※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

       Another RozenMaiden
        第7話 疑惑 
翌日の放課後。私の視線の先にJUMが居る。
紅「辛そうね。」昨日にも増して、JUMは落ち込んでいる様に見える。
雛「JUM。欝なのねー。」百人に聞けば、その全てが落ち込んでいると分かるだろう。
その上、些細なことで怒鳴ったり、
腕を振り上げて威嚇したりと険悪な態度で接してくる。
昨日の水銀燈とJUMのやり取り、それと同様のものが帰宅後にも続いているとしたら、
JUMの変わり様は当然なのだろう。
紅「何があったのか、気になるわね。」鞄から、くんくん印の虫眼鏡を取り出す。
JUMを拡大して見てみるが、それだけではよく分からない。
雛「JUMはねー。水銀燈と喧嘩したのー。」雛苺は何か知っているらしい。
翠「まさか真紅、知らなかったのですか?」翠星石が口を挟む。
紅「私が知りたいのは、JUMと水銀燈の喧嘩、その原因よ。」
この機を利用すれば、まだ私にもJUMのアリスになる可能性があるかも知れない。
その為にも、事件の原因を把握しておかなければならない。
加えて二人は、まだお互いを想っている。
油断すれば、また元の関係に戻ってしまうだろう。
雛「雛も知らないのー。」無邪気に答える雛苺。
紅「役立たずな家来ね。」軽くため息を吐く。雛苺に期待した自分が悪いのだが。
翠「言われてやがるです。チビチビは役立たずですぅ。」
調子に乗った翠星石が更に追い討ちをかける。
雛「それなら、翠星石は知っているのー?」雛苺が疑いの眼差しで翠星石を見つめる。
翠「う・・・・。」先程までの勢いはすっかり消え、後ずさりを始める翠星石。
紅「貴女も知らないのね。」翠星石なら、知っていれば得意気になって即答するはず。
雛「翠星石も雛と同じ、役立たずなのー!」翠星石に向かい大声を出す雛苺。
翠「翠星石が役立たずなら、チビ苺はカス!ですぅ!!」
雛苺に負けまいと、更に大きな声を張り上げる翠星石。
紅「うるさいわね。二人共。」余り騒がれるとJUMに気づかれてしまう。
私は二人を引きずりながら、教室を出て廊下の隅に移動した。


紅「これからJUMと水銀燈の喧嘩。その原因を調べるわよ。」
一人で行うよりは効率がいい。そう判断し、私は二人を巻き込むことにする。
雛「二人を仲直りさせてあげるのねー。真紅、優しいのー。」
紅「そういう訳ではないのだわ。」
二人が仲直りしてしまえば、私がJUMのアリスになれなくなるからだ。
雛「それなら、どうして調べるのー?」先程から、なぜか冴えている雛苺。
紅「うるさいわね。貴女は家来らしく、黙って私に奉仕なさい。」
余り知恵を付けられるのも困る。私は雛苺の発言を一蹴する。
紅「二人とも、黙って着いてきなさい。調査の準備をするわよ。」
翠「何で翠星石が・・・・ですぅ。」
雛「雛もなのー?」納得していない為、余り乗り気でない二人。
紅「つべこべ言わず、付いて来るのだわ!」
二人を家来として従えるには、あの勝負服を出すしかないだろう。
私は二人を引きずり、準備の為に更衣室へ向かった。


