※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

91:年始の保守を致 ―すなの ―すかしら

「初詣とか言って、姉ちゃんに連れ出されたけど………さむい………帰りた――?」
「――い、いい所にいるのかしらぁ!?」
「――か、匿って欲しいのー!?」
「………なんか、既視感を感じるなぁ。あれ、金糸雀はともかく、雛苺は誰から………?」
「けふけふ………ともかくって酷いのかしら。………まぁ、追われてる相手は間違っていないけど」
「はぁーすぅー………ひ、ヒナは巴から逃げてるのよ………」
「柏葉から?それは………珍しいな。でも、どうして?」
「うゅ………なんか、よくわからない単語を呟きながらにじり寄ってくるの………怖いの………」
「………………想像すると、なかなかにホラーだな………。金糸雀もそんな感じなのか?」
「ちょっと違うのかしら。いつもは服を着せようとしてくるんだけど――」
「あぁ、さんざん、コスプレさせられてるもんなぁ」
「時々喜んで見てる人がしみじみ言わないで欲しいのかしら。――んぅ、今日は、脱がせようとしてくるの」
「………………遂にそっちの道に?」
「みっちゃんにそっちの趣味はないわ………ない筈………?」
「微妙に疑問を投げかけてくるな。――と。お出ましの様だぞ………っ」
「――ひっ!?」「――かしらぁ!?」
「………邪魔しないで。邪魔するなら、例え貴方でも、容赦しない」
「………うふふ。仕方ないよねぇ、そーいう行事なんだもんっ」
「――確かに、ホラーだな。で、二人とも、どういう理由で………」
「………………始め」「………………開き」
「………………はぁ?」
「雛始め!」「カナ開き!」
「いや、違うだろ!?――ぅわ、逃げろ、雛苺、金糸雀!」
「ご、ごめんなさいなの!………ふぇ、雪華綺晶?」
「後は任せたかしらー!?………って、薔薇水晶!?」
「うふふ、巴様、前方は任せましたわ。――ご助力、致します。うふふふふ………」
「………みっちゃん先生、GJ。逃がさないよ、金糸雀………えへへ」
「うわぁ………。雛苺、金糸雀。………ご愁傷様」
「諦めないで――」「欲しいのかしらーっ!?」


 

92:年始の保守を致 ―すですぅ ―すんだよ

「結局………人ごみに巻き込まれて結末が見れなかったなぁ………」
「――何の結末ですぅ?」
「ヒナ始めとカナ開きの………って、ぅわ、翠星石!?」
「………年始早々に何を。………なんか、エッチな響きだね」
「僕が言いだしたんじゃない!――………蒼星石もか」
「明けまして――」「――おめでとう、だよ」
「あぁ、おめでとう。――しかし、何でお前らがそんな恰好――巫女服を………?」
「べ、べっつに大した理由はないですよ?巴が『よかったら………』って誘ってきたからで――」
「太っちゃったもんね。今からも肥えるだろうし」
「あぁ、バイトでやってるんだったら、軍資金も貰えるだろうしな。………ご愁傷様」
「勝手に頷き合ってるんじゃねぇですぅ!?――ったく、折角人がいいもん持ってきてやったと言うのに」
「いいもの?………お餅とか善哉とかお節とか………」
「食い物から離れるですぅ!――お神酒ですよ、お神酒っ」
「そんなに外れてないじゃないか。………って、僕は未成年だぞ!?」
「ボク達もだよ。――大丈夫、未成年にはちゃんと甘酒を配ってるから」
「なるほど。それなら問題ないな――ありがと(こくこく」
「着こんでるみたいですが、やっぱり寒いですからねぇ。たんと飲めですよ」
「ん、あぁ、お代わりいいのか?じゃあ、もう一杯くらい」
「はい、どうぞ。――まだまだあるみたいだよ?酒樽に用意されてたし………」
「――(んくんく。それは幾らなんでも多すぎないか?」
「まぁ、みんな喜んでるからいいんじゃないですか?別に酔う訳じゃねぇですし」
「ボクもそう思うな。――雪華綺晶や雛苺はともかく、珍しく巴さんもぐいぐい飲んでた位だし」
「………柏葉も?あぁ、そうか。それで、行動がおかしかったのか」
「ふぇ?どういう事ですぅ?」
「あいつ、甘酒で酔うんだよ。で、性質の悪い事に顔に出にくいんだよなぁ」
「えぇ?でも、普通に話してたし、もくもくと飲んでたし………!」
「うん、酔った『スイッチ』が分り難いんだよな。――後で回収しに行かなきゃなぁ………」
(甘酒は未成年でも飲める飲料ですが、酔える人は酔えます。注意))

