※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  




 そこには、ノートがありました。
 大事なことを、書き残すための、ノートです。

 大事なこと。
 それは様々な、思い出。

 ですが、そのノートには、何も残りません。
 いつまでも、いつまでも。
 書いた端から、消えていきます。

 魔法のかかったノートは。
 ずっと真っ白な、ままでした。



【真っ白なノート】


――――


 不思議な森の外に、女の子が住んでいました。
 不思議な森が、何故不思議であるかを、その女の子は知りませんでした。
 知らなければ、そんな不思議も『無い』ことになります。
 だから女の子は、ある日足を踏み入れてしまったのです。
 絶対に入ってはいけないといわれていた森の中へ。
 女の子はそして、迷ってしまい――

 女の子は、森に呑まれてしまったのです。

 それは。森にとって、大切なものが壊れてしまう、少し前の、お話。


―――


 森には、魔法使いが、住んでいました。
 森の奥深くで、ひっそりと。

 森は優しく、その均衡を崩さないものでした。
 確かに、不思議はあったけれど。
 その時は、まだ。それは不思議の森ではなく、やさしい恵みの森だったのでした。

 ただ、ひとびとには、森に対する畏れがありました。
 だから、ひとびとは森を崇め、其処へみだりに入り込むことなどしませんでした。

 しかし、とある旅人が。
 ある日、森に対する畏れをしらない旅人が、森へ入り込んでしまいます。

 何もしらない旅人にとって、その森に対する畏れなど、はじめからありません。

 しらない。
 しらない、ことが、罪、と言ったのは、誰でしょう?

 旅人は彷徨います。
 珍しい木の実が成っていて、それを採り、書き残しました。
 大事なことを、書き残しておくための、ノートです。
 
 旅人は、人形師を志していました。
 その人形を作るための、最後の材料。
 それを探しに、森へ入ったのでした。
 黒いトランクを持って。
 トランクの中には、ノートが。
 うつくしい、究極の少女を作り出すためのメモが記されている、大事なノートが、ありました。

 そして旅人は、誰にも逢うことなく。
 とある場所に、たどり着きます。
 まるで、その場所に呼ばれているように。

 それは、海でした。
 森の中に、海が?

 そんなにも広くはないのに、どうして、海、と思ってしまったのか。
 おかしいと旅人は感じたけれど、その水を掬ってなめてみると、確かにしおからい味がしたのです。

 旅人はその海へ――それほど深くはない、其処に――足を踏み入れてしまいました。
 何故?

 その真ん中には。海を不思議に照らす、輝く石のようなものが、浮かんでいたからです。

 なんて、あたたかい。
 それは例えるなら――いのち。
 いのち、が、其処には浮かんでいたのでした。

 旅人は、気付きません。
 今まさに、眼の前にあり。
 触れようとしている、それが。
 森、のいのちを、司るものだとは。

 そっ、と手を触れて。
 やはりその輝きの石は、

 こなごなに。くだけちって、しまったのでした。


―――


 森、が泣いている。
 その異変にまず気付いたのは、海、を納めていた白の魔法使いと。
 そのすぐ下の妹にあたる、紫の魔法使いでした。


 ああ、くだけたわ。くだけちゃった。
 どうしましょう。どうしよう。
 まずは、うみへ、むかいましょう。そうだね、おねえちゃん。


 二人の魔法使いが、森の奥深くにある海へ辿り着いたとき。岸辺に、ひとりの男が倒れていました。

 海の真ん中に浮かんでいるはずの輝きの石は、やはり、もうありませんでした。
 男が。旅人が、目覚めます。

 ――君たちは、だれだい? ここは、どこだろう?
   どうして僕は、こんなところに……

 旅人はもう、奪われていました。
 輝きの石が、森に与え続けていたもの。
 魔法使いたちが、無意識の海、と呼んでいた場所に浮かんでいた石は、森の記憶、そのものでした。
 無意識の海は、その記憶を受け止める器。

 そこに足を踏み入れ、石を壊してしまった旅人は、もはや自分が誰であるのかも、覚えていませんでした。

 魔法使いたちはそれを察して、とてもかなしくなりました。
 ああ、今彼にとって。今まで築きあげてきた思い出、そんなものたちは、はじめから無かったことになってしまった――

 身体の方は、なんともないかしら。痛いところ、ない?
 ちゃんと見えていますか? その眼は、ひかりをうつしてる?

