※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「きらきしょう」
「おでぃーる」

誰もが目を奪われる様な、美しく、愛らしい少女二人。
そんな二人は互いに向き合い、互いの名前を言い、互いに笑いました。

「わたしたちは、ずっとともだち」
「もちろん。ずっといっしょ」
「「やくそく」」

小さな小指と小指が結んだ、少女達の単純な様で、強い約束。
それは、短い期間で脆くも砕け散ってしまいました。

「……フランスにおひっこし……!?」
「ごめんなさいね、オディール。お父さんの仕事の都合でね……」
「本当にすまない。オディール…」
「……そんな……」 

来週に、オディールと両親は、フランスに行かなければならなくなってしまった。
突然すぎて、小さなオディールは困惑するばかり。
只、一つ分かる事。
――親友の雪華綺晶と分かれなければいけないという事……。

「……きらきしょう……」

一週間後。
オディールは、雪華綺晶に何も言わずにフランスへと飛んでいきました。
突然の別れに、雪華綺晶は只只困惑し、涙を流しました。

「ぐすん……おでぃーる……なぜなにもいってくれなかったの…?」

雪華綺晶は来る日も来る日も、泣いていました。
その悲しみは、暫く癒えませんでした。 


それから5年。

雪華綺晶は小学校高学年になり、オディールの事も忘れかけていました。

とある日、雪華綺晶が部屋の掃除をしていると、少し色褪せた封筒が出てきました。

「あら…?これは…?」

封筒に心当たりが無い雪華綺晶は、とりあえずその封筒を開けてみました。

「……!?」

その封筒の中には、手紙が入っていました。
その手紙を読んでみると、幼い子供の字でこう書かれていました。 

『きらきしょうへ
わたしはおとうさんのおしごとで、フランスにいかなければならなくなりました。
なにもいわずにごめんなさい。
ぜったいにもどってくるから、もしわたしをゆるしてくれるなら、まっていてください。
おでぃーるより』

「お、オディール……!!」

この手紙は、フランスへの引っ越しが決まった次の日に、オディールがこっそり置いた手紙でした。

雪華綺晶は沢山の涙を流しました。
まるで、親友がいなくなってしまった、昔の様に……。 

「雪華綺晶」
「オディール」

誰もが目を奪われる様な、美しく、愛らしい少女二人。
そんな二人は互いに向き合い、互いの名前を言い、互いに笑いました。

「私達は、ずっと友達よ」
「もちろん。ずっと一緒ですわ」
「「約束」」

小指と小指が結んだ、少女達の単純な様で、強い約束。
それは、一度目よりも強くなった約束でした。

 

 


 


白崎「やあ、見てご覧よ二人とも!スーパードルフィーでまた新しいドールが出てるよ。ここまでくると厳かな感じすらするなぁ…」
ローゼン「・・・」
槐「・・・」
白「ん?どうしたの二人とも」

カラン…
ロ「時代とは…進化するものだな…」
槐「くそぉ!僕の…僕の人形が最高なんだ!最高なハズなんだ…!マスター!テキーラを持って来ぉおい!!!」
白「(なんか…悪い事言ったかな…)」

 

 


 

 

ベ「桜田、久々に一緒に帰らないか?」
ジ「ん、良いよ」

ベジータとジュンが一緒に帰るようです

ジ「久々だな、一緒に帰るの。何時ぶりだろうな?」
ベ「お前が真紅嬢と付き合い出す少し前ぐらいからもう別々だったよな…」
ジ「ん、そのくらいか。気を遣ってくれたのか?」
ベ「そんなんじゃねぇよwあの場に俺が居たら…邪魔だろ?」
ジ「それを気を遣うってんだよwにしてもなんでまた一緒に帰ろうなんて?」
ベ「ん、たまにはな。男同士話したい事もあるさ」
ジ「…また水銀燈だな?」
ベ「うっ、鋭い奴だな…」
ジ「お前まだ告白できてないのか?」
ベ「仕方ねぇだろ!あんなキャラの人間、好かれる訳ねぇよ…」
ジ「だったらなんであんなキャラ作ってるんだよ?」
ベ「なんていうか…あれだよ、好きな人の前では素直になれないって心理」
ジ「なんだよそれwまぁ…試しにさ、普段のお前を見せてみたら?所謂ギャップってやつだよ」
ベ「成程…さすが彼女持ちは参考になるぜw」
ジ「ま、振られても僕は責任取れないけどなw」
ベ「その時はお前に地獄を見せてやるぜ!覚悟しろよw」
ジ「おぅ!望むところだ!ってな…wま、頑張れよ」
ベ「あぁ。お前に話したら自信が出てきたよ。ありがとな」
ジ「いやいや。僕の方こそ頼りにしてくれて嬉しいよ」
ベ「じゃ、また明日な」
ジ「あぁ。また明日」 