 





93:痛い保守を致すんだよ3

「………どーしよー………」
「――学校始まって早々、何頭抱えてるんだ、蒼星石?」
「ぁ、おはよう。えと、そろそろ小説の投稿締切間近なんだけど」
「うん」
「あんまり進んでないんだよね………」
「………冬休み、何日か暇な時もあったと思うんだが」
「三国志(ゲーム)が面白くて。『まだ日があるし』とか考えながら」
「珍しく駄目人間な。でも、書き始めたら早いんじゃないか?」
「すらすら書ける時もあるんだけどね。………長時間離れてると、キャラが全然動かなくなって」
「??漫画じゃないんだから、動きなんかあるのか?」
「口で説明するのは難しいんだけど………調子がいい時は、頭の中で勝手に動いてくれるんだよ」
「そういうもんなのか。じゃあ、調子が悪い時は?」
「みーんな、寝ちゃってる感じ。もしくは、妙な動きをするとか」
「へぇ………例えば?」
「そうだね………分り易く周りの皆で言うと。
水銀燈が泣き虫さんになってて、金糸雀がいじめっ子に、翠星石は良いお姉さんになって――」
「さり気に毒を吐くな」
「愛情だよ。――真紅の柄も悪くなっちゃって、雛苺は幼児化、雪華綺晶は江戸っ子に」
「『てやんでぇですわ』とか?」
「誰かと被るから駄目。――薔薇水晶はマシンガントークを始めちゃって、めぐさんは健康キャラに」
「それはそれで見てみたいなぁ」
「それから、槐先生なんかギャグキャラ仕様、みっちゃん先生はまさかのお嬢さん化!」
「なんで嬉しそうなんだ。………おぉ、一番想像できない」
「あはは、灰テンションって奴だと思う。で、で、結菱先生は変態さんに!」
「なんだ、何時も通り」
「なんでさ!?」

「既出のネタ(結菱オチ)を使う辺り、リハビリが必要だな。――さて、どうしたものか」

 



94:応援な保守を致します

「――なに、聞いているの?」
「――ん、あぁ、柏葉か。………いや、その、別に………」
「………えい」
「って、いきなりイヤホン引っこ抜くなぁ!?いたた………」
「両耳じゃないだけマシでしょう?」
「………お前、最近、あいつらに影響され過ぎてないか?」
「そう?元々は結構お転婆だったと思うけど」
「――で、古風だと。………聞いてもいいけど、笑うなよ」
「ん、じゃあ、――横、借りるね」
「え?――!?あ、あんまりくっつくなよ、その、恥ずかし――」
「大丈夫、今は適当に控えめだから。んしょ………――あ………是って」
「………お前らが昔くれた、MD。そんな時期だなって思って、ちょっと懐かしくて」
「………うん、懐かしいね。それと――」
「それと?」
「――今更だけど。一緒の学校にこれて、良かったね」

『はぁい、終わったらたっくさん遊びましょぉ』
『イージーミスに注意!カ、カナも気をつけるのかしら………っ』
『べっつにお前ぇがどうなろうが知ったこっちゃねぇですが、――』
『はい、時間切れ。――ボクも翠星石も、一緒がいいと思っているよ』
『私が教えたんですもの、大丈夫よね?―ご褒美に、紅茶を淹れてあげるわ』
『えへへ~、四月からも、ヒナはい~っぱい、お世話をかけるのっ』
『あちらの学食は大変良質らしいですわ。食べつくしましょうね、うふふ』
『ばらしーは一足お先に待ってるゾー、後に続くのダー』

