※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 
 
一瞬、呼吸が止まっていた。痛くて――――どうしようもなく胸が苦しくて。
私は唇を閉じることができずに……俯いて、頻りに喘いでいた。
胸元に抱き寄せた携帯電話のディスプレイに、ぽた、ぽた……雫が降る。
いつの間にか、自覚もないまま、涙が溢れていた。人目なんて、気にもならなかった。

【ありがとう】
滲んでよく見えない目を擦りながら、タイトルを書き換えて、返信。

【お世話になりました。二人で鐘を鳴らしたこと、私、きっと忘れません】

たったこれだけの文字数を、何分も掛かって打ち終え、送信。
――直後、ふと……どこかから、聞き覚えのあるメロディが流れてきた。
この曲……ホイットニー・ヒューストンの『Saving All My Love For You』ね。
邦題は、確か『すべてをあなたに』で、歌詞の内容は不倫相手へのメッセージだったはず。

誰かの使っているiPodか携帯電話の着メロが、タイミングよく聞こえてきたのかしら?
――そうね。きっと、それだけのこと。
さて。唯一の心残りも吹っ切れたし、出国の手続きを済ませてしまいましょう。
涙を拭って、ふたつのケースに伸ばした腕を引き留めるように、携帯電話が振動した。
見れば……またも、彼からのメール。タイトルは【書き忘れ】ですって。
いまさら、なによ――

【あと二年、僕に時間を与えて欲しい】

なぁに、これ。もう結論は出ているでしょうに、二年も費やして、なにがあると言うの?
……バカみたい。いま一緒に来てくれないなら、2度目なんてないのよ!

【バカ】そうタイトルを付けて、返信した。本文も【バカ】と、一言だけ。
すると、また――数秒後に『Saving All My Love For You』が聞こえてきた。
ただの偶然? それとも――?

どこから聞こえるのか。鳴り止まないメロディを追って、周りを見回す。
邪魔な雑踏を掻き分けて、辿っている間に、また音が止んだ。
見失いたくない。咄嗟に【バカ】のメールを再送する。また、あのメロディが私を導く。
そして、やっと――

「あっ!」柱の陰に身を潜めていた彼を、見つけた。
ここまで来ておきながら、顔を合わせずに別れるつもりだったの?
本当に、バカみたい。腹立たしくて、私は彼に掴みかかっていた。「どうしてっ!」

彼は、バツが悪そうに、頭に手を遣った。「ごめん。なんか……気後れしちゃって」

「だからって、こんなの酷い! 私が、どんな気持ちで待っていたと思って――」
「うん。本当に、すまなかった。どうしようもないバカだな、僕は」

言って、彼は、持っていたビニール袋を掲げた。「これだけは、渡しておきたくって」
なにかと思えば、夫婦饅頭。江ノ島のお土産なんだと、彼は微笑み、教えてくれた。
そして「これが僕の答えだよ」――とも。

「君の隣に居てあげたいんだ。いつまでも、ずっと。
 あ、で、でも……だからって結婚とか、そういうつもりじゃなくて……なんて言うか」
 
  


 
 
オディールさんは、揺れる瞳で、僕を見つめていた。
情けない話だけれど、その目に射竦められて、僕は声も出せなくなっていた。
彼女が、掠れた声を絞り出すまでは――

「どうして……二年なの?」
「――実は、僕の受け持つクラスに、素晴らしい才能を持った生徒が居るんだけどね……
 ある時、彼のココロを、深く傷つけてしまったんだ。僕の軽挙妄動によって。
 良かれと思ってたんだ。こんなにも優秀な才能は、もっと広く評価されるべきだ、と」
「……けれど、彼は注目され、批評されることを望んでいなかった?」
「そうだね。彼は同年代の子たちより、感受性が研ぎ澄まされ過ぎてたんだと思う。
 誰よりも純粋に物事を捉え、誰よりも繊細な方法で表現できた――
 だからこそ、彼の造る物はどこか儚げで、それゆえにピュアな輝きを放っていたんだ」
「純粋にして繊細……針の上に置かれたコインみたいに、絶妙のバランスですわね」
「うん。衆目がもたらす風に揺らされたのは、コインか、針か。それは分からない。
 どっちにしても、彼の鋭敏な感覚は、堪えきれなかった。
 ココロを閉ざして、不登校になって……昨日も、君と会う前、彼を訪ねてたんだよ。
 これはね、僕なりのケジメなんだ。ただの独善かもしれないけど、それでも――
 彼に立ち直って欲しいし、立派に卒業してゆく姿を、ちゃんと見送ってあげたいんだ」
「そのための、二年でしたのね」
「待っててくれるかい?」