紅「準備は整ったわ!」更衣室の扉を勢い良く開け、私の勝負服を披露する。
雛「それは、くんくん探偵セットなのー。」雛苺の目が輝く。
紅「その通りよ!」気分は最高。誰が見ても、今の私は立派な探偵。
紅「今から私は探偵なのだわ。雛苺、貴女は助手として私に従いなさい。」
雛「はいなのー!」ビシッと敬礼をして雛苺が返す。勝負服の効果は絶大だ。
翠「見た目だけです。所詮コスプレですぅ。」
紅「コホン!」軽く咳払いをし、翠星石をけん制する。
紅「今回の任務はJUMと水銀燈の喧嘩、その原因を探ることよ。」
雛「はいなのー。」すっかりその気になった雛苺は、敬礼して返答する。
紅「では早速、助手の雛苺、行動に移りなさい。」
雛「どうするのー?」頭上に?マークが幾つも出そうな表情をする雛苺。
紅「現場の確保、周辺の人に聞き込み等をするのよ。」
私は何も分かっていない雛苺に、くんくんを見て学んだ知識を教え込む。
翠「ヒーヒッヒッヒ。いいこと思い付いたですぅ。」
私に背を向け、翠星石が小声で何か言う。私の位置からでは良く聞き取れない。
紅「何?翠星石。意見があるなら、ハッキリ言いなさい。」
私の問いには答えず、翠星石はくるりと回って雛苺の方を向く。


翠「聞き込みするぐらいなら、直接JUMに聞いた方が早いですぅ。
  チビ苺もそう思うですよね?」
翠星石は自分の両手を雛苺の両肩に乗せ、その目を見つめる。
雛「翠星石。頭いいのー。」雛苺が目を輝かせる。
翠「当然ですぅ。早速聞きに行くですよ。」手を下ろし、翠星石は雛苺の腕を掴む。
雛「はいなのー!」そのまま翠星石が走り出し、雛苺もそれに続く。
紅「待ちなさい二人共!本人に直接聞いたら、秘密裏に調査する意味がないじゃない!」
私の制止にも拘らず、二人は教室に入ってしまう。
紅「リーダーは私なのよ!勝手な真似はやめて頂戴!!」
このままでは、JUMに私の思惑を気づかれてしまう。
紅「待ちなさい!二人とも!!」二人を止めるべく、私は教室に向かい走り出した。


雛「JUMー!」教室に入りJUMを見つけるや否や、その腕に飛びつく雛苺。
そのまま掴んだ腕を引っ張り、JUMを席から引き摺り下ろそうとする。
JUM「雛苺か。僕に何の用だよ?」明らかに不機嫌なJUM。
強引に雛苺の腕を振り解こうとしている。
雛「任意同行なのー。」JUMに構わず、その手を引っ張り続ける雛苺。
その行為はとても任意とはいえない。
JUM「雛苺!煩いんだよ!!」大声を上げ、雛苺を睨みつけるJUM。
雛「!」びっくりした雛苺が手を離す。その様子に周囲がJUMへと目を向ける。
JUM「ごめん・・・・。」それに気づいたらしく、JUMは雛苺に小声で謝罪する。
雛「大丈夫。気にしてないのー。」雛苺はJUMに笑みを返す。
JUM「また性悪に、何か吹き込まれたのか?」
少し遅れて教室に入ってきた翠星石を見つけると、怒りの矛先を翠星石に向けるJUM。
翠「性悪?誰のことですか?」雛苺に追いついた翠星石が、JUMの前に立ちはだかる。
雛「違うのー。雛は助手なのー。」雛苺は両手振り上げ、必死にアピールする。
翠「国家権力に逆らうなですぅ!」そう言いながら、JUMの肩をパンパンと叩く翠星石。
JUM「いつ、お前が国家権力になったんだよ・・・・。」JUMが翠星石の肩を掴む。
翠「痛っ。」掴まれた肩を押さえて、翠星石が小さく呻きを上げる。
JUM「!?」自分の手に力が入っていたことに気づき、慌ててJUMが手を離す。
JUM「ゴメン・・・・。」


