※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《薔薇国志》 第二章之間乃三

ラ「トッリビィアァァァルっっごっふぁ!?」
真「――先に、言う事があるのではなくて?」
ジ「………人間(?)って、あんなに簡単に宙を浮くものなのか………」
ラ「前回から間が空きすぎました。申し訳ありませぬ」
真「治療の必要はなさそうね………まぁ、ナマモノの異動があったりしたものね」
ラ「忙しかったのです。どう頑張っても取れなかったのです」
ジ「言い訳っちゃぁ言い訳だけど………ん?とれない?時間が、か?」
ラ「いえ、嫁が。ドールズは勿論、ミーディアムの方々さえ………分殺………っ」
真「分って所が生々し――って、何をやっているのだわ!」
ラ「は、嫁取り合戦をっっぐっはぁ………っっ!?」
ジ「腹に穴があきそうな勢いだな………と言うか、よくあれ喰らって即回復できるなぁ」
ラ「は、行数もない故。――特に進展がなかった為、今回は周りの状況を」
真「身近な脅威は………とりあえず、北の劉焉ね。史実では守りの印象があるけど」
ジ「本人よりも、配下武将がなぁ………法正がいるだけで嫌だ」
真「そうも言ってられないでしょ?――その上にいる馬騰も厄介ね」
ジ「武力ではお前以上の五虎将・馬超もいるしな」
真「………そう言えば、劉備――蜀軍が見当たらないんだけれど?」
ジ「………時代(年代)が悪かった。ない」
ラ「袁紹殿の客将になっているようですな。その代り、彼の義兄弟殿が」
真「………美鬚公、曹操の軍で太守になってるわね………」
ジ「ただでさえ厄介なのに………頭が痛い、所の話じゃないなぁ………」
ラ「因みに、ジュン殿以外のミーディアムの方々は?」
真「影も形も。一通り登録はしてあるんだけど………」
ジ「………まぁ。武力はどれも低そうだから、今のところ必要ないしな」
ラ「貴方の幼馴染殿が飛びぬけているのですが。それはともかく」
ジ「ドールズもだけど、一応、全員『使える』様にはしてる。――ん?」
ラ「 次 回 こ そ は 戦 争 で す な っ !?」
ジ「顔を寄せるな。まぁ、そうなるだろう――お前が期待している様な事にはさせないけど、な」

|