※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

もうすぐだ。もうすぐでこの大事件を俺の手柄にできる。
長かった。本当に気が遠くなりそうなほど長かった。
この調査には、俺の全財産を掛けている。
この記事を会社まであとは届けるだけ。そうしたら俺はヒーローになれる。

夜、いまだに光の途切れることの無い繁華街。
この封筒だけは何者にも奪われちゃいけない。
大手出版社に運よく就職して3年。何のいいこともなかった。だが、その3年は、今日という日のためにあったのだろう。
抱える封筒の中身は、ここ40年で最大とも言われる、大物政治家の汚職事件についての証拠だ。

くくく。他の出版社を出し抜いてやれる。それに、この事件の核心に触れていることは、編集部の人間にすら言っていない。
部内が騒然とするのが目に浮かぶ。そしてすぐに、俺を称えるに違いない。
ああ、楽しみで楽しみで仕方が無いなぁ。

浮かれるのも当然だろう、とだれに対するでもなく呟く。
いままで、自身を馬鹿にしていた編集長。見下していた同僚。
いくつもの顔が、浮かんでは消えてゆく。
そのどれもが、驚愕し、嫉妬にゆがんでいた。
タクシーを使う気にはなれない。
タクシーが見つからなかった訳なんかじゃない、出版社までの、ネオンの輝く道が、俺だけのためだけに用意された、赤いじゅうたんのように感じたからなんだ。

ふと、自分を呼ぶ声が聞こえた。
当然のことながら、名前で呼ばれたわけではなく、風俗店への呼び込みなわけだが。

「お兄さん、そこのお兄さん。私を買ってほしいの」

それは、風俗、男を知っているにはあまりに幼すぎる声だった。
見たところ、その少女の年齢は、中学校に入りたて、とは言いすぎだが、そのくらいのようにも感じられた。
胸には、大きなバックを大事そうに抱えている。家出でもしてきたのであろうか。
おそらくその中には、適当に詰め込んだ衣類が入っているに違いない。
家出をしたはいいが、金に困り、適当にみつけた男に声を掛けたというところか。

おもしろい、買うか。

「幾らだ?」

普段なら、断っているだろうが、この日ばかりは特別だった。
自分への祝いだ。

その少女は、片手の指を数本立てて見せた。

この外見なら、もう少し取れるだろうに、といえる金額だった。

どちらでもいいか。
損をするのは俺じゃない。
さぁ、楽しむことにしよう。

そして二人は、近くにある、ラブホテルへと入り、無人のチェックインを通り、空いている部屋へと行った。

先にシャワーを済ませた少女の待つベッドルームへと向かう。

バスローブに着がえた少女は、暇そうにベッドの端にすわり、物珍しそうに、部屋の中を見渡していた。

もしかすると、このようなところに来たのが初めてなだけではなく、性行為すら初めてなのかもしれないな。
最高の上玉だな。あのフランス人形のようなかわいらしい顔が、喜悦に歪むのを早くみたい。
だが、その前に少しだけ、シチュエーションを楽しもうか。我慢したら、我慢した分だけ、ご馳走はうまくなる。

「なぁ。君の名前は何て言うんだい?」

どうせ二度と会うことの無い行きずりの相手でも、名前を知っているほうが、燃えるだろう。

「私?私の名前は雛苺って言うの。ヒナって呼んでほしいの。お兄さんの名前は?」

首をちょこんと傾けて言うしぐさがかわいらしい。
決めた。この娘が絶頂に達するときには、首を閉めながらにしてやろう。
快感の海に溺れながら、現実の世界でも空気を奪い、溺れさせてやる。

「俺の名前は、茂部って言うんだ。さてヒナちゃん。今日はどうしたんだい?
 家出でもしてきたのかな?大方、家出したけど、お金が足りなくなって、 俺を呼び止めたってとこかい?」

