※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

        Another RozenMaiden 
          第9話 間奏   

銀「何だか外がうるさいわねぇ。」五分ほど前から、断続的に何かを叩く音が聞こえる。
私は音の正体を探るべく、辺りを見回す。すると窓辺で赤く光る物体を見つけた。
私は、それに見覚えがあった。あれは真紅の・・・・・。
銀「ホーリエぇ?」窓を叩いていたのは真紅の人工精霊、ホーリエだった。
銀「窓を開けられないのぉ。真紅と一緒で、おばかさんねぇ。」
私はホーリエを無視することにした。
真紅が私に何の用があってホーリエを遣してきたかなど、興味はない。
私は視線を机に向け直し、勉強を再開する。
何かに集中していないと、JUMのことが頭によぎって辛い。
ペンが走り始めた頃、窓を叩く音がまた鳴り出す。
銀「邪魔すると、容赦しないわよぉ。」ホーリエの方を向き、睨みつける。
すると驚いたのかホーリエが後ろに飛び退き、音が止む。
その様子を見ると、安心した私は勉強を再開する。
すると、またもや集中し始めた頃に窓を叩く音が鳴り出す。
銀「うるさいわねぇ。窓を開ければいいんでしょぉ。」
余りの騒音に、仕方なく窓を開けてやる。
窓が開くと、ホーリエは待ち侘びていたかのように素早く部屋へと入る。
銀「一体何の用なのよぉ。早く言いなさいよぉ。」
そう言ったものの、ホーリエは喋ることなどできはしない。
ホーリエは数回ほど私の周囲を旋回すると、私の頬に触れる。
触れた頬を通じてホーリエに込められた何かが、私に流れ込む。
銀「これは真紅の想い?」それは、とても寂しげで冷たい。
そんな雰囲気と共に一言のメッセージが浮かぶ。


紅「水銀燈。今夜0時に学園まで来て頂戴。」
銀「今夜0時に学園に来い?」思わず真紅の言葉を繰り返してしまう。
けれども、物言わぬホーリエは私の問いに答えない。
そして、役目を終えたのかホーリエは窓から外に飛び去る。
後に残されたのは、私と真紅のメッセージだけ。
今夜0時に学園まで来て頂戴。心の中に、真紅のメッセージが蘇る。
それだけでは、何の意図があるのかすら分からない。
銀「一体何なのよぉ・・・・もう・・・・。」
真紅の言葉で私は時間が気になり、時計を見てみる。
時計の針は、既に23時を回っていた。
銀「もう23時ぃ。寝ちゃおうかなぁ。」集中するほど、時間が経つのは早いものだ。
私は先程のことを忘れようとベッドに潜り込む。
たった一人のベッド。以前なら寂しい時は、JUMの布団に潜り込むこともあった。
でもここ数日、どれだけ寂しくても私は一人きり。一向に慣れない。
JUMのいないベッドの隙間がそのまま心の隙間となり、どうにも落ち着かない。
10分、20分と時間だけがただ過ぎて行く。目を閉じても浮かぶのはJUMのことばかり。
離れれば離れるほど、その距離を埋めるように想いが膨らんでゆく。
銀「もぉダメねぇ。全然寝られそうにないわぁ。」
私は自嘲の笑みを浮かべると、電灯に手を伸ばす。
何気なく見た時計、時間は23時30分。
『今夜0時に学園まで来て頂戴。』不意に真紅のメッセージを思い出してしまう。
銀「仕方ないわねぇ。暇潰しに行くだけよぉ。」
私は自分に言い訳をすると支度を整え、
JUMに気づかれないよう学園へと向かった。


薔薇学園。校庭の中央に一人佇む私。
紅「水銀燈は来るかしら。」誰も答えない虚空に問う。
蒼星石の言葉が心をよぎる。
蒼「ねえ真紅。こう思うことはできないかな?
  愛する人と、その人が愛する人の為に尽くそうって。」
蒼星石の言葉で私は決心がついた。そして私は、考えられるだけ考えた。
JUMのアリスになれない私が、JUMにしてあげられることを探して。
その結果、思いついたのはこの方法しかなかった。
紅「覚悟は決まったけど、いざとなると震えてしまうものね。」
気がつくと私の体は震えていた。寒さにではない。
理性では覚悟を決めても、体は言うことを聞かない。
不意に足音が聞こえる。私は立ち上がり校門の方を向く。足音の主は水銀燈だ。
紅「ホーリエ!」水銀燈に背を向け、私は人工精霊を呼び出す。
私はホーリエにそっと口付けをし、JUMへのメッセージを託す。
紅「行きなさい、ホーリエ。私の想いを乗せて。」
私はホーリエを送り出す。あとはJUMがここに来てくれさえすれば・・・・・。
気を取り直すと私は向き直り、キッと水銀燈を睨む。
紅「来てくれて嬉しいわ、水銀燈。」
銀「余り睨むと、しわが増えるわよぉ。」水銀燈は茶化すが、私はそれを受け流す。
銀「私をこんな時間に呼び出すなんて、どういうつもりぃ?」
ここで真意を悟られるわけにはいかない。


紅「他でもない、アリスゲームの為よ。」私は表情を変えずに答える。
銀「アリスゲーム?」水銀燈が聞き返す。
紅「そうよ。その決着を付ける為に、貴女を呼んだ。」
感情を消すよう勤め、できるだけ淡々と喋る。
銀「どういうつもり?」対して表情が硬くなる水銀燈。
紅「貴女を倒して、私がJUMのアリスになる。それだけよ。」
銀「何を言っているのぉ。私はJUMのこと嫌いになったのよぉ。」
普段の口調に戻し、水銀燈が答える。
銀「だから真紅がJUMをどうしようと、私には関係ないわぁ。」
水銀燈の声が僅かに震える。これは嘘だ。水銀燈は嘘をついている。
放課後に見た、あの涙は紛れもなくJUMへのもの。
あえて、水銀燈の嘘を信じた振りをする。
紅「それは知っているわ。でもJUMは、貴女への未練を捨てきれていない。
  だから貴女を倒す。JUMに私の方が優れていることを思い知らせるのよ。」
私は虚空へ腕を伸ばすと愛用のステッキを呼び出す。
銀「その為に、私を倒すというのねぇ。」
紅「覚悟なさい、水銀燈。」私は水銀燈へ真っ直ぐにステッキを向ける。
銀「本気なのね。」水銀燈が鋭い目付きで私を睨む。
紅「当然よ。」私も負けじと水銀燈を睨み返す。
雨の降り始めた薔薇学園、二人の戦いの幕が切って落とされた。
Another RozenMaiden 第9話  間奏 終

Another RozenMaiden 第10話  激突 に続く。

|