『――また一緒に、小学校の時みたいに、通おうね。――君』

 




95:楽しい保守を致す…2

「ゲーム屋さん………宝の山………あれもそれも手を伸ばせば届く距離………っ」
「友人に前科持ちが出来るとは。僕は悲しい」
「悲しんでないで、止めるのかしら。――そもそも、ディスクは入ってないんじゃ」
「金糸雀、夢のない事、言っちゃヤ………。どれにしようかな、どれがいいかな」
「どういうのが面白いのかしら。あんまり、ゲームはしないからわからないわ」
「あんまりって事は、知ってるのもあるのか?」
「んー………そうね、是とかアレとか」
「是………格闘ゲームは、ばらしーと一緒にやったの。楽しい」
「アレ………って、おぃ、アレって女の子が出てくる――ギャルゲーじゃないのか?」
「ええ、家にあったから」
「………草笛先生、せめて乙女ゲーを選んでください………」
「それはそれでどうかと思う………。あ………それ………」
「ん?あぁ、ちょっと前に出たシリーズ物だな。えらい酷評されてたけど」
「うー………ばらしーも、前作の方が好き………」
「あら?薔薇水晶、そのゲーム持ってたのかしら?」
「うぅん………持ってない。でも、皆、あんまり面白くないって………」
「僕もそう聞いているな。タイトルだけ一緒で、中身は全然違うとか」
「うん、そう。あの雰囲気が良かったのに、全然違うなら、いらない」
「………?? 雰囲気が違うから、面白くないの?」
「んと、ゲームとしてはわかんないけど、なんとなく………」
「だとしたら、ちょっと勿体ない気もするのかしら」
「まぁ………食わず嫌いだわな。ひょっとしたら面白いって可能性もあるんだし」
「ぅー………?ぅー………。そんなに高くないし、其処まで言うなら買ってあげる」
「え、あ、別に非難している訳じゃないのかしら!?」
「いや、単に翠星石の真似したんだろ。言い方が平坦だからわからないけど」

「ぅー………金糸雀ぁ、この前のゲーム………責任、取って」
「駄目だったのかしら?」
「うぅん………逆。寝れない………次の授業のノート、お願いぃ………zzz」

 




96:滑稽な保守を致すわぁ

「――あ、ちょっと待って。古本屋さん寄ってもいいかしらぁ?」
「あら、珍しいわね。貴女が本屋さんに用って」
「………さり気に酷い事言ってないか?まぁ、確かに余り見ないけど」
「好き勝手言ってくれるわねぇ………。でもまぁ、欲しいのもCDなんだけども」
「レンタルは?」
「んー、結構前のらしいから、近くじゃ置いてないと思うのよねぇ
 前にめぐの部屋で聞いたCDを買おうと思って」
「聞いた………って、めぐ先生が持ってるなら借りれば良かったんじゃないか?」
「大方、えむぴーすりーとかあいぽっどにでも入ってたんでしょう。水銀燈、ハイテク駄目だもの」
「誰かさんと違って、家事全般は出来るわよぉ?」「………煩いのだわ」
「(真紅も駄目なの丸わかりだけどな)――で、なんて歌なんだ?」
「男性ユニットでぇ………何曲か聞いたんだけど、結構奇麗な音だったわぁ」
「範囲が広すぎる、もう少し狭めてくれ」
「えーとぉ………めぐは『BESTはいいんだけど、WORSTは駄目ね』って。
当り前じゃないのよねぇ?――あ、あったわあったわぁ♪」
「(ぼそ)BESTとWORST………あー………嫌な予感がしてきた」
「(ぼそ)………どういう事なのだわ?」
「(ぼそ)思い当たるのがある。
多分、先生が『駄目』ッて言ったのは、自分には合わないって意味だったと――」
「――買ってきたわよぉ♪ てーんしのはねを ひーろげー きみをつれて――♪」
「………決定的」