そして……

ベ「よし、少し練習するか…」

大切な話があるんだ。聞いてほしい。俺は君を…君をずっと見てた。目で君の事ばかり追い掛けてて、君が居ないときも君の事ばかり考えて…
ずっとその事から逃げてたけど、やっぱり自分の心に嘘は付けない。聞いてくれ。

俺は君が好き





梅「やっと…やっと分かってくれたんだね。待っていたよ?さぁ、これから二人で幸せの道を歩いていこう」
ベ「落ち着け…これは間違いだ幻覚だ錯覚だアッー!」


保守


 


かっこいいベジータが書きたくなったんだ。だからベジータに『みくみくにしてあげる』を歌わせてみた。


べ「作品の違いを越えて、俺は来たんだぜ~。M字ハゲだけど、よく見ろイカスぜ~」

べ「あのな早く~SSを書けよ~。どうしたよ俺のことずっと見つめてる~(フッ、照れるぜ…)」

ベ「お前のことベッジベッジにしてやるぜ~♪主役はまだだが、頑張るのさ!ベッジベッジにしてやるぜ♪だからかなり覚悟をしておけよ~」

ベ「ベッジベッジにしてやるよ~♪最後まで諦めないでベッジベッジにしてやるよ♪だからもう、ケツを掘らせるな!」

ベ「ベッジベッジにしてやるぜ~♪世界中の誰、誰よりベッジベッジにしてやるぜ♪だからもっと、俺のSS書いてくれ~」


梅「よく頑張った!感動した!だからこれはご褒美だよ!遠慮せずに受け止めてね!!」
ベ「 」

ベ「上の台詞は、俺とお前達の心の絆が埋めるのさ…」
笹「恥ずかしいセリフ禁止!!」

 

 


 

水銀燈×蒼星石2の5つ目のクリスマスより(yuriyuri注意)

ベジータが一部始終を覗いていたようです。
ベ「いつもどおり蒼嬢をストーキングしていただけなのに凄いものを見てしまったぜ…犬耳蒼嬢ハァハァ」
梅「同性愛あるところに我は在り!
や ら な い か」
ベ「ば‥馬鹿な!?この流れでホモネタ投下だと!?…アッー!」
梅「はっはっは、メリークリスマース!」



やめて!苦情なんて聞きたくない!

 

 




水銀燈が悩んでいます

「はぁ…」
「ため息なんてついてどうしたんだ?」
「ん…ちょっとねぇ…」
「何だよ?」
「お父様の事なんだけどぉ…本名がわからないのよぉ…」
「…本名?」
「ある時はデカルト、ある時はサンジェルマン、ある時はカリオストロ、ある時はローゼン…」
「…」
「この間聞いたら『名前なんて些細な事、お前の父親に変わりはないだろう?』って言うのよぉ…」
「…何か後ろめたい事でもあるのかもな…」


とある交番の掲示板

『この人物にピンと来たら110番!
白人で金髪、一見ハンサム風。
錬金術師と名乗り、実験と称される行為の結果、過去幾度となく自宅及び周辺が爆発し甚大な被害が出ており、その度に行方をくらませている』


「お父様…何で教えてくれないのかしらぁ…ハア…」


原作読むととんでもなく多芸な奴らしい保守

 

 


 

白「M-1グランプリ…出てみたいなぁ。」
槐「ほぅ、もうそんな季節か。」
白「僕結構いいとこまで行ける自信あるよ♪」
槐「意外だな、お前が漫才などに興味があるとは。」


白「………え?M-1って最高のマゾを決める大会じゃないの?」
槐「…そんなこの世の終わりのような顔をされても困るんだが。」




べ「なあ、笹塚」
笹「なんだいべジータ君」
べ「俺ら、なにが楽しくて野郎二人で夜の街あるいてんだろうな。
見ろよ、このイルミネーションをよ!クリスマスなんだぜ、クリスマス!」
笹「それは言わない約束じゃないか。カノジョイナイ者同士、慰めあおうよ」
べ「くそっ!なにがクリスマスだよコンチキショウが。
たかがヒッピーの誕生日じゃねえかよ」
笹「全キリスト教徒に喧嘩うったね今…。
でもさ、やっぱり羨ましいよ。僕もカノジョ欲しいな」
べ「いいないいな、カップルっていいなってか?
仲良くポカポカお風呂か?
あったかい布団でアッー!ってか?う…う…羨ましくなんか…羨ましくなんか」
笹「クリスマスくらいは素直になろうよ。一緒に夜空の星に祈ろう」
べ「ふ…そうだな。みっともなく怒鳴ったって負け犬の遠吠えだもんな」
笹「それじゃ、ぽんぽん!せめて楽しいクリスマスになりますように」
べ「…マジ頼むぜ」ぽんぽん!

