※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

(このお話は《甘い保守》のサイドストーリーです) 


《さいれん》

―何時の頃からだろう。
 時々、胸に響く『その音』を警告(サイレン)と感じるようになったのは―

今の時期にしては珍しい暖かな陽気に包まれながら、私は校内の中庭で一人、昼食を摂っている。
他の生徒たちがいる教室からも、時間帯的に人が多い食堂からも離れた位置にあるこの場所で、
私の耳に入る音は、自らが発する小さな咀嚼音と箸と容器の触れ合う音だけ。
いつもならば、この時間―昼食―は喧騒に包まれている。
軽口をたたき合う真紅と水銀燈、和やかな金糸雀と薔薇水晶、
機関銃の様に話す翠星石、それを受け止める蒼星石、和気藹々と食べ続ける雛苺と雪華綺晶。
彼女達と過ごす時間は、喧騒が苦手な私でも楽しいと思える、素敵な一時。
楽しい一時なのだ………彼女達だけならば。
ふぅ………と、意識せず微かな溜息が零れる。
今日とて、彼女達は私を昼食に誘ってきてくれた。
私は、その誘いを微笑みと共に受ける――筈だったのに。
彼女達の後ろにいる、一人の男の子を見て、一瞬、言葉に詰まってしまい。
同時に、サイレンの音が鳴り響き、私はその誘いを断った――嘘をついてまで。

彼は私の幼馴染であり―初恋の男の子。
昔から物静かだった私は、同じ様な彼とよく二人で遊び………当然の様に、好意を抱いた。
そっけない言葉、拗ねた様な態度、時折見せる可愛らしい微笑み。
今は捻くれ者と言われる彼だが、昔から余り変わっていない様に、私は思う。
ともかく、そんな彼に私は惹かれていたのだ。
だけれども、所詮は小学生の恋心――私が父の都合で転校した事により、その想いは霧散してしまった。 

この街に再び戻ってきて、彼と再会した時――彼の周りには、彼女達がいた。
ふざけた態度の中に時々可憐な表情を織り交ぜる水銀燈。
賑やかで、周りの者にも同じ気持ちを振りまく金糸雀。
人一倍辛辣な言葉を放つが、人一倍優しい想いを見せる翠星石。
皆を呆れながらもまとめ、優しく見守る蒼星石。
美しさと可愛さを併せ持ち、それでいて嫌味さがない真紅。
大輪の花の様な笑顔で、暖かな気持ちを与えてくれる雛苺。
大人びた容姿と、それに相反した貪欲さと少女らしさを見せる雪華綺晶。
掴みどころがなく、ミステリアスな雰囲気を持った薔薇水晶。
――それぞれが違った魅力を持つ彼女達に、何故か私の胸は、サイレンの音を鳴らした。

出会いより数年たった今、私も、彼と彼女達と共に過ごす時間が増え。
その分、彼女達との仲は近くなり。
――彼との仲は、遠ざける様になってきている。
そうすれば、疎ましく鳴り響くサイレンの音を感じずに済むから。

彼の事を考えたからだろう。
わざわざ、友人達の誘いを断ってまで一人になったと言うのに、サイレンが小さく鳴るのを感じる。
それを疎ましく思い、私はわざと乱暴にご飯を喉に詰め込み、ごくんと音を鳴らして飲み込む。
――それでも、「消えない。サイレンの音が………」

「――ん~、私には聞こえないけどなぁ、そんな音」

びくん!と背後からの不意な言葉に、私の身体は露骨に反応してしまう。
その為、先程嚥下した筈の白米が逆流し………私は胸元を抑え、けほけほと醜態を晒してしまった。
一人の空間に突然現れた侵入者は、「驚かせるつもりはなかったんだけど」と申し訳なさそうに
言いながら、背をさすってくれる。
「けふ――もう、大丈夫です、草笛先生」
侵入者―私達のクラス担任の―草笛みつ先生は、私がそう言った後も、背を前後に撫でる。 

