※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。





 しん、しん、しん。




「――くしゅん」

「――寒いですね」

「隙間風がちと酷過ぎやしないか?」

「我慢ですよ、坊っちゃん」

「全く…店の中には有る癖して、どうして此方には無いんだよ…」

「だから炬燵が有るんじゃないですか。頭寒足熱ですよ」

「くそう、上手く言いくるめちゃって…」

「さあ、そろそろ仕度を始めましょう。呉服屋『さくらだ』、開店ですよ――」


----------



「――はあ…今日はまたお客さんが少なかったな…こんな寒さじゃあ仕方無いか…
 ――ううっ、寒いな。店の中と外でこんなに寒さが違うのか…」

「そうねぇ…新しいストーブ、買った方が良いのかしらねぇ…」

「是非ともそうしてくれ、姉さん。此の寒さは敵わん」

「そうね…今度、電気屋さんに買いに行こうかしら…
 あっ、そうだ。ジュン君、豆腐切らしてたんだったわ。買ってきてくれないかしら?」

「ええっ!?こんな寒いのにか…」

「お願いよぅ、ジュン君。私達だって忙しいんだから」

「はあ…分かったよ。行ってくれば良いんだろう?はあ…――」



----------



「――ううっ、寒いな…肌襦袢、着て来て正解だったな……
 …済みません」

「いらっしゃい!おっ、坊っちゃんじゃあないか。随分長い間顔を見なかったな!
 今日はまた一段と寒いねぇ、雪まで降ってらあ!」

「本当ですよ。此の寒さは身体に堪えます…貴方も、其の格好で寒く無いのですか?」

「此れ位ならまだまだ我慢出来るってもんよ!何せ、冷たい水の中に手ぇ突っ込んで豆腐を取らにゃあならんからな。まあ、此れは此れでまた病み付きになっちまうんだよ。ははっ」

