※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


ジ「翠星石!おまwなんてカッコしてるんだ!?」
翠「えっとスク水です、帰ったら見せてやるって約束したですし、ほらとっととみるです」
ジ「あぁ(うはwきたwこれw)」
翠「ちょ・・・へんな所ばかりみるなです(///)」
ジ「・・・・・・( ゜Д ゜)」
翠「(なんだか変な気持ちになってきたです)(////)」
ジ「う~ん(たまらん)」
翠「も、もう我慢できんです(///)」
ガバッ



終わり




J「うぅ…気持悪い…」
翠「どーしたですか?変なもんでも食ったですか?」
J「食ったっつーか、飲んだ…。吐きそう…。」
翠「はぁ…しょ~がねぇバカですねぇ。」
J「悪かったな…うぇ…」
翠「ヤバそうですね…。横になっとくですよ。しゃーねぇーから翠星石の膝を貸してやるです(////)」
J「え?いいの?じゃあ…。」
翠「ちょ!どっち向いてるですか!!んっ!」
J「ん~…キモチイイ…」




翠「ジュンお弁当創ってきたですよ、一緒に食べるです」
ジ「あ~と俺べ
翠「んなもん知らねぇです、さっさといくです」
ジ「(すまんべ、僕は翠にはさからえないんだ)」

屋上

翠「じゃ~んどうです?翠星石の自信作ですよ~」
ジ「お、なかなか旨そうだな、いただきま~す」
食べ始めようとするジュン
翠「ま、まつです、翠星石が食べさせてやるです(///)」
ジ「え、いいよ~恥ずかしいし」
翠「いいから口を開けるです!はい、あ~んするです(///)」
ジ「しょうがないな~あ~ん(///)ムグムグうまい!」
翠「当たり前です!この翠星石が創ったんですから!」
ジ「流石~(なんか字がおかしいけど・・・)」翠「えっと・・・その・・す、翠星石にも、その・・・(///)」
ジ「?・・!わかったよwはい、あ~んw」
翠「あ~ん(///)」


真「またやってるのね・・・」
金「殺意が芽生えたかしら!」
水「ほぉんとおばかさぁんたちねぇ・・(ジュン・・・)」
蒼「僕の翠星石を・・・ヌッコロス###」
薔「・・・ジュン・・」
雛「うにゅ~」
雪「うま~」
ラ「たべないで~!!」

平和だね~





カコーン

ジ「ふぅ~今日も疲れたな~」
ガチャ
翠「お邪魔するです~(///)」
ジ「ちょwななんで!?(///)」
翠「え、えと、たたたまには背中流してやろうとおもったですよ」
ジ「いいよ、恥ずかしいし・・(///)」
翠「な、なにいってるですか、せ、折角翠星石が背中ながしてやるっていってんです、遠慮するなです」
ジ「そ、そうか、じゃお願いするよ」
翠「それでいいんです」
と胸にボディソープを塗ってジュンの背中に当てて擦り始める翠星石
ジ「ちちちょっと待て!なんか違うぞ(///)」
翠「え?水銀燈がこうするといいと教えてくれたですよ(///)」
ヌルヌル
ジ「・・・(す、水銀燈あとで覚えてろ・・・あ、やばい理性飛びそう、プツ)翠!」
ガバッ
翠「や、優しくお願いするです・・(///)」



翌朝

ジ「こ、腰が・・・・」
翠「(昨日ははげしかったです)(////)」
銀「おはよぉ、昨日はどうだったのぉ?」
ジ「水銀燈・・翠に変な事教えるなよ・・・」
水「いいじゃなぁい、その調子だと楽しめたようだしぃ、今度なんかおごって貰おうっとwじゃまた後でねぇ」
「「(////)」」





ジ「・・・・・」
ハム
翠「ひゃっ!?な、なにするですか!?(耳はよわいですのに・・)」
ジ「いや~暇だったからさwもしかして耳弱い?」
翠「そ、そんな事ねぇですよ!!(///)」
ジ「ふぅ~ん?なら噛んでも平気だね!」
ハムハムハムペチョハムハム
翠「ちょっとま・・・ん・・くっ・あう・・なめ・・あっ・・(//////)」
ジ「耳弱いじゃんwやめる?(やべっwかわいいww)」
翠「や、止めないで欲しいです!も、もっとして欲しいです・・・(//////)」トロ~ン
ジ「え?そ、そう?(ちょwなんか目がトロ~ンとしてきちゃってるよ・・・)」
ハムハムハムハムペチュペチュハムペチュハムペチュハムハムハムペチュペチュチュパ
翠「ん・・・あっ・・・うん・・っ・・・(/////)」



翠星石は何かに目覚めてしまったようです




翠「・・・・・・・」
ジ「(やべ・・・なんか目眩が・・・)」
バタッ
翠「ジュン!?しっかりするですよ!?だれか救急車をたのむです!」

病院

ジ「あれ?ここは・・病院?確か翠とデートしてて・・・」
翠「ジュン!?やっと目覚めやがったですか!?心配かけやがってですぅ・・・グス」
ジ「翠、泣いてるの?」
翠「な、ないてなんてねぇですよ・・ただこのまま目覚めなかったらと思うと・・・翠星石はヒクっ・・ウッ・」
ジ「そうか心配させて悪かったな」
翠「ほ、本当ですよ、自分の体調かんりぐらいちゃんとしろです、次心配かけさせたら、ただじゃおかねぇです!」
ジ「悪い悪い」
翠「わかればいいんです・・・」
ジ「じゃあ、俺はそろそろ病人らしくねるな」
翠「じゃ、じゃあ子守り歌、歌ってやるですよ!」
ジ「あぁ頼む」
翠「いくですよ?健やかに~♪のびやかに~♪」



翠「寝たですか?(寝顔かわいい)」
チュッ
翠「これは・・翠星石を心配させた罰です・・・(///)」





 人気のない神社
そこに一人の少女が座り込んでいた
「はぁ~ジュンの馬鹿野郎です」
学校ではいつも真紅の言いなりだし、
勉強で分からないところは巴に聞くし、
雛苺はいつもベタベタくっついているし、
雛苺が居ないと思ったら金糸雀が変な邪魔をしてくるし、
「それもこれも、全部ジュンのせーです」
その掛け声と共に勢いよく足元にある石に蹴りをくりだす
スポーン
「あっ!!」
石が飛んでいくことなく靴だけが明後日の方へ行ってしまった
「……いって~」
聞きなれたどこか抜けたような独特の声が靴の行った方から聞こえた
「誰だ……って翠星石?」
「ジュン、どうしたです!?」
「どうしたっていきなり靴が……これお前のか?」
「そっそーですよ」
「何してたんだ?」
「ちょっと明日の天気を占ってただけです」
「なら明日は雨だな、裏返ってたし」
「そんなの分かんねーですよ、晴れるかも知れねーです」
「なんだよそれ、占ってたんじゃないのかよ……まぁいいや、俺は帰るけど一緒に帰るか?」
「仕方ねーから翠星石も一緒に帰ってやってもいいです」
「はいはい、行くぞ」
ジュンと一緒……(///)
「やっぱり明日は晴れです」
「はぁ?」
いや、きっと明日゙も゙晴れです




翠「ジュン~一緒にね、寝やがれです!(///)」
ジ「怖いの見るのはあれほどやめとけっていったのに・・・」
翠「う、うるせぇです・・」
ジ「しょうがないな~、ホレ寒いから早く入れ」
翠「あ、ありがとです(///)」
ジ「いいってw僕も翠星石と寝れて嬉しかったりするし・・・(///)」
翠「そ、そうですか?(////)」
ジ「うん(///)」
翠「す、翠星石も・・・ですよ(///)」
ジ「そ、そうか?じゃあ明日はやいから寝るぞ!おやすみ(///)」
翠「お、おやすみなさいです(///)」




ジ「なぁ翠星石たのむよ~」
翠「い、いやです!な、なんです、翠星石がな、なんでそんな事を・・・」
ジ「たのむよ~翠星石ぃ」
翠「なんで翠星石が語尾ににゃなんてつけなきゃならんのですか!?」
ジ「僕が聞きたいからw」
翠「他の人にやってもらえです!」
ジ「いいのぉ?僕が他の女の子と仲良くして~」
翠「え・・・あ、そそれは・・です」
ジ「真紅にでも頼んでみようかなぁ?」ニヤニヤ
翠「ジ、ジュンは翠星石以外と仲良くしてはいけないのです(////)」
ジ「じゃあお願いw」
翠「しゃあないですね・・・・少しだけですよ?」
ジ「うんうん」
翠「ジ、ジュンはす、翠星石と仲良くしてればいいんですにゃ!他の女の子と仲良くちゃいやですにゃ(////)」
ジ「いい子いい子」ナデナデ
翠「も、もう言わねぇです(/////)」




蒼星石「やっぱりアレは夜の方が興奮するよね」
ジュン「まあそうだな。俺は夜やる方が好きだな」

翠星石(ちょ、何二人して真面目にそんな事を!?)

蒼星石「あの勢い良く行くのがいいよね」
ジュン「人に向けたりしてな」

翠星石(い、勢い良く!?人に向ける!?ふ、不潔です!!)

蒼星石「じゃあ今からしようか?」
ジュン「・・・二人でか?もっと人数多いほうがいいんじゃないか?」
蒼星石「それじゃあ水銀燈達も呼ぼうか?」

翠星石(3P!?いや、達だから薔薇水晶とかも・・・!?)

蒼星石「僕は二人きりがいいな。」
ジュン「そうか?」
蒼星石「うん。前にやったときも二人きりとか雰囲気でたもの」

翠星石(そ、蒼星石経験豊富!?)

ジュン「そういえば前に水銀燈達ともやったな」
蒼星石「うん、水銀燈もいつになく機嫌良かったよね」
ジュン「薔薇水晶もはしゃいでたな。俺後ろからされたりしたし」

翠星石(ば、薔薇水晶両刀!!?ジュン、そんな癖があったんですか!!?)


ジュン「そろそろ行くか」
蒼星石「どこでやろうか?」
ジュン「公園でいいだろ、あの公園は夜は誰もいないから」

翠星石(や…や・・・ややややや、野外!!!?)


蒼星石「うん、そうだね。じゃあ行こう、ジュン君。あ、そうだ道具は?」
ジュン「ロウソクあればいいだろ?」

翠星石(ちょ、ええ、えSM…ええええええええええ!!??)

蒼星石「楽しみだな・・・僕大好きなんだ」
ジュン「あんまり大きな声だすなよ?」
蒼星石「わ、わかってるよ、もぉ・・・」

翠星石「待つでぇぇえええす!そんな破廉恥なことお姉ちゃん許しませんよ!!」
蒼星石「ん?姉さんもやる?」
翠星石「え!?えええええ!?」
ジュン「やっぱ人数多いほうが楽しいよな」
翠星石「す、翠星石は・・・その」
ジュン「ん?怖いのか?」
蒼星石「え?熱いのとか苦手だっけ?姉さん」
翠星石「だ、だから私は普通ですぅ!」
ジュン「普通の花火もあるぞ?」


翠星石「( ゚д゚ )」




蒼「♪」

翠「…な、何をやってるですか、蒼星石。そんな長髪のかつらをつけて…」
蒼「!?」

後日

翠「♪」

蒼「な…ちょっと姉さん、髪全部かつらにいれてるからもこもこしてるよ?」
翠「……」

|