※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《薔薇国志》 第一章之間乃三

ラ「トリビアァルっっっ!―今回は命の危機がなくて安心、だけどちょっぴり残念なの☆
  裸夫羅素ですぞ」
ジ「変態兎と二人だけなのが、心底嫌だ………」
ラ「まぁまぁ、取って食おうと言う訳ではないですし。どちらかと言うと、私は食われる方ですし」
ジ「聞いてない。―えーと、前回に続いて、能力値の公開で良いんだよな?」
ラ「ですぞ」
ジ「変な合頷だなぁ………。
  とりあえず、統率:75 武力:52 知力:85 政治:80 魅力:65 って所だな」
ラ「ふぅむ………」
ジ「………なんだよ?」
ラ「いえ、けして低い訳でもなく、かと言って高すぎると言う事もなく。
  ぶっちゃけ、いじりがいのないステータスですなぁ」
ジ「うるさい。―大体、是でも知力は呉の孫権より高いんだぞ?」
ラ「彼の方は軍士ではない筈ですが」
ジ「ぐ。あぁ言えばこう言う………」
ラ「加えて言うならば、他のステータスは全て負けているではないですか。大幅に」
ジ「………そもそも、一国の皇帝と比べるのが間違ってるんだ、うん」
ラ「一国の軍士にも大幅に知力で負けていますなぁ。
  具体的に言うと孔明殿や司馬懿殿、陸遜殿に」
ジ「建国の右腕と比べるなぁ!」
ラ「はっはっは」
ジ「くそ、もう言う事はないからな、帰るぞ」
ラ「おやおや、行ってしまわれましたか。
  ――ま、彼の場合、一応覚醒イベントが在るようですが………はてさて」

|