「そうですか…いやはや、羨ましいのか、羨ましくないのか、複雑な気分ですよ…」

「はは、但し慣れるまでが本当の地獄だったんだがねっ。
 ――処で坊っちゃん、あの娘の居処はもう判ったんかい?」

「いやいや、僕は知りませんよ。そもそも、行先を追ったりなどしておりませんですし」

「とか何とか言っちゃって、本当は心配で堪らないんじゃ無いのかい?」

「そうですね。ま、心配じゃ無いと言ったら嘘になりますね。
 でも、きっと、元気にしてますよ」

「そうだと良いんだがねえ…やっぱり、俺も気になっちゃうんだよな。結構偶に、買いに来てくれてたからなぁ…
 ――ほれ、八十円だっ」

「有難う御座います。……あの娘なら、今頃元気でやってますから…」

「…なあ、坊っちゃん。本当に逢わなくて、良いのかい?」

「…………」

「……済まねえ」

「…や、謝らなくても良いですよ。
 ――では、此れで。有難う御座いました」

「毎度っ。
 …坊っちゃん、俺はあの娘は確りやってると思うよ。だってあんなに強い娘なんだもんなぁ!
 …あの娘が無事なのを、俺は祈るとするよ」

「…………
 祈る、か……――」




《とある夢と微睡みの先での出来事》




 しん、しん、しん。




「――御馳走様」

「お粗末様でした」

「――其れにしても、最近は本当に着物を買う人が減ってきたなあ…皆買って行くのは小物ばかり…」

「そうですねえ…矢張、そんなにしょっちゅう買う物じゃ無いし、其れに、うちのは他に比べて値段が高いですからね…」

「だからと言って廉価品を売ると言う訳にも行かないしな。どうするか…」

「…私は、妥協も必要だと思うんだけど。最近、安価な羊毛なんかの素材を使ったのも出てきているらしいし――」

「駄目だ。代々続いてきた『さくらだ』の名を汚す訳にはいかん。其れだけは駄目だ」

「でも――」

「駄目なものは駄目だ」

「…………」

「ま、まあまあ坊っちゃん…」

「…あの娘が、居てくれたらなあ…」

「…何故彼奴の話になる」

「だって…あの時の賑わい振りと言ったら。同じ形の服が幾つ売れた事か…」

「……彼奴が居なくたって十分売れているさ」

「そんな事無いじゃない!確実に売り上げは減っているのよ!?潰れた店だって、少なく無いのよ?そんな綺麗事ばかり言っていたら――」

「店の看板を守る事の何処が綺麗事なんだよ!姉さんは何も解っちゃいない!」

「私の方が、店の事はよく知ってるわよ!此の侭じゃ確実に赤字なの…今の内に手を打たなきゃいけないの!」

「だからと言ってそんな真似は許さんぞ」

「何よ…まだ翠星石ちゃんの方が物分かりが良いわ…
 ジュン君よりよっぽど頼り甲斐が有るわよ!」

「何だと――」

「二人共、お止めなさい!」

「…………」

「どうしたのですか、二人共?…此処最近、ずっとじゃないですか…」

「…………」

「…もう寝る。お休み」

「…………」

「……のりちゃんも、少しは抑えて下さい。貴女が止まらないと坊っちゃんも止まらないんですから」

「御免ね、おばさん……
 ――はあ、どうして私、こんなに苛々しちゃってるのかしら…」

「仕方御座いませんよ。貴女の気持ちは痛い程分かります。
 ――坊っちゃんも、同じなのです。もしかしたら、あの人が一番心配しているのかも……」

「ええ――ええ…分かってるの…あの子が一番辛いって事位――」




----------




『――やっぱり、行くの?――ああ、国からの招集だ、行かなきゃならん――』

 …また、此の夢か。

『――して、どうして――仕方――無いだろう――』

 …止めろ。もう懲り懲りだ。

『――仕方無くなんか、無いじゃない――』

 …………

『――かないで、行かないで!――離せ!――』

 …止めろ。僕は見たく無いんだ。

『――厭…いやぁっ!――』

 …止めろ――止めろ!

『――其れは…できん!――』



----------



『――じゃあ、ジュン君、行ってらっしゃい――ああ、行ってくる――もう、泣くなよ、姉さん――』

 …此れは……

『――巴、行ってくる――…………――』

 …まだ、続くのか。

『――約束――戻って来たら、其の時は、籍を入れよう。だから――』

 …早く…終わってくれ…もういい…

『――待って居てくれ。必ず戻る――』



----------



「――……う、ううん…
 ――此処は…何だ?真っ黒――や、真っ白…
 …今、僕は落ち込んでいるのか?其れとも留まっているのか?一体何なんだ…」

 ――らだくん。

「…えっ、此の声…」

「…くらだくん――桜田君!」

「…まさ、か……柏葉、なのか…」

「ふふ、驚いた?」

「…嘘だろ…」

「あら、私の事を嘘呼ばわりなんて、酷いのね?」

「…ど、何処だ、何処に居る?」

「御免なさい。直接は顔を合わせられないの。貴方のたましいに直接話し掛けてるから」

「僕の…たましいに?」

「そ。何か変な感じだわ、ふふっ」

「…………
 柏葉、柏葉……済まなかった…」

「…どうしたの、急に?」

「…あの時、君を――僕は見棄てて仕舞って…君には本当に悲しい思いを…」

「…本当よね」

「…………」

「貴方ばかり格好付けて、私は泣いてばかり。何とみっともない事でしょうね」

「そんな事無い!君の顔を見るのが辛くて…怖くなって逃げ出した僕の方が、ずっと…ずっと…」

「…ふふっ」

「……何だ?」

「やっぱり、桜田君なんだな、と思って。
 あの人――蒼星石から聞いたでしょ?もうそんな事、とっくの昔に許してるって」

「然し…」

「もう、しつこいよ?しつこい人は嫌いだわ」

「うっ…わ、分かったよ…然し、本当に、赦してくれるのか?」

「…また言う…もう、嫌いになった」

「あっ…御免。もう言わないよ」

「ふふ。じゃあ、許します」

「…有難う…」

「…………
 ――でも、今の侭だと、やっぱり許せない」

「…何故だ?」

「貴方は、しなければならない事が有るのに、しようとしない。自分に嘘を吐いて、誤魔化して、其れから逃れようとしている」

「…………」

「貴方には、逢いに行かなければならない人が居る」

「…………」

「そうでしょう?」

「ああ。彼奴に、僕は逢わなければならない。
 然し…その、君は…」

「あら、死んだ人の気遣いは無用よ?」

「…そんな事、言わないでくれよ」

「…だって、本当の事じゃない。私は、器を無くしたの。私の器は、もう無いの」

「…そんな事、無い。僕はまだ、君の事を忘れていない。僕の記憶の――僕の『箪笥』の中に、君との想い出は大切に仕舞ってある。だから…君は、器を無くしてなどいない。君の器は、僕の中に『在る』んだ」

