※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

触発されてギャザ乙女

「何…?」
「ふ…あはははは!残念だったわね、ジュン!」
確かに僕のゴブリンデッキは真紅を後一歩まで追い詰めていた。
数で圧していたゴブリン達は押し潰すようにして真紅のクリーチャーを倒し、ライフを後2まで減らしていたのに…!

「私は…『希望の化身』を召還するわ!」


『希望の化身』
コスト…白2、無色6
能力
飛行
もし、あなたのライフが3以下なら、『希望の化身』のコスト無色6を払わずプレイ出来る。
『希望の化身』は望む数のクリーチャーをブロック出来る。
パワー/タフネス 4/9


それは真紅にとってまさに『希望』。
一方僕は場に『狂ったゴブリン』が3枚。


『狂ったゴブリン』
コスト…赤1
能力
『狂ったゴブリン』は、可能なら毎ターン攻撃に参加する。
パワー/タフネス 1/1


「『狂ったゴブリン』はジュンの戦闘フェイズに必ず攻撃するわ。でも3体では私の『希望の化身』を倒すどころか返り討ちにあう…加えてジュンのデッキは低コストゴブリン達による速攻。もはや攻撃は私に届かないのだわ!」



「じゃあこいつを」
つ 『ショック』


『ショック』
インスタント(いつでもプレイ出来る)
コスト…赤1
効果
対象に2点のダメージを与える。


「対象は真紅な」
「(゚Д゚)」


隠し玉の火力呪文には泣かされたよ保守

 

 




真紅はアリスプロジェクトで遊んでいるようです

モニター『ただいまサーバーが込み合っております』
紅「ご覧なさいこの人気を大勢の人が私に群がっているのだわ」

JUN「真紅・・・・良かったな主人公で」

紅「!!!」



真「ジュン…貴方に言いたい事があるの」

真「今まで辛くあたってしまって…本当に申し訳なかったのだわ」

真「でもわかって?それは愛情の裏返しだと言うことを…」

真「だから今度は…!私を貴方の下僕にし」

ポチ。
真「…一体何をしているのかしら?」
ジ「死にました\(^O^)/」


ジ「だが僕の無念はきっと誰かが晴らす!それだけが僕の望みです…」
ボキャグチャボキブシューッ!!


『ジュン、主としての命令よ。明日の朝起こしに来なさい。一分でも遅れたら…わかっているわね?』

ジ「まったく自分で起きろってのに…おーい真紅!朝だぞー」
真「すやすや…」
ジ「おい、しーんーく~!」
真「すー…」
ジ「ったく…おい!起きろ真」
真「うう~ん…!」
ボカァ!!
ジ「ゴホォ!!…がっ…くっ、なんのこれしき…言い付けを破った後のお仕置きに比べれば…!すぅ…朝だぞー!!!起き」
真「んん…!」
ドスン!!
ジ「ガハァ!?…お、落ちる…え?」
真「んっ…!」
ズドン!!


真「ちょ!もうこんな時間なの!?ジュンはどうし…」
ジ「・・・」
真「人の布団の上でお休みとはいい度胸ね…あとで地獄のローラーでミンチにしてやるのだわ…はっ!そんなことより時間が!もう、どきなさい!このダメ下僕!!」げしっ
ジ「・・・(理不尽…ガクッ)」 


真紅がくんくん縫いぐるみを抱きつつくんくん(番組)を観ている。

(またくんくんかよ……)

「真紅…」
「後にして欲しいのだわ。今、いいとこ…」
プツッ…とても馬鹿馬鹿しい、なのに暗い感情が僕をそそのかし、僕はテレビの電源を切った。
「いい加減にしろ!!」
更に、彼女の持つ縫いぐるみを蹴り飛ばす。
「な、何をするだー!!許さんぞジュンー!!」
感情のまま、口が動く。
「いつもいつもくんくん、くんくんって!!僕の事も見てくれよ!!」

静まり返る室内。ビデオか何かの家電が立てる音がやけに大きく聞こえる。
「…馬鹿じゃないの?くんくんに嫉妬なんて。でも…いいわ、私に貴方の色々な事を見せて頂戴?」
「真紅…愛してる…」
「ウフフ、それじゃあまずはそれをはっきりと見せて貰うのだわ」
HappyEnd

好感度が足りてないとこうなります。

「いつもいつもくんくん、くんくんって!!僕の事も見てくれよ!!」

ああ、恥ずかしい。犬っころなんかに嫉妬して、あまつさえ、こんな告白みたいなセリフまで吐いt…
「オラオラオラオラオラオラオラオラ!!」
聞いてなかったみたいです。ちょっと富士の樹海で吊って来ますね。
BadEnd

 

 




スパロボネタ(OGS編)

紅「やっぱりアルトアイゼンは最高ね!」
J「意外だな。お前の事だからズィーガーリオン
あたりがいいとか言うと思ってたよ」
紅「何を言っているの。この機体の素晴らしさがわからないの?」
J「確かにランページ・ゴーストは強いよな」
紅「そう、あれこそ絆の力。勿論ヴァイスリッターにはJUM、貴方が」
J「ラピエサージュ最高。オウカ姉さんハァハァ」


紅「JUM、私ヤルダバオトも素晴らしいと思うの…」ゴゴゴゴ…
J「ちょwww絆ックルはやめアッー!」

 

 


 

紅「JUN紅茶を淹れて頂戴。」

JUN「合体中に言うなよ」 

 

 