ひとつ頷いて、彼女は鼻を啜りながら、はらはらと涙を流した。

「ホント、バカみたいだわ、私。早とちりして、勝手に怒って……あなたのこと、バカ、だなんて」
「実際、バカだからね。もっと早く返事してあげられなくて――本当に、ごめん」
「いいんです。あなたは、こうして……ちゃんと来てくれたから。
 でも、そうね。二年も待たされるんですもの。この場で、契約してもらわなくっちゃ」

そう言うが早いか、彼女は泣き顔のまま、僕のネクタイを掴んで、グッと引っ張った。
思わず前のめりになった僕の唇に、柔らかな感触が吸い付く。
とても情熱的で支配的ながら、どこか、献身的ないじらしさを感じさせるキス。
その瞬間、僕の胸に、江ノ島で鳴らした『龍恋の鐘』の音が、鮮やかに甦った。

「ふふ……もらっちゃった。契約の証」
「――まいったな。こんな所で、こんなこと……心臓が破裂しそうだ」
「私も。すごく、ドキドキしてます」

周りの人の目が気になって、正直、死にそうなほど恥ずかしい。
だけど、涙も拭かずにはにかむオディールさんを見ていると、幸せな気持ちが募って……
このまま帰したくない。そんなワガママが、喉まで出かかっている。
僕は、それを言う代わりに、彼女の肩をしっかりと抱き締めて、もう一度キスをした。
完全な不意打ち。オディールさんは、僕の腕の中で固まっていた。

「契約は、相互信頼の元に結ばれるものだよ。だから、これでカンペキだね」
「…………もぅ……バカぁ」

彼女は、顔ばかりか肌まで朱色に染めて、また、啜り泣いた。
 
僕を見上げる潤んだ瞳。形のいい鼻梁。キスしたばかりの唇は、ひときわ紅く濡れている。
更に、その下――すらりと尖った顎のライン越しに見えた奇妙な色合いが、僕の目を惹いた。
オディールさんの喉に、三日月状の痣が浮いていた。気道の左右に一本ずつ、向かい合うように並んで。
どうやら肌が上気したときだけ現れる古傷みたいだけど……なんだろう? 歯形……みたいな?

僕の視線の先に気づいたらしく、彼女はさりげなく襟元を手で覆って、顔を伏せた。

「あ、あの……私、そろそろ行かないと」
「タイムリミットか。じゃあ、仕方ないな」
「ねえ。毎日とは言いませんけど……四日に一度くらいは、連絡してくれる?」
「二日に一度、電話するよ」

僕は言って、オディールさんの手に、お土産の夫婦饅頭を渡した。
彼女は、本当に嬉しそうに笑って、その包みを胸に抱いた。

「約束ですよ。ずっと、ずっと、夢でも現でも、いつでも待っていますわ。
 もしも私を裏切ったりしたら……黒い天使さんが、お仕置きに行っちゃいますからね」
「おいおい……。笑顔で、さらっと恐いこと言わないでくれよ」
「このくらいは契約の内でしょう? うふふ……今から、とっても楽しみです。
 あなたは、私に――どんな色を着けてくださるのかしら」

どういう喩えだろう? ボディペイント? それとも、あなた色に染めて――って意味なのか。
うーん。いまいち、女の子の気持ちって解らないなぁ。
だけど、そんなコト言われて、悪い気はしない。むしろ、嬉しかった。

僕らは、置きっぱなしになってる彼女の荷物を取りに戻った。
キャスター付きのスーツケースと、機内持ち込み用と思しい黒い鞄。
彼女は黒い鞄の方に、夫婦饅頭をしまい込んだ。
その際、チラッと――鞄の中に人形みたいな影が見えた……気がしたのは、目の錯覚かな。

