※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「終わったぁー!手応えあり!!」
僕、桜田ジュン。第一志望の県立○△高校の入試がたった今終わったんだ!
(今日から遊ぶぞ~♪まずは久しぶりの通販やって~)
ドンッ ドザー
「いってぇ…」
誰かがぶつかってきた。その拍子に互いのカバンの中身が地面に散らばる。
「うわっ、カバンの中身がっ!おい前むいて歩け…ってあれ!?」
「ご、ごめんなさいですぅ…っ」
(うわっ、綺麗な瞳…しかも可愛い…)
彼女の瞳は左右で色が違い、栗色の長い髪によく映えて見えた。
「す、すぐに拾うですから!」
「いや…こちらこそ、きみは大丈夫?」
「だ、だ大丈夫ですから、あの、その、ぶつかってごめんなさいですぅ!」
彼女はそう言うと、立ち上がって走り去ってしまった。
(ガーン、びびらせちゃった?名前きけばよかった…たぶん同じ高校受けたんだよな?入学したら会えるかなー…)

「ただいまー」
「あら、お帰りジュンくん!入試どうだった?」
「まぁまぁかな、落ちることはないと思うよ」
「あらぁ、おねぇちゃん嬉しいわ。ジュンくんと同じ高校に通えるんですもの。今晩はお赤飯ね!」
「何で赤飯なんだよ、しかも気が早い」
一応突っ込んどく


桜田家は海外にいる両親、ねぇちゃん(名前はのり)そして僕の四人家族だ。いつもいない両親に代わり、家事など身の回りのことはねぇちゃんがしてくれる。
「いつもの花丸ハンバーグでいいよ」
そう伝えて僕は二階の自室にあがる。机の上には封筒が置いてあった。
「真剣ゼミ?受験終わったばかりだし関係ないや。」
そして夕食後
「じゅんくん?」
「んっ?なに?」
「ジュンくんは将来どうするか決めてるぅ?」
「将来かー…まだ決めてないよ。それに受験終わったばっかだし、入学までは楽にしてたいし。もちろん入学したら勉強するつもりだよ」
「そっかー。ジュンくん中学では成績よかったしねぇ。でも入学式からでいいやぁておもってたら、あっという間に周りから取り残されるわよ!同じぐらいのレベルの人が集まるんだから。」
「そ、そう言うもんなの?」
「そうよー!甘く見てたら痛い目に会うんだから!この春休みが勝負よ、ジュンくん!まずは中学3年間の復習と、高校での勉強法を身につけることから始めなさい」
「わかったよ、でもそんなに沢山、二週間そこらで出来るもんなの?」
「ふっふっふ、そこで秘密兵器よ。」
そう言って姉は何かを取り出す。
「ジャーン!真剣ゼミよ!!おねぇちゃんもお世話になったわぁ。」
(あっ、さっきの封筒…)
「どうかしらジュンくん?これなら五教科の復習が、一日60分×7日で出来てしまうのよぅ!それに続ければ大学に合格する力もつくんだから。やりたいことも自然と見つかるわよぅ」
(そっか、そうだよな、大学入ってからでも遅くないよな…よしっ!)
「ねぇちゃん俺やるよ!!」


数日後

今日は発表の日だ。ゼミも昨日とどいた。あとは受かるだけだ!十時の鐘と同時に掲示板が張り出される。
希望を胸に掲示板を覗く…
(186…187…189…189…191…んっ?186…187…189…189…191…えっ!?まじっ!?俺の番号ねぇー!!!!)


ど、どうしよう。滑り止めなんて受けてないよ…。



①僕は帰りの電車に突っ込んだ…



僕は引き込もった
だけど引きこもりはじめてから3日目
の「じゅじゅんくん~!!!」
うるさい海苔だ・・・ジ「うるさい!!静かにしてくれ」
の「いいいま学校から電話きてジュン君補欠合格したそうよ!」
ジ「ちょwまじで?」
の「お姉ちゃんうそいわないわよ」
ジ「生きてればいいことあるな~」


電車に突っ込もうとしたら、誰かに背中をつかまれた。
あの日ばったり逢った、女の子だった。
翠「あぶねぇーです!落ちたらどうするですか!?」
ジュン「……良いんだよ、僕はもうダメだ」
翠「もしかして、受験に落ちたんですか?」
ジュン「ああ、そうだよ…。クソ!」

僕がそう言うと、いきなり殴られた。しかも、すごい強さで。
僕は思わず、倒れこんだ。
翠「何を落ち込んでるですか!受け入れろです!」
ジュン「じゃあ、ニートになれと?」
翠「本当に頭の悪い奴ですね。浪人して、もう一度やれば良いんです」
ジュン「で、でも高校浪人なんて……」
翠「恥ずかしがるなです!私が、教えてやるから立ち直れです!」

そう言うと彼女は、僕の手を取ってくれた。
ジュン「ねえ、君の名前は?」
翠「私は翠星石です」
ジュン「……僕は、ジュン…」
こうして、僕は彼女ともう一度逢えた。そして、また歩き出すんだ。
あきらめたら、負けだ。もう一度、受験という戦いに挑むんだ。
彼女と一緒なら、今度は…勝てる気がするんだ……。