「…そうかなあ」

「そうだよ」

「そっか…」

「…………」

「有難う」

「…どう致しまして」

「…やっぱり、桜田君と話していると、何だか暖かい感じがするな。…私は貴方の事が、好きなのね。ずっと、そして此れからも」

「柏葉…」

「ねえ、また貴方の事、ジュンって呼んで良い?」

「ああ、構わないよ――巴」

「ふふ。ねえ、ジュン?」

「何だ、巴?」

「私は、貴方に巡り逢えた事を、本当に幸せに思う」

「ああ。僕もだ」

「私は、とても幸せなの。だから――貴方にも幸せになって欲しい」

「…………」

「…彼女の事、好きなのでしょう?」

「――ああ、好きだ」

「なら、逢いに行きなさい。彼女も、貴方が来るのを待っているわ」

「…良い、のか…」

「ええ」

「そうか…だが然し、彼女が何処に居るのか…」

「――終点の駅を降りて直ぐの通りを右に曲がって、三軒目の処。其処に彼女は居るわ」

「何故君が――うわっ、落ちる!」

「ふふ、私は何でも知っているのよ?」

「と、巴――」

「貴方の幸せは、私の幸せ。どうか、幸せになって下さい。
 ――其れと、またお墓に、来て欲しいな。全てが…終わった後に――」



----------



「――う。此処は…僕の部屋…もう朝か…八時半…
 今のは…夢、か――や、違うのだろうな。
 ――さて、行くか。待って、居るのだよな?ならば、迎えに行かねばな。
 今度こそ、今度こそ。此のハンカチーフを、返そうじゃないか。いい加減、持ち主に戻りたい頃合いだろうしな。
 待ってろよ。直ぐ行くからな――」



----------



「――終わったかい」

「ええ」

「そうか。お疲れ様。じゃあ、次は僕の番か――」



----------




 しん、しん、しん。




「――みっちゃん、ちょっと出掛けてくるですよ」

「何処に行くの?」

「――彼処の川に、行ってくるですよ」

「川?こんな寒いのにまたどうして?」

「何と無く、ですよ。変ですか?」

「――ううん、変じゃないわ。冬の川って、嫌いじゃ無いわよ?あの物憂げな雰囲気が、昔の事を思い出させてくれる…
 ああっ!懐かしき青春時代!私にだって花恥ずかしい乙女だった頃が――」

「ああもう、喧しいです!昔の思い出に浸るなら一人でするですよ!」

「何よぉ…冷たいわね」

「普通の人なら皆同じ事言うですよ。
 其れじゃ、行ってくるです」

「行ってらっしゃい――」




 さら、さら、さら。




「――綺麗ですね…
 喉、乾いたです…ちょっと位、飲んだって構わんですよね?
 ――ぷはぁ。ふう、冷たくて美味しいです…
 …………
 皆、元気にしてるですかねぇ……
 …………
 ジュン…ちゃんとご飯食ってるですかね…のりさんやおばさんに、迷惑掛けたりしてないですよね……
 ――っ、うっ……泣いちゃ、泣いちゃ駄目です……うっ…駄目、ですってばぁ……
 …………――」
 
 
 
----------



「――あれ、此処は?私は確か…川辺に…」

「――また、泣いていたのかい?」

「えっ、其の声…蒼星石!?」

「うん。僕だよ、翠星石」

「え…ええっ!?何処に居るですか、蒼星石っ!?」

「御免、今、僕は其方には居ない。別の処に居るんだよ」

「えっ、どういう事ですか?」

「要するに、君に直接語り掛けてるって事」

「……良く、解んねえです」

「まあ、そんな事どうだって良いじゃない。こうやって話が出来るんだから」

「そう、ですね…っ…ううっ…」

「どうしたの?」

「……やっと…やっと、貴女に逢えた…
 蒼星石…私は貴女に、謝らなきゃいけないです。貴女の最期を…看取れなくて、御免です…」

「…………」

「…私は…妹を見棄てて仕舞った…最低の姉です…本当に、本当に……っ、うっ……」

「……ほら、また泣いた」

「…だって……」

「全く…子供の頃は、人に隠れて泣いていたのに…今の方が、泣き虫さんなのかい?」

「…………」

「ほら、もう泣かないの。僕の姉さんだろう?」

「…分かったです…」

「――『伝言』の事、覚えてる?
 あのね、僕は君が来てくれただけで、最期に君の顔が見れて、本当に嬉しかったんだよ?
 もう逢えない侭、死んで仕舞うんじゃないかって思っていた。――君は、涙目になりながら僕のもとに駆け寄って来てくれた」

