※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 
 
 
 
   ~ ホワット ア ワンダフル ワールド ~

     ♯.9 「 ふたり 」 -an interlude.-




浜辺で拾った少女は…
その白衣に付けていたバッヂからすぐに、昔、真紅の父がいた研究所の人間だと分かった。

「とりあえず、出資者でもあるわけだし、翠星石達の所にでも連れて行くのだわ 」
そう言うと真紅は、気を失っている少女をヒョイっと肩に担いだ。

「あなた、そんな細い腕でよく持てるわねぇ… 」
水銀燈が、呆れたように横槍を入れてくる。
「あら、重要なのは筋肉じゃあなく、力の流れなのだわ 」
真紅が当たり前のような顔をして答える。

「つまり、分かりやすく言うと ――――― なのだわ。分かった? 」
「んーん。全然 」
真紅は少しため息をつき…
「さっさと行くのだわ 」
そう言うと、さっさと行ってしまった。


―――――


「お? 真紅に水銀燈、それに… ってチビカナじゃあねぇですか! 」
屋敷に行くと、翠星石が叫びながら出迎えてくれた。

「てめぇ、寝てないで何があったか説明しやがれですぅ! 」
そう言い、いきなり真紅の肩から金糸雀を引き摺り下ろすと、その頬を叩きだした。

小気味よいリズムが、辺りに響いた。



金糸雀をソファーに横たわらせた時、蒼星石が紅茶を持って部屋に入ってきた。

「驚かせてごめんね。
実はあの後、僕達でローザミスティカを回収しようと、研究所に連絡してみたんだ 」
翠星石が後を続ける。
「そしたらもー、ひっちゃかめっちゃかで、何がなんだか…! 」

蒼星石は興奮している翠星石をたしなめ、続ける。
「で、連絡がつかないから、おかしいと思って様子を見に行ったら… 」
少し落ち着いたのか、翠星石が喋りだした。
「おじじが金にもの言わせて作った研究所が、瓦礫の山になっていたですぅ… 」

「一体、何があったというの… 」
真紅がそう呟いた時、別の声が聞こえた。
「カナが…知ってるかしら… 」

その声に、全員が振り向く。
見ると、金糸雀がソファーから首だけを起こしてこっちを見ていた。



涙ながらに、金糸雀は事の顛末を話した。

― 左目に眼帯をした、薔薇水晶という少女。
― 施設を破壊して進む侵入者。
― ローザミスティカの暴走。
― そして、みっちゃんが … 。

「カナのお家、無くなっちゃったかしら… 」
最後に、寂しそうにそう呟いた。

話してる時こそ涙を流してはいたが、全てを話し終えると、気丈な振る舞いをしてみせる。
しかし、その振る舞いは… かえって痛々しい重苦しさを際立たせた。

「新しいエネルギー触媒は魅力的だけど、これはリスクが大きすぎるかしら。
無効化の研究をするという事なら… これはお返しするかしら 」
金糸雀はローザミスティカの小さな結晶を机の上にコトリと置いた。

「とりあえず、これは私が預かっておくのだわ 」
真紅がそう言い机の上のローザミスティカを拾い上げる。

誰もそれに答えない。
口を開くのも躊躇われるような、重い空気。
誰もそれを打ち破る言葉を持ち合わせていなかった。

暫くの時間が流れ…
翠星石が突然立ち上がり、喋りだした。

「ってことは、チビカナは暫くここに泊まっていくといいですぅ!
そうと決まれば、今日は皆で鍋でも食べるです! 」

誰かが返事をする間も無く、喋り続ける。

「となると、早速準備をするです!
私と蒼星石はお野菜を調達するですから、真紅と水銀燈はお肉を買ってくるです!
チビカナは… 適当にしやがれ!ですぅ! 」

一息にそう叫ぶと、戸惑う蒼星石の手を引っ張り、部屋の出口に向かう。

「翠星石… ありがとうかしら… 」
金糸雀が、うつむきながら小さな声で言った。

背後から聞こえる声に振り向きもせず、翠星石は答える。
「だ… 誰もオマエの心配なんかしてねぇです! 」

翠星石は、ぶっきらぼうにそう答えると、さっさと部屋から出て行ってしまった。


―――――


「ヒーッヒッヒ… 私達の糧となる為に、その実を大いに結ぶがいいですぅ…
ヒーッヒッヒッヒ… 」
妖しげな笑いをしながら、翠星石が野菜に水をやる。

すると、野菜は見る見るうちに育ち、収穫の頃合となる。
蒼星石はそんな姉を苦笑いしながら生暖かく見つめる。

「翠星石… もうちょっと普通に水をやったらどうかな? 」
「なーに言ってるですか。 話しかけた方が、植物はよく育つんですよ 」
「でもそれじゃあ、野菜も気持ちよく育ってくれないんじゃあないかな 」
「大丈夫ですぅ! 翠星石のお水は、愛情たっぷりの栄養満点ですぅ~ 」