駅のホームで、涙を流す少女を見つけた。
あぁ、あの子も落ちたのかな。
ん?あの子って・・・
「きみ、あの時の・・・キミも」
「泣いてなんかねーですよ!」
「いや、まだ何も・・・」
「あんな高校、こっちから願い下げです!!ぐすっ・・・」
なんか、よくわからんけど、放っておけなかった。
「一緒に、海とか見に行かない?」
「・・・?な、何を突然・・・というか誰ですかですぅ」
しまった、と思った。
ちょっと廊下でぶつかっだけ、お互い名前も知らない。
慣れなれしくしすぎたな。
「いいですよ、もうなんでもやってやるです」
意外な返事にびっくりしたが、とりあえず平然を装った。

海に向かう途中はずっとうつむいていたが、到着すると少しだけ元気を取り戻したようだった。
夕方、二人で砂浜を・・・なかなか悪くないシチュエーションだと思った。
まだ寒いからだろう、砂浜には僕ら以外誰もいなかった。
彼女は突然歩く足をぴたりと止め、海に向きなおす。
「ばっかやろーですぅ!!!」
うるさいと思うよりも先に、よく通る素敵な声だと思った。
「ふふ、一度海に向かって叫んでみたかったですぅ」
そういって彼女は、今日始めての笑顔を見せてくれた。
「海にばかやろーなんて言うやつ、噂には聞いてたけど実物は始めてみたよ」
皮肉っぽいことを言いながらも、僕は夕日を浴びる少女に釘付けだった。
「・・・あなた、名前は?」
「え、あ・・・桜田、ジュン」
「ジュンくん、今日はどうもありがとうですぅ。ちょっとだけ、元気がでたです」
「ん、いや、僕も来たかったし・・・君の、名前は?」
海からこちらへ振り返り、彼女は微笑みながら言った。
「翠星石、やがて人類を支配する者ですぅ」
あ、電波だこいつ。なんか台無しな気分だった。


重い足を引きずるように帰った僕に、姉ちゃんは何も訊かなかった。
そりゃあ、こんなシケた面してれば、落ちたって事ぐらい誰にだって判るよな。
はぁ……気が重い。なんにもする気になれず、ベッドに倒れ込んだ。
このまま眠りに就いて、目が覚めたら合格発表前に戻れてたらいいのにな。

それから、どれだけ眠ってたか分からない。
窓の外は、既に真っ暗だった。

「……気晴らしに、ネット通販でもすっか」

部屋の明かりを点けて、パソコンのスイッチを押したとき、
机の上に見慣れないハガキが載せられている事に気付いた。

「これって……受験票じゃないか」

私立薔薇学園高等学校、入学試験票。
こんな高校の願書を書いた憶えはない。その筆跡は、よく見れば姉ちゃんのものだった。

「そう言えば…………最近、姉ちゃんバイトしてたっけ。あれって、まさか――」

この受験料を稼ぐために? 無駄になるかも知れないって、思わなかったのかよ!

「姉ちゃん……なんで、そんなにバカなんだよ……僕なんかの為に、こんなっ!」

涙で滲む目を擦って確認した受験日は、明後日。
もう少し、頑張ってみよう。僕はパソコンの電源を切って、受験勉強を始めた。


思い起こせば3年前…
初めての挫折、彼女との劇的な出会い、そして姉の優しさ…
この日新しい桜田ジュンが生まれたのかもしれない。

姉の優しさに触れてから試験までの二日、僕は必死に勉強した。もちろん先生は翠星石だ。あの拳はとても響いたもの

彼女のおかげだろう。僕は見事に合格した。
「おめでとうですぅ、ジュン!」
「翠星石のおかげだよ。」
「これで同じ学校に通えるですね♪」

「へっ?」
「だーかーらー、これで同じ学校に通えるですねと言ってるですぅ!」

あとで聞いた話によると、彼女は七人兄弟の三女でとても人見知り、だからあの日の試験は慣れるために受けたそうだ。もともと薔薇学の中等部に在席していて、そのまま高等部に進学することにしていたそうだ。

彼女と過ごす3年間はあっという間に過ぎてしまった。
それでも振り替えればとても有意義な3年だった。

そんな僕も明日からは大学生。
薔薇学で知り合った翠星石の姉妹達も一緒だ。
きっと今日からの四年間は一生の宝になるだろう、そんな気がする。

「なぁ~ににやにやしてるです、いやらしいことでも考えてるですか?♪」
「翠星石…」
「?」
「ありがと」
「へっ?」
「ありがとな!」
「?なっ!い、いきなりどうしたです?変なジュンですぅ」
そう言う彼女の顔にはどことなく優しさが広がっていた


そう、人は変われる
姉と彼女が変えてくれた
姉は優しさを、彼女は勇気を…

ねぇさん、やりたいことが見つかった気がするよ

|