 二人から問いかけられて、男はなんとか頷きます。

 良かった、と。そこでとりあえず、二人の魔法使いは少しだけ安心して言いました。

 ちょっと、前。
 やはりこの海へ辿りついてしまった、女の子が居ました。
 女の子は、眩しく輝く石のひかり、に当てられて。
 自分のひかり、を失ってしまったのでした。

 だから、私たちの眼のひかりを、片方ずつあげたのです。
 だけどその子は、かたちはわかっても、色はわからないようになってしまったの。

 右眼と、左眼。それぞれに手を添えながら、ふたりは話します。

 もうそんなことが起きないように。
 その場所は、誰にも見えないようにしていた筈でした。
 けれどやっぱり、辿りついてしまったのは――

 あなたには。強い想いが、あったのかもしれないですね。
 森が、そう、願ったのかもしれないね。

 旅人は、何を言われているのかよくわかりません。

 新しい住人が、きっと欲しかったんですね。
 この間の女の子は、私たちが森の外に帰してしまったけれど。

 あなたは、この森の住人に、なってもらう。
 かつて森に呑まれた私たちと、同じ様に。

 森、の管理を。お姉さまたちにお願いしましょう。
 森、の地図を描かなければ。

 もう、森は、記憶を留めてはいない。
 もう、放っておいたら、どんな風に変わってしまうか、わからない。
 表情を変えていく、いのちを失った森へ、その記録を与えなければ。
 その記録はまさに、『その通り』になる。
 標を、森、に与えてくれる。

 全ての時間を、ひとりで納めきるのは、きっと無理。
 だから、手分けをしなきゃ。

 清々しい朝へ。
 お日さまの高い、午後へ。
 少しものがなしい、夕暮れへ。
 すべてが眠る、夜へ。

 それが過ぎて。まさに、新しい夜明け、不思議な色の明け空は、繰り返される。

 嬉しいときには、あたたかいひかりを。
 哀しいときには、つめたい雨を。

 それを、書き残さなければ。

 管理している間に、わたしたちも、『うばわれる』かもしれない。
 今まで過ごしてきた、その思い出を。
 時には、ひどい怪我を負うこともあるかもしれない。
 管理している領域を、はみだしてしまえば。
 森、の奥にある、海、に近付いてしまえば。
 それは、仕方のないこと。

 けれど、森は?
 森は、森の記憶を求めて、ずっと飲み込み続ける。

 ――それを、あなたが、与えるの。
   さあ、そのトランクを開けて。その中には、ノートが入っているのでしょう?

 魔法使いたちが言っていることをよく理解できないままに、旅人はトランクを開けます。
 黒い表面に、薔薇の紋様があしらわれた、トランク。
 それを見て、もう魔法使いたちは、石が壊れてしまったことにも、いよいよ頷かなければなりませんでした。

 そこには、色とりどりのノートが、数冊はいっています。
 その中の、一冊。紫色の、ノート。

 そこには、物語が記されていますね。
 これはあなたの残したものではない。
 だから、消されずに、ここにある。
 それは、当然のこと。
 究極の少女を、――作り上げるための、物語。
 あなたではなく。あなたの、血筋の残した――