雛苺の顔が、驚きの色に染まる。

「すごいの!当たりなの!どうしてわかったなの?」

こんな簡単な推理にも驚いてくれる。彼女はいい客だった。

「まぁ、ヒナちゃんの状況を見れば、すぐにわかったよ。というか、分からないほうが不思議だね」

彼女はひとしきり感心した後、何かに気がついたようだ。

「あ、お兄さん。頭に糸くずみたいなのがついてるのよ。ヒナがとってあげるの。こっちに来て欲しいのよ」

言われるままに、俺は雛苺の隣に座り、頭を出す。

「ちょっと、あっちを向いて欲しいの」

そのまま体を回転させた。
頭を触り、何かを取る感触。

「そのままあっちを向いていて欲しいの」

このあと、服を脱ぐ音が聞こえ、振り向いて、との声がし、振り返ると、彼女の裸が目の前にあるに違いない。
これは、彼女の恥じらいか。

そう思っていると、首に彼女の腕が巻きつく感触がした。
背中には、見た目の割りに、大きな二つの乳房があたる。
その感触を楽しんでいると、腕にこめられた力が急に増してくるのを感じた。
あわてて、腕をはずそうとするも、うまく外れない。
少しずつ暗転してゆく視界の中、耳元でこんな声がした。

「頭の後ろなんて、見えるわけ無いじゃないの。分からないほうが不思議ね」

あ、書類を届





ローゼンメイデンが普通の女の子だったら

NE

第一話

「Shutting from the sky」





数日前。

午前六時。じりりり、というけたたましい電話の音。
全く何だろう。人が気持ちよく寝てたというのに。

『アリス、起きていたか。仕事が入った』

前フリもなしに、いきなり本題に入る声。
まぁ、無駄話されると、それこそ切れそうだ。その分マシといえよう。

「一体何?どこの誰?」
朝早くに電話を掛けてきたことに文句を言ったところで、この人間には流されるだけであろう。
電話を掛けてきたのが、ではなく、“仕事相手”が誰か、ということを意図したものである。

『とある新聞記者だ。ちょっとお偉いさん方の気に食わないらしい』
「ふーん。期限は?」
『まだ決まっていない。というより、殺すかどうかすらもまだなんだ』
「じゃあ何で?」未定の仕事を依頼してくるのか。
『それに関しては、今日こっちに着てから話そう。十時ごろに来てくれ』

そして、一方的に電話を切られた。
まぁいいか。どっちでも。

人には言えない仕事をしている。
私の名前は、アリス。これは、便宜上つけられたものだ。
本当の名前なんて知らない。あるのかどうかさえ。
物心つく前に親に、スラム街というのすらまだ手ぬるいところに捨てられ、幸運にも、子供が欲しいと思っていた女に拾われた。
そして、その“母”が殺され、私は、その“町”で独りで生きることとなった。
ある程度、その女には学があり、私は、文字の読み書きができる。
どれほど月日が経ったのかわからないが、“町”で出会った同じ年ぐらいの少年、少女とともに、私は街の銀行へと強盗に行った。
途中までは完璧だったのだ。ありえないことが起こった。
そしていつの間にか、警官たちと銃撃戦になり、私だけが生き残った。
連行された警察署で何を気に入られたかは知らないが、司法取引として、汚れ仕事を請け負うことになった。