紅「のどが渇いたのだもの」
JUN「アバ茶でいいのならいますぐに」
紅「へし折るわよ。淹れてくれないの?」
JUN「いれてる最中にいれるのはちょっと……」
紅「ねじ切るわよ」




真「ジュン?そろそろ紅茶を…」
ジ「ああ、麗しきかなマイ・レディー。今日は普段とは異なる僕の熱いベーゼ・ティーなどいかがです?」
真「へ!?…え、ええ。じゃあ…」
ジ「おお、これは申し訳ありません。僕のワイフがベビーをアウトする時間となりました。それではご機嫌ようマドモアゼル!」バッ
真「あ…」


真「と、いう夢を見たのだわ」
ジ「それを僕に話して何とする」
真「何だったのかしらね、ベーゼ・ティーって」
ジ「僕に聞くな」
真「それで?ユーのベビーをアウトするワイフとは誰のことなの?怒らないから正直におっしゃい」
ジ「おまえはルー●柴か」

 

 




紅「今年こそは人気が欲しいのだわ。」
水「どうせ”びにゅう”の真紅にはむりよぉ~。」
紅「そんなことはないわ。名だたるアニメのヒロインは貧乳がつとめてるじゃない。シャナ、ハヤテ、ゼロの使い魔etc。時代は貧乳よ。」
薔「でも…忘れてることが…。」
紅「何、薔薇水晶?」
薔「全員…ツンデレ…じゃない?」
翠「そうですぅ、時代は貧乳じゃなくて、ツンデレなのですぅ。」
紅「…(ということは、私がツンデレになればシャ(ry並みの人気も夢じゃないわ!ジュンに試してみるのだわ。)」

時は過ぎて、その日の夜。
紅「ジュン、べ、別にあなたに入れて欲しいわけではないのだけれど、紅茶を入れてくるのだわ」
ジ「入れて欲しくないんだろ、自分で入れろよ。」
紅「・・・(難しいわね。)」

紅「ジュン、べ、別にあなたに飲んで欲しいわけではないのだけれど、紅茶を入れて来たのだわ」
ジ「飲んで欲しくないんだろ、いらないよ。」
紅「・・・(人気のためには、まだまだめげないわ)」

~一時間経過~
紅「ジュン(ry」
翠「真紅、何やってるです?」
金「ついに136回目の挑戦かしら~。」
水「そこまで人気が欲しいのねぇ~。」

紅「この下僕にこんなことをしているのも、もう我慢ならないのだわ。絆ックル!」
ジ「グボァ…」
紅「に、人気なんて、いらないわっ(ダッダッダッダ…」
水「あら、泣きながら走り去っていってしまったわぁ」
翠「ついにあきらめたみたいですぅ」
ジ「今日の真紅、新年早々何だか変だったな…ともかく、保守!」

 

 




紅「胸なんて飾りよ。偉い人にはそんなこと解らないのよ。」
紅「貧乳のほうが三倍速いのだわ。」
紅「貧乳はステータスなのだわ。」
紅「胸のこと、忘れてください。」

翠「さっきから小一時間ぶつぶつ言ってるです。」
銀「今度は豊胸願望を諦めようとしているみたいねぇ~。」
薔「とっても・・・健気・・・。」

紅「そうよ、胸なんて飾りよ。えろい人にはそんなこと解らないのよ。グスン。」

俺?勿論ひんぬー教徒ですが何か?

 

 




紅「JUN紅茶を淹れて頂戴」

JUN「パンパカパーン、おめでとうございます。この台詞通算100000回目になりました」

紅「で?」

 

 


 

保守短編・馬鹿乙女

ドンドンドンドン!!

J「新年早々誰だ?」
紅「真紅なのだわ」
J「ホントに真紅か?」
紅「貴方の主人、真紅なのだわ」
J「真紅ならコレに答えられる筈だな」
紅「あら、何かしら?」

J「お正月に飲む物といえば?」
紅「勿論紅茶なのだわ」

J「(ガラガラッ)やっぱり真紅か。ちなみに正解はお屠蘇な。一杯ドゾ」
紅「不本意だけど頂くのだわ」




紅「ん~ふふ~♪ジュ~ン~♪だっこするのらわぁ~♪♪ヒック」
J( 計 画 通 り !! )

 

 




の「困ったわぁ…」
ジ「姉ちゃん、どうしたんだ?」
の「洗濯機が壊れちゃったみたいなのよぅ…」
ジ「じゃあ、真紅を呼んでこよう。あいつにゃ自前の洗濯板が…」
の「えっと……ジュン君……後ろ……」
ジ「ん?(振り向き)…………」
紅「ねえ、ジュン?時のローマ皇帝ヘリオガバルスはね、気に入らない人に、頭上から凄まじい量の薔薇の花を降らせて窒息死させたそうよ…イッペン、シンデミル?」

ジ(姉ちゃん、逝ってきます…)
の(世界樹の葉、高いのよね…)

 

 




真紅がパーソナルトルーパーを手に入れたようです

紅「遂に自分専用PTを手に入れたのだわ!」
ジ「つっても量産型ゲシュペンストmk-Ⅱだけどな」
紅「お小遣貯めた甲斐があったのだわ」
ジ「小遣いで買えるのかよ…」
紅「さあ見なさいジュン!これが私のPTよ!」
ジ「赤いゲシュペンスト…カチーナ・タラスクモデルか」
紅「どう!?この優雅なフォルム、まさに私の為の機体だとは思わなくて!?」
ジ(…言えない…ジェットマグナムかまそうとして突っ込んで
逆にTAKONAGURIにされそうだなんて)
|