 これは、妹に持たせます。

 そして。この、あなたの、大事なことを書き残していたノート。
 今はもう――真っ白な、ノート。

 そう言って、白の魔法使いは、ノートを手にとりました。

 もう、このノートは真っ白になっています。
 もう、奪われてしまったんだね。
 これを、これからも。
 森に、ささげ続けてもらわなきゃ。

 白の魔法使いは。真っ白なノートに、魔法をかけました。

 あなたの思い出。
 あなたの、記憶。
 それは、描かれた端から、森へと与えられ続けます。
 あなたは、何も覚えていないんだよね。

 ただ、あなたが描いた物語は。
 ここで輝いていた石を、再び作り上げていくでしょう。
 少しずつ、少しずつ。

 あなたは、森を歩きなさい。
 そして、あなたはお姉さまたちに、出会い。
 あなたのノートを、手渡しなさい。
 お姉さまたちは、あなたのノートを使い、森の地図、を描くでしょう。
 それを、森に与えるために。
 それが、あなたの助けになるように。

 森を出るな、というわけではないの。
 けれど一度出ても、あなたは森を、離れることなど出来はしない。
 たとえ、何も覚えていなくても。

 あなたが、私たちの名前を問うのならば。
 私たちは、その度に答えましょう。
 繰り返し、繰り返し。
 だって世界は、『そのように』出来上がるのだから。

 ねえ、ジュン。
 ようこそ、ジュン。

 森は。
 私たちは。

 あなたを、歓迎するわ。


―――


 そうして、男の旅は、始まりました。
 森に、思い出を与え続け。
 その結晶を作り上げるための、旅が。


―――



 森は、静か。
 木々の揺れる音を聴いて、それだけで心地よい。

 水の、音。
 それは、森の中にある、小さな海が波立つ音。

 ひとが、来る。
 ああ、彼がやってくるのね。
 彼がやってくるということは。
 彼の持つべき『物語』が、元通り。
 そのトランクの中へ、収まったということ。

 あれから、どれくらいの時が経っただろうか。
 彼は、あれから。
 繰り返し、繰り返し。
 この森の毎日が繰り返されるのと同じ様に、彷徨い続けてきた。
 けれど。
 決してここへ辿りつくことは、無かったの。
 お姉さまたちは、彼を助けてくれたのね。
 そして、妹は。
 熟した機を察して、彼にノートを、預けたに違いない。

 海の真ん中を、見る。
 そこには、輝きの石が、浮かんでいる。
 彼の思い出を。
 私たちが、私たち魔法使いが、少しずつ紡ぎあげた、結晶。

 ああ、白い。
 記憶は、普通なら彩りを持つもの。
 けれど今私が見ている石は。
 なんて、なんて、白いのだろう。

 この石が、白いのならば。
 森もまさに、『そのような色になっている』。
 今、森は。
 純白に、包まれているのかしら?

「どうして、こんなところに」

 ――海、が。

 ああ。
 あなたは此処が、海、であると感じている。
 そう、此処は海なの。
 森、の記憶を、受け止める、器。
 無意識に受け止める、器。

「ああ、此処は……」

 此処は。
 言って、あなたは、頭を抑えだす。

「ここは、海。そして、君は」

 君は。
 雪華綺晶――白の、魔法使い。

「お久しぶりですね、ジュン」

 声を出す。
 あなたは、私の名前を問わずとも、私の名前を知っていた。
 それを、思い出したのね。
 私は、ずっと此処へ留まり続けていた。
 ただひとり、森、を管理するための領域を持たず。
 森、から守られている、家を持たず。
 この海の傍に、いた。
 この場所は、時が止まっているから。
 私が時を、止めているから。
 ずっと、待っていたの。
 あなたが再び、此処へやってくるのを。

―――

「僕はどのくらい、歩いていたんだろうな」

 後ろ頭を掻きながら、あなたは言う。

「それはわかりません。けれど、それ相応の長さだったとは思いますよ」
「そうか……石はもう、出来上がっているんだろうか?」

 海の真ん中。
 輝きの石は、白いひかりを放ちながら、其処にある。
 あなたは、私の名前を覚えていても。
 どうして、この石を作り上げているための旅を続けていたかを、覚えてはいないのだろうか。

 はじめは、一つの罰に似ていた。
 畏れ多くもあなたは、究極の少女を。
 木偶から、ひと、を。
 いのち、を与えるための旅を、続けていた。
 それはもう、神の業。
 この世界に居る者達が、至ってはいけない領域。