優しい手の動きにくすぐったい気持になるが、過度に心配させてはいけないと思い、
ちらりと先生を見ると――
「ちっちゃい背中、可愛いなぁ、うへへ」
「………………先生?」
「やん、そんな絶対零度な無垢な瞳で先生を見つめないで!?」
冗談だとは分かっているが―いや、時々、判らなくなるが。
ともかく、私は妙な空気を払しょくする為にも―先程の独り言を誤魔化す為にも、平然と礼を言ってのけた。
「もう、大丈夫ですから。――ありがとうございました」
ぺこりと小さく頭を下げ、再びお弁当に向き合う。
その行為が示すのは、会話の拒否。
先生を避けている訳ではない――ただ、この人は、時々ずけずけと人の心に入ってくる事があるから………
怖かったのだ。
自分の醜い所を見られるのが。
「んー………で、さ。
サイレンの音って、何?」
………空気を読んで欲しい。
もっとも、この人は、読んだ上で突っ込んできているのだろうが。
勝手にした己のフォローに、尚悪い、と思いつつ、口を開く。
「別に、先生に――」
「――関係なくはないんじゃないかなぁ。
私が、貴女に、わざわざ、お昼時間に頼んだ仕事、終わってる?」
一文で言えばいいモノを、わざと区切って伝えてくる先生。
そう、それは私が友人達からの誘いを断った『嘘』の内容―つまり、先生への借り。
此処に来る前に、友人や彼と遭遇したんだろう――先生の恨み節は続く。
「皆に非難されちゃったんだから」
私が罪悪感を感じている所を、的確に突いてくる。
煩わしいほどに巧い交渉術に舌を巻きながら、それでも私はもくもくとお箸と口を動かし続けた。
――先生が、私の前に中腰で立ち、微笑みを浮かべてくるまでは。
「――特に、彼にね」 

音が鳴る――胸に、サイレンの音が木霊する。
先程と同じ様に噎せる私を、先生も先程と同様、背を撫でて落ち着かせようと動く。
向き合う形で対峙していたのだから、抱かれるような格好で。
「あはは、ビンゴだったみたいだね」
茶化した言い方だったが、声色は優しくて。
そっと見上げると、先生の柔らかい微笑みと視線をぶつけられた。
――観念するしか、ないかな。

「………彼を見ていると、考えると、サイレンの音を感じるんです」
「とくん、とくん………って?」
「………はい」
「そっか。――でも、なんで、サイレン?」
「警告の音、だからです。
………初恋の想いは消えたんだから、勘違いするなって」
「――今の『想い』は違うんだ、是は昔の『想い』を引きずってるだけなんだ――かな」

こくん、と先生の補足に頷く私。
そんな私を、先生は――ぎゅっと、抱き締めた。

「あっはっは、可愛いなぁ、巴ちゃん。可愛い女の子だ」
「茶化さないでください!」
「んー、茶化してないよ?
ま、一つだけお節介な事言っちゃおうかな――押し倒しちゃえば?」

麗らかな日差しの下、何を言い出すんだ、この聖職者は。
茶化さないと言っておきながら、直後に口にした事は悪ふざけにしか聞こえず。
私は、ぐぃと先生を押しのけようと腕を伸ばした。 

「わ、私は真面目に答えたのに――!」
「うん、だから、真面目に返したつもり。
押し倒してでも――何かのアクションでもしないと、ずっと、サイレンの音は、警告の音のままだよ?」

だったら、初めからそう言って欲しい――ほんとに、この人は性質が悪い。
抱きしめられていたからその表情は見えなかったが、恐らく悪戯猫の様な笑みを浮かべていたのだろう。
きっと、今向けられているにこにことした表情と同じだっただろうから。