「………しくしくしくしくしくしく」
「わかり易い凹み方してるなぁ………」
「だってだってぇ………綺麗なのも多かったけど、半分は怖かったり煩かったり厭らしかったり」
「順に、『BEAMS』『解凍実験』『カマキリ』『LET'S DANCE 』って所か。ご愁傷様」
「しかも、一番気に入ってるのがヤ(苦手)な方に入ってるのよぉ、しくしくしく………」
(ipod整理してたら懐かしいのが出てきたので、つい。俺は『WORST』のが(ry) 

 




97:雛祭りな保守を致 ―すなの ―します

「あかりをぉーつけましょ ぼんぼりぃにぃっっ♪」
「お花をあげましょ 桃の花――♪」
「ごにんばやしのぉ ふぅえだいこぉぉぉ♪」
「今日はたのしい ひな祭り――♪」
「………明と暗のコントラストが素晴らしいな」
「………嫌味?」
「って言われるのがヤなら、バラードみたいに謡うなよ………」
「――メなの、駄目なのっ、喧嘩しちゃ駄目なのっ」
「あ………ごめんなさいね、雛苺。今日は貴女のお祭りなのに」
「うゅ………巴、ちょっとだけ目が怖いの………」
「柏葉、一応、お前ら(女の子)のお祭りだと思うんだけど」
「ひ、雛苺まで………!焼け食いしてやるんだから………!」
「わー………見たくなかったなぁ、柏葉が皿から直接雛あられ流し込むの………」
「ヒナは時々こういうの見てるのよ――あ、貴方はこっちに座るのっ、こっちっ」
「こっち………って、そのえらくバランスの悪そうな座布団を五重にしてるところか?」
「うぃ。………今日はヒナのお祭りなんだから、ヒナの言う事聞くのっ」
「いや、お前さっき、僕が言ってた事に頷いて………わかったから、むくれるな」
「で、で、巴はその横に………巴?」
「そりゃわたしだってもっとあかるくうたってみたいけどそんなことしたらもはやわたしじゃ」
「………あー、しまった、眼を離した隙に」
「甘酒飲んじゃったのね………。うゅ、とりあえず、巴を横にすーわーらーせーてー」
「お、おぃ、そんなバランスの悪い所に一人ダンシングフラワーになってる柏葉を置いたら――」
「あかるいわたしなんてそれはもうかみにはんした………あれ、からだがぐらぐらすぅるぅ(ポテ」
「………まぁ、軽いからいいけどさ。って、目を閉じるな、寝るな!寝息を立てるなぁ!」
「――で、ヒナは四重の座布団に座って、と。えへへぇ」
「いや、もたれ掛かってきてるのは最早止めないけど。今の構図になんかあるのか?」
「うぃ、雛はお姫様なの。だから真ん中なの♪」
「………………わかんない」

 





98:滑稽な保守を致す…3

「ふぅ………昨日は、戦利品一杯。………幸せだった」
「また唐突に。一杯って………よく軍資金が足りたと言うか」
「よ、宵越しの金はもたねぇ………ぜぃ?」
「微妙に弱気に言うな。あと、聞くな」
「こ、是も創作活動の為………!必要な経費………っ」
「どっからも落ちないけどな。………わざとらしく泣き崩れるな」
「ぇぅー………お年玉がフキトンダー」
「………で、結局、何をそんなに買い込んだんだ?」
「アッガイ無双とー」
「………出てこないんじゃないか?」
「………orz んと、あとは………本たくさんとーゲームのサントラCDとー」
「えーと………創作活動、止まんないか、それ?」
「大丈夫。ちゃんと、普通の『無双』も買ってる。ばらしー、隙がない」
「いや、やっぱり余計に進まないと思うんだけど」
「そ、そんな事ない!やってるうちに創作意欲がめらめらと………!」
「うーん………なぁ、蒼星石、お前はどう思う?――って、なんだこの高く築かれた本の山は」
「ふふ………前書いたのが納得できなくてね。次書く時の参考資料だよ………」
「ぅわ、目が虚ろ………!?」
「んー………キリストのママンに見られてたり、トリコロールだったり、スケッチだったり………」
「………???」
「………蒼星石、お互いに――」
「――ん、がんばろ、薔薇水晶」
「精根尽き果てるなよー………」

