※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

今日は雛祭……
ヒ「~♪」
ジ「今日は一段と楽しそうだな」
ヒ「うん!今日はヒナ祭なの~、ねぇジュ~ン?」
ジ「な、なんだい?」
ヒ「今日はヒナのお願い聞いてくれる?」
ジ「ああ」
ヒ「やったぁ!じゃあ…学校終わったらデートして?」
ジ「それぐらいの事ならいいぞ」
ヒ「えへへ、ありがとなの~」
ジ「うわわ分かったから人前で抱きつくなぁ!」
ヒ「ケチ~ヒナ達は恋人同士なのにぃ~」
ジ(………恋人か)
ヒ「……?」

真銀翠「(#^ω^)ビキビキ」


放課後校門前……
ヒ(えへへ楽しみだな~、今日はずっとジュンと居たいな(////))
ジ「ごめーんヒナイチゴ、遅くなって…ゼエゼエ」
ヒ「ジュ~ン遅いの~」
ジ「ゴメンゴメン…さ、どこ行きたい?」
ヒ「う~んとね…まずはゲームセンター!」
ジ「はいはい」
ヒ「レッツゴーなのー」


真「仲良ろしい事…」
銀「あ~ら、真紅、悔しいのぉ?」
真「そ、そんな事…なきにしもあらずだわ」
薔「なきにしもあらず……無いと言う事は無い…」
翠「ムキー!!あんなチビチビにぃ!」
蒼「姉さん落ち着きなよ…」
金「カナも恋愛したい…かしら」


ゲーセン……
ヒ「あ~くんくん人形~ジュンとってぇ~」
ジ「よぉし…UFOキャッチャーは任せろ、僕の得意分野だ」
ヴィーン…
ヒ「あ、もうちょと左、あ…行きすぎジューン!」
ジ「大丈夫、見てなって」
ガタッ…
ジ「………」
ヒ「あ……くんく~ん;ω;」
ヒ「ジュンの下手っぴー」
ジ「ゴメンゴメン、あれおっかしいなー腕がにぶったかなー」


ジ「お腹空いたな…いつもの所行くか?」
ヒ「うん行きたい!」

店員「いらっしゃいませー、あ、二名様ですよね?」
ジ「はい、えーといつものお願いします」
店員「かしこまりました」

店員「お待たせしました」
ヒ「わーい!いちごスパゲッティー」
ジ「いつも思うんだが良くそんなの食べれるな…」


ヒ「おいしいよ~ジュンも食べたい?」
ジ「じゃあ一口貰おうかな」
ヒ「どう?」
ジ「…モグモグ……(あ、甘すぎる…み、水…)」
ヒ「美味しいでしょ?」
ジ「不味くはないが美味くも無いな」
ヒ「ふ~んヒナ大好きなのに~」
ジ(ふぅ~…もう8時かぁ)
ジ「あ、コーヒー貰えます?」
店員「かしこまりました」
ジ「ところで家帰んなくて大丈夫か?」
ヒ「ん、巴は合宿中だからヒナ昨日からずっと家に一人なの、だからダイジョブなの」
ヒ「家来るぅ?」
ジ「え…(////)良いのか?」
ヒ「うん、出来れば泊まってもいいのよ~」
ジ「それは流石にマズイって^^;」
ジ「……カラオケでも行くか?」
ヒ「さんせ~い」


雛苺宅……
ヒ「あがってあがって」
ジ「お、おじゃまします」
ヒ「今紅茶入れてくるね、そこ座ってて」
ジ「ありがと」

ヒ「はい紅茶」
ジ「どうも」
ヒ「…………」
ジ「…………」
ヒ「………」
ジ「(気まずい…)」
ヒ「……ジュンは…」
ジ「ん?」
ヒ「ジュンは…ヒナと居て…楽しい?」
ジ「楽しいけど…どうして?」
ヒ「本当?」
ジ「本当だよ」
ヒ「ウソ…ヒナ達恋人同士なのに…ジュン…全然楽しくなさそう…」
ヒ「なんだかジュン友達と一緒にいる様に見えるの…ヒナ…そんなに恋人っぽくないかな?…グス…」
ジ「!!!!」
ジ(僕は…最低だ…)
抱きッ…
ヒ「ジュ…ジュン?」


ジ「ゴメンな…ヒナ…僕は…まだ…心の中で君を…」
ヒ「……」
ジ「泣かせてしまうくらい…苦しませて…ゴメン…」
ヒ「…ヒグ…いいの…ヒナがもっと…大人しく…」
ジ「違う!僕の性だ…僕がもっと早く君の本当の気持ちに気付いてあげれば…」
ヒ「……キスしてくれたら許してあげるの…恋人同士がするキス…」
ジ「わかった…目、瞑って…」
ヒ「…うん…」
チュッ…
ジ「…これでいいかな(////)」
ヒ「えへへ(////)」
ジ「ヒナ…好きだよ」
ヒ「ヒナもジュンの事好きだよ…ううん、愛してる…」
ジ「僕もだ…(////)」
ヒ「ねぇジュン…泊まっていってくれる?(////)」
ジ「うん(////)」
ヒ「お風呂入ろっか」
ジ「一緒にか!?」
ヒ「当たり前なのー」
ジ「それはまずいですよ^^;」
ヒ「ダーメ」

ヒ(雛は立派なレディよ…もう雛鳥じゃないんだから!)

~おしまい~

|