モグモグ……ウンマアァァ♪ カハッ♪ ケハァ♪」
ジ「何食べてんのかと思えば……カレーパンかよ」
紅「はしたない食べ方ね。もっと女の子らしく食べられないものなの?」
蒼「雛苺は辛いモノも食べられるんだね。意外だなあ」
の「改めて考えてみると、カレーパンってスゴイ組合せよねー」
紅「そうね。カレーにパンを入れるなんて、最初に考えたのはいったい誰なのかしら?」
翠「ププ-ッ! 真紅はそんなコトも知らんのですかぁ? そんなのインド人に決まってるですぅ」
蒼「……ツッコミどころ、もっと他にあるよね( ´ー`)」
ジ「いや、案外会話としては成立してるぞ……」

雪「ちなみに、カレーパンを考えたのは実際には日本人ですわ」
銀「……ウィキペディア、万歳」



執筆の合間にカレーパン食べながら思いついた保守




銀「スレが完走すると嬉しいけど寂しいのは何でかしらねぇ・・・」
J「それは皆が書く色んなお前達に会えなくなるからじゃないか?」
銀「そうなのかしらねぇ・・・?」
紅「それを絆と呼ぶのだわ!」
J「・・・使い方間違えてないか?」

銀「じゃあ逆にスレが建つと嬉しくなるのはぁ・・・」
J「色んなお前達に会えるからじゃないか?」
銀「・・・・・・よねぇ」
紅「それを絆と呼ぶのだわ」
J「使い方・・・あってるのかな・・・」
|