(書いている―もしくは書きたいお話と類似性のあるモノに触れると筆が進む………事もあるかと。
そんな保守)




99:ホワイトデーな保守を致すですぅ

「………って割には、お前ぇの鞄は何時も通りですね」
「いきなりなんだ、何の『割』か判らないんだけど」
「気にするなですぅ。モテない眼鏡小僧はホワイトデーのお返しも関係なしですねー」
「インフルエンザでバレンタインがある一週間、ぶっ倒れてたもんなぁ………」
「それがなけりゃ貰えてたみたいな口ぶりですね、このとんちき」
「ぐ………でもまぁ、貰えなかった訳じゃないぞ」
「そ、そぉですねぇ、そぉいう奇矯な人間も一人くらい――」
「三人から」
「さんっ!?の、残りの二人は誰と誰ですか!?」
「………いや、まぁいいけど。姉ちゃんと母さん」
「………それ、びみょーに虚しくなんないですか?」
「うっさい。姉ちゃんのは手作りで美味かったし、母さんのも無駄に高価で美味しかったからいいんだ」
「のりは上手ですからねぇ。………で、その、も、もう一人にはちゃんと………」
「んー?もう一人、ポストにねじ込んでたんだけど、誰か知ってるのか?」
「へ!?し、しらねぇですよ、そんな奴、翠星石にはとんと覚えが」
「そっか。僕には見当が付いてるんだけどな」
「ひぅ!?な、何か痕跡でもあったと言うのですか!?」
「まぁな。多分、ポニーテールの娘だろ」
「へ………?ち、ちが、お前ぇ、勘違いしてるですよ!あのミルクチョコを入れたのは――」
「誰もチョコの味なんて言ってないんだけど?」
「………………ぁ………………」
「ったく。――ほら、昨日焼く手間までかけたんだから、ちゃんと『緑青石』に渡してくれよ」
「――ふ、ふん。………仕方ねぇから渡しといてやるですよ」

(※緑青石:翠星石が変装した時の仮名。まとめwiki《甘い保守》7に経緯があります)


 

100:滑稽な保守を致します

「――愛情表現は数多くあり、その中には理解しやすいモノ、しにくいモノがありますわ」
「人の数ほど………は言い過ぎか。例えば?」
「数年前にこんなCMがありました。
『君をよく泣かしてしまうのは、君の泣き顔が好きだから』」
「さらっと言ってるけど、サディスティックな発言だよなぁ」
「ですけれど、CMで流すほどのモノですので多くの方に共感できたのではないでしょうか」
「なるほど、理解しやすい部類な訳だな」
「ですわ。
――しにくいモノは………一体化でしょうか」
「………微妙に聞きたくない様な」
「『ハンニバル』等、映画でも取り上げられてますので知っている方は多いかと」
「カニバリズムは止めろ!って言うか、お前が語るな、背筋が何故か凍る!」
「あら、楽しいですのに。
………そういう直接的な形もございますが、もっと単純に『姿を似せる』という形もございます」
「恍惚とした表情で言うなよ………。
――そっちはよくあるよな。芸能人の格好を真似したり」
「憧れも一種の愛情………と言えなくも。
まぁ、要するに現在の状況はそういった事情を踏まえて頂くと理解しやすいですわ」

「あぁ、うん、まぁ。漸く納得がいった。………似合わないと思うけどなぁ」
「ワタクシも、黒髪が艶やかだと説得したのですが………」

「二人とも、眺めてないでトモエがブリーチ買うの止めるのぉー!ぜぇったい似合わないの!!」
「雛苺と一緒………雛苺と一緒の髪色………!」

|