※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

今日は真紅とJUNはハイキングに来ました。

紅「いい眺めなのだわ」
JUN「この崖からの眺めは桃種市が一望出来て最高だね」
紅「説明ご苦労様」
JUN「?」

紅「其れにしても空気が美味しいわ」
JUN「嫌なことも全部吹き飛ぶね」

JUN「でも今日は特別だ」
紅「?」
JUN「真紅と二人きりだから」
紅「主人をからかうものじゃ無いのだわ」(////)

JUN「本気なんだけど…真紅顔が真っ赤だよ」
紅「もう!馬鹿、知らないのだわ」
真紅はJUNの胸を甘く叩いた

JUN「いたたた、辞めろよ」
何度も叩いてJUNの体は少しずつ後退していく。

JUN「止せよ真紅www」
紅「馬鹿馬鹿(ポコポコ)」
気がつくとJUNの足元から地面が消失しました。
JUN「アアァァー」
紅「主人をからかった罰よ」

JUN「ふー、死ぬかと思った」

 




JUN「【うずしお】【ぐるぐる】とかけまして」

JUN「真紅ととく」

乙女S「そのこころは」

JUN「新旧洗濯機でしょう」


雛「今日こそJUNは死んだなの」

 




紅「JUM、ちょっといいかしら?」
J「なんだ?」
紅「『sink』と『think』発音の違いが分からないのだわ。教えて頂戴」
J「僕はあまり英語が得意じゃないぞ。それに、真紅の方ができるだろ?」
紅「い、いいから早く言うのだわ」
J「はぁ、分かったよ。シンク。っと、シンク」
紅「JUM、違いが分からないわ。もう一回よ」
J「シンク。シンク。これでいいか?」
紅「よ、よく聞こえなかったのだわ。もっと大きな声でお願いできるかしら?」J「シンク! シンク!」
紅「もっと大きな声で!」
J「シンク! シンク! シンク! …………
紅(あぁ、最高なのだわ……)


翠「真紅、真紅うっせぇです。いちゃつくなら他所でやりやがれですぅ」
蒼(鋏研がなくちゃ)

 




薔「トイレのシンク…ぷぷっ」

薔「ムム!?殺気!とうっ!」
ヒュバ!

真「何かしら…この胸奥から沸々と沸き上がるドス黒い感情は…」

朝ほ

 




JUN「真紅お前にどうしても会いたい人が居るんだ」

紅「どんな人なの?」

JUN「まあ合って貰えば解るんだが」

JUN「ジョルジュさんだ」

  _  ∩
( ゚∀゚)彡 美賓乳!美賓乳!
  ⊂彡

紅「喧嘩売ってる?」

 




紅「これから数時間キッチンを閉鎖させてもらうのだわ。」

数時間後…
ジ「ふぁあ…トイレトイレ……ん?台所の電気が。真紅の奴まだ何かやってんのか?」

ジュンは何気なく閉ざされた扉に近づく。
すると中からグツグツという音が聞こえてくるではないか。

ジ(あぁ、そういや明日はバレンタインだっけか。真紅の奴、まさか僕に?)ソッ

紅『エロイムエッサイムエロイムエッサイム…』ブツブツ
ジ「!?」

紅『ふぅ、頃合いね…。さてと…次は黒ヤギの角と蝙蝠の血を……』
?『ピギャァアー!』
紅『こら!チョコの分際で暴れるんじゃないのだわ!この!このぉっ!!』ドガッ、バシッ!
ジ「………」

『グギュ…グブプププ……』
紅『まったく…さて、続けるといくのだわ。』


それからジュンは急いでありったけの荷物を掲げ家を出た…。

137:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。: :2008/02/13(水) 20:19:29.80 ID:YWPOimIRO 
>>133
真紅のチョコなら毒入りでも食べるよ




西暦2008年バレンタインデー…惨劇は突如として訪れた…


『キシャァアアアアアアアアアッ!!』
ジ「な…何だあの巨大な化け物は!?」
紅「チョコよ。」
ジ「……は?」
紅「チョコの原料から作ったのだもの…間違いないのだわ。」
ジ「ちょwww作ったってwww」

紅「感謝なさい、この私がわざわざ手作りしてあげたのだから。
遠慮なく召し上がるといいわ。」
ジ「あれを…か?」

『ギョァアアアアアアアアアアアッ!!』ドシーン、ドシーン!

紅「…嫌なの?」ウルッ
ジ(くっ…その涙目は反則だろ!だが、あんなもんどうやって食えってんだよ!?)

>>137「真紅のチョコなら喜んで食えるぜっ!!」ダッ!

ジ「あ、おい!あんた、危ない!戻れぇえーッ!!」
>>137「うぉおおおおおおっ!」ガツガツガツ…
>>137「うぐっ…!」

>>137は突如として紫色の液体となって崩れていった…。


ジ「ムチャしやがって……皆!>>137の果てしない愛と勇気に……敬礼!」ビシッ!
住人達「(`・ω;´)ゝ」ビシッ!