「あらぁ?貴方たち、なにしてるのぅ?」

笹「えっ?あ、桜田くんのお姉さん」
べ「こ、こんちわ」
の「うふふ…こんばんは。これから、みんなでパーティ?」
べ「いや。俺ら、みっともねーけどアブレ組でな」
の「あらあらぁ…それじゃあ、お姉ちゃんと一緒なのねぇ。
ジュン君は出かけちゃってて、お姉ちゃんも独りぼっちなのよぅ。
そーうだ!これからウチに来ない?」
笹「い…いいんですか?」
の「ええ。大したおもてなし出来ないけどぉ、それでも良ければぁ」
べ「でもそんなの関係ねー!お邪魔させていただきます!」
笹「ちょ…べジータ君!?いくらなんでも厚かましすぎるよ」
べ「なに言ってやがる。折角のお誘いなんだぞ。断る方が失礼だろ」
笹「う…それもそうだね。それじゃ、お邪魔させてもらいます」
の「はぁい。じゃあ、行きましょうかぁ」
笹「はーい♪」
べ「は~い♪」


笹「なんか、願いが叶っちゃったよね」
べ「ああ。キリストさんに謝っといた」

今年のクリスマス――
笹塚とベジータは、ちょっとだけ楽しく過ごせましたとさ。
ちゃんちゃん♪



 12月24日の午後9時から翌25日の午前3時までの6時間は
 1年間で最もセクロスをする人の多い「性の6時間」です。
 ジュンは恋人の金糸雀とセクロスをしています。

「今日は二人っきりの『性夜』かしら」
「それ、何気に言い方が薔薇水晶っぽいぞ。お前カナだよな?」
「なに言ってるかしら。どっからどう見たって金糸雀かしら」
「いやさあ、今まで結構ダマされてるんだよねぇ」
「騙されてるって、なにを?」
「セクロスしたと思った相手が、実は偽者だったってこと」
「へぇっ!? なにそれ!!?」
「実はさ……」

 ジュンは溜息混じりに話し始めます。

「そう、あれは丁度お盆の初め――ホテルで水銀燈とセクロスした時だ」

 最初はベッドで雛鳥のように震えていた水銀燈も徐々に慣れてきた頃……しかし、その日に限って
 ジュンの頑張りに少しの反応も示しませんでした。
 彼はどうしたものかと一旦行為を中止し、明かりを点けてみると……

「何と、ベッドに寝ていたのは水銀燈に扮しためぐだったんだよッ!!」

 めぐは銀髪のカツラと赤のコンタクトを着け、下の口どころか上の口まで血に染めて眠っておりました。

「しかも、何か死んでるし!!」

 しかし行為の前、既に息絶えていたのです。 

「あれは焦ったさ……30分かけて漸く蘇生させて、どうにかこうにか続けられたよ」
「ちょ――ッ!? 病人にナニ……って、待ちなさい! どうして水銀燈とも関係してるかしら!!」
「お焚き上げとともに逝ってもらうワケにもいかないしな」
「聞いてないし(´・ω・`)」

 ちょっとナーバスな金糸雀に構わず、ジュンは続けます。

「そうそう、薔薇水晶と思ったら雪華綺晶っていうのもあった」
「あーそれオチが分かるかしら」
「眼帯と髪型を入れ替えるだけのシンプルなテクニックだが、まんまと引っ掛かったよ」
「全く、ばらすぃーとも寝てたなんて信じられないかしら!」
「あいつとは色んなトコで『アッー!』してたからね。家やホテルの他に学校の屋上や裏山でも」

 やれやれと首を振るジュン。
 金糸雀はこの浮気な恋人に膨れっ面です。

「それだけダマされたなら、もうそろそろ対応策が出来てもいい頃じゃないかしら!」
「ああ出来たさ。する時には眼鏡を掛けるようにしたし、事前に相手をきちんと調べる」
「じゃあ、もう平気なのね……?」
「ああ、でも翠星石と蒼星石にはダマされちゃったよ」
「ななな何でぇ!!?」

