※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  


 きれい。
 私はいつだって、この景色を見るのがすきだ。
 いつだって、とは言っても。
 結局のところ、短い時間しか出逢えないことを、もう知っている。

 一年中、今、ならばいいのに。

 そんな子供みたいな台詞を、今の私はもう言わない。
 口にしない代わりに……手を動かそう。
 景色を、いつまでも留めておくために。
 この鉛筆一本あれば、何だって描けるのだから。

 少し、風が強い――あんまりつよく、吹いては駄目なの。
 折角の花びらが、散ってしまうから――

 けれど、この風はやむこともなく。
 ずっと花びらを、散らし続ける。
 しろい光を、私の眼に映して。

 溜息を少しついて、私はその様を見守りながら、鉛筆を握り締めた。
 この瞬間さえ、描いてみせると。そう、思いながら。
 まだ描かれていない真っ白なページと。
 私の白いスカートの裾が、風に舞って翻った。



――――


【さくらのノート】


 いつものように一日が始まって、私は早速外へ飛び出す。
 ずっと部屋には居られない、私はあそこに居るのが、あまりすきではないから。
 そんなことを言いつつも、私はきっと、部屋に戻ったときに怒られるのだろう。

 怒られるのはきらい。けれど、大体「怒られないこと」を心掛けているときは、自分がつまらない。それが、言い訳。いつも一緒の、言い訳。

 手元には、ちょっとしたものが入るバッグを持った。中身は、いつも通り。
 向かう場所は、決まっている。桜の樹がたくさんある、森の入り口。

 私は森の中へは入らない。ただ、森の入り口には白いベンチがあって、それは私にとっての特等席だった。
 歩いて程なく、私はそこにたどり着いた。いつものようにベンチはあって、いつものように桜の樹々は風を受けてそよいでいる。

 ざぁ、と、一際強い風が吹いたものだから、花びらが沢山散っていった。
 いつものベンチに、人影が見える。うたた寝をしていた様子だったけれど、風の音で眼を覚ましたのか――顔を上げて、そしてこちらの方を見た。

「やあ、いい天気だね。――君は、誰だろう?」

 きょとん、とした顔、だった。

「ひないちご。雛苺っていうのよ。あなたのお名前は、何?」
「僕か? 僕はジュン」

「そう、ジュンというのね。――今日は本当にいい天気。けど――」
「けど?」
「ちょっと風が、強すぎるの。このままじゃ、桜が散ってしまうわ」

 見上げる。風はさきほどよりも穏やかになっていたけれど、それでも桜の花びらは、散り続けている。

「ん。けどまあ、良いじゃないか」
「どうして?」
「今の一瞬だから、きれいだって思うこともあるさ。桜の気持ちは僕はわからないけど、確かな今がうつくしい。そう考えても、良いんじゃないかと思う」

 今の一瞬。こういうの、ほんの短い時間――刹那、という言葉を、何処かで聞いた。

「桜の花って、本当に桜色だなあ。ピンクって言ってもいいけど、桜色っていう響きがよく似合う」
「……」
「どうしたの?」
「ううん、なんでもないの」

 私はバッグから、ノートを一冊取り出した。

「お隣、座ってもいい?」
「ああ、どうぞ」

 鉛筆を握り締めた。桜色、か。思いながら少し、眼を閉じる。そうだ、桜は、あんな色をしていたっけ……

「絵を描くのか?」
「そう。私、この景色を描くのが、すきなの」
「ふぅん、何かいいな、そういうの。ちょっと見せてくれないか? それ」

 ノートを手渡した。ぱらりぱらりと、彼は頁をめくっていく。

「へぇ……凄いな。よく見てる、って感じがする。色の濃淡なんか、これ、鉛筆画だろう。よくここまで光の調子を表せるもんだ」
「そう? えへへ……」
「そうさ。凄いよ」

 私は色を使わない。だって私は、色がわからないから。
 いつからかは、覚えていない。遠い記憶の中にある、『色付いた景色』――段々と薄れていく、その記憶。しかしそれが、私が今、『色の無い景色』の中に居ることを、教えようとする。

「ちょっと時間を貰ってもいい? ヒナ、絵を描きたいの」
「いいよ。僕もすることは無いし――」

 きれい。ああ、本当にきれいな景色。


―――――


「出来たのか?」
「うん――」

 ノートの一面に描かれた、私の眼に焼きついた一瞬が、手元に残る。

「きれいだ。うん、本当に、きれいだ」
「えへへ……ありがと」

 言いながら、髪を撫でてくれる。
 懐かしい。――懐かしい?
 風が吹く。今の一瞬ですら、この手に留めておくことが出来ない。
 この瞬間が、途方もない速さで過去になる。今が、遠い昔になっていく。

 ああ、だから絵を描こうと思ったんだ。
 いつまでも、残しておこうと思って。

 あなたは、覚えていないのでしょう?
 だって、遠い昔のお話だから。
 あなたは、私にこの鉛筆と、ノートをくれたのよ。
 あなたの持っている、その黒いトランクを開けて。

 ページは実のところ、ほとんど埋まっていない。
 このノートは、大切に使おうと思っているから。
 頭の中では、数え切れない程の絵を描いた。
 私は、この景色を描くのが、とてもすきなの。とても――


―――


「――眼が覚めたか?」
「うゅ、……」

 あなたに髪を撫でられている間に、いつの間にやら眠ってしまっていたのだろう。
 肩に預けていた頭を、起こす。

「まだ、そんなに時間は経ってない。せいぜい三十分位か。無理して早起きしたんじゃないか?」
「……ヒナ、そんなにお子様じゃないのよ?」

 ぷぅ、と頬を膨らますと、本当に可笑しそうな様子であなたは笑った。
 そうか、ごめんと。一言謝って、あなたは立ち上がる。

「そろそろ行くよ」
「森に、入るのかしら?」
「うん。今日は何だか、いろいろ歩いてみたくてね。ありがとう、楽しい時間だった」

 そう言って歩き出そうとしたが、私は思わずそれを引き止めた。

「えと――これ、良かったら、貰ってほしいの」

 先程描いた、桜の景色。そのページを、丁寧に破りとった。ちゃんと、私のサインもしておく。

「これ……いいのか?」
「うん、いいの。ジュンに、持っててほしいのよ。桜の絵なのに、しろくろだけど……」
「そうか、成る程。いや、綺麗な桜色の景色だよ」

 え? と。一瞬、私は眼をまるくした。

「描いたのは鉛筆でも、この紙はうすい桜色をしているんだ。君の着ている服と、一緒だね。桜色の便箋に――君の手紙として、貰っておくよ。ありがとう」

 ――大事なものだから、しまっておかないとな。

 そう言って。紙をトランクにごそごそと仕舞いこんでから、あなたは森へと入っていった。


―――


 ベンチに座り、ひとり。桜はまだ、散り続けている。
 ねえ、ジュン。あなたは、不思議なひと。あなたは、私の知らないうちに、桜の色を私にくれたのね。今だって、そうよ。私の服は、真っ白じゃなかった。この桜と同じ色に、包まれていたの。

 もう忘れてしまったのだろうけど、――私は、確かめることなど、しないけど。
 きっと次に逢った時は、覚えていてくれるかしら。

 今が、遠い過去になっていくならば。それも、難しいかもしれない。
 でも、それで、いいの。
 今度また、あなたが私の名前を尋ねるのなら。私もあなたの名前を、尋ねよう。
 ――そしてまた、私の絵を、あなたにあげるから。
 「今」が遠い昔になっても、何度だってやりなおせるのだもの。

 今日という日の、桜。この景色を、もう一枚残しておこうと思って。
 私は眼の前の様を、その一瞬を、焼き付ける。

 やさしい風が、まだ描かれていない桜色のページと。
 私の、桜色のスカートの裾を、そっと撫ぜていった。





   
|