翠「JUM・・・・。」JUMを悲しそうな目で見つめる翠星石。
JUM「ところで、雛苺は翠星石の助手なのか?」
JUMは視線を翠星石から雛苺に移し、問いかける。
雛「それはねー。真むぐうぅ。」
紅「雛苺!」間一髪。雛苺が私の名を口する寸前、
私は雛苺の口に腕を回し、口封じに成功する。次に封じるべきはJUMの口。
紅「JUM!今ここで起きたこと、全て忘れなさい!」
私は人目も憚らずに大声を出し、JUMを威嚇する。
そのまま2、3歩後ずさり、JUMと距離を取る。
JUM「あ、ああ・・・・。」私の勢いにJUMが圧倒されている。
これなら大丈夫・・・・・かも知れない。
紅「いいこと?必ずよ!」もう一度念を押すと、振り向きざまに髪の毛でJUMをはたく。
雛「真紅ー。苦しいのー!」腕の中で雛苺が暴れるが、気にしている余裕はない。
JUM「何なんだよ・・・・・あいつら。」
私は腕の中でじたばたする雛苺を引きずり、一目散に教室から逃げ出した。


紅「危うくJUMに気付かれてしまうところだったのだわ。」
やっぱり一人で調査に当たるべきだったと後悔する。
雛「雛、苦しかったのー。」雛苺は目を回しフラフラしている。
翠「さすがの翠星石も、そこまで予想出来なかったですぅ。」
少し遅れて教室から出てきた翠星石が、しゃあしゃあと語る。
雛「想定の範囲外なのー。」JUMとの会話を途中で遮られ気を悪くしたのだろうか、
雛苺はムスッとした表情をする。
紅「少し考えれば分かるはずなのだわ。」ため息を吐くと頬を汗がつたう。
雛「でもねー。雛はJUMに聞くのが一番早いと思うのー。」
雛苺の膨れた頬が更に大きくなる。
紅「だから、そうするとJUMに気付かれてしまうのだわ。」
全く、困った子ね。雛苺の機嫌が悪いので心の中だけで呟き、口には出さない。
翠「それにしても、JUMは結構追い詰められているです。」
雛「JUM・・・・傷ついているのね。」二人が暗く沈みこんでしまう。
紅「それを解決する為にも、JUMの身辺調査を再開するわよ。」
気持ちを奮い立たせ、二人にも頑張って貰えるように声を上げる。
蒼「JUM君がどうしたんだい?」不意に蒼星石の声がする。


声のする方を向くと、すぐ傍の階段を上がってくる蒼星石の姿があった。
翠「蒼星石!」翠星石が蒼星石を見つけ、駆け寄る。
蒼「真紅・・・・凄い格好だね。一体どうしたんだい?」
階段を上り終えた蒼星石に注視されてしまう。
こうして見つめられると、意外と恥ずかしいことに気づく。
翠「長くて、つまらない話ですぅ。」蒼星石の問いに翠星石が茶々を入れてくる。
雛「真紅ー。蒼星石に聞いてみればいいのー。」
紅「そうね。蒼星石なら頼りになるのだわ。」
昨日の放課後のことを思い返せば、蒼星石は何かを掴んでいてもおかしくない。
蒼「僕に、何か用?」私と雛苺のやり取りに気づいた蒼星石が、こちらを向く。
紅「蒼星石。ちょっと聞きたいことがあるのだけれど、時間はあるかしら?」
恐らく判明するであろう答えに、期待と不安が入り混じる。
蒼「時間は大丈夫だよ。それで、真紅は何が聞きたいんだい?」
不安が一気に膨れ上がり、押し潰されそうになる。
紅「それは・・・。」言葉が出ない。
あれほど仲が良かったJUMと水銀燈が仲違いを起こすのだ。
私もそれを知ってしまえば、水銀燈の様になってしまうのかも知れない。
でもこれを知らなければ、きっと先に進めない。
もう逃げ場は無い。私は私、水銀燈とは違う。だから、きっと大丈夫。
私は意を決し、核心に迫るあの問いを蒼星石に向ける。
紅「私は・・・・JUMと水銀燈の仲違い、その原因が知りたいの。」
蒼「それは・・・・。」私の問いに蒼星石が口を開く。
そこで私を待っていたのは衝撃の事実だった。
Another RozenMaiden 第7話  疑惑 終

|