 ついに激昂、金糸雀のおデコから湯気が立ち上ります。
 タオルに包んだドライアイスでクールダウンさせながら、ジュンはこう言い聞かせるのでした。

「変装は一瞬で見破ったんだけどさ、ワザとダマされてやったんだ」
「ワザと!?」
「そう。最初は蒼星石と付き合ってたんだけど、ある日翠星石がベッドに入ってきた」
「あの翠星石が……意外と大胆かしら」
「あいつったら髪の毛帽子に隠してさ、慣れないボクっ子口調で可笑しいのなんのって」
「で、でも気付いたんだったら」
「泣かれたんだ」
「へ?」
「泣かれたんだ、あいつに。好きだって、遊びでもいいから抱いてくれって」
「だからって……」
「そこまで言われて抱けなかったら男としてどうかと思う!」
「恋人としてはどうかと思うかしら!」
「まあ、それはそれ、これはこれ」

 二つ目のドライアイスを溶かし尽くした金糸雀を宥めつつ、ジュンの話はまだ続きます。

「ちなみに、真紅の時が一番凄かった」
「真紅!? 一体誰に化けたというのよッ!」
「何と恐ろしいことに雛苺だ」
「ひ、雛苺!? ヒナったら、カナとジュンが恋人だって知ってて横取りしてたって言うの!!?」
「え? 雛苺とはお前よりも古いけど?」
「ゑ!!? い、いつからかしらぁ!!?」
「幼馴染だったし、まあ、小さい頃んのお医者さんごっこの延長とかで色々ね!」
「死ね! 死んでしまえ!!」

 枕でボフボフと殴りつける金糸雀。
 腕で防御しながらジュンは呟く。

「真紅はさ、僕の為に胸まで大きくしたんだぜ」
「雛苺は巨乳だった。だから真紅は目の色と髪型以外に、胸を似せる必要があった」
「そう! 貴方の為に手術でもしたのね!」
「違う……色々と弄ってみたが、あれはシリコンでも食塩水バッグでもなかった……本当の巨乳だった」
「!!! ま、まさか」
「そうだ……1日30時間の豊胸体操という矛盾が、あいつを変えたんだよ」

 ジュンの頬を一筋の涙が濡らしました。
 さっきまでの怒りとは別に、金糸雀の目頭も熱くなってゆきます。

「そこまでして、真紅は」
「ああ、行為の最中僕の名を呼んでずっと泣き続ける姿に、僕も泣けたよ」
「真紅……」
「色、艶、張り、肌理の細やかさ、各部の大きさ、どれを取っても素晴らしい胸だった」
「やっぱりカナは別の意味で泣けてくるかしらぁ!」
「泣くなよ」
「誰の所為で泣いてると思ってるのかしら! この浮気者!」
「はは、でもやっぱり愛してるのは金糸雀、お前だよ」
「もう! 調子が良いかしら!」
「ごめんよ……だから機嫌直せって」

 ジュンはまだ怒っている金糸雀を優しく抱き寄せます。
 金糸雀もまんざらでは無い様子。
 
「ああ、こうしてると幸せだって思うよ」
「カナも……ジュン、愛してるかしら」
「僕も愛してる。でも最近心配なんだ、みっちゃん辺りがなんか凄い手で迫ってくるかなーなんて」
「ギクリ!」

 ジュンの一言に、突如金糸雀が擬音を口にしつつ身を強張らせました。

「ど、どうしたカナ?」
「なんでもないかしらジュンジュン」

 その上、彼女は何故かしどろもどろです。

「ジュンジュン? 今ジュンジュンって言ったな? 確かに言ったな!」
「なななーんでもないわ、かしら」
「怪しいぞお前! カナじゃないな!!」

 ジュンは金糸雀に掴み掛かり、あちこち引っ張ったりさすったりします。

「みっさんだな!? カナに化けてんのか!? キグルミなのかコレ!!?」
「やめるかしら! カナはカナだってば」
「どうやって入ったんだ!? あんたカナより背高いだろ!!?」
「やめて桜田君! 乱暴にしちゃ嫌!!」
「柏葉!? お前も居るのか!? どーやって二人も中に入ってんだよ!!」
「そんなのどうだって良いじゃない! 今夜は性なる夜なのよ! はやく続きしましょうよ!!」
「続けられるか! つーか金糸雀ドコやった!? お前等はメソか!!?」

 こうして、ジュンの聖夜はクソミソな結果に終わったのでした。
 VIPの皆様のクリスマスに幸多からんことを祈りつつ、終わり。

|