六年の訓練を経て、手にした仕事は、政府お抱えの、非公式な殺し屋。

出かける準備ができ、私は玄関を出る。
歩いて数分したところで、声を掛けられた。

「あ、おはよう雛苺。仕事か?」

声を掛けてきた眼鏡を掛けた青年に声をかけられた。
桜田ジュン。近所に住んでいて、人付き合いのほとんどない私の唯一ともいえる、一般人の知り合いだ。

「おはようなの、ジュン。そうなのよ、ヒナはこれからお仕事なの」

仕事は何ですか?と聞かれて、殺し屋です。なんて答えられるわけが無い。
一応、中小企業に勤めている、と言っている。

「そうか。方向同じだよな?駅まで一緒に行かないか?」
「うん!一緒に行けてヒナはとっても嬉しいの!」

駅までの数分、他愛ない話をしながら歩いていった。
ふと、二人はどのようにみえているのだろうか?と考えてみる。

……やはり、仲のいい兄妹だろうな。

そして、ついた駅で別れ、別々の電車に乗った。

“職場”につき、その小さなビルの入り口をくぐる。

「来ましたね、アリス。では、仕事の説明をしましょうか」
そう、私がいすに座るなり切り出してきたのは、電話とは別の男、白崎。
ウサギにどことなく似ている。

ここには、私以外には、殺しをする人間はいない。もともと、依頼はそう頻繁にあるものではないのだ。
一人でじゅうぶんに、事足りる。


今回の依頼主は、某政治家。
汚職事件がリークされそうだから、その前に殺してくれ、というもの。
一人殺したところで何が起こる?と言いたいところだが、今回に関したら、鍵を握っている人間はそいつ一人であり、そのことを誰にも口にしてないらしい。
つまり、そいつ一人を消してしまえば十分。
どうして依頼者がそれを知ったかなんて、興味がない。まぁ、馬鹿な男だ、とは思うが。
依頼は何の痕跡も残さず、文字通り消してくれ、らしい。

正直なところ、対象が誰であれ、興味なんてなく、ただ仕事をこなすのみだ。

今までしてきた仕事といえば、子供を殺された金持ちの親の犯人への復讐。政敵の抹殺などなど。
すべて、金持ちからの依頼だ。

この世界なんて、金を中心に回っている。




落とした男の下着を脱がし、バックに入れていた紙おむつに履き替えさせる。
そして、同じくバックに入れていたワイヤーで絞め殺す。
中には他に、膨らませた黒いゴミ袋六枚、肉切り包丁、のこぎり、簡易砥石が入っている。
ワイヤーがしまり、意識が無いとはいえ、必死に生きようとケホケホと咳ごむ。後ろから見ると、耳が真っ赤に染まっていた。
眼は充血し、舌は出て、涙、唾液、鼻水、様々な体液を垂れ流しているだろう。
酸素が脳まで回らなくなり、だらりと上がっていた手が下がる。そして、数回痙攣をした後、全ての活動を止めた。

鼻を突く、糞尿の匂い。全ての筋肉が弛緩したのだ。
ただの肉塊となった男の体を、バスルームへと引きずってゆく。

まず、紙おむつをはずし、トイレに流す。
勃起していた。男を殺したとき、大抵こうなっている。そうまでして種を残したいのだろうか。汚らわしい。
男のバスローブを脱がし、体をバスタブへと横たえさせる。
しりの辺りをシャワーで軽く洗い流した後、私もバスローブを脱ぎ、男の体を解体し始めた。
傍から見れば、ある種のエロティシズムを感じたのかもしれない。
死体と戯れる、裸体の女。その体は、紅に染まり。

小さなパーツに分解された男の体から、十分に血を抜き、何重にも重ねたゴミ袋へと入れる。
この男の所持品もすべてまとめてだ。
すべての片づけを終えた後、ドアのところで清算し、出ようとすると突然、めまいが来た。
ここのところ、ずっとだ。世界が、私以外の”人”を置いてゆき、音を忘れる。
そしてこの後には決まって“誰か”が来る。

「いつもながら見とれるほど手際がいいな、お前さんは。」

振り向きなんてしない。
この声は確か五人前に殺した老政治家だ。

「お前さんには悔やむことなんてないだろうな。
 だが、見守ろうとする人間はいるのだぞ。」

この声に、返事をしたことは無い。したらきっと、もう戻れなくなる。
馬鹿みたいだが、私は死者が怖かった。

彼らはいつも、甘い言葉で、私を誘惑する。時には、彼ら自身の過去を交え。
私が、普通の人間として生きることができるなどと、語る。

一瞬か、永劫か。どれほどの時間が経ったかはわからないが、また眩暈がし、世界に“人”と、音を呼び戻す。
このことは、まだ誰にも言っていなかった。

狂気の淵には、私しかいない。






DUNE 第一話 「Shutting from the sky」了

|