オディールさんの搭乗手続きも終わり、僕らも、いよいよ別れなければならない。
なのに、こんな時に限って、僕の頭は巧く働かない。
気の利いた台詞のひとつも思い浮かばず、かと言って、さよならだけじゃ物足りなくて――
せめてもの時間稼ぎとばかりに、僕は彼女に問いかけていた。

「結局のところ、ローザミスティカって、なんだったんだろう。君は、どう思う?」

なんともまあ、色気も何も、あったもんじゃない。
もっと、この場に相応しい話題が、ありそうなものなのに。
でも、彼女は、呆れたり、嫌な顔もしないで、答えてくれた。

「古い写真を収めたアルバムみたいなもの――では、ないでしょうか?
 現代風に言うと、デジタルカメラのメモリカードに、近いかもしれませんね。
 そこに収められていたのは、実の父に対して偏執とも言うべき愛情を抱いてしまった娘の、断片的な記憶で……
 ある種のパスワードに反応して、目覚めてしまったんじゃないかしら」
「ローザミスティカを呑んだ雪華綺晶は、それによって狂わされた、と?」
「……さぁ? ただの推測です。今となっては、確かめようもありませんし」
「まあ、そうだよね」

あれこれ気を回したところで、過去を書き換えることなど、誰にもできはしない。
大切なのは、今を生きて、これからを切り開いてゆくことだ。
肝心なところで思慮の足らない僕のことだから、この先も、いろいろと失敗するだろう。
誰かを傷つけてしまうことも、あると思う。

だけど、それを怖れて立ち竦みたくはない。それが、僕の生き様だから。
失敗したら、次は成功するように、努力すればいい。傷つけたなら、ケアすればいい。
挫折と克服。人生なんて、その繰り返し。その程度のことでしかないと、思っているから。
 
 

 
 
「それじゃ、元気で」
「あなたもね、梅岡センセ。例の生徒さん、立ち直ってくれるといいですわね」
「頑張ってみるさ。僕だけじゃ、どうにもできない問題かもしれないけど」
「迷って、挫けてしまいそうなときは、相談してください。私でも、少しなら役に立てるかも」

ありがとう。彼は人好きのする笑みで、出国手続きに行く私を、見送ってくれた。
私も、スーツケースを引いていた手を放して、小さく、バイバイ……。
歩きながら、何度か振り返ってみたけれど、彼はずっと、優しい笑顔を崩さなかった。
そして――最後に振り返ったとき、彼が、言った。

「会いに行くときは、もっといいお土産を持ってくから!」

言って、彼は両腕を上げると、頭の上に大きな円を作った。
なぁに? まさか、指輪? それとも、また――夫婦饅頭でも持ってくる気かしら?
あの人なら、やりそうね。金箔をまぶした夫婦饅頭とか、ね。

「楽しみにしてますわ!」

それは、皮肉なんかじゃない。私の偽らざる本音。本当に、楽しみで――
いつの間にか、私は笑っていた。ココロから幸せを感じて、笑っていた。
こんなこと……何十年ぶりかしら。
 
 
出発を待つ機内で、鞄の中から水銀燈が囁きかけてきた。
彼を繋ぎ止めている生徒の命を、いまから搾り尽くしてきましょうか、と。
そうすれば、くびきを解かれた彼が、すぐに私を追ってくると考えたみたい。
私は――彼女の気遣いにお礼を言って、続けた。「でも、いいのよ。このままで」
 
彼は生徒さんを傷つけたことに対して、強い責任を感じている。
もし生徒さんを死なせたら、彼まで自殺してしまいかねないほどに。
だから、これでいいの。時間なら、たっぷりあるし。私はただ、ゆっくりと実りを待てばいい。
私はシートに背を沈めて、瞼を閉ざし、ささやかに――近い未来を夢中に描いた。
 
 
  愛しています。
  愛して下さい。
  ぐるぐると――それこそ未来永劫、二人の想いが廻るだけ。
  それが、私の望む世界の、すべて。
 
 

 
 
 『モノクローム』 完
 
 
|