※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

          Another RozenMaiden 
            話10話 激突 

雨脚が強まり、突如雷が鳴る。その轟音を戦いの合図とし、
紅「はっ!」気合と共に飛び掛ってくる真紅。
銀「飛び込んでくるなんて、おばかさんねぇ、真紅ぅ!」
これに対し、私は両翼を開いて無数の黒い翼を飛ばす。
荒れ狂う翼の渦。私の攻撃に気づいた真紅は、
とっさにステッキから無数の薔薇の花弁を生み出す。
紅「この程度!無駄よ!」
真紅は、すかさず花弁を身に纏い私の翼を受け止める。
全身に纏う花弁を盾に、尚も荒れ狂う無数の羽根の渦を強引に突破する。
私との距離を詰める気だ。気づくのが一瞬遅く真紅に詰め寄られてしまう。
この隙を逃さず、真紅がステッキを一閃する。
銀「やるわね!真紅ぅ!」
とっさに上空へと浮き上がり、真紅の攻撃をやり過ごす。
紅「水銀燈!逃がさないわよ!」
かわされるや否や、地面を蹴り上空へと舞い上がる真紅。
私は一気に距離を詰められ、戦いは接近戦に持ち込まれてしまう。
銀「しつこいと嫌われるわよ!」
私は虚空に手を伸ばし、指先に自分の羽根を集める。
羽根は一本の剣に変わり、私はそれを取る。
紅「はあっ!」
ガキイィィン!気合の篭った真紅の一閃を受け止め、
銀「喰らいなさい!」返す刃でそのまま真紅を狙う。
打ち合いのまま、二人戦いは膠着してしまう。
そんな戦いの最中、真紅が私に問いかけてくる。


紅「何故、貴女はJUMを傷つけるの?」
銀「真紅ったら、本当におばかさんねぇ。私はJUMを気に入らない。ただそれだけよ!」
言葉と共に、私は渾身の一撃を真紅目掛けて打ち込む。
紅「嘘!私は見たわ。貴女がJUMを避け始めてから、
  JUMの名を呼びながら泣く貴女の姿を!」
真紅が打ち返してくる。私はその一撃を剣で受ける。とても重い。
銀「黙りなさい!だったら何だと言うの?今更、戻れる訳がないわ!」
紅「戻れるわよ!JUMは、まだ貴女のことを愛している!」
銀「!!」JUMは私より、蒼星石を選んだのではないの?
私は真紅の言葉に気を取られ、一瞬隙を見せてしまう。
その瞬間、私の剣目掛けて真紅がステッキを一閃してくる。
力を失った私の剣が、ステッキの一撃で折れてしまう。
ステッキはそのまま勢いを落とさず、私のわき腹に命中する。
紅「水銀燈!」一撃を受けた私よりも、真紅の方が驚愕を露わにしている。
銀「うっ!」肺から漏れる息。体が急降下をし始める。
私はまだ負けていない。私は両翼に力を込めた。


少し時間を遡ったJUMの部屋。
先程から何かを叩く音が微かに聞こえる。
JUM「風か?」机を向き勉学に集中すれば、その音が耳につき集中力を解かれてしまう。
苛立ちに顔を上げるが、音の出所は分からない。
不意にJUMの視界、窓の先に赤い光の塊が横切る。
JUM「あれは・・・・・・真紅の人工精霊。」JUMはペンを走らせる手を止め、窓を開ける。
JUM「寒いのか?」窓を開けたものの。ホーリエはJUMの部屋に入ろうとはしない。
替わりに、ホーリエは突如強い光を放つ。
JUM「うわっ。」閃光に目を閉じるJUM。赤い光がJUMの心に流れ込む。
突如、暗く沈んだ真紅の表情がJUMの心に浮かぶ。
JUMはその表情に見覚えがあった。それは真紅の想いを拒絶したあの瞬間。
JUM「真紅・・・・・・・・。」心が痛み、JUMは思わずその名を呟く。
JUMの言葉へ応えるかのように幻影の真紅が口を開く。
紅「今から学園に来て・・・・・・お願い。」
JUM「今からって、こんな時間なのにか?」問いかけるが、幻影である真紅は答えない。
答えの代わりに、幻影の真紅はその手を伸ばすとJUMに頬に触れる。
すると、その表情からは想像もつかないような暖かさがJUMの胸にこみ上げる。
JUM「真紅・・・・。」JUMの呼びかけに反し、次第に薄れ消えてゆく真紅。
赤い光が消え、気がつけばホーリエはJUMの前から姿を消していた。
JUM「今からって・・・・今、何時なんだよ。」時計が示すのは午前0時。
JUM「0時か・・・・。まさか、本当に学園で待っていたりしないよな・・・・。」
机に戻ろうとするJUM。しかし、先程の真紅の表情がJUMの脳裏に蘇る。


JUM「・・・・世話の掛かる奴だ。」JUMは悪態を吐くと、出かける支度を始める。
支度を終えたJUMは水銀燈の部屋の前に立つ。部屋の扉は半開きだ。
JUM「水銀燈、起きているか?」中を覗かないよう注意して声を掛ける。
応答が無い。少し待ってみるが、一向に返事が返る気配は無い。
JUM「寝たのかな。」半開きのドアから、部屋の中を覗き込む。
白、黒、灰色。モノクロ調の世界が目に飛び込んでくる。
しかし、そこには白黒の世界を彩るべき者の姿は無い。
JUM「居ないのか・・・・。」JUMは部屋を後にし、階段を下りる。
玄関に着いた時、水銀燈の靴が無いことに気がついた。
JUM「出かけているのか・・・・!?」再びJUMの脳裏に真紅とのやり取りが蘇る。
JUM「・・・・・・まさか!」JUMは玄関を飛び出す。
突如雷が鳴り、一挙に雨脚が強まる。
JUMは傘を掴むと、それを開きもせず学園に向けて走り出す。
運命の輪は既に回り始めていた。
Another RozenMaiden 第10話  激突 終

Another RozenMaiden 第11話  愛情 に続く。

|