「………この音を、別の感じに変えられるんでしょうか?」
「巴ちゃんが―貴女が、少女から少し、大人になれたらね」
「………先生」
「あっはっは、その半眼に込められた言葉は、穿った見方をし過ぎよ。
――と、それじゃあ、音の原因が来たみたいだから、先生は席を外すね」

膝に着いた草を払いつつ、先生はすくっと立ち上がる。
先生の言葉を意味を飲め込めず、私は疑問符を浮かべるが――。
背後からの呼び声に、その疑問は氷解した。

「――と、柏葉。用事って終わったのか?」

警告、サイレン、さいれん――音が鳴る、鼓動を感じる。

「でも、サイレンねぇ、さいれん。
言い得て妙ってヤツかな、あっはっは」

淑女に相応しくない豪快な笑い声を残し、「じゃね」と手をひらひらと振って、
先生は校舎に戻って行った。
残された私は、此方にとことこと歩いてくる彼に向けて、気持ちを仕切り直す。
だけども―仕切り直そうとした気持ちは、先生の言葉に後押しされて。 

お弁当の蓋をぱたんと閉じ、お箸をケースに直して、立ち上がる。
彼が丁度、私の真向かいに立った時に。

「ぁ、えと………弁当も、食い終わっちゃったみたいだな」
「――うん、今さっき。………どうして?」
「いや、まぁ………いつも、一緒に食べてるから、用事が終わったんだったら、今日も…って」

頬を掻きながら、何故かしどろもどろに告げる彼。
きっと、彼は、私以外の誰かが欠けていたとしても、同じ様に行動するだろう。
その度に、私の胸のサイレンは鳴るだろうと思う。
――その想いは、昔の想い。
――もし、今の想いであっても………叶えられる訳がない、想い。
警告、サイレン、さいれん。
だけど――。

「――って、ご飯粒、頬に付いてるぞ?」
「え………?あ、最後、急いで食べたから………」
「はは、小さい頃みたいだな。――動くなよ」
「ん………――ありがと」

――サイレンの音が鳴る。さいれんの鼓動を感じる。
彼の中にまだ、私のスペースがあるならば。
叶えられない想いじゃ、ない。

「お礼するから、動かないでね。――君」
「お礼って、たかが、あの程度で………え?――」
「――――ん」
「ん――――その………………懐かしい、呼び方だな」 

先生の言ったとおり………そうなったのは、少し悔しいけれど。
確かに、少女から小さく歩を進めた私には、サイレン―警告の音は聞こえなかった。
その代りに、別の音が鳴る。
とくんとくんと、心地の良いリズムを取りながら。

「――それだけ?」
「それだけって………いきなりあんな事されて、他に何を返せばいいんだよ」
「貴方からも」
「ぼ、僕からも!?いや、でも、僕、下手だと思うし、歯とかぶつかっちゃうぞ!?」
「いきなり上手くても、それはそれでショックだけど。
そうじゃなくて………ね?」

私は声に出さず、口だけを動かして、呟く――彼の名前を。
鈍い彼は、ぱちくりと暫し瞬きを繰り返し。
あたふたと口を開いたり閉じたり。
そう言う所も嫌いじゃないけれど――思いながらも、私はじっと見つめ続けた。
さいれんの音を感じながら。

「別に、その、言い方なんて、どうでもいいけどさ、まぁ、ぇと――ともえ、ちゃん」 

――警告だった音が鳴り響く。サイレンの音が鳴る。さいれんの鼓動を感じる。
――昔の想いじゃなく、今の想いを私に知らせる様に。
――霧散した想いとは別の、だけど、昔から続く想い。
――だから、音は鳴り続けたのだろう。何度でも、何時でも、何処でも。

「ありがとう………――――ジュン君」

――さいれんの音が鳴る。
――とくんとくんと、心地の良いリズムで。
――再び恋せよ、と私に告げる。
――だから、胸に鳴り響くこの音は――再恋の音。



―――――――――――――――――――――――《さいれん》 終

|