※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

----------




 ――此処は、何処だろうか。


 僕は――そうか、しんだのか。と言う事は、此処は天国、になるのかな?


 川だ。綺麗な小川だな。…ちょっと位、飲んだって構わないよね?
 ――ぷはぁ。
 くうっ、冷たくて美味しい。此方にも、こんなに綺麗な小川が在るのか。


 此処は、綺麗だな。見渡す限り、花だらけだ。花の絨毯。凄いな…姉さんにも、見せてあげたいな。
 姉さん――あの後、どうしちゃったかなあ…


 ――はあ…独り、か。だあれも、居ない。でも、こんな綺麗なお花に囲まれているなら…


 此の樹は…ふふっ、立派な樹だね。ちょっと、もたれても構わないかな?少し、眠りたいんだ。――



----------



 ――ん、ふあぁ。
 あれ…雪?うわあ…真っ白…綺麗だな。辺り一面雪景色、読んで字の如くだな。
 でも、さっき迄咲いていた花は、何処に行っちゃったんだろう…
 此処に来るという事は、あの花達もきっと…


 ――ううっ、風が…!…あれ、今度は湖…?
 …ははっ、何だか楽しいなあ。こんなに楽しいなら、さみしくも無い、かな?
 あ…待って…まだこのままで、このままがいい――



----------



 ――随分と時間が経ったな。今、何時だろう?時計が無いと不便だなあ。まあ、いいか。
 姉さん――今頃何やってるんだろうな…
 僕は、未だあっちでやり残した事が有るというのに…


 ――今度は何だ?…此れは…彼岸花…

 あっ、あれは…人?久し振りだなあ。あの人は――何だか、僕に似ているな。漸く、まともに話が出来そうな人が来てくれた。独りごちてばかりも、いよいよつまらなくなってきたからな。
 ――ちょっと緊張するかも。でも、嬉しいから。話し掛けてみよう。




「やあ、初めまして。僕の名前は、――」




 ----
 --------
 ------------
 ----------------




《とある処での出来事》

|