※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「もうお昼ですわね…、お腹がすきましたわ…」グギギギギュルラリ~ホ~

「…!!この芳しき香りは……!!」

「良い感じですぅ、そろそろ引っくり返して……」
「お肉ぅぅぅ~~~!!」ゾルッ
「ヒィィィッ!?換気扇から雪華綺晶がァァァァ!?」
「ふ、二人共落ち着いて!!き、雪華綺晶まだ肉は生だよ!!」

 



ジ「う~ん、チョコ食べ過ぎたかなぁ。ちょっと太ったような…」
雪「くすくす…あと少し…」
ジ「(°д°;)」
の「ジュンく~ん!お姉ちゃんもチョコ作ったのよぅ。遅くなっちゃったけど食べてぇ~」
ジ「え!?いや今はマズい…」
の「はい、あ~ん♪」
ジ「むぐぅ!?…ごくん」
の「じゃあお姉ちゃん買い物行ってくるから帰ったら感想聞かせてね~」
ジ「はあはあ…あんなデカイの食ったら晩メシなんて…」
ポン
ジ「ん?」
雪「おめでとうございます♪」ニッコリ


の「ジュンくんだだいま~…あら?ジュンく~ん?ドコ~?」

 




ひな祭りです

雪「雛姉様はひな祭りにつきものと言えば何を思い付きますか?」
雛「うゆ…あ!ヒナアラレなの!のりが去年たぁ~くさんくれたの!」
「流石はのり様、GJですわ!では私達も作ってお返し致しましょう!きっとジュン様も喜びますわ!」
「だいさんせーなの!」
「それでは手作り雛苺アラレ、逝ってみましょー!」
「オーなの~!」

「うふふふふ…では早速此方へ」

ドゴッ!

「う…あ…」パタリ
「ば…ばらしー?」
「…うん、見張ってて正解…」ギュッキュッ
「うゆ…よくわかんないの…どうしてきらきーを縛っちゃうの?」
「…万が一の時は縛って吊しとけって…銀ちゃんと巴の指示…お姉ちゃんメンゴ…じゃ、行こう」スタスタ…



「ほんの出来心なのに酷いですわ~!!」ブラーン



horror

 蒼星石がソファーでくつろいでいる。学校帰りで少し疲れていた。
 クッキーをかじりながら、普段は見ない夕方のワイドショーを何とはなしに見る。
 
 と、末の妹の雪華綺晶がやってきた。
 「あら、あおねえさま。おかえりなさい」
 まだ5歳にもならないのに言葉がしっかりしているが、雪華綺晶は不思議なくらい無表情な子供だった。
 末の妹の姿に蒼星石は頬を緩めた。
 「ただいま雪華綺晶。クッキーを食べるかい?」
 蒼星石は右手のクッキーを軽く振る。
 「いただきます」
 雪華綺晶が意外と食いしん坊なことは家族全員の常識である。

 蒼星石は雪華綺晶を抱え上げ、ソファーに座らせた。そこで気づく。
 「どうしたんだい、服が濡れているね?」
 「ふくのよごれをおとすために、さっきまでおふろにいました」
 ほんの少し、雪華綺晶の声音は不機嫌そうだった。
 
 「くんくんでよごれてしまいました」
 「酷くじゃれつかれたんだね。可哀想に」
 くんくんは真紅がこの前の誕生日にねだりにねだって買ってもらった自慢の室内犬だ。
 茶色の体毛にこげ茶の斑点と利口そうなつぶらな瞳をしている。
 (真紅はくんくんは世界一賢いとか言ってたけれど、そうでもないんだな)
 高飛車な一つ下の妹のことを考えて、蒼星石はくすりと笑った。
 「くんくんはもうだめです。おもしろかったのですけれど」
 「嫌いになったかい?」 

 くんくんを真紅の次に気に入っていたのは雪華綺晶だ。
 雪華綺晶はクッキーを一枚食べてから言った。
 「せっかく、あかねえさまがはんぶんあげるっていってくれましたのに」
 「ああ…ふふっ、そんなことを言っていたね」
 (くんくんをはんぶんください)
 昨日の夕食時、雪華綺晶がそんな突拍子も無いことを言ったのだった。子供らしい突拍子も無い言葉に、
みんな和やかに笑った。くんくんの事となると目の色が変わる真紅もあの時ばかりは、笑って「いいわよ」と許可していた。
 雪華綺晶はクッキーをまた齧った。
 「でもだめです。はんぶんにしたらおもしろくなくなってしまいました」
 
 一瞬の間。
 蒼星石はぞわりと背筋に悪寒を感じた。
 「…なんだって?」
 聞きながら、蒼星石は違和感に気づいた。
 よくみると、元々白かったはずの雪華綺晶の服が薄赤い。
 「せっかくいただいたのに、はんぶんにしたらおもしろくなくなってしまいました」
 雪華綺晶は2枚目のクッキーを嚥下し、3枚目に手を伸ばした。
 「しっぱいです」
 蒼星石は水道水のカルキに混じった、微かな鉄の匂いを嗅いだ。
 少し震えた声で蒼星石が聞く。
 「面白くなかったのが、失敗なのかい?」
 三枚目を頬張っていたので答えは無い。ただ、雪華綺晶は蒼星石を見返した。
 なぜそんな当然の事を聞くのかと言いたげに。
 微かに、不思議そうに。

  ――あああああ!!
 2階から真紅の叫び声が聞こえて、弾かれた様に蒼星石は駆け出した。
 自分が何をしたのかわかっていない妹を置いて。





雪「…ぐすん」

薔「お姉ちゃんどうしたの!?」

雪「ばらしーちゃん…冬が…お鍋の季節が…終わってしまいますわ…」シクシク

薔「……春といえば山菜美味しかったなあ」

雪「…はっ!?そうですわ!!山菜!ばらしーちゃん、山菜採りに行きましょう!」ガシッ

薔「いやいや、まだ早いよ。もうちょっと暖かくなってからあぁぁあ~!?」グイッ!