紅「JUN私からチョコレートをあげるのだわ」

JUN「まさか?手作りじゃないよな」

紅「もちろん手作りよ」

JUN「・・・・ついに生死の境目がやってきました、食べますか?食べませんか?」

紅「まったく、失礼な下僕ね、主人の好意を素直に受け取りなさい」

JUN「真紅、その指・・・火傷?」

紅「なんでもないわ(///)、それより早く食べなさい・・・御願い・・・」

JUN「わかった、真紅のその指を見て食べないわけにはいかないよ」
   「開けるよ、・・・チョコレートケーキか、早速いただきます」

紅「どうかしら?・・・形はその・・・上手くないけど」

JUN「お、旨いよこれ。馬鹿にしてごめんな」

紅「ほんと?・・・良かった・・・」 

JUN「ほんとに旨いよ、真紅も食べるか?」

紅「え?・・・うん(///)」

JUN「あーん(///)」

紅「え?え?」

JUN「早く口を開けろよ、結構恥ずかしいんだから(///)」

紅「あっ・・・あーん(///)」
 「本当に美味しい・・・今度は私が食べさせてあげるのだわ(///)」

JUN「え?いいよ、恥ずかしいから」

紅「いいから、あーんなさい(///)・・・嫌なの?」

JUN「嫌じゃない・・・あーん(///)」
   「美味しいよ・・・」

紅「あたりまえよ、この私が作ったんだから・・・」

JUN「火傷しながらな」

紅「もう、馬鹿、知らない」




ジ「お前は犬のクソを僕に食わせようというのか?」
紅「れっきとしたチョコレートなのだわ」
ジ「なんだか臭いまでうんこっぽいような・・・」
紅「いいから黙って食べなさい!」ポイッ
ジ「ぎゃー!! 真紅が犬のウンコ投げつけてきたーっ!!」
紅「食べなさーいっ!!」


薔「すごい・・・プレイ」




ジ「コタツから出なさい」

紅「絶対嫌よ」

「そもそもそれは僕の家のコタツだ」

「貴方自体私の所有物だからこのコタツも私の物だわ。だから紅茶を持ってきて」

「なんだそのジャ○アン理論。なら引っ張り出すまでだ」

「甘いわね。奥の手よ!」モソモソ

「頭だけ出してお前は亀か?」

「私はコタツを背負って生きるのだわ!」

「…じゃ電源OFF…と」カチッ

「ああっ!?ひどいのだわ!ひどいのだわ!早く電源入れなさい!」

「やなこった。じゃあな」ガチャン スタスタ…

「僕失格だわ…モソモソ…と、届かない…!…仕方ないわね」


ジュンの日記より抜粋

届かない位置の電源切ったら出てくると思って覗いたら、ツインテールが手のように動いてコンセントを差し込んでた。真紅…もしか(文字が掠れていて読めない)







「真紅ぅ、リモコン取ってぇ」
「仕方無いわね…」

シュルシュル

「はい」
「(今…、髪がリモコンを……)」
「真紅ぅ~?」

?「貴女の事呼んでるわよ?それじゃあまた」スタスタ…

「あらぁ?今の人誰ぇ?」

「最近親しくなった人よ。ミリア・レイ○さんという方なのだわ」


「……貴女の髪…大丈夫…よね?」








紅「ジュン、だっこして頂戴」
ジ「やだよめんどくさい」
紅「紅茶がなくなってしまったのだわ。でもこたつから出ると寒いし」
ジ「なら僕が淹れてきてやるよ」ヒョイッ
紅「あ・・・う・・・」

雛「だっこしてもらいたいならもうちょっと口実を考えなきゃダメなのよー」
紅「うう・・・」





金の場合
みつ「カナーご飯よー」
金糸雀「今行くかしらー」
金「・・・ねぇ、みっちゃん」
み「なぁに?カナ」
金「カナね、みっちゃんがいてくれて本当に良かったって思ってる」
み「へ?ど、どうしたの急に」
金「ううん、ふと思ったの」
金「だってみっちゃんはカナのためにご飯を作ってくれる」
金「いつもカナのそばにいてくれる、よく世話をしてくれる」
金「カナにとって、みっちゃんは神様みたいな存在かしら!」
み「カナ・・・カァナァァーー!!」
金「みっちゃぁーーん!!」

真紅の場合
真紅「ジュン、紅茶を淹れて頂戴」
ジュン「何で僕がそんなこと・・・ほらよ」
真「ありがとう」
真(ジュンったら文句は言うけど結局やってくれるわね)
真(それになんだかんだ言っていつもそばにいてくれるし)
真(いつだったか、服のほつれを直してくれたこともあったわね)
真「つまり・・・私はジュンの主人で姫君で女神様なのだわ!」
ジ「何がつまりなのかわからないが、そんなことはない」
|