「…………」

「…あの時、来てくれて有難う」

「…蒼星石…」

「だから、謝るなんて言わないで欲しいな」

「…分かったです」

「ふふ、じゃあ、此の話は此処でお終い。
 僕が君に話をしに来たのにはちゃんと理由が有るんだ。
 ――ジュン君、此方に来ているみたいだよ」

「えっ――ジュンが!?」

「うん。そうみたい」

「嘘…どうして…連絡先、言わなかったですのに……」

「――愛の力、ってやつじゃない?」

「なななな、何を急に言いやがるですかぁ!」

「はは、ちょっとからかっただけじゃない」

「ふん、蒼星石にからかわれるなんて甚だ心外ですよ」

「そっか、ごめんごめん。
 ――逢わなくて、良いのかい?」

「…………
 あんな別れ方して、今更逢えねぇです。合わせる顔が無いですよ」

「…でも、ジュン君は君に逢いに来ているんだよ?」

「でも…」

「もう、昔から意地っ張りなんだから!――逢いたいんでしょう?」

「……はいです…」

「…なら、逢いに行こう?大丈夫、上手く行くから。僕が保証するから」

「…………」

「……ね?」

「…分かったですよ。しゃーないから、行ってやるですよ」

「うん、行っておいで」

「ええ。行って来るですよ」

「うん……」

「…………」

「…………」

「…蒼星石」

「…何だい?」

「――貴女は私の、世界一の妹です。そんな妹を持った私は、幸せです」

「ふふ、そっか。僕も、世界一の姉を持って幸せだよ」

「蒼星石…」

「さて、もうそろそろ、君は行かなくちゃいけないよ。ジュン君、帰っちゃうからね」

「…ええ。きっちり、話してくるですよ」

「頑張ってね。そして――幸せになってね」

「勿論です。蒼星石の分まで、頑張るですよ。
 ――それじゃあね、蒼星石」

「うん。じゃあ、翠星石――」



----------



「――ううっ、此処は…戻って来れたんですかね…
 …蒼星石、私、頑張るですよ。だから、そっちから見守ってて欲しいです。
 …うっし!ジュン、待っとれですよ――」



----------



「――そっちも、終わったのね?」

「うん、滞り無く」

「そう…ふふ」

「どうしたんだい?」

「…やっぱり、あの人と話していると、昔を思い出すな、って」

「そう。僕もだよ。でも、もう…」

「…ええ、分かっているわ。まだ、やらなきゃいけない事が残っているものね」

「うん。最後の締めだ」

「…………」

「…本当に、良いんだね?」

「ええ。固より此の心算だったし、今更戻れる訳じゃ無いから。
 ――覚悟は、出来てるわ」

「そう。分かったよ――」


----------




 しん、しん、しん。




「――済みません、何方か、いらっしゃいますでしょうか?」

「はいはーい――って、ええと、何方様ですか?」

「初めまして。桜田ジュンと申します。…ええと、すい――」

「貴方が噂のジュンジュンねぇ!?へえ、そう…貴方が…」

「ジ、ジュンジュン…」

「…あ、ごめんごめん。勝手にそう呼ばせて貰ってるの。あの娘がいつもジュンジュン言っているものだからつい、ね。
 ――翠星石に、逢いに来たのでしょう?」

「はい」

「…いやあ…貴方の眼、恋している眼よ…良い眼ね…」

「は、はあ…」

「ふふっ。あの娘なら出掛けているわ」

「…何処にですか?」

「此の先に川があるの。其処に居ると思うんだけど」

「…あ、有難う御座いました。其れでは、失礼します――」

「あ…行っちゃった――」



----------



「――此処か?
 ……誰も、居ないじゃないか…もう、行って仕舞ったのか……
 此の川も、綺麗だな…
 ――はあ…巴。人と人と云うのは、そう簡単に巡り逢えない仕組みになってるみたいだ…
 …………
 ――帰ろうか…また、来れば良いさ……」

「…………
 …本当に、来てたですか。……馬鹿。そんな簡単に諦めるなです。
 でも、こんな処で逢うわけには…彼処で…逢うなら、彼処で――」



----------



「――はあ……――」




 ピーッ。




「――…って、待ってですっ!」

「……えっ!?」

「はあ、はあ、はあ…」

「す…すいせ――」

「シーッ!」

「……え?」

「他の乗客さんに、迷惑ですよ」

「あ……」

「ふふっ。
 ――相席、宜しいですか?」

「…ええ、構いませんよ」

「有難うです――」




 ----
 --------
 ------------
 ガタン、ゴトン。




《とある夢と微睡みの先での出来事》

おしまい。
|