雪「たらの芽・蕨・独活・蕗の薹!天ぷら・和え物・お浸し・お味噌汁!いざ山菜採り、参りましょう!」スタタタター

薔「誰かお姉ちゃんを止めてえぇえぇぇ…」


山菜の天ぷらは絶品だよね保守




雪「むむむ…薇採れましたわ~!」スバーン

薔「もう採れるなんて…地球温暖化恐るべし」

雪「あ!ほらほらばらしーちゃん!これがタラノキですわよ!」

薔「流石はお姉ちゃん。じゃ、採るね?」

雪「はしりのたらの芽…美味しそうですわね♪たらの芽は三度目までは採って良いと言うんですよ」

薔「なんで三度目なの?」

雪「本来は4~5月の間という事ですわ。それ以降に採ると芽が絶えてしまうと言われてますの」

薔「なる程…山菜採りにも色々ルールがあるんだね」


ガサガサガサ!


薔「………何、今の…?」ビクビク

雪「そうそう、この時期は冬眠から覚めたアレが彷徨き出す時期ですわね。アレは目を覚ますと、まず蕗の薹を食べるんだそうですわ」

ガサガサガサガサガサガサ!


雪「諸説有りますが、私が思うに蕗の薹を食べる事で胃腸の活性化を促すのではないかと」

薔「雑学披露乙…とにかく退散しよ?」

熊『グオオォォオオォオォォ!』

薔「きゃあああああああああ!?」

雪「(゚∀゚)クマー」ジリジリ

熊『グオオォォ?』ビクゥ

薔「お、お姉ちゃん!?」

雪「知ってます?熊の掌は美味とか。是非ともこの機会に珍味(゚∀゚)ウマーを…」ジリジリ

熊『グ…グギャオォオ!』ガサガサ…

雪『逃がしませんわぁ!』スタタタタ…

次のニュース……山菜採りに山に入った姉妹……妹は無事保護……姉は現在も行方不明……捜索を続けるとの……


山菜採りは注意して行こうね保守




horror guroino 

4月1日

今日、わたくしの家に見知らぬ小包が届きました。開けてみるとそれはお肉だったので調理していただきました。あまり美味しくなかったのが残念でした。

4月2日

今朝から少し熱があるようです。風邪かも知れないと思い学校を休みました。そうそう、昨晩のお肉料理を食べた白崎さんが強烈な吐き気をもようして入院してしまいました。随分と足の早いお肉のようです。

4月3日

熱が下がりません…それどころか上がってきた気もしてきました。あと、体中に痒みを感じ始めています。寝汗で蒸れてしまったのでしょうか?困りました。
それでもお腹は空くらしく、調理する元気は無いので仕方なく生の食材を。不思議と悪くなかったです。

4月4日

熱いです…かゆいです…とくにかゆみが増えてきました…ですが勢いよくかいたらひふが割けてしまいました…こまりました…ああ、熱いです…かゆいてす… 

4月6日

あんまりかゆいのでかきつづけたら、にくがくさりおちたのです。わたくしのからだ、どうな て…?

4月8日

ねつ がおさました。よかた です。かゆい まだですが、いい です。
おなか すくので、たくさんたべ ました。なくなた こまりますた。さがしますだ。

4月11日

しろさぎ きま した。ひどい かお してた で、たべ した 。 おいし った です。
からだ まだかゆ す

4月15日

かゆ うま



薔「…で、これをジュンに読ませて、そのゾンビメイクで飛び出したんだ?」
雪「ええ…日記の始まりが4月1日なので気づくかとも思ったのですが…」
薔「ジュン…カンペキに気絶してるね」
雪「どうしましょうか?」
薔「…たべよっか」
雪「…そうですわね」






新連載保守

雪「ふっふっふ…」

雪「くっくっく…」

雪「あーっはっはっはっ…ゴホッ!ゲホッ!」
ジ「よし、とりあえず落ち着け」
雪「ジュン様!出番ですわ!わたくしの出番がやってきたのですわー!」
ジ「よかったな。カンペキにボスキャラの位置付けだ」
雪「イマイチこのスレでもキャラの位置付けに悩んでおられた方も、これからの活躍でわたくしのイメージがずずずい~っと国境を越えてー!ゴホッ」
ジ「うん、何よりだ」
雪「きっとSSの数も鰻の蒲焼き登り!最下位脱出なのです!下克上ですわ!」
ジ「そうか。じゃあついでにアレを見ろ」
雪「はい?」

薔「バラバラり~ん…バラバラり~ん…アニメ終わってもバラバラり~ん…
バラバラり~ん…バラバラり~ん…出番無くてもバラバラり~ん…」

雪「・・・」
ジ「ふう…厳しい世界だ」
|