 その残骸が、私たちであることを。
 この森に呑まれた、私たちであることを、あなたは知らないでしょう。

 元々は、あなたの血筋が。
 あなたの祖先が、神の業に至ろうとした残骸が、私たち――そして、この森、であるということを。

 だから、私たちは。森、を出ることを許されない。
 この森、の近くにある限り、生き続けることが出来るのだから。

 あなたは一度、この石を壊してしまった。
 けれど不思議なことに、私たちのいのちは、奪われなかった。

 どうしてだろう。
 それはとても、不思議だった。
 多分私たちは、森、の一部に、既になっていたのだろうと思う。
 もうとっくの昔に、森に呑まれていたのかしら。
 だから、かたちを留めていられた。少なくとも、お姉さまたちにとってのからだ、その器のかたちを。

 私と妹は、お姉さまたちとは少し違う。
 紫の魔法使いは、同じ様なかたちをしているけれど、そのいのちの起源が少し異なる。
 同じように森に呑まれているけれど、多分あの娘が、森、からもっとも遠い存在。
 それでも、大事な大事な妹であることに違いはないわけだけれど。

 そして、私は。姉妹の中で、もっとも「森に近い」。
 それは、私に与えられた色が、白、であったから。
 何色に染められてしまうかわからない、色だったから。

 私だけが、本当は、石の力を必要としなかった。
 私はもともと、しっかりとしたからだの器を、与えられなかった。

「ジュン、あなたは、これからどうするの?」

 問いかけてみる。彼も今、それを考えているような風だった。

「どうしようかな。時間はある……ああ。ここは、時間の流れが曖昧なんだっけ」
「ふふ、そうですね。この場所は、森の中でも切り離されていますから」

 お姉さまたちもきっと、容易に近付くことができない。

「何もすることが浮かばなくても。今居る場所がうつくしい、それだけで良いとは思いませんか?」

 ただ、白い。ちょっと見れば、それは何もない光景だった。
 けれど、何もないことこそが、きっと一番うつくしい、あり方。

「……そういう考え方も、あるか。うん、それもいい。だけど」

 本当は。僕のしたいことは、もう決まっているんだ――

 そんなことを。あなたは、私の眼を見ながら、言う。


――――


 私は、からだ、という器を持たない。
 ただ、意味、だけを持っている。

 眼で見て。
 言葉を話し、耳を傾ける。
 ときにお腹も空いて、森の恵みに口をつける。
 手で触れて、そのあたたかさやつめたさを知る。

 ただ、私に触れることが出来るものは、限られていた。
 お姉さまたちは、「私」という存在を、しらない。
 この森の管理をお願いするとき、それは妹に――紫の魔法使いに、頼んでもらうようにした。
 いのちの起源が異なる妹と、元々、森にいきるものだけが、私に触れられる。
 かたちある、お姉さまたちへ。お姉さまたちも、森の住人だというのに、どうして触れられないの――?

 気付いていた。
 私は、森に近いのではなく――
 ひょっとして、森、そのものになったのではないか、ということに。

「ノート、を読んだよ」

 あなたはそう言いながら、トランクから紫色の表紙のノートを、取り出した。

「きっとこの場所だから、思い出せる。アストラル――究極の少女は、きっと体という器を持っていないのではないか、だなんて。僕の祖先が思ったんだな」

 器などなくても。それがなければ、もっとも「うつくしいかたち」。

「私は、私ですから。私はただ、此処に居ればいい。それだけです」

 海の真ん中を見やる。白の石は、その輝きを放ち続けている。

「きっと雪華綺晶なら、そう言うかもしれないと思ってた。ただ、僕が今したいことは」

 言いながら、あなたは。無意識の海へ、足を踏み入れる。

「いけません! せっかく作り上げた石が、壊れてしまいます!」

 私の制止する言葉も聞かず、あなたは浅瀬の海を進んで、石に近付いていく。
 あなたはまた、途方もない旅に、出ようというの。
 あなたのからだに、私は触れることが出来ない。
 その手を掴んで、引き戻すことが出来ない!

「大丈夫。心配しないで」

 ――ああ、その微笑み。あなたは本当に、お父様に、似ている。

「作り上げるのは、手伝ってもらったけど。この『いのちの起源』は、僕のもの。だから――」

 ――触れて砕けることなど、ありはしない。

 あなたは石を掴み。それを一かけら、手に収めた。

「ひとつの究極は、なくたっていいんだ。ひとつひとつが不完全でも、それを繋ぎ合せて生きればいい」

 それが、ひと、なのだから。


―――


 あたたかい。
 この場所は、なにもないはず。
 このあたたかさは、一体。

「眼が、覚めたか?」

 あなたの、声。
 あなたの手は、私の手を、握っている。

「気分はどうだろう、白の魔法使い」

 あなたは相変わらず、微笑んだままで。
 私も何だか、笑みが零れてしまう。

「さあ……わかりませんわ。全くあなたは、私が望んでるかどうかも聞かず、随分勝手なことですね」

 ちょっと意地悪く返してみる。石を砕いてしまうかもしれない、と私に心配させた、仕返しのつもりだった。そうするとあなたはやっぱり、うろたえるのだった。
 後ろ頭を掻きながら、言う。

「僕もなんだかんだ言って、諦め切れなかったということかな」
「あきらめきれない?」

 尋ねると、あなたはふっと笑った。

「究極の、少女」

 それを求めて生み出された、森の魔法使いたち。
 森を治め、不思議の中をいきる者たち。

「その中で、ただひとり、君だけが欠けていた」

 さあ、いこうか。

 ……何処へ?

 まずは雪華綺晶の、大事な妹のところへ。

 ……そして?

 僕はこの旅で、何度も約束を残していたんだ。
 ほら、このノートに――

『いつかまた、自分のもとをたずねて欲しい』

 もう真っ白ではないノートには、彼の思い出が記されている。

 それを果たしにいかなければ。一緒に来てくれるかい?
 そしてみんな集まって、美味しい紅茶を飲もう。
 森の外からも、お客様を呼べばいい。
 ずっとさくらの絵を描き続けている、女の子が居るんだ――

 ああ、あの少女のことだ。
 森へ入り、ひかりを失った少女。
 私と妹が、ひかりの意味、を分け与えてあげた娘。

 そうやって。それが究極かどうかわからないけれど。かけらは、ひとつになる。

 手を取り合って、立ち上がる。
 私はこの場所を離れても、良いのかしら。
 お姉さまたちに会っても、良いのかしら――

 涙が出る。私の、残された左眼から。

「ここは不思議な森であっても。君にいのちと、そのかたちがあることは覆せない。だから、いいんだよ」

 行こう。
 促されて、私たちは歩き始める。
 森、を出ることは、きっとかなわずとも。
 
 今度は、私が。私自身が、ノートに書き残していこう。
 自分の大切なことを。

「……」
「え?」
「いえ、何でもありません」

 手を握る力を、ちょっとだけ強めた。
 あなたはそれに、応えてくれる。

『うつくしい、思い出』。

 何もなければ、忘れることも出来はしない。
 奪われることがあるかもしれなくても。
 私はそれを、大切に残しておこう。

 海、を離れる。
 こんなにも、うつくしい緑。
 青々とした空に、高いお日さまが昇っている。

 その照らしがいずれ紅く染まり。
 全てを飲み込む夜があって、静けさをもたらす。
 そして新しい明け空は、またやってくるのだ。

 その一歩を私は、まず踏み出そう。

 これが私の、あたらしい、はじまりなのだから――



――――



 そこには、ノートがありました。
 大事なことを、書き残すための、ノートです。

 大事なこと。
 それは様々な、思い出。

 そのノートはもう、真っ白なままではありません。

 魔法のかかったノートに、残ったことが。
 また新たなかけらを、作り上げていくことでしょう。

 それは。
 そのノートを描いたものだけが知っている。
 思い出という名前の、物語。

 ひとつのおわりのあとにやってきた。
 あたらしいはじまりの、物語でした。





  
|