翠星石が育てた野菜を、蒼星石が収穫する。
カゴが一杯になったところで、蒼星石が声をかける。

「もう、こんなものでいいんじゃあないかな。少し休憩しようよ 」
そう言い、庭のベンチに腰掛ける。

その横に翠星石もちょこんと腰掛ける。

2人で暫くの間、庭を眺める。

蒼星石が翠星石の肩に頭をもたれかける。

「君は… やっぱり、優しいね。それに… とっても強い。
僕は、金糸雀に何て声をかければいいのか分からなかった… ううん、今でも分からない… 」

翠星石は、蒼星石の頭を優しくなでる。

「それは違うですよ。 私が何かできるのは、蒼星石。あなたが一緒に居てくれるからです。
あきれたり、怒ったりもしますが、それでも蒼星石は一緒に居てくれるです。
あなたが一緒に居てくれるから、私は安心して、やりたい事ができるんですぅ 」

蒼星石はもたれかかったまま目を閉じ、少し微笑む。

「いっつも、これくらい素直だったらいいんだけどね 」
「な~に言ってるですか。私はいつも、本音で体当たりしてるですぅ 」

蒼星石は少し、嬉しそうな顔をする。

「ねぇ… もう少し、こうしててもいいかな? 」

答える代わりに、頭を蒼星石にもたれかける。

暖かな日差しの中いつの間にか、2人で同じ夢を見た。


―――――


スーパーで、カートを押す真紅の周りを水銀燈はクルクルと駆け回る。

「スーパーって、ホント色んな物があるのねぇ。
自分でお買い物なんてした事が無いから、新鮮だわぁ… 」
そう言いながら、小さく収納した羽を、子犬の尻尾のようにパタパタさせる。

「水銀燈、少しは落ち着くのだわ。全く…
ほら、迷子にならないように気をつけるのだわ 」
「はぁい 」

相変わらず、楽しそうに駆け回る水銀燈を見て、真紅は少し目を細める。
(まるで、お母さんになったような気分なのだわ。)

「ねぇ、真紅ぅ。向こうのおやつコーナー見てくるわぁ 」
「おやつは500円までにするのだわ 」
「ふふ… なんだか、遠足みたいねぇ 」
今にも飛んで行きそうな勢いで、水銀燈が小さな羽をパタパタさせた。

軽やかな足取りで走る水銀燈を、真紅は温かく見送った。

そして ― 何気なく横を見た瞬間、動きが止まる。

「こ…これは…ッ!! 」



両手一杯にお菓子を持ち、水銀燈が戻って来ると ――
真紅が胸を押さえながら、何かの商品に見入っていた。

(何をみてるのかしらぁ? )
そう思い、横からヒョイっと覗き見る。
… そうだね。プロテインだね。

「… 」
「ハァハァ… 」
「ねぇ、真紅ぅ 」
「ハァハァ… 」
「これは、バストアップじゃあなくて、ビルドアップよぉ…? 」
「!! 」

真紅が顔を赤らめ、振り返る。

「ち…違うのだわ!! 私はただ、武の道を極めんとして…!! 」
「嫌よぉ… そんな筋肉質な女の子 」
「た… 確かにそうなのだわ… 」

真紅が元気なくうなだれる。
その様子をみて、水銀燈は苦笑いをして…

「ねぇ。真紅も一緒におやつ買いましょうよぉ 」

そう言い、真紅の手を引っ張って行った。


―――――


「チビカナ! 私達の育てた野菜も、もっと食いやがれですぅ! 」
「翠星石こそ、さっきからお肉しか食べてないかしら!? 」
「ほらほら2人とも… まだまだ残ってるから落ち着いて 」
「ふぅ~。食べ過ぎて、胸が苦しいわぁ… 」
「水銀燈… 今の一言で、私も胸が苦しいのだわ… 」

炬燵で5人が鍋を囲む。

終わらないドンチャン騒ぎ。

それでも…夜が更けるにつれ、少しずつ静かになっていった。


翠星石と金糸雀は、いつの間にか炬燵で寝ていた。

「こんな所で寝てると風邪ひくよ? 」
蒼星石がそう言い翠星石を揺するが、ムニャムニャという返事があっただけだった。
「全く… 」
翠星石の寝顔に、少し顔をほころばせて呟く。

「ついでに紅茶でも淹れてくるよ 」
そう言い、蒼星石は空になった鍋を片付けに行った。


起きているのは、真紅と水銀燈のみ。

水銀燈は眠る金糸雀を眺め、ポツリと呟いた。
「本当は… 泣き出したいくらい辛いんでしょうにねぇ… 」

真紅は、泣き出しそうな程悲しい顔をしている水銀燈の手に、そっと自分の手を重ねた。
「ええ… でも、この悲しみはこの子自身で乗り越えなければならないのだわ…。
私達に出来る事は… この子が迷ったとき、傍に居てあげる事だけ… 」

二人して、暫く金糸雀の寝顔を見つめた。

「でも…僕には、大事な人が居なくなった時、こんな風に健気でいる自信は無いな… 」

声に振り向くと、いつの間にか蒼星石が紅茶を持って帰ってきてた。

「あら、だったらあなたが守ってあげればいいだけの話なのだわ 」
真紅は眠る翠星石に視線を移し、そう答えた。

蒼星石は一瞬、内心を見透かされたかのように驚き ―
「そうだね 」
と言い、微笑んだ。
 
 
 
 
 
 
                      ♯.9 END
 

|