※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

        Another RozenMaiden
          第5話 愛憎

銀「ただいまぁ。」玄関の扉を開ける。だが、誰の返事もない。
何気なく時計を見ると、時計の針は既に午前9時を回っていた。
銀「JUM・・・。」一人で家を出ている間、時間はとても長く感じた。
何も無い牢獄に閉じ込められているとさえ、思えた。
ふとテーブルを見ると、JUMの朝食が手付かずのまま残されていた。
銀「JUM。朝ご飯、食べてないのねぇ。
  遅刻しても良いから、ちゃんと食べて行ってほしかったわぁ。」
気付けば、またJUMのことを考えている自分がいる。
銀「JUM・・・。」私はもう一度その名を呟き、寂しさを埋めようと試みる。
でも、それだけでは心の隙間を埋め切ることはできない。
私はJUMの温もりを求め、ふらつく体を引きずり二階へと向かった。


廊下を歩き、JUMの部屋の前に立つ。ノックをせずに、少しだけ扉を開ける。
部屋の中にJUMが居ても、それは構わない。私は、こっそりと部屋の中を覗き込む。
銀「JUMぅ・・・・・。」返事は戻ってこない。やはりJUMは学園に行っているのだ。
ゆっくりとJUMの部屋に入る。JUMの領域に入り、部屋の中央で大きく息を吸い込む。
すると、JUMとの一体感を僅かに得られる。でも、まだ足りない。
机の椅子に座り、JUMのPCを起動してみる。こうすればJUMの領域に入り込めるから。
PCの起動が終わると、ファイルの履歴を見てみる。
JUMが何をしているのかを知りたかった。ごく最近のものに幾つかの画像があった。
私はそれを開いてみる。画面に出てきたのは私の全裸画像。
合成して作ったものだろうと思った。JUMが私を見ている。
そう思うと私は衝動的に一体感を求め、JUMのベッドに入り横たわる。
銀「JUMぅ・・・・・。」心の空白を埋めようと、もう一度愛しい人の名を呼ぶ。
返らない返事が孤独感を膨らませ、私の心を一杯にする。
そして、私は無意識の内に自分を慰め始める。


私は寂しくなると、こうしていつの間にか自分を自分で慰めている。
以前、JUMが両親に引き取られ、遠くへ行ってしまう。
それを知った時にも、今と同じ様にこの行為に耽っていた。
それ以来、寂しさに負けそうになる度に自分を慰めることで乗り切ってきた。
この行為はいけないこと、背徳感を覚えつつも孤独感には勝てない。
JUMのベッドで、この行為に耽るは初めてだ。
それが刺激になるのか、いつもより感情が昂ってしまう。
JUMも私と同じように、自分を慰めたりするのだろうか。
もし、そうしているのなら、その時に想う相手は自分なのだろうか。
PCにあった私の画像を見て、JUMは自分を慰めているのだろうか。
JUM「ただいま。」不意に聞こえたJUMの声で、私は現実に引き戻される。
もし、今JUMが部屋に入ってきたら、このあられもない姿を見られてしまう。
JUMに見られてもいい。いっそのこと、この姿を見られてしまいたい。
そう思うと、私の感情は更に高ぶってゆく。
銀「JUMぅぅぅ・・・・・・・!!」JUMの名を呼び、直後私の体から力が抜ける。
我に返ると、私に残るのは背徳感と孤独感だけ。
私はふらつく体を引きずり、JUMの部屋を後にする。
廊下で声を上げないよう注意し、自分の部屋へと戻った。


JUM「水銀燈、居るのか?」JUMが私の部屋をノックしてくる。
まだ、お昼前だというのにJUMがいる。
きっとJUMは私を心配して、学園から帰ってきたのだろう。
私は、あの後まだ着替えていない。
この姿を見られれば、私が何をしていたのか気づかれてしまう。
気が付かれる訳にはいかない。そう思い、私は黙っていることにした。
黙っていれば、諦めて帰ってくれるかも知れない。
JUM「入るぞ。」扉の開く音が聞こえ、JUMが部屋に入ってくる。
とっさに部屋の扉と反対の方向を向き、寝たふりをする。
寝ていれば、諦めて帰ってくれるだろう。
JUM「水銀燈。・・・・・寝ているのか。」JUMの足音が近づいてくる。
やがて足音が止むと、暖かい手が私の頬を触れる。
その手は頬から上へ少しずつ移動し、私の額で止まる。
JUM「少し熱っぽいな。もしかしたら風邪かな。顔も赤い様だし。」
JUMの遠ざかる足音が聞こえる。少し遅れて扉の閉まる音がする。
一先ず危機は去った。でも、またJUMが戻ってくるかも知れない。
私はベッドに潜ったまま、様子を見ることにした。
程なくして、また扉の開く音が聞こえる。
JUMが近づいてきたのか、息遣いを感じる。
JUMが傍に居る。このまま時が止まってしまえば、ずっと離れることもないのに。
突如水音が聞こえると、冷たい何かが額に触れる。


銀「きゃぁ。」思わず声が出てしまう。JUMに気づかれてしまっただろう。
起き上がった拍子に、額から何かが落ちる。それは濡れタオルだった。
JUMは風邪と思い込んでいたから、きっと私の為に・・・・。
JUM「起こしてしまったか?」JUMは私が眠っていたものと思い込んでいるらしい。
銀「そうよぉ。」そんなJUMに、私は思わず嘘をついてしまう。
JUM「そうか。すまない。」俯くとJUMが謝る。本当に悪いのは私なのに。
銀「JUM。どうして戻ってきたのぉ?まだ授業があるでしょぉ。」
私の為に戻って来たんだって、JUMに言葉にしてほしかった。
JUM「水銀燈が、いつまでも学校に来ないからな。気になって探しに来た。」
やっぱり私の為だ。JUMは優しい。
JUM「何か飲むか?風邪を引いたなら水分も取らないとな。」
JUMが私を気遣ってくれる。でも今は、JUMの優しさは私の心を抉る刃物でしかない。
JUM「もっと甘えても良いんだぞ。いつも水銀燈に甘えているのは、僕の方だからな。」
違う。甘えているのは私。私はただ、貴方に傍に居て欲しいだけ。
それなのにJUM、貴方はどうしてこんなにも優しいの?
でも、JUMはもうすぐ居なくなる。
もし、これ以上好きになってしまえばJUMを失った時、私の心はジャンクになってしまう。
銀「JUMなんか、大嫌いよぉ!」私は彼を拒絶する。私が私である為に。
JUM「すまん。気に障ったか?」JUMの表情が暗くなる。そんな彼に私は背を向ける。
またしても溢れ出した涙を見られないように。
少ししてJUMの足音が聞こえ、次いで扉を開ける音が聞こえる。
JUM「水銀燈を起こしてしまったのは俺なんだが・・・・・・風邪なら、ちゃんと寝ろよ。」
その言葉を残して扉が閉まる。彼は最後まで優しかった。
そんな彼を私は嫌いになれるだろうか。
無理にでも嫌いになるしかない。そう思い私は瞳を閉じた。
Another RozenMaiden 第5話  愛憎 終

Another RozenMaiden 第6話  拒絶 に続く。

|