※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

biero(?)

ジ「ん? 柏葉なんだか動き鈍くないか?」
巴「そう・・・ね。ねじが切れてきて・・・きたみたい」
ジ「そういや柏葉は人形だったな。今は」
巴「だか・・・らね、桜田君。巻いて・・・欲しいの。はい・・・ねじ」
ジ「よしじゃあ、まくぞ。えい」グリグリグリグリグリグリグリグリ
巴「あッ・・・ふァん! あぁああぁあぁぁぁン! やっ! ひぁっ!
  さっ! さくっ! さくらだくんが私の大事な穴にぃ!
  棒突っ込んでぐりぐりかき回すのぉ! やめへぇ! そんな乱暴にしないでぇ!
  ひゃぁん! らめてぇ! あたっ! あたひこわれちゃうううぅ!」
ジ「変な声出すのやめてくれ」
巴「らめぇ・・・もっと続けてぇ・・・!」
ジ「涙目で、表情が蕩けてる上に、涎まで!? さっきのあえぎ声マジなんですか!?」
巴「じゅんくぅん・・・もっとぉ・・・。あたしをめちゃくちゃにしてぇ・・・」
雛「トモエ、冗談はそろそろ終りにしといた方がいいのよー」
巴「え? そう? じゃあ雛苺が言うなら」
ジ「冗談だったのかよ」
雛「ジュン、勃っちゃった?」
ジ「そ、そんなわけないだろ!」
雛「ジュン、露骨に焦ってるの」
巴「人形相手に欲情なんて、人間のオスは想像以上に下劣ね」
ジ「柏葉に言われるとなんだか腹が立つ」

巴メイデンにねじ穴はないってこと・・・
すいません、わかってたけどやってしまいました。
 




「やっぱり、せっかく人形の体を手に入れたんだし、
  私としては、その、在るべき姿で在りたいわけなの」

慎ましやかに切り揃えられた頭髪。
古きよき和の心を想起させる訪問着を装う、小さな、童女の如き体躯。
そんな、どこか日本人形然とした姿を呈し、柏葉巴は、傍らの少年へ語りかけた。

「そう、私はお人形。
  あなたの、幸せなお人形」
「違う」

昂り、赤く上気した頬を双の掌で包み、そんなことを口走ったのがいけなかった。
少年──桜田ジュンは、デスクトップパソコンのディスプレイを見つめながらも、
 巴の言葉尻が紡がれるよりも早くに、冷淡なまでにそれを否定した。
──僅かに含羞の色で頬を染めながら。

「桜田くんのいけず。
  でも、構わないわ。
   良き時も悪き時も、富める時も貧しき時も、病める時も健やかなる時も、
    共に歩み、他の者に依らず、死が二人を分かつまで、愛を誓い、
     あなたを想い、あなたのみに添うことを、神聖なる婚姻の契約のもとに、誓うもの」 

ジュンのこめかみを、一筋の冷や汗が伝う。
呆れも呆れ。先ほどまでの甘酸っぱい羞恥の念は、
 訪われた、どこか恐怖にも似た呆れに、陰惨なまでに踏み躙られた。

「だから、その、もし桜田くんが良いなら、
  いや、別に厭でもしてもらうつもりではあるけれど」

少し気後れしたと思えばこれだ。と、
 少し小さくなった幼馴染の、傍若無人とした態度に、
  毎度のことながら、少々人間(人形)関係について考えさせられる。

「抱っこしてほしいの」

──反則だろ。
僅かな逡巡の後、ジュンは、面倒くさそうに、
 しかし、再び、淡く恥じらいの色を浮かべて、人形を。
幼馴染を、その両の腕で抱き締めた。




巴メイデンな保守を致します(巴メイデン・リスペクト)

「………と言う訳で、お人形になってみたんだけど」
「さらっと人外な事をするな。――それに、僕に人形遊びの趣味はない」
「夢のない大人になっちゃたんだね」
「確かに年はとってるけど、まだ未成年だよ。と言うか、人形遊びが夢………?」
「小さな頃は一緒にお人形遊びしたじゃない」
「十年くらい前だろ。それだって柏葉がやりたいって言うから………」
「………ね、久しぶりにしてみましょうか?」
「………僕、十代後半男子………。大体、そんなの持ってないぞ」
「あら、目の前に居るじゃない。ちょこんと」
「………ひょっとして、お前の事?」
「ん。男の子が大好きな動きのある人形だよ?」
「そりゃまぁ、関節稼働があるかないかで全然違うけどさ」
「でしょ?じゃあ――(てとてと、ぽふ)――どうぞ」
「………人の足を占領しておいて、『どうぞ』ってのはなんだ?」
「お人形遊びって言ったら、着せ替えだと思うけど?関節も動くんだし」
「だーかーらー!そーゆー恥ずかしい事を言うなとっ!?」
「むぅ………。じゃあ、原作に則って、本でも読んでもらおうかな」
「………訳わかんない外国の本か、裏返しの数学テキスト、か?」
「違う。リスペクトなんだから、こっち。 つ『おさななじみとふたりきり』」
「………いや、いいけど。お前が言ってきたんだから、大人しく聞いとけよ」

「………すぅすぅzzz」
「大人し過ぎると思ったら。ったく。………僕も眠くなってきた…ふぁ」

「………すぅすぅzzz」「………くーくーzzz」
「――あらまぁ、遊びに来てみれば。可愛らしいツーショットですわね」
「どー見ても兄妹にしか見えないの。お人形さんになってるんだから、色々とチャンスなのに」
「ですが、普段では出来ない位密着されていますし。巴様も、お幸せそうな寝顔をされてますわ、ふふ」



思い切り乗り遅れた巴メイデンリスペクト
柏葉巴が超合金の人形だったら

J「なんだこれ」
雛「トゥモエダイAなの」
J「まず一つ、このゴツいフォルムはアフロダイでは有り得ない。二つ、おっぱいミサイルなら水銀燈とか他に適任者がいる。三つ、顔が柏葉の顔をそのまま金属製にしたみたいで怖い」
雛「実際、名前を借りただけなの。だからお約束のロケットパンチはあっても胸は飛ばないの」
J「…………」
雛「で、『はいてるんだ、やっぱり』はしないの?」
J「ドムみたいなスカートを覗いてどうしろと?」

 




柏葉巴が1/72スケールの人形だったら

J「で、この小さいのはなんだ?」
雛「槐さんの作品なの。ちなみにこの前のトゥモエダイAも槐さんのなの」
J「なんでもありかよ、あの人。しっかし、凄いな…こんな小さいのに着色までされてる」
雛「タイガー戦車やサイカーチスなんかと並べて飾るといいの」
J「前者はともかくサイカーチスってどんだけ地味な機体だ?……んー…どれどれ…ちぇっ」
雛「……一応聞いておくけど、何してるの?」
J「流石にこのスケールじゃスカートの中、全部埋まってた」




巴「桜田君、ご飯出来たよ」
ジ「ああ、悪いな姉ちゃん居ないからって作らせちゃって」
巴「ううん。気にしないで。それに…」
ジ「ん?」
巴「なんでもない。じゃあ食べましょ」
ジ「そうだな。お、たらこがあるじゃないか。久しぶりだな~真っ白のご飯と…」
ガタン!
巴「ひどい…」
ジ「は?」
巴「これは…これは明太子なのにぃー!!」ダッ
ジ「か、柏葉ー!柏葉~!!!」

 




巴「桜田君、私、あなたのことが・・・」
巴「僕も本当は、柏葉、君のことが・・・」
巴(やっぱり私たちは通じ合っていたのね!)
巴(僕と彼女は一緒になる運命だったんだ!)
巴「ずっと一緒にいようね、ジュン君」
巴「ああ、ずぅっと一緒だ。巴」

ジ「・・・おい、柏葉。さっきから一人で何をぶつぶつ言ってるんだ?」
巴「ふぇ? 桜田君がもうひとりいる? ていうかさっきまでいた桜田君はどこ?」
雛(ついに巴は自分の中に『理想の桜田ジュン』という人格を作り上げてしまったの・・・)




巴「分かったわ」
雛「なにがー?」
巴「人形なら簡単にできて人間にはできないこと!」
雛「まーた嫌な予感がするのー・・・」



巴「どう? 桜田君」
ジ「・・・なにそれ」
巴「男の子っておっぱい好きでしょう? ぱふぱふしてあげてもいいのよ?」
ジ「いや、なんで胸大きくなってるの? 何やったの?」
巴「魔改造してみたの。ドールもフィギュアも似たようなものでしょ?」
雛「そんな淫欲でまみれたものとドールを一緒にしないでほしいの・・・」

ジ「固っ。なんだこれ。ぱふぱふどころかかちかちだぞ。素人がやるからこうなるんだ」
巴「ごめんね、桜田君。いろいろ調べてみたんだけど、うまくいかなくて」
雛「何試してるの? 何語ってるの?」

 



柏葉巴が藁人形だったら
雛「藁人形なのー」
J「……作者がエロパロ板に流れて、久々に古巣に帰ってする事がこれか……」
雛「自分語りは嫌われるのよ?ともあれ、五寸釘とトンカチなの」
J「ちょ、おま……柏葉の顔写真貼ってるのに打ち付けろと?」
雛「まあまあ、いつも迷惑かけられてストレス堪ってる筈なの。ちょっとくらいは…ね?」
葛藤中
J「ま、どうせネタだし、ちょっとくらいならな。それ!!」ごっすん
雛「因みにそれは某七色の人形使いさんの作なのよ」
J「ストーキングは犯罪だろうが!!そぉい!!」ごっすん
天井裏の巴「ひあぁぁん!!あっ、ああっ!!桜田君が私と五寸釘プレイを!!」
J「え゙、本物!?」
雛(巴…協力しといて何だけどやっぱマニアックすぎるのよ……)







Qあなたの好きなローゼンメイデンキャラは?

「柏葉巴よぉ」
「巴かしらぁ」
「巴ですぅ」
「柏葉さんだね」
「巴なのだわ」
「巴なのー」
「巴ですわ」
「柏葉…巴……」

ジュン「柏葉……8種の裏声使ってまで人気をでっちあげたいのか?」

巴「…………」







ジュン「思ったんだけどさぁ」

巴「どうしたの?」

ジュン「普通の人形じゃ動かないから普通じゃない人形だったらとか自分で言ってなかったか?」

巴「桜田君……みんなはあえて何も言わないのよ。これ読める?」
つ空気

ジュン「………ごめん」







巴「どうしたらいいのかしら……」

ジュン「どうしたんだ?」

巴「あぁ、桜田君。どうしたら私の長編がたくさん投下されるかなって考えてたの」

ジュン「人気がでればいいんじゃないか?」

巴「どうやったらでるかしら?」

ジュン「原作のほうで活躍する…とか?」

巴「最終回じゃない……」



巴「どうしたらいいのかしら……」

ジュン「また悩んでるのか?」

巴「えぇ」

ジュン「良い方法思い付いたぞ」

巴「何々?」

ジュン「まずなきぼくろをとるだろ?」

巴「うんうん」

ジュン「一人称を僕に帰る」

巴「それでそれで?」

ジュン「終わり」

巴「なきぼくろをとる、僕………蒼星石じゃない!」

ジュン「だって、蒼星石は大人気だしな、柏葉と違って」

巴「………帰れよ」 




ジュン「ドールより日本人形のほうが似合いそうだって言われてるぞ」

巴「そうよ!ドールというローゼンメイデンのパクりだから活況がないのよ!日本人形というオリジナリティがあればこのスレもっ!!」

ジュン「じゃな、スレタイは『柏葉巴が呪いの日本人形だったら』だな」

巴「ちょっwwwww